TOPバナナマンのバナナムーン ≫ マツコ・デラックス「テレビでは言えなかった特技」

マツコ・デラックス「テレビでは言えなかった特技」

2010.06.28 (Mon)
2010年06月25日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、マツコ・デラックスがゲスト出演していた。そのPodcast放送にて、さらにマツコ・デラックスを迎えてトークが繰り広げられていた。

話の発端は、リスナーからの質問メールで、「『ダウンタウンのガキのつかいやあらへんで!』のマツコ・デラックスに500の質問にて、『特技は?』の質問に『テレビじゃ言えません』と答えていたのが気になって眠れません。テレビじゃ言えないのならば、ラジオで答えて下さい」と投稿されていた。

これに対して、マツコ・デラックスは「全然平気。言えますよ。(特技は)ディープ・スロート」と平然と答えていた。「ただのオーラルセッ○スじゃないよ。ディープ・スロートなのよ。いわゆる喉尺ってやつね」

さらに、以下のように話していた。

「全然平気なのよ。オェなんてならないの。カポって咥えますよ。イソジンを使ってちゃんとうがいを怠らなければ、扁桃腺が腫れたりとかしませんよ」

「ワタシも最初は慣れなかったから、次の日に扁桃腺が腫れちゃったりしたのよ。それで学習して、これはケアが重要なんだなって思って」

「イソジンは万能薬よ。ディープスロートするオカマを扁桃腺の腫れから救っているよ。ありがとう、明治製薬」と話していた。

【関連記事】
加藤浩次 「マツコ・デラックスの強烈すぎる人生経験」

「マツコ・デラックス伝説」をマツコ自身が検証

マツコ・デラックス「ワタシは凄いドリチン」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

本日の注目記事