TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・矢作「小木が若手にオゴるのを見たことない」

おぎやはぎ・矢作「小木が若手にオゴるのを見たことない」

2010.06.14 (Mon)
2010年06月10日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、小木のケチっぷりについて語られていた。話の発端は、小木が森山直太朗やオアシズ・大久保佳代子たちと食事に行った時のこと(オアシズ・大久保「本気で森山直太朗を狙う」)だった。

矢作は「直太朗くんが、お金を出したって言ってたでしょ。でも、普通に考えれば、小木とか大久保さんが年長者なんだから、小木が払うっていうのが当たり前なんじゃないの?直太朗くんが全部払うっていうのはおかしいよね」と指摘していた。

小木は「普段は俺が払っているよね。あのとき初めて、直太朗くんが全部払うってことになったんだよね」と弁解。

ところが、直太朗は「心揺れています…小木さんを立てるべきか…真実を話します。小木さんは、極力、最後まで(払うと)手を挙げません。あの場では、小木さんが真っ先に挙げて、その後に『僕も』って感じになるのだと思っていたんですけど、小木さんは一向に手を挙げない」と真相を打ち明けていた。

さらに、以下のように語られていた。

矢作は「分かる。小木は絶対に、払うって言わない。後から来たって関係ないよ。小木は払うべきだったよ」と話していた。

森山直太朗は、義理の兄でもある小木に「一視聴者として、ビートたけしさんが後輩芸人が食事をしている店にやってきて、その後輩芸人が支払おうとすると『たけしさんが払っていかれました』っていうようなことに憧れるじゃないですか。そういう人間としてのキャパシティを見たいじゃないですか」

「小木さんは、一向に(払うと)手を挙げないじゃないですか。そう言うとき、冗談で『小木さん、ご馳走様です』って言って、ようやく、スゴイ嫌そうな顔をして払うって感じじゃないですか」と苦言を呈していた。

さらに矢作は「ロケに行った時に、空港で食事をしていたの。その時、周りは全員、若手だったんですよ。俺のいるテーブルに5人くらい、小木のいるテーブルに5人くらい並んでたの。もちろん、それはオゴるでしょ」

「でも、そこでも小木は後輩と一緒に4番目くらいでレジの列に並んでいたからね。自分の分だけ払うために並んでいるの。『小木よ、払ってあげなさいよ』って言ったんですよ。みんな、周りは本当に若手なんですよ」

「普通なら、自分が最初にならんで、『俺が払う』って言うからね。4番目に並んでいる時点で、もうオゴる気はないからね。もうそうなると、逆にスゴイことだからね。小木が払っているところを見たことがないよ」と話していた。

【関連記事】
おぎやはぎ・矢作「全然華やかじゃない芸能界」

おぎやはぎ・小木「森山良子が、アンタ山崎を気に入る」

おぎやはぎ・小木「マンションローンを組めないと告白した影響」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : おぎやはぎ,森山直太朗,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

本日の注目記事