TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「Twitterの作法について考える」

伊集院光「Twitterの作法について考える」

2010.05.27 (Thu)
2010年05月24日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、Twitterを使う上でのマナーについて語られていた。話の発端は、X-GUNのさがね正裕が、伊集院光の冠番組である『IJP イジュウインパーク』にゲスト出演したことだった。

「僕が企画とかをやらせてもらっている番組があって、その番組っていうのは、その企画を若手芸人が一生懸命やるっていう主旨なんですよ。それで、その番組に是非、出て欲しいっていうのがX-GUNの西尾くんだったんです」

「西尾くんは、初めて東京に出て来たときに、俺の(ニッポン放送の)ラジオの出待ちをしてくれていて、『ラジオいつも聴いています。僕、今度、芸人になるんです』っていうことを言ってくれたんですよ。そのとき、『いつか、一緒に仕事が出来ると良いね』って言っていた仲なんです」

「その夢が叶う環境にあるから、ぜひとも西尾くんに出てもらいたかったんですけど、西尾くんが海外ロケに行っていて、出られなかったんです。それで、最初からX-GUNが出ていないことよりは、さがねで良いか、ってことで出てもらったんです。ビル清掃のバイトはあったみたいですけどね」

「最初の企画は、Twitterを使ったもので、テレビを観ている人にどんな質問でも良いからしてもらって、その質問にどうでも良い答えを一番返せた人が優勝っていうものだったんですよ。それで、一番答えられなかった人が、罰ゲームで番組を降板させられる、ってことになってたんです」

「それで、まんまとさがねが負けるんですよ。その企画で脱落したんです。そうなると、レギュラー降格で、1ヶ月か2ヶ月くらい出られないってことになると思ってたんですよ。それで、X-GUNはどうしようかって思ってたんです」

「それで、しばらくしたら、自分のTwitterのフォローした人に、『IGP さがね』っていう、番組で作ったアカウントのアイコンが並んでいるんですよ。でも、それは番組で使用しただけだから、動くハズがないんですよ」

さらに、伊集院は以下のように語っていた。

「それでつぶやきを見たら、『さがねです。今日、ライブの途中でTwitter始めることにしました。よろしく!』って書いてたんですよ。そうこうしているうちに、『ここからは、嫁のこととかグチをこぼしていきたいと思っています!』とかって書かれてるの」

「俺は、『これはないだろ』って思ってるんですよ。業界的にも何でも。お店のメールから、個人的なメールを出しているんじゃねぇよって感じですよ。ただ、スゴイ怒るのも違うなって思って。俺だけが熱くなっている可能性もあって、他の人は『そんなに怒ることじゃねぇじゃん』って思っているかもしれないじゃないですか」

「番組スタッフがOKだしたならまだしも、それにしても俺に一言あってしかるべきじゃないですか。総指揮的なこともやっているわけですから。それで連絡をとろうかと思ったんですけど、アイツの連絡先を知らないんですよ。そうなると、Twitterで連絡をとろうかと思ったんですけど、そうなると他の人にも見られちゃうワケだし。謝られると、感じ悪く映っちゃうだろうし」

「ダイレクトなメッセージを送ることもできるんですけど、アイツが見落とす可能性もあるし、普通にメッセージを書いちゃう可能性もあるし。そういうことに疎いから。それで、西尾くんから連絡がって、そこでメールアドレスを訊いたんです」

「メールで連絡をとって、『Twitter見ました。スタッフに許可はとりましたか?僕は連絡を受けていないので、この先、Twitterを続けるにしろ、一旦、メッセージを書くのは中止してください』って送ったんです。それで、返信があったんですけど、『周りからも指摘されました』って書いてあったの」

「どうやら、周りの人の方が常識人だったみたいで、『そのアカウントを使うにあたって、伊集院さんに連絡はとりましたか?』『番組に出られないって罰ゲーム中なのに、そこからつぶやくのはルール違反なんじゃないですか?』とかって言われたみたいなんですよ。すごいまともな指摘だと思うんですよ」

「でも、その後にアイツも40歳くらいの年齢なんですけど、絵文字でm(._.)mって書いてるんですよ。それはないでしょ。m(._.)mはないでしょ!」

「あいつからのメールは、『お疲れ様です。昨日、ライブでTwitterを始めようということになりまして、新しく登録をしようかと思ったのですが、登録できなくて、意味も分からず、(無断でアカウント使用)やっちゃいました。色んな人から、個人のアカウントを作った方がいいんじゃないですか、と言われて、改めて始めようかと思っていました m(._.)m』って書いてあったんですよ。m(_ _)mなら分かるんですけどね…もう、怒りの落としどころが分からないので、もうさがねには3年会いません」と話していた。

【関連記事】
伊集院光「麻木久仁子およびIZAMとの関係、その後」

伊集院光がTwitterを始めたワケとその弊害

伊集院光「Twitterで片山さつきに絡まれる」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : X-GUN,IJP,さがね正裕,西尾季隆,Twitter,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事