TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「Qさまに見る人間の本性」

伊集院光「Qさまに見る人間の本性」

2010.05.04 (Tue)
2010年05月03日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、『Qさま!!』で垣間見える人間の本性について語っていた。話の発端は、麻木久仁子とかつてあった確執について語っていたときのことだった(伊集院光「麻木久仁子およびIZAMとの関係、その後」 )。

「Qさま!!のレギュラーメンバーには、嫌いな人はいませんね。一緒になった人の中には、いますけど。…でも、Qさま!!では絶対的に(隠している感情も)出ますよね」

「いつもQさま!!を観ていると、ドキュメンタリー番組として出して欲しいって思うこともあるんですよ。リズム良く編集されていない、次の問題に行く前のややこしい受け答えとかを、全部、1枚のDVDにして欲しいって思うんですよ」と話していた。

伊集院光は、さらに以下のように語っていた。

「それはテレビ通には売れると思うし、『人間とはなんだ』とか『群衆とはなんだ』『プレッシャーとはなんだ』みたいな感じ。ジャンルとしては、『アッテンボロー鳥の世界』と一緒ですよね」

「人間という生き物が、これだけの人数で、総合的にプレッシャーをかけられると、どういう感じになっていくのかっていうのは興味深いよね。俺の出ていない、女性インテリ芸能人大会とか、すげぇ観ているからね」

「『今、ここでギスギスしているぞ』みたいなね。『その中心には、この人がいたぞ』みたいな感じも観ているんです。ただ、レギュラーメンバーはそういうところは出なくなっているんですよね。そういう体験をいっぱいしたから」

「でも、1回限りのメンバーとかだと、それがすげぇ出ているんですよね」と話していた。

【関連記事】
伊集院光 「『Qさま!!』に見る、川島なお美のズルさ」

アンタッチャブル山崎 「高須クリニック院長に爆笑」

南キャン・山里「人間の負の部分を引き出してしまう能力」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事