TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里「声優・宮野真守のライブで傷つく」

南キャン・山里「声優・宮野真守のライブで傷つく」

2010.05.16 (Sun)
2010年05月12日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、声優・宮野真守(DEATH NOTEの夜神月、機動戦士ガンダム00の刹那・F・セイエイ など)のライブにゲスト出演していたことを明かにしていた。

山里は「僕がゲストに言っても、誰も驚かないんですよ。『アイツが来たか』みたいな感じで。サプライズゲストって紹介されても、誰も沸かないんで、逆にこっちがサプライズなんです。そういう意味でのサプライズゲストなんですよね」

「でも、マモ(宮野真守)のライブに行った時には、『山ちゃん来てくれたんだ』って、ウェルカムな感じで迎えてくれたんですよ。追い風がビュンビュン吹いている感じなの。それで、イベントに出て、トークも盛り上がったの」

「お客さんも『マモのコンサートに来てくれてありがとう』みたいな感じになったワケよ。そこで、最後にマモの曲で盛り上がろうってことになったの。良いじゃないですか」

「その曲が、『KISS×KISS』って曲で、『君にキス!』って言って、人差し指を唇に付けて、投げキッスを会場の人にするって振り付けがあるんですよ。そうすると、会場の人がトロケるっていう感じになるわけですよ」

さらに、そこから以下のようなことがあったそうだ。

「それで、『山ちゃんもやって』って言われて、やろうじゃないかってことになったの。マモがやったら、ヒュー!って会場も盛り上がるの。次に、『山ちゃん!』って振られてやったら、さっきまで盛り上がってたところが、真っ二つにズドーンって割れたの(みんな、山里の投げキッスを避けた)。モーゼですよね」

「さっきまで俺に追い風だったのに、『イヤー!』って声も聞こえて。しまいには、『マモちゃん、消毒して!』って言ったからね。それは良くないよ。俺は、指と同時に毒を撒いたワケじゃないから」

「それで、マモがまた投げキッスをしたら盛り上がってたの。それで俺も頭に来て、また俺もやってやったら、綺麗に真っ二つになってたのよ。スゴイよね。マスゲームみたいな感じだったから。それぐらいのテンションでしたよ」

【関連記事】
伊集院光 「声優・皆口裕子さんと中学の先輩後輩」

ケンドーコバヤシ 「ドラえもんの声優出演で赤面」

伊集院光 「品川庄司・品川のウザさにイラつく」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

本日の注目記事