TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 夫婦ゲンカ後の顛末

加藤浩次 夫婦ゲンカ後の顛末

2008.02.02 (Sat)
2008年02月02日放送の「加藤浩次の吠え魂」で、加藤家に起こった2週間にも渡った夫婦ゲンカ後の顛末について語られていた。

この夫婦ゲンカは、昨年の11月頃に起こったもので、発端は夕飯に出されたカレーライス。一口食べたところ、加藤浩次は「なんか変な味がするな」と言ってしまった。

すると妻の香織は、「すぐ文句言う」と怒った。「お前の舌はオカシイんじゃないか?」という売り言葉に買い言葉が続いた。加藤が「俺は外で働いているんだから、お前は家でしっかりと食事を作って支えろ」というと、香織は「あなたが、テレビでツマらないことを言っても、私は文句をいわないでしょ?」と言い出したそうだ。

さらに、加藤も「もう二度とお前の料理は食わない!全部外食してやる!」と宣言してしまい、その後2週間にも渡って口もきかない状態だったという。

最後は、加藤が謝って丸く収まったようだったが、その後に展開があったようだ。以前からラジオなどでは「妻の味覚はオカシイ」というような内容を語っていた。めちゃイケでも、「野菜炒めには塩こしょうを振るのは基本だろ!」といったことを加藤が言い出して、夫婦ゲンカになったということが明らかとなっていた。

結果、妻である香織は料理教室に通い出したそうだ。どうやら、散々言ってきた「(妻の)味覚が変。やっぱり料理って才能だな」といった言葉が、深く刺さってしまったようだ。さすがに加藤も反省したようで、「俺の言葉が『グサっ』て刺さったのかな」と、傷つけてしまったことを後悔していたようだ。

【関連記事】
加藤浩次の吠え魂 トーク集

加藤浩次 2週間に渡る夫婦ゲンカ 原因は…


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

本日の注目記事