TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、言い訳で苦境を切り抜けるTVプロデューサーが娘からの困ったプレゼントへ対応した方法に感心

伊集院光、言い訳で苦境を切り抜けるTVプロデューサーが娘からの困ったプレゼントへ対応した方法に感心

2016.01.26 (Tue)
2016年1月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、言い訳で苦境を切り抜けることに長けた堤智志プロデューサーの娘からの困ったプレゼントに対応した方法に感心していた。

青春カタルシス
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
TCエンタテインメント 2011-11-03

Amazonで詳しく見る

伊集院光:プロデューサーの堤って男がいるんですけど。これが多分、(DVD/Blu-ray『伊集院光のてれび』の)発売元のポニーキャニオンに多分、安請け合いしてるんですよ。

俺が、7月20日までシャバにいるかどうか。何に巻き込まれるか分かんないですから。現世って意味でのシャバや、まっとうな社会っていう意味でのシャバや、色んなシャバにいない可能性だってあるのに、安請け合いしてる堤って男がいるんですけど。

ちょっとね、いい話だなっていう。僕の周り、あんまり良い話、いつもないんですけど、いい話だなっていうのがあってね。このインチキプロデューサーの堤ってヤツがいるんですけど、インチキなんですけど、子供がいるんですよ。

綺麗なお嬢ちゃんがいるんです。多分、小学生くらいのお嬢ちゃんがいて。この仕事、色んなところにインチキを言っては、インチキのしわ寄せ。あと、持ち前の気の弱さ。インチキをいつも通せないから。

俺たちなんか、みんなインチキだからね。「○日までに仮編集を上げます」って言ってるディレクターもインチキだから上げてこないし、「それを確認してどう編集し直せば良いかの意見を送ります」って言ってる俺もインチキだから(笑)

…よく放送してたよね、逆に(笑)全員インチキなんだから。ADは完全に寝てても、「おい!おい!おい!ユサユサユサ…」「…寝てないです。あのクワガタ、どこに行きましたか?」「知らねぇよ、お前の頭の中にいたクワガタ」…くらいのインチキ集団で作ってますから。もう、ポンコツだらけで作ってますから。

その堤プロデューサー、超インチキなんですけど。ちょっと良い話だなって思ったのは、インチキとインチキの尻ぬぐいと、インチキを成立させるための新たなインチキを繰り返してるじゃないですか。

あと、俺のインチキ返し・インチキ返しみたいなことをやってますから。ずっとそれをやり続けてるんで、忙しくて。よそさんのテレビマン同様、家に帰れないから、ほぼ娘の顔を見ることがないくらいの生活をしてるんです。

そしたらね、たまにまともな時間、10時とか10時半に家に帰ったら、奥さんが怒ってて。「あなた、今日、お誕生日じゃない」って。「私がご飯作ってる、作ってないっていうのはどうでも良い。ただ、娘があなたのためにプレゼントを買って、ずっと起きてる」っていうのよ。

それも良い話で。「お父さんのためにあげるプレゼントを、お父さんとお母さんにもらったお金で買ったんじゃ意味がない」って、多分目覚めたらしい。

俺もそういう頃があって。おふくろに買って上げる誕生日プレゼントを、おふくろにお金ねだっちゃダメだって意識があって。おふくろの財布からお金を盗んで買って上げるっていう(笑)これ、マジな話だからね(笑)もう、意味が分かんないでしょ(笑)意味が全然分かんないでしょ。

それでおふくろに、テニスラケットの形の手鏡とクシのセットを買ってあげたの。そしたら、それが凄い良かったって言って、姉貴が使い始めたの。それで、「俺があんなに苦労してお母さんのために買ってあげたものを、なんでお前が使うんだ」っていう、本当に殴り合いのケンカになるんだけど。そもそも盗んだお金で買ってあげるっていう(笑)

だけど、インチキプロデューサーの娘は、あんまりインチキを受け継いでないの。まっすぐなの。だから、「お小遣いを貯めて買いたい」って。「少ないお小遣いで買いたい」って。

ウチのスタッフ、全般的にそういう人がいるんだけど、メインのディレクター3人中2人が『スター・ウォーズ』大好きで。えらい『スター・ウォーズ』好きが集まってるんだけど。堤プロデューサー、『スター・ウォーズ』が大好き。物凄い好きなわけ。

それを娘が知ってて。『スター・ウォーズ』が大好きで、特に中でもミレニアム・ファルコン号が好きで。ハン・ソロが乗ってる飛行機が凄ぇ好きだってことを、小学校低学年だけど知ってるわけ。

お父さんに、『スター・ウォーズ』のものを買ってあげたいけど、何もかも高い。買い物行くたびに、「お父さんの『スター・ウォーズ』のプレゼントを探す」って言って、探してて。結果出てきたのが、自分のお金で買えて、ミレニアム・ファルコン号ってことでスゲェ探してたら、ディアゴスティーニあんじゃん。ディアゴスティーニで、「週刊ミレニアム・ファルコン号」っていう。

俺らの知ってるディアゴスティーニだから、コツコツ買っていくとパーツがきて、最終的に全長80 cmの精巧なミレニアム・ファルコン号ができるヤツが、初回限定で498円のを見っけて。

「これだ」って思って、お父さんにプレゼントで買ったんだって。それも、子供の小遣いなんかたかが知れてるから、498円っていう。月の稼ぎがアイツら300円の稼ぎじゃん。労働基準法違反で働かされてると思うんだよね。お手伝いとかしても、あと多分、一応、メーデーとかには結構、デモをやってたりすると思うんだけど、チビだから月300円くらいになってる中の、498円。1ヶ月半ですよ。

1ヶ月半分の賃金を使ってのミレニアム・ファルコン号なんだけど、子供だからよく分かってなくて。あの中に、全部、ミレニアム・ファルコン号が入ってるって思ってて。「お父さんが大好きなミレニアム・ファルコン号が入ってる」って思ってて。

夜、帰ってきて、子供部屋でうつらうつらしてるだろう中、奥さんと話して。「プレゼント買って待ってたんだから、ちゃんと『ありがとう』って言わなきゃダメだよ」って話からの、週刊ミレニアム・ファルコン号を買ったらしいっていう情報がありつつ。そしたら、子供が降りてきて。自分でラッピングしてさ。週刊ミレニアム・ファルコン号 創刊号 定価498円をさ。

「何かな?」って言って、開けるわけよ。開けたら、ミレニアム・ファルコン号が出てくるわけ。それで、「中開けて」って言うわけよ。ミレニアム・ファルコン号が見たいから「開けてくれ」って言うんだけど、大人は分かってるわけよ。「これ、ワンパーツしか入ってねぇ」って。

それで、全号で100号あるらしいの。次号からは高ぇんだよ。それは、ディアゴスティーニはそうだから。それで、ディアゴスティーニのヤツは調べてみたら、ミレニアム・ファルコン号ができるまでに、合計20万円くらいかかるらしいの。

おっつかねぇかんね。子供のことじゃ。親父としては、中にミレニアム・ファルコン号が丸入ってないっていうのが、バレちゃうわけじゃん。バレちゃうっていうか…軽く奥さんとは擦ってるらしいの。

「アレに、ミレニアム・ファルコン号が丸入ってないってことは分かるだろ。お前が止めろよ」みたいな話をしてるんだけど、「あなたは私に、育児をずっと押し付けてるのに」「じゃあ、卒論だよ、もう!」みたいな感じのをやってるわけ。

そこに「お父さん、やっと帰ってきた!」って来ちゃってる、その感じの修羅場で。「これ、開けないとダメだな」ってことで。もう自分の中では…もう、しょうがない。開けないことには、「私が買ってきたプレゼントを、即開けないくらい気に入ってないんだ」って思われちゃうのきついから。

開けて入ってるのが、創刊号だから主要なパーツが大サービスで入ってるのかなって思ったら、コクピットがあるじゃん。多分、このモデルは完成するとここまで精巧になりますよって意味で、ジュースの缶の蓋くらいの大きさで、コクピットの操縦席のパネル類が入ってるらしい(笑)

パネル類が掘ってある、丸いパックマンみたいな形の板と、あとビーム砲が2機と、そのビーム砲の上についてる装甲みたいなヤツが出てきて。子供からすると「あれ…」って。「お父さんにミレニアム・ファルコン号買ってあげたのに…お父さんが、『スター・ウォーズ』で一番好きだって言ってたミレニアム・ファルコン号を、私が1ヶ月半分の給料を出して買ってあげたのに、中からそれしか出てこない」ってことに、明らかにショックを受けてるらしいのね。

「どうする?堤」ですよね。インチキおじさん、どうするですよ。でも、日頃鍛えたインチキ力、スゲェなって思ったのが、子供は段々理解してきて、「これしか入ってないの?」「連続で買っていくと、出来上がるものなんだよ」って奥さんが横から話すんだけど、それは理解したから、「私、お父さんのためにお小遣いいらないから、毎月買う」みたいな感じになっちゃってんの。

でも、お父さんからしたら、「それはダメだ」ってなってて。そのパニックになったインチキおじさんの言った言葉。「お父さんは、『スター・ウォーズ』の中で、ミレニアム・ファルコン号が凄い好きだって言ったけど、そうじゃない。このコクピットが凄い好きで、他が大嫌いだけど、我慢してこれを見てる」と(笑)

「そのミレニアム・ファルコン号の外を見るのが、凄いイヤなの。超嫌いなんだけど、コクピットのこの部分がちょうど好きで。これが100点満点で好きなんだけど、他が50点嫌いなんだ」と。

「でも、映画はまとめてしか出てこないし、今まで出てきたミニカーとかモデルは、全部セットでしか売ってくれないから、いつもイヤなのに、外まで見てたのに、よくこういうのあったね」って(笑)

「お父さん、ずっとこれ持ってる」って言って、キーホルダーにしたらしいです(笑)だから今、子供の認識では、「抱き合わせで外側も見てたお父さん」っていう(笑)「ディアゴスティーニ、ついに出してくれた」っていう(笑)インチキ力、高いね(笑)相当高い。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,スター・ウォーズ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事