TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「ipadは買うべきか?」

伊集院光「ipadは買うべきか?」

2010.05.16 (Sun)
2010年05月10日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、ipadを購入しようか、非常に迷った様子を語っていた。「ipadを買おうか買うまいか…予約開始が始まりましたけど。最近、新しいものを買う、というとき、『生活に必要じゃないもの』ってどうしようか迷うんですよね」

「要るっていえば要るし、要らないっていえば要らないじゃないですか。そういうとき、『要るほう』にでも、『要らないほう』にでも、どうとでも理論武装できるわけですよ。そういうものを、結構、この何年か『要るほう』に傾けることをやってこなかった。でも、『買ってズッコケてナンボだろ』って思うんですよ」

「『ipadは、買ってズッコケれば良いんだ!』って思ったんですよ。それで、パソコンで予約してみようかと思ったんです。朝の3時くらいに、『今すぐ予約』ってアップルストアにボタンが付いているワケですよ。『イっちゃおうか!』って思うわけです」

「でも、今回のルールで、アップルストアで買えるのは無線LAN対応のipadまでなんです。wifi対応のモデルまでなんですよね。あと、softbankショップの選ばれたお店みたいなところに行くと、3G付きの電話回線が付いたipadを買えるんですよね」

「でも、アップルストアで見るとすぐに欲しくなるじゃないですか。夜中に予約がひっそりと始まっているし。実際の発売は5月28日ですけどね。でも、朝の予約だから。『買って、"伊集院、何おしゃれなもの買ってんの?"って言われれば良い』って思ってね。タッチパネルに明らかにタマキンのシワが付いていれば『何やってんの?』って思われるなって思って。そこで、買ってやろう!って思ったワケです」

「一番良いモデルで、付属品をなんだかんだで入れていくと8万円なんですよ。『8万円をいただくためには、どんなことを我慢しなくてはいけないんだろう…』って思うわけですけどね。それで、『今すぐ予約』を押すと、リンクが切れてるんです。この勢いがあったときは良かったんですけど、次はもう(今すぐ予約を)押せなくなりますよ」

さらに、以下のように語っていた。

「よくよく考えると、電話回線付きのものを店頭で買った方が良いんじゃないかって思ったわけです。しばらくネットを見ていたら、ファミ通で『いい電子』って描いているみずしな孝之先生が、twitterで『買ってしまいました』って書いているワケですよ。これは負けられないんじゃないかって思ったんです」

「でも、そこで考えるのはさっきまで『電話回線付きのものを買おう』って思っちゃったことなんですよね。そこから、『電話回線は別に要らない』って理論武装をしなけりゃならないんですよ。俺は、NTT電話回線を無線LANに変換できるモバイルルータを持っているから、ネットに繋ぎたいときだけそれを持って行けば良いのかなって思って」

「あと、ネットだけの噂では、電話回線付きのものはGPSに対応しているけど、無線LANモデルでは、GPSに対応していないらしいって話も出て来て…それで、電話回線付きじゃないとダメかなって思ったんです。でも、『無線LANモデルでも、(GPSはなくても)自分のいる大雑把な位置は表示されます』って書いている海外に在住の人のブログを読んだりすると、無線LANモデルでも良いかなって思って」

「迷っている間に、『発売日に届かないんじゃないかな』って思いだして、今すぐに予約しよう!って思ったわけです。それで、予約したんですけど、途中でエラーが出てきてしまって。混雑しているみたいなんですよね。そうなると、『今すぐ買うべきじゃないんじゃないか』って思うようになったんですよね」

「『デジタル書籍なんかの権利関係がクリアされてからじゃないと、買う意味はないんじゃないか?』って思ったりするんですけど、一方で『俺はお笑いなんだから、そういうのも買って失敗する必要もあるんじゃないか』って思ったりするんですよね」

「64GBのwifiモデルと、充電用のコネクターと、ワイヤレスキーボード、写真を取り込む用のアダプターを付けて、8万5千円になったんです。注文を確定するまでの迷ったんですけど、ついにボタンを押しましたよ」

「その後に、twitterで『伊集院さん、迷っているんなら電話回線ありのモデルを買って、プリペイド契約みたいなものだから、電話回線要らないんなら、使わなければいいんじゃないですか』ってグッドアイデアを戴きまして。その後悔の仕方ってスゴイのよ。さらに、『今のところ並ばずに予約できてます』みたいな(twitterでの)中継もあったの。行列に並ぶのは絶対にイヤだから、3Gモデルを買うのを避けたっていうのもあるんだけどね」

「それで、モンモンと後悔していたんだよね。『カミさんの誕生日プレゼントにどうだろうか!』って思ったんだけど、カミさんに電話したら『もう、欲しいモノは決めてある』って言われちゃって…」

「そこでサービスセンターに電話して、キャンセルしようと思ったんですよ。8万円もするものを買うのに、少しの後悔もあってはいけないって思ってね。『電話が繋がらなければ、仕方がない』とかって思っているんだけどね」

「デジタルメーカーのサービスセンターなんか、なかなか繋がらないじゃないですか。でも、思いの外、すぐに繋がって。キャンセルしたいんですけどって言ったら、『ご注文ナンバーは…』とか、結構、すんなりとキャンセルできそうなワケ。『よろしければ、理由をお聞かせ願えますか?』とかって言われたんだけど、『あの…僕が注文する前に、家内が僕にプレゼントで僕に注文をしていたみたいで、ダブっちゃうといけないから』とかって言ってね」

「そうしたら、『キャンセルいたします…ただ、ワイヤレスキーボードはすでに発売している商品ですので、こちらに関してはもう発送しておりますので、こちらの商品はキャンセルできません』って言うのよ。どんだけ早いんですか。結論としては、ウチにはipadは来ないけど、ワイヤレスキーボードは来る」

「俺、そんなにYoutubeも観ないし、最近Apple MacBook Proを使うようになったから、iphoneとMacBook Proの間に位置するipadを買う意味はあるのか…とかも思ってしまうんですよ。方向性がまだ定まっていないような商品を買うのは…とも思うんだよね」と話していた。

【関連記事】
伊集院光が語る「AKB48商法のあざとさ」

伊集院光「家電芸人に思うこと」

伊集院光が語る 「PS3地上デジタルレコーダーキットtorne(トルネ)」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事