TOPオードリーのANN ≫ オードリー・若林「笑っていいともで大スベり」

オードリー・若林「笑っていいともで大スベり」

2010.05.30 (Sun)
2010年05月29日放送の「オードリーのANN」にて、レギュラーである笑っていいともで、かなりの大スベリをしてしまったことを話していた。話の発端は、『いいともドラマアカデミー』でのコーナーで、若林が演じるハメになってしまったことだった。

「『いいともドラマアカデミー』ってコーナーは、テーマに沿った台本をもとに演技をして、最後に自分のセリフで決める、っていうことをしているんです。今回は取り調べの設定で、僕が刑事で、『吐け!吐かないと…』って言ったところで、太鼓の音が鳴って、一言を言うシーンになったんですよ」

「そこで『吐かないと…お前の家族がどうなっても良いのか!』って言ったら、スタジオアルタが無音になりまして。その後、『えぇーー!』って声が響き渡りまして。テレビのお仕事をさせていただけるようになりまして、ベスト3に入るくらいの大クラッシュでしたね」

「今もまだ、事故処理が終わっていない状況ですよ。後遺症が残っているような感じですね。ちょっと、そればっかりが気になって、その後の放送も気が気じゃなかったですよ」

「どうしたらいいのかなって思って。相手が敦ちゃん(オリエンタルラジオ・中田敦彦)だったから、『はんにゃを、このいいともに連れてくるぞ!』みたいなことを言おうかと思ったんだけど、俺が言うと生意気じゃない。お前が言うなよって話になっちゃうよね」

さらに、若林は以下のように語っていた。

「あと、真面目なセリフを言った方が良いのかなって思ったりしてね。…ここ最近、何週かに渡って事故を起こしているよね。それで、春日の方を『HELP!』って感じで見たんですけど、我関せずって感じでネクタイを直していたんですよね。間を埋める感じで」

「『トゥース!』を言ってくれって思ったんですけど。あのシーンってなった時に、『トゥース!』言って欲しかったんですけどね。あれは、大喜利ってワケでもないんでしょうね。何を言ったら良いのか分からなくって」

「あれはヤバかったね。非常事態でしたよ。あのスベリ方、ベスト1かもしれませんよね。シーンとなった、あのときにこそ『鬼瓦!』をやって欲しいと思いましたよ」

「あのとき、タモリさんが優しくって、『刑事が言うセリフじゃない』って言ってくれたんですけどね。…深夜の大喜利のライブって感じじゃないですからね。普通にセリフを言うのが正解なんでしょうかね」

「多分、春日の骨折と同じくらいの衝撃だったと思いますよ。東スポさんの一面を飾ってしまうぐらいの衝撃でしたよ。無音のアルタを初めて見ましたよ」

「(オリラジ)敦ちゃんと藤森くんは、気持ちが分かるんだよね。俺の気持ちが。だから、CMにいったときに優しい言葉をかけてくれた…次は、普通に演技をして普通のセリフを言いますよ」と語っていた。

【関連記事】
オードリー・春日「漫才と取材でスベる」

オードリー若林「AKB48の女子たちに怯える」

オードリー若林「人見知り芸人・若林の二面性」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,笑っていいとも,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事