本日の注目記事

オードリー春日、ウーマンラッシュアワー・中川パラダイスは「吉本内に友人がいない」と暴露

2018.06.17 (Sun)
2018年6月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が、ウーマンラッシュアワー・中川パラダイスは「吉本内に友人がいない」と暴露していた。



若林正恭:春日ってさ、吉本の芸人さんの飲み会、結構参加してるじゃん。だから、もしつながりがあったら…

春日俊彰:いや、したことないよね、申し訳ないけど。

若林正恭:え?そうなの?パラちゃんとだけ?

春日俊彰:中川パラダイスは、吉本内に友人がいないから。

若林正恭:じゃあ、嫌われ者同士でいつも遊んでんのか?

春日俊彰:ちょっと待って(笑)私も?パラダイスはそうよ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

オードリー若林、あべこうじに「めちゃめちゃ天狗の感じ」の態度になっていなかったか心配に「ずっと今、心に引っかかってて」

2018.06.17 (Sun)
2018年6月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、あべこうじに「めちゃめちゃ天狗の感じ」の態度になっていなかったか心配になっていると語っていた。



若林正恭:羽田で、飛行機に乗ろうとしてた時に、あべこうじさんがいらっしゃって。

春日俊彰:ああ、はいはい。

若林正恭:あべこうじさん、青森で番組をやられてるんですよね。

春日俊彰:生放送で。それこそ、アドバルーンが出てるというか、VTR出演してる。毎週、『ブランチ』みたいな感じのやつやってるのよ、青森で。

若林正恭:うん、それであべこうじさんにばったり会って、「おはようございます」ってご挨拶させてもらったら、「あ、そうか。ライブだ。そうだね」って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「アドバルーンと話してね」って。俺は、アドバルーンさんとあべさんが一緒で、仕事が。で、それをアドバルーンから聞いたんだと思って、聞いてたの。

春日俊彰:ああ、そうなんじゃないの?

若林正恭:そしたら、あべさんが「いやね、電話してアドバルーンに。ガチャ切りして」みたいな。

春日俊彰:はい、はい。

若林正恭:で、「青森でグッズね…」って。「そうなんですよ」って言ってたんだけど、頭の中では「アドバルーンさんから聞いたのか」と思ってんだけど。で、「グッズ作って」みたいな。「2,000人入るかどうかで、ハラハラしてて」みたいな感じで。

春日俊彰:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

オードリー若林、内村光良に武道館でのライブについて太鼓判を押してもらえて「初めて大丈夫って思った」と告白

2018.06.17 (Sun)
2018年6月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、ウッチャンナンチャン内村光良に武道館でのライブについて太鼓判を押してもらえて、「初めて大丈夫って思った」と告白していた。



若林正恭:この間、内村さんにメイク室で会った時に、「ツアーやってんだってね」って話。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「ニュースで見たよ」って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「そうなんですよ」って。で、「何箇所回るの?最後、どこ?」「来年、武道館でやるんですよ」って言って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「お客さん、ちゃんと入ってくれるか、本当心配で」って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:ウンナンさんもやったんだよね、オールナイトのイベント。その時、青銅さんも入ってたみたいで。



春日俊彰:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

若林正恭、「オードリーのANN全国ツアー」青森ライブの打ち上げで寿司屋の大将のボケにツッコミ「ド素人のボケを拾う」

2018.06.10 (Sun)
2018年6月9日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、「オードリーのオールナイトニッポン全国ツアー」青森ライブの打ち上げで、誰もツッコまなかったため、寿司屋の大将のボケにツッコまざるを得なかったと明かしていた。

オードリーのオールナイトニッポン 一年史
オードリーのオールナイトニッポン 一年史

若林正恭:さっきライブ終わって、打ち上げがあったんですよ、ギースと、ルシファー吉岡とチーム付け焼き刃のスタッフ全員で。

春日俊彰:うん。

若林正恭:初めてだったんですけど、お寿司屋さんだったんですよ。で、青森もお寿司凄い美味しくて、嬉しくて。

春日俊彰:美味かったねぇ。

若林正恭:L字型の…全員、L字型のカウンターに座ってたんですよ、打ち上げが。

春日俊彰:うん。

若林正恭:全員、カウンターに座る打ち上げあるか?(笑)もう、寿司屋の大将の独壇場だったよ(笑)

春日俊彰:うん。

若林正恭:一番回してたのよ、寿司屋の大将が(笑)

春日俊彰:うん、そうね(笑)

若林正恭:あんなL字型のカウンターで、あるか?打ち上げなんて(笑)

春日俊彰:そうね。基本、隣の人しか喋れないしね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

モー娘。佐藤優樹、番組本番中にあくびをしてオードリー若林に注意されたと告白「怖いなぁ」

2018.06.10 (Sun)
2018年6月9日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、モーニング娘。'18 佐藤優樹が、番組本番中にあくびをしてオードリー・若林正恭に注意されたことを告白していた。



飯窪春菜:今日、なんでも喋っていいって。

佐藤優樹:はい。

明石家さんま:でも、まぁ俺らがあたふたするようなことは言わんといてくれよ。

佐藤優樹:ふふ(笑)

明石家さんま:俺があたふたするって、よっぽどの内容やからな(笑)

佐藤優樹:ふふ(笑)

明石家さんま:それだけは(笑)せっかくのヤングタウンですから。

佐藤優樹:はい。

明石家さんま:前から、みんな出てるから「出たいなぁ」とは思ってたの?

佐藤優樹:思ってなかったです。

明石家さんま:思ってなかった(笑)

佐藤優樹:知ってたんですけど(笑)

明石家さんま:「別に出たくないなぁ」って?

佐藤優樹:さんまさんに会うのが怖かったから(笑)

明石家さんま:怖い(笑)何が怖いねん、俺の(笑)

村上ショージ:貧血の話とか聞いてたん?(笑)

明石家さんま:貧血は先週やから(笑)「さんまさんって知らないけど、あの人、会うと怖いよなぁ」って?(笑)

明石家さんま、こぶしファクトリー井上玲音がラジオ収録中に貧血で倒れて驚く「大丈夫か?横になった方が…」

佐藤優樹:いや、テレビのままのイメージでいたいなぁっていう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日

山里亮太、オードリー若林の斎藤茂太賞の受賞で花を贈るも照れ隠し「クセェ花なんですよ、鼻を捻じ曲げてやろうと」

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、オードリー・若林正恭の斎藤茂太賞の受賞を祝って花を贈るも、照れ隠しで「クセェ花なんですよ、鼻を捻じ曲げてやろうと」などと語っていた。

天才はあきらめた


リスナーメール:若林さんの斎藤茂太賞受賞を口では散々妬んでたくせに、お祝いにドデカイ花を贈るなんてお前、つくづくやってんなぁ。

山里亮太:違うの、本当に。クセェ花なんですよ、クセェ花。鼻を捻じ曲げてやろうと思ってね。

でも、しょうがないよ。お祝いなんだから。ただね、俺は気づいたの。あの男はね、人のお祝いとかをね、基本的にバカにするタイプだから。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、オードリー若林に依頼して書いてもらった自著『天才はあきらめた』の解説文で泣きそうになる「目、真っ赤になった」

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、自伝的エッセイ『天才はあきらめた』を上梓することとなり、解説文をオードリー・若林正恭に依頼して書いてもらったところ、その文章を読んで泣きそうになってしまったと告白していた。

山里亮太:2006年には『天才になりたい』って思ってたけど、数々の天才を見て、どうして天才なのかっていうのを見て、自分を冷静に見た時に、天才を諦めたからこそ、楽しめた努力があったり、苦しさを乗り越える方法があったっていうのを、今思えば気づいたなっていうのを、全部書いてみたの。

天才はあきらめた


それでね、結構いい感じに出来上がりまして。で、これ凄いことにですね、今回…本ってさ、読んだ後に「解説文」ってさ、誰かに頼んだりするじゃない。で、解説文はですね、ダメ元で頼んでみたんですよ、オードリー若林。

そしたら、あの男もこういうところねズルイのよ、粋だわぁ。二つ返事でOKいただきまして。で、今回、7月6日に出せるようになったのも、若ちゃんの凄さがあって。まぁ、お忙しい方…まず、読まなきゃいけないから。読んで解説書くって、時間もかかるし忙しいから、本当に「いついつぐらいまでで書いてくれたら結構ですんで」って編集者の方、言ったんだけど。

渡して、すぐだったんだよね。締め切り1ヶ月前倒しぐらいで書いてくれて。で、その解説文が正直、俺、読んで恥ずかしいけども目真っ赤になった。

もうこの解説文だけでも、読み物としてむちゃくちゃいいっていう。先に原稿見た、うちのマネージャーさんは、その解説文で泣いたんです。これはね、凄いのよ。すげぇなぁ、あの男。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

山里亮太、自伝的エッセイ『天才になりたい』から12年分の思いを込めた『天才はあきらめた』を出版

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、自伝的エッセイ『天才になりたい』から12年分の思いを込めた『天才はあきらめた』を出版すると明かしていた。

山里亮太:先週、私はオードリー若林君の本、『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』の話をしたんですよ。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬


賞をとったじゃない、この凄いベストジーニスト賞かなんか、とったんですよ、たしか。斎藤茂太賞か、とって。

で、ございますけどね…実はですね、私、山里も本を出すことになりました(笑)ワーイ…このタイミングで?(笑)

まぁこれね、山里の自伝的エッセイでございまして。タイトル発表、ここ初めてでございます。これ、なんて言うんだっけ?宇宙初披露みたいなの言うじゃん、ラジオね(笑)宇宙初披露でございます、このね、私、自伝的エッセイ、タイトルが…『天才はあきらめた』と決まりました。

天才はあきらめた


天才はあきらめた』という本でございまして、これ発売がね7月6日金曜、ちょうど1ヶ月後くらいですね。

これ、どんな感じだったかっていうと、2006年にですね発売されました、山里の伝説の本『天才になりたい』。

天才になりたい


あの『天才になりたい』から12年経ちまして、全ページを徹底的に、大改稿、加筆修正しまくり。ほぼ新作じゃないかってくらい加筆修正しました。

って言っても、2006年からもう12年経ってますから、12年分のいろんな思いとかも足させていただきましたので。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

オードリー若林、山里亮太が信心深く神社に足繁く通うことについて「霊感商法、ゴリッと行けばイケると思う」

2018.06.03 (Sun)
2018年6月2日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、南海キャンディーズの山里亮太が信心深く神社に足繁く通うことについて「霊感商法、ゴリッと行けばイケると思う」などと発言していた。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬


若林正恭:花を贈ったり…「おめでとうございます」って言いに行くって気持ちあるけど、花を贈るとか、おみやげを買ってくるって発想なくない?

オードリー若林、エッセイで斎藤茂太賞を受賞し山里亮太から花が贈られたと明かす「事務所に超デケェ花が届いて」

春日俊彰:ないね。

若林正恭:あの人、そういうことやんだよ。

春日俊彰:育ちがいいのかね。

若林正恭:昭和の文化…昭和の文化でもないけど、俺たちの世代、あんまりやんないじゃない。

春日俊彰:そういうのもないし、年賀状とかも出さないよね。

若林正恭:あの人、やんだよ、そういうの律儀に。笑っちゃうよな。

春日俊彰:はっはっはっ(笑)ちょっとおもしろいけどもね(笑)

若林正恭:ちょっと面白いだろ?(笑)

春日俊彰:ボケじゃないんだもんね?

若林正恭:同世代なんだから(笑)「陣中見舞」みたいなこと、書いてあるの、ライブの時、お菓子とかくれるとき、筆で(笑)はっはっはっ(笑)

春日俊彰:自分で書いてんのかな?(笑)

若林正恭:なんだ、あの人(笑)

春日俊彰:なんだろうね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

オードリー若林、エッセイで斎藤茂太賞を受賞し山里亮太から花が贈られたと明かす「事務所に超デケェ花が届いて」

2018.06.03 (Sun)
2018年6月2日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、エッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』で斎藤茂太賞を受賞し、南海キャンディーズの山里亮太から花を贈られたと明かしていた。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬


若林正恭:俺、エッセイでね、キューバの。斎藤茂太賞っていうのを、いただいたんですよ。

春日俊彰:ああ、なんか言ってたね。

若林正恭:言ってた?

春日俊彰:周りがなんか、前室とかで言ってたね。

若林正恭:それでさ…

春日俊彰:何なの?賞?

若林正恭:賞をいただいたのよ。

春日俊彰:へぇ。なかなかとれないか、賞なんてね。凄いね。

若林正恭:だから、色んな番組の人とかが…あと、山ちゃん(笑)山ちゃんってさ、謎なんだよ、あの人。

春日俊彰:謎?

若林正恭:古き良き文化を、大事にするところがあんだよ、あの人。

春日俊彰:へぇ、なに?

若林正恭:なんかね、ラジオで、あの人やってる。伊勢原FMでラジオやってんだけど。

春日俊彰:伊勢原FMじゃないでしょ。TBSのでしょ?(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN