TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「麻木久仁子およびIZAMとの関係、その後」

伊集院光「麻木久仁子およびIZAMとの関係、その後」

2010.05.04 (Tue)
2010年05月03日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、麻木久仁子とIZAMについて語られていた。
麻木久仁子については、2007年10月02日放送にて、「麻木久仁子さんのクイズ番組での本気っぷりに、引いてしまう」などと発言しており、後日、麻木から「ネットで見たんだけど、何か私のこと言った?」と伊集院に言ってきたことを明らかにしている(伊集院光 「麻木久仁子のクイズ番組での本気度」)。

IZAMについては、1999年9月27日の放送で吉川ひなのとの離婚について語ったところ、2000年4月に、『ごきげんよう』の番組内にて「大して話もしてないのにラジオで悪く言われた」とIZAMが発言した(いわゆる『IZAM事変』)。

リスナーからの「Qさまや雑学王の中で、キライな人は誰ですか?」と質問メールが送られており、この2人について、伊集院は以下のように話していた。

「Qさまや雑学王で、キライな人はもういないんですよ。あれだけ長くやっていると、みんな優しくしてくれるし。でも、ご存じの通り、麻木久仁子さんのことが苦手だって、この番組でもしているんですよね」

「はい、すごい苦手でした。でも、最近はそんなことはないんですよ。ポツネンと一人でいると、麻木さんしか話しかけてくれない日とかもあるんですよ。『雑学王で、ボケ回答をさせてくれない。そんなに本気じゃなくていいじゃん』っていうことをこの番組でもグチりまして、麻木さんのことを正直、苦手だったんですよ」

「でも、最近ではそんなことないんです。そんな中、麻木さんもTwitterを始めたんですよ。それで、俺のことをフォローしてくれたりもしているんです。俺のところにリツイートをくれたりもするんです」

「だけど、俺が昔『麻木久仁子さんのことを苦手だった』ってことを話していたから、周りの人が、『実は麻木さんのことを伊集院さんは嫌いなんですよ』とかって言う可能性もあるじゃん。そうなると、やっと良い関係になったのに、また過ぎ去ったことでスゲェ謝んなきゃダメになるじゃないですか」

「…あと、ついこの間、IZAMさんと初めてテレビで共演することがありましてね。これも面倒くさいんですけどね…まぁ、俺が蒔いた種なんですけどね。IZAMさんが吉川ひなのさんと5ヶ月くらいで離婚した時に、『そりゃそうだろう。ウキウキして結婚しても、毎日、朝起きればスッピンのでっかいオカマが家で寝ていることに対して、疑問を抱くこともあるだろうよ』って話したんですよ」

「それを人づてにIZAMさんが聞いて、たいそうご立腹なさったそうなんですよ。それで、IZAMさんがすげぇ怒ってたって話が伝わってきたんですよ…でも、そこでわざわざ接点(謝罪など)を作ろうとするほど真人間であれば、そんなことを始めから言わないですしね」

「そこから、10年くらい経ってるんですよ。それで今回、初めて共演することになって…どう接すれば良いのかって思ったんですよね。『風の便りで聞いたんですけど、僕がラジオで喋ったどうしようもない暴言で、たいそうご気分を害されたようで…すみませんでした』って言おうかと思ったんですよ」

「でも、wikipediaを見たら、離婚なさったのが11年くらい前なんですよね。そんな前のことをわざわざ蒸し返して言うのも…それもイヤじゃん。それで、どうしようかと思って、そのまま本番になっちゃったんですけどね」

「普通に良い人でしたよ。心の中ではどう思っているか知りませんけどね。すみれSeptember Loveを口ずさみながらね。…もう、(自分は)そういう病気で人にご迷惑をかけていくしかないって思ってますけどね」と話していた。

【関連記事】
伊集院光 「麻木久仁子のクイズ番組での本気度」

伊集院光 ラジオでの陰口を、まる聞こえされる

伊集院光がTwitterを始めたワケとその弊害


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事