TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光 「CMの難しさを再認識」

伊集院光 「CMの難しさを再認識」

2008.02.12 (Tue)
2008年02月12日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」で、間に挟まれていたCMにおかしな所があるのを発見した。個々のCMには問題がないが、そのつながりには、苦笑せざるを得ないものだった。

まず、最初に流れたのは立川談春の落語独演会のお知らせ。日時や場所を知らせるだけであり、変なギャグなどを挟まない、フラットなCMだった。

次に流れたのが、『片山右京のShall We Drive?~ドライブしようよ!~』というTBSのラジオ番組。この番組の宣伝が流されていたのだが、そのCMはデートをしている男女、という設定のドラマコントだった。

男は、次々に女の神経を逆なでしていくような、ダメなデートを展開していってしまう。その最後で、「じゃあ、CDでも聞こうか…落語でも」と男がいうと、女は「本当にアナタは、デートのpセンスがないんだから!」と一喝する。

一方で落語を宣伝し、次の瞬間、その落語を貶めるというCMを放送してしまっていた。その節操無さに、伊集院も苦笑せざるを得なかったようだ。

【関連記事】
伊集院光 深夜の馬鹿力 トーク集

伊集院光 倖田來未について語る


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事