TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里「男二人でAKB48のライブへ」

南キャン・山里「男二人でAKB48のライブへ」

2010.05.29 (Sat)
2010年05月26日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、AKB48のライブに行ったときのことを話していた。「ライブに行く予定だったんですけど、(ラジオ番組の)プロデューサーの池田さんが、『一緒に行きたい』って言い出しましてね。なんとか頼み込んで、チケットをもらったんですよ」

「その日は、超プレミア・チケットになっていたんです。言うのが恐いですけどね。以前も、このことが原因でブログが炎上しましたからね(南キャン・山里亮太「AKB48ファンの方々、すみませんでした」)」

「AKB48が、その日に生まれ変わったんですよ。チームBっていう、新生チームになってたんです。その日のために、どれだけ気持ちを上げてきたか。ずっと自分が応援していたチームBが解散して、1ヶ月くらい涙をこらえて、『これから、応援できるだろうか』って思ってたワケですよ」

「ライブで幕が上がって、彼女たちが登場したら、トリハダが立ちましたよ。素晴らしいですよ。やるな、秋本康って感じで。それで池田さんの方をみたら、ぽけーっと見てるんです。でも、気にせず、ライブに集中しようと思ったんです」

さらに、そこから山里は以下のように語っていた。

「名曲ですよ。可愛らしいし、素敵ですよ。そうしたら、池田さんが俺の靴をツンツンって突いてきたんです。それで、iphoneでメモを書いて、『48人じゃないの?』って見せるんですよ。今、それを言っちゃダメでしょってことですよ。手で×を作って答えましたよ」

「そしたら、また『会いたかったいつ歌うの?』って書いて見せてくるんです。劇場っていうのは、劇場用の歌があるワケですよ。初日では、その歌が初めて披露されるワケですよ。それなのに、そんなことを書いてくるから…怒りをかみ殺しながら、『そういうの無いですから』って言いましたよ」

「それで、今度は『篠田麻里子ちゃん、いつ出るの?』って書いてくるんですよ。もう、温度差が違いすぎるのよ。『篠田麻里子ちゃんは、チームAですから。出ませんよ』って言ったんです。もう、メンバーがどうとか、止めて下さい』って言ったのに、『山ちゃんは誰が一番好きなの?』とかって書いてくるんです」

「全然集中してねぇなって思ったんですけど、『まゆゆ(渡辺麻友)って女の子がいるんですよ~』って言って説明して。『止めて下さい、失礼ですから。誰が好きだとか、関係者に失礼ですから』って言ったんです」

「でも、それでもツンツンってやってきて、もう殴ろうかと思ったら『トイレどこ?』って書いてきたんです。たしかに、そういう質問は禁止してなかったですけど、誰がそんなトンチみたいなことを訊けって言ったって話ですよ。…それから俺が真剣で、ナーバスな感じになっているのを池田さんも気づいたみたいで、しばらくは何も書いてこなかったんです」

「それで、曲も終盤になって、アンコールが終わった頃に、またツンツンってやってきて。『また誘って』って書いてあったんです。誘うか!二度と一緒に行きませんよ」と話していた。

【関連記事】
雨上がり・宮迫「AKB48を引かせた今田耕司の一言」

オードリー若林「AKB48の女子たちに怯える」

伊集院光が語る「AKB48商法のあざとさ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : AKB48,チームB,山里亮太,池田卓生,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

本日の注目記事