TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「最近のテレビの仕事で思うこと」

伊集院光「最近のテレビの仕事で思うこと」

2010.05.18 (Tue)
2010年05月17日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、伊集院が最近、出演した番組について語られていた。「ストレスを感じることが多いですけど、特にマネージャーが原因でストレスを感じることがあるんです」と伊集院は話し始めた。

「僕は、週にラジオ1日、テレビ2日みたいな週に3日しか働かないということを事務所サイドに言っているんですよ。だから、その2日で色んなテレビに出させていただくんですけど、その2日をオーバーしたときも、絶対にダメってワケではないんです」

「どうしても出たい番組ってのはありますからね。それで、そのマネージャーの小僧が『すみません、伊集院さん。2日を超えてしまうんですけど、出演していただいていいですか?これは、絶対にやっておいた方が良いと思うので』って言うんですよ」

「その持ってきた仕事っていうのが、NHK教育の日本語の番組で、『最近つかわれる日本語が乱れている』みたいな番組なんですよ。それで、『わたしって○○な人なんですよ~』って言うヤツが許せないって、一言言うVTRに出演する仕事だったんです…そんなに許せないわけじゃないですけど」

「あとは、ルールを一切しらない、マジック ザ・ギャザリングの世界大会のゲスト、みたいな仕事もありましたよ。そんなの、失礼じゃないですか」

さらに、伊集院光は以下のように語っていた。

「今のマネージャーは、交渉術が下手なんですよ。同じ仕事でも、やらせたいなら、そういう風にもっていけばいいんですよ。俺なんかバカなんですから。それを上手く工夫すればいいのに。言わなくて良いことを言うし。『こういう仕事なんですけど、ロザンの宇治原くんが断って、ぽっかり空いた仕事なんです』とかって言うの。それ言わなくていいでしょ。それで『じゃあ、俺がやるよ』って言わないでしょ」

「さんま御殿なんかは、逆に俺がお願いしても出たいでしょ。トークが出来る、トークで笑いがとれる仕事ですよ。単なるデブ、食いしん坊じゃないってところが見せられる仕事ですよ。何が何でも、出たい番組ですよ」

「それで、さんま御殿からオファーがあったんですけど、『仲のいい芸能人』特集みたいな回で呼ばれたんです。それは、アンタッチャブルの山崎が指名してくれたんですけど、そこでマネージャーが『アンタッチャブルの山崎さんが指名してくれたから出れます。だから、世間にもっと山崎さんと仲が良いってところをアピールした方が良いと思います』って言うのよ。そんなの、逆に出づらいですよ」

「後輩から情けを掛けてもらった感じでさ…まぁ、出たけど。お願いしますって言って、出たけどね。ワクワクしながら、山崎に『ありがとうな』って言ったけどさ。…だけど、そう言うのは言わなくて良いだろう。誰のバーターとかは」と話していた。

【関連記事】
伊集院光が語る「アンタッチャブル・山崎のスゴさ」

アンタッチャブル山崎、三遊亭楽太郎、伊集院光の微妙な関係

おぎやはぎ・矢作「アンタ・山崎の誘いを断れないワケ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事