本日の注目記事

オードリー若林「AKB48の女子たちに怯える」

2010.05.23 (Sun)
2010年05月22日放送の「オードリーのANN」にて、若林正恭がAKB48と番組で共演することになった、と話していた。番組名は『なるほどハイスクール(日テレ・16:25-17:25)』で、5月30日に初回放送となる。

「この間、AKB48の番組でサブMCをやったんですよ。楽しかったんですけど、AKBとの仕事で、なんで僕が選ばれたのかっていうと、演出の人が『AKB48に興味が無いっていう人をキャスティングしたかったんですけど、そうしたら若林くんが一番興味ないだろうなって話になったんです』って言われたの」

「事実、AKB48で事前に知っている人が3人くらいしかいなくて。一緒に仕事したことある人が、4人くらいなんですよ。さすがに、全員の名前を覚えていかなくてはダメだろうって思ったんですよ」

「前日に写真が載っている一覧表で、20人くらいの子たちの名前を必死になって覚えたの。写真を見て、名前の所を隠してね。テスト勉強みたいな感じでしたね。それで、全員を覚えていったんですけど、本番が始まったらみんな、笑顔になったんですよ。テレビですからね。そうしたら、写真と実物がオーバーラップしなくて。名前が全部飛んじゃったんですよ」

「名札があったから、まだ良かったですけどね。でも、その名札を確認してから『君は…』みたいな感じで振るワケにもいかないからね。焦ったわ。やっぱり、宣材写真と実物って違うものだね」と話していた。

そこから、さらにAKB48のような10代の女の子たちについて若林は以下のように思っている、と語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN