当サイト注目記事

伊集院光 「流通ジャーナリスト金子哲雄に抱く感情」

2010.05.04 (Tue)

2010年05月03日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、がっちりマンデーなどでお馴染みの流通ジャーナリスト・金子哲雄について語られていた。

オープニングトークの冒頭で、伊集院は「テレビで、家電量販店で『エアコンを値切るなら、こういう時期が良い』とか、『液晶テレビの買い時はいつだ!』みたいなことを言う、メガネを掛けた…金子哲雄さんを見ると、ザワザワする」

「そのザワザワする理由を考えてみたんですよ。なんで、ザワザワするのかって考えると、俺の中にああいう要素があるんじゃないかって思うんです」と話していた。

さらに、伊集院光は以下のように語っていた。
「俺の中に(金子哲雄のような)ああいう要素があって、それによって痛い目を何度かみているから、と思うんですよね」

「前に座っている構成作家の渡辺くんと、そういう結論に達しましたね。お互い、調子に乗って自分の知っているマニアックな知識を話している内に、なんだろう…人とのコミュニケーションが上手くいってないせいなんだろうね、上から風味がちょっと出てくるんだよね」

「それで、気づいたらガツーンと叩かれて、知らぬ間に鼻血が流れているって、そんな感じのこともあるんですよね。それで、自分の得意なジャンルの後に、『○○バカ』ってアダ名が付くわけですよ」

「(金子哲雄の場合は)『値切りバカ』ですよね。最終的に。だから、気をつけてって思うんですよね。それが、ザワザワする理由だと思うんですけど」と話していた。

【関連記事】
伊集院光が語る「AKB48商法のあざとさ」

伊集院光が語る 「芸能界におけるマーケティング理論」

伊集院光 「構成作家・渡辺雅史を叱る」




楽天SocialNewsに投稿!
【フォローしていただくと更新情報をお知らせします】

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
Adminブログパーツ