本日の注目記事

有吉弘行、女子高生が駐車場で放尿した直後の現場を見たことは「僕の中の大事なトレジャー」と語る

2019.03.24 (Sun)
2019年3月24日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、女子高生が駐車場で放尿した直後の現場を見たことは「僕の中の大事なトレジャー」と語っていた。



リスナーメール:僕は群馬の田舎者です。小学生の頃、河原で同級生の女子がオシッコをしていて、その光景を目撃してから僕の性癖はグニャっとゆがみました。

有吉弘行:これは本当にでも、君の一生の宝物だな。

西堀亮:はっはっはっ(笑)

有吉弘行:本当に。その光景っていうのは。君が本当にいい宝物をもらったなって思います。

滝沢秀一:ああ(笑)

有吉弘行:羨ましいですよ。生まれ変われるなら、君になりたいですよ。

滝沢秀一:はっはっはっ(笑)

西堀亮:それだけで(笑)その一点で(笑)

有吉弘行:それはそうでしょ(笑)そんな宝物を持ってる人って、そう多くはないからね。

滝沢秀一:そうですね(笑)誇らしいことですね(笑)

有吉弘行:ヤブで女性がオシッコしてるところ見たことやっぱりないもんね。

滝沢秀一:ないですね、たしかに(笑)

有吉弘行:また言わなきゃいけないけどね(笑)文化放送近くの四谷にある…

滝沢秀一:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

有吉弘行、マンガ『BLUE GIANT SUPREME』と『ブルーピリオド』を大人買い「感動しちゃったよ」

2019.03.24 (Sun)
2019年3月24日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、マンガ『BLUE GIANT SUPREME』と『ブルーピリオド』を大人買いしたと語っていた。



西堀亮:続いてはこの一週間のニュースを…

有吉弘行:ちょっと待ってください。僕、メール持ってるってことは、なんか読むんだなって察して欲しかったです。

西堀亮:申し訳ないです(笑)

有吉弘行:こんな、進行表みたいなものをただ読むだけの仕事をしに来てるわけじゃないだろ?

西堀亮:はい。

有吉弘行:ジャズも一緒だぞ。

滝沢秀一:ジャズ?

有吉弘行:ジャズもやっぱり、コード表だけで進むもんじゃないから。アドリブでやるから、ジャズって。

滝沢秀一:その場に合わせてですね。

有吉弘行:楽譜だけじゃないから、ジャズっていうのは。

滝沢秀一:はい(笑)

有吉弘行:頼むな。

西堀亮:ジャズ、はい(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

有吉弘行、あまりの大食漢ぶりに上地雄輔が「引いた」と明かす「こんな食べるオジサンいるんだ」

2019.03.24 (Sun)
2019年3月24日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、長崎ロケでの打ち上げで、あまりの大食漢ぶりに上地雄輔が「引いた」と明かしていた。



有吉弘行:長崎の方行ってまして、五島列島ですね。

滝沢秀一:ほう。

有吉弘行:福江島というところでございます。世界遺産、あの辺登録されてね、綺麗なところですけどね。

滝沢秀一:はい。

有吉弘行:川口春奈ちゃんが生まれた島、福江島で。

滝沢秀一:へぇ。

有吉弘行:自転車の旅ということで行ってきまして。私、とりあえず体がボロボロですね。

滝沢秀一:ああ(笑)

西堀亮:辛かったんですね(笑)

有吉弘行:めちゃめちゃ辛いよね。半年に一回ぐらい…今、4回目ですから、半年に一回やってるんですけど。

滝沢秀一:はい。

有吉弘行:半年に一回漕ぐとしんどいな。

西堀亮:やってないと。

有吉弘行:めちゃめちゃ漕ぐだろ、そうすると夜の打ち上げ、メシ凄いな。大量。

滝沢秀一:ふふ(笑)

西堀亮:動いてるから。

有吉弘行:だから、滝沢とかの気持ち分かるよ。ゴミ清掃してて、いっぱい食うって言うじゃない。この前、牛丼大盛り頼むって言っててバカにしたけどさ。

滝沢秀一:はい(笑)

有吉弘行:やっぱりちょっとあれだけ動くと。

西堀亮:分かりました?(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

浜田雅功、木村拓哉のラジオ番組で『また遭う日まで』をリクエストして「SMAPファンもね…」とつぶやく

2019.03.24 (Sun)
2019年3月24日放送のTOKYO FM系列のラジオ番組『木村拓哉 FLOW』(毎週日 11:30 - 11:55)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功が、同番組で尾崎紀世彦『また逢う日まで』をリクエストし、「SMAPファンもね…」とつぶやいていた。



浜田雅功:生まれて初めて買ったレコード。

木村拓哉:それ、いくつの時?

浜田雅功:小学生ぐらいじゃないの。

木村拓哉:小学生?

浜田雅功:小学校ぐらいちゃうかな。尾崎紀世彦の『また逢う日まで』。

木村拓哉:を買ったんですか?

浜田雅功:初めて買ったんですよ。「このおっさん、凄い声出るなぁ」みたいな。テレビ見てて、「すげぇ声出る人やな」って(笑)

木村拓哉:ふふ(笑)

浜田雅功:歌の感じもよかったし。

木村拓哉:1971年。

浜田雅功:71年。

木村拓哉:俺、まだ生まれてないですよ。72年だから。

浜田雅功:ああ、そうか。

木村拓哉:ええ?すげぇ。

浜田雅功:これ、なかなかいいでしょ。

木村拓哉:小学生の浜ちゃんのハートをつかんだんですよね?

浜田雅功:そうですね。ハートをつかんで。

木村拓哉:尾崎さんが(笑)

浜田雅功:うん。これはまぁ、色んな意味でね、『また逢う日まで』。分かりまっしゃろ?(笑)

木村拓哉:ああ、嬉しいですね。

浜田雅功:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  木村拓哉のWhat’s UP SMAP / FLOW

浜田雅功、ダウンタウンの大阪時代に明石家さんまから「大阪でオモロい奴がいるって言われとるぞ」と上京を促されたと明かす

2019.03.24 (Sun)
2019年3月24日放送のTOKYO FM系列のラジオ番組『木村拓哉 FLOW』(毎週日 11:30 - 11:55)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功が、大阪時代、明石家さんまから「大阪でオモロい奴がいるって言われとるぞ」と上京を促されたと明かしていた。



木村拓哉:東京に来たのは?

浜田雅功:東京はね、その当時、ちょっとしか仕事してなかってんけど。『爆笑ヒットパレード』って正月の番組。

木村拓哉:分かります。

浜田雅功:あれに呼ばれて行ったりとか。

木村拓哉:ああ。

浜田雅功:そんな感じでやってる時に、フジテレビのタレントクロークで、さんまさんがいてはって。

木村拓哉:うん。

浜田雅功:「あ、おはようございます」とか言ってたら、「なんや?今日」って言うから、「いや、番組呼ばれまして」って言ったら、「お前ら、いつ東京出てくんねん」って言われて。

木村拓哉:うん。

浜田雅功:「いや、全然そんなん言うてないです」って言うたら、「大阪でオモロい奴がいるって言うとるぞ、こっちは」って。「出てきたらエエのに」みたいな感じのこと言われて。

木村拓哉:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日

ダウンタウン浜田雅功、同期のハイヒールやトミーズが先にテレビで活躍していて悔しい思いをした過去を告白「辞めたろか、ホンマに」

2019.03.24 (Sun)
2019年3月24日放送のTOKYO FM系列のラジオ番組『木村拓哉 FLOW』(毎週日 11:30 - 11:55)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功が、同期のハイヒールやトミーズが先にテレビで活躍していて悔しい思いをした過去を告白していた。



浜田雅功:養成所は(NSC)1期でハイヒールというのと、トミーズっていうのがおんねんけど。

木村拓哉:はい。

浜田雅功:もうあの子らが先レギュラーとって、深夜番組出たり、出てって。

木村拓哉:うん。

浜田雅功:俺らもう劇場しか出てないから。それまで同期と歩いてても、ただの兄ちゃんと姉ちゃんやん、ミナミ歩いてても。

木村拓哉:ふふ(笑)

浜田雅功:それでモモコがレギュラーとって外へ出だしたら、「ワーッ!」言われるわけ。

木村拓哉:うん。

浜田雅功:「うわ、凄いなテレビって」と思って。

木村拓哉:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  木村拓哉のWhat’s UP SMAP / FLOW

浜田雅功、高校生だった息子ハマ・オカモトに「音楽でメシ食おうって思ってんの?」と質問して返された衝撃の一言「そんなに甘くねぇよ」

2019.03.24 (Sun)
2019年3月24日放送のTOKYO FM系列のラジオ番組『木村拓哉 FLOW』(毎週日 11:30 - 11:55)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功が、高校生だった息子ハマ・オカモトに「音楽でメシ食おうって思ってんの?」と質問して、返された衝撃の一言について語っていた。



浜田雅功:ミュージシャンでも、そんな上手いこと行くかいなって思うよ。

木村拓哉:いや、(息子ハマ・オカモトは)上手いこと行ってるじゃないですか。

浜田雅功:いや、俺は認めてないもん、アイツら。

木村拓哉:いや、めっちゃ認めてますよ。だってあのフェンダー(レオ・フェンダーが1946年に創業した楽器メーカー)が「ぜひ」って言った、唯一の人ですよ。

浜田雅功:いや、そうやねんで。現場で会ったらみんなにそう言われるんですよ。

木村拓哉:うん。

浜田雅功:でも、別に売れてへんやん。

木村拓哉:いやいや、すげぇテクニックですよ。

浜田雅功:いやいや、テクニックはあるかもしれへんけど、売れてへんし。

木村拓哉:ふふ(笑)いや、売れてるでしょ。

浜田雅功:中学ぐらいから、ずーっとやってんねん。

木村拓哉:うん。

浜田雅功:高校ぐらい、ずーっとやってんねん。

木村拓哉:うん。

浜田雅功:これ、一回言うたらなアカンなって思って。

木村拓哉:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  木村拓哉のWhat’s UP SMAP / FLOW

山本圭壱、『月曜から夜ふかし』で出演したドラマ『伝説の秋田犬 ハチ』最終回が放送されて驚く「LINEで知るっていう(笑)」

2019.03.24 (Sun)
2019年3月23日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(毎週土 25:20-25:50)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱が、日本テレビ系の番組『月曜から夜ふかし』で出演したドラマ『伝説の秋田犬 ハチ』最終回が放送されて驚いたと語っていた。



山本圭壱:俺もビックリしたんだけど、LINEがどんどんくるから何かなって思ったら、『月曜から夜ふかし』で。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:マツコさんが今まで見ていた、面白い番組みたいなんで、俺が昔、スペシャルドラマに出てた、『ハチ』(伝説の秋田犬 ハチ)っていう。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:「最後のエンディングが面白いのよね」って。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:忠犬ハチ公が死んで、エンドロールが流れるのよ。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:最期、泣けるシーンで。そのエンドロールで流れる曲がマドンナの曲で(笑)

加藤浩次:うん、うん。

山本圭壱:そのエンディングと曲が合ってない面白さっていうので、マツコさんが何回か振るんだけど、俺のセリフから始まるんだよ。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:「奥さん、抱いてやってください」って言って、泉ピン子さんが抱いて、そのままハチが死んでいくっていう。

加藤浩次:うん、うん。

山本圭壱:そのシーンをマツコさんが気に入って、何度か。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!

加藤浩次、『今日から俺は』福田雄一監督は銀座七丁目劇場のスタッフ時代に芸人に味方して「支配人からクビを切られた」と明かす

2019.03.24 (Sun)
2019年3月23日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(毎週土 25:20-25:50)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、福田雄一監督は銀座七丁目劇場のスタッフ時代、芸人に味方して「支配人からクビを切られた」と明かしていた。



山本圭壱:『今日から俺は』に出てた、若い役者さん。この間、舞台一緒だったんですよ。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:『今日から俺は』のTシャツ着てたから、小野塚君なんだけど、「小野塚君、やってたんだ?」「そうです」って。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:「それ、福田監督の?」って言ったら、「はい、福田さんの」って。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:「どんな感じ?」って言ったら、「いや、もう兄貴肌で」って。「役者さんみんなで『メシ食いに行くぞ』って、全員ステーキを食えって言って」と。

加藤浩次:ああ、そう。

山本圭壱:もう同じポンド数のステーキを全員。「いや、本当にいい兄貴です」って。

加藤浩次:引く手あまたですからね、福田さんはね。

山本圭壱:「いやぁ、福田さん凄いね、監督ね」って。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:「いや、本当いい人です」って言ってたよ。『今日から俺は』の時は。

加藤浩次:だから、まぁどんどん自信つけていくとそうなってくだろうな。

山本圭壱:ねぇ。我々の番組やっていただいてたことありますもんね。

加藤浩次:元々、七丁目劇場の雑用みたいな感じだったからな。

山本圭壱:雑用…そうですね。フロアDみたいな。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:舞台の袖にいて、「じゃあお願いします」って。

加藤浩次:そう、そう。

山本圭壱:構成とかもやってる方でしたからね、銀座七丁目劇場。

加藤浩次:そう。その時から劇団とか持ってたからね、皆さんはね、自分のね。

山本圭壱:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!

加藤浩次、次女のミッション系の小学校の卒業式で神父が子供たちの頭を持っていたことが不思議だったと明かす「あれ何なんだ?」

2019.03.24 (Sun)
2019年3月23日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(毎週土 25:20-25:50)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、ミッション系の小学校に通う末娘の卒業式で、神父が子供たちの頭を持っていたことが不思議だったと明かしていた。



加藤浩次:一部がそれ(加藤浩次、ミッション系の小学校に通う末娘の卒業式で急に歌い出す神父に笑ってしまい妻に注意される「浩次、やめて」)なんだよ。

山本圭壱:何部あるの?

加藤浩次:二部。一部は歌って。在校生が歌うとか、それも全部歌詞が入ってて。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:で、そのプログラム通り進んでくんだけど。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:で、「これから二部に参ります」って。二部は、卒業証書授与式。

山本圭壱:一人ずつだ?

加藤浩次:一人ずつ。

山本圭壱:うん。晴れ姿ですよね、一人ずつだったら。

加藤浩次:そうなのよ。晴れ姿っていうか、一人ずつもらうわけだよ。

山本圭壱:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!