TOPナイナイのANN ≫ 矢部浩之 カポーティで、厄介なリスナーに会う

矢部浩之 カポーティで、厄介なリスナーに会う

2008.02.08 (Fri)
2008年02月08日放送の『ナイナイのANN』にて、矢部浩之がいつも通っており、めちゃイケでもネタにされている美容院「カポーティ」で、リスナーと遭遇したことが話された。

話の発端は、インパクト・コンパクトのコーナーで、その当人から矢部浩之の目撃談が投稿された。その内容とは、「矢部さんが紅茶を飲みながら、険しい顔で雑誌を読んでいた」という平凡なもの。まるっきり声も掛けなかったかのような感じだった。

ところが、その投稿内容と矢部が証言していたこととは、かなり異なっていた。美容院にはオバさんばかりで、その中に一人、矢部がいるという状況だった。そこに若い男性が一人入ってきた。そして、以下のような一騒動を巻き起こしたのだという。

その男性こそ、投稿したリスナーだった。彼は、最初はチラチラと矢部の方を伺い見るようにしていたという。そのまま何も声を掛けられずに済むのかと思いきや、矢部が会計を済ませて外に出ようとすると、いきなり背後から「矢部さん!」と、明らかにテンションを間違えた大声が掛けられたのだという。

振り向くと、やはりさっきの若い男性。さらに彼は、「ヘビーリスナーですっ!」と、再び大声で叫んだという。矢部は恥ずかしくなり、「ありがとー」と言って、逃げるように外へ出たという。店員は、明らかに引いている様子だったとのこと。

ちなみに、リスナーが声を掛けるとき、総じてテンションを間違えてしまうそうだ。今やナイナイのラジオの構成作家を務める元リスナーたちからも、挙動不審に見え、大声で話しかけられたという。「聞いてもらっている、というのは嬉しいが、実は怖い」と、矢部は語っていた。リスナーたちも、ラジオが好き過ぎるが故に、こうしたことになってしまうようだ。

【関連記事】
ナイナイのANN トーク集

ナイナイ岡村が、よゐこ有野を妬む理由?


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

本日の注目記事