TOPオードリーのANN ≫ オードリー・春日「漫才と取材でスベる」

オードリー・春日「漫才と取材でスベる」

2010.05.04 (Tue)
2010年05月01日放送の「オードリーのANN」にて、ニッポン放送のイベント「ラジオパーク2010」の企画にオードリーとして参加したと話していた。さらに、そのイベント終わりでテレビ番組の収録に行ったことを明らかにしていた。

若林は「伝統的な番組ですよね。そこで、久しぶりに漫才をやりましてね。打ち合わせもなく、そのまま舞台の様子を撮すっていう主旨だったんです。7~8分くらい漫才をやりましたね。その中盤くらいで、下ネタでスベってましたね」

「フロアのディレクターさんが、下ネタに頭を抱えてましたね。さらに、春日が胸をボイーンとやっていたところで、天を仰いでましたね。その後、インカムで何かを話してました。どういう会話をしていたんでしょうかね」

「下ネタスベリは良くないですね。…その後、日比谷公園に自宅部屋(むつみ荘)が再現されて、一般公開されてるんですよ。それに関する囲み取材があったんですよ」と話していた。さらに、以下のようなことが語られていた。

春日が「結構、新聞とかにも載るって話ですよ」というと、若林は「その囲み取材でも、下ネタでスベっていましたね。TENGAネタでスベってましたね」

「僕が見た感じでは、音声さん2人くらいが笑っていた感じです。やっぱり、女性はTENGAって知らないですからね。僕が、『春日さんの部屋が移設されて、こうして進入禁止のロープも張られてますが、勝手に入ってきて、好きなモノを持って行っても良いですよ』って言ったんですよね」

「そうしたら、春日さんがすかさず『TENGAだけは持って行かないでくれよな!』って言ったんですよ。ここがスコーンとスベリましてね」と語っていた。

春日は「終わった後に、藤井青銅さん(構成作家)が女性レポーターに『TENGAって何ですか?』って訊かれてましたからね。青銅さんは、『テレビでどうせ使われないですから』って言ってお茶を濁したみたいですけどね」と話していた。

若林は「あのくだりは、あれだけレポーターの人たちが集まってくれていたのに、鳥の鳴き声がしましたからね」と語っていた。

ちなみに、TENGAは春日がこっそりとその日の内に、持ち帰ったそうだ。

【関連記事】
アンタッチャブル 「オードリーの忙しさは異常」

下積み時代、オードリー・若林が躊躇した「汚れ仕事」

ナイナイ矢部、オードリー若林、TKO木本の共通点


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事