本日の注目記事

歌ヘタ・オードリー若林の父親はフォークソング歌手だった

2010.06.20 (Sun)
2010年06月19日放送の「オードリーのANN」にて、めちゃイケの『歌ヘタ王座決定戦』でも不動のレギュラーを担っているオードリー・若林の父親は、実はフォークソングの歌手を一時期やっていたと明らかになった。

若林は「ウチのオヤジ(若林喬彦)が、ホームページを作っていたことがあるんですよね。個人のホームページですよ。若林喬彦の。トップページが凄いんです。自転車が趣味なんですけど、写真は三脚を立ててタイマーで自分が走っているところを撮るっていう画像なんですよ。スゴイぶれている、流線型のオヤジになっているワケです」

「上下真っ黒なアディダスのジャージを着ていて、疾走している写真なんです。スピード感が出ている写真ですよ。その画像のタイトルが下に出ていて、『黒豹』って書かれているんです。若林喬彦のホームページ、『黒豹』です。写真から、オヤジのインスピレーションでタイトルが付けられたんでしょうね」

「色んなプロフィールが書かれていて、掲示板もあって、書き込みはゼロです。見に来ている人も少ないですからね。一時期、オヤジは中国に住んでいて、婆ちゃんと二人で住んでいたんですよ。日本の友達とかに向けて、ホームページは作ってたのかな。それとも、ネットアイドルになろうとしていたのか」

「タイトルはいろいろあって、『午後のひととき』とか、『雄大な大地』とかあるんですよ。中国の楽器を持ったオヤジが、雄大な大地に立っている写真とかなんですよ。それで、『息子への一言』とかってタイトルもあるんです」

さらに、若林は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN