本日の注目記事

伊集院光、浅田真央引退の中で事前に知っていた村上佳菜子の引退話ができず「とぼけてなきゃ」いけなかったと告白

2017.04.25 (Tue)
2017年4月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、事前に知っていた女子フィギュア村上佳菜子選手の引退について、浅田真央が引退発表した際、「とぼけてなきゃ」いけなかったと告白していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:結構、この何週間か、「面倒くせぇな」っていうか…「面倒くせぇ」は言葉悪いですけど、「仕事ってのは、色々と大変だな」って思ってたのって、村上佳菜子選手。フュギュアスケートの村上佳菜子選手が、引退を表明したんですよ。

引退を表明したんですけど、俺、それを何週間か前から知ってて。名古屋の番組で、引退に向けてのロングインタビューっていうのを撮ってたんだけど、色々スケジュール考えて、引退発表より前倒しでインタビューを撮らせてもらってたわけ。

俺からしてみたら、ちょっと「秘密知ってる」みたいなことじゃん。でも、言わない。それはしょうがないよ。わざわざそれを教えてくれてまで、インタビュー撮らせてくれて。4月の終わり、5月かな、オンエアがスゲェ先なのよ、それが。

色々、裏話とかは聞いたんで。名古屋の番組で、色んなの聞いて、それをオンエアまで喋らないことぐらいは、俺もさすがに大人だから分かりますけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、ダイエット中で「何も食べてないはずなのに体重が増える」怪現象が起きた理由に驚く「夜中にフラーっと起きて…」

2017.04.25 (Tue)
2017年4月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、自身のダイエット経験で、「何も食べていないはずなのに体重が増えている」という怪現象が起き、その理由に驚いたと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:昔、俺、何も食った覚えないのに、体重が1 kg増えてて。超減量したときに、カッツカツの減量したときに、朝起きて、何も食ってないはずなのに、体重増えてて。

「どうしたもんだろう」って、カミさんに。「何も食ってないのに体重増えてる。なんか起きてる、俺に。科学を根底から覆すようなことが俺に起きてる」って話したら、カミさんが気の毒そうな顔をして、「あんた、それ本気で言ってんの?」って。

俺、自分でも自覚なく夜中にフラーって起きて、冷蔵庫を開けて。どうやら冷蔵庫の中身を食ってるってカミさんに言われて。「ウソでしょ?ウソでしょ?」ってなって。超怖いじゃん(笑)

で、「分かった。今度そういうこと起きたら、ビデオ撮っとく」って言われて。また2日後くらいに、体重増えてるわけよ。そしたら、カミさんがそこに座って、「落ち着いてこのVTRを見て」って言ったら、俺がスゲェ量のスライスチーズを半目で食ってるっていう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、ボクシングの王座剥奪されたタパレスが予備計量から体重が次第に増加したことに驚く「何食ってんだよ(笑)」

2017.04.25 (Tue)
2017年4月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、WBO世界バンタム級タイトルマッチで、王者マーロン・タパレスが予備計量の時点で制限体重をオーバーし、そこから調印式後の計量、本計量で次第に体重が増加していたことに驚いていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:井岡(一翔)選手のタイトルマッチと同時に行われた、バンタム級の方のさ、大森(将平)選手。大森選手がチャレンジャーで。元々はタイトルマッチの予定だったんだけど、チャンピオンだった方のタパレス選手の減量の話、見た?計量。

調印式みたいなのあんじゃん。直前に、調印式みたいなのあって。調印式の直前に、予備計量って。「ちゃんとクリアできてる?これから調印式、本チャンの計量ある前に、一応、計っとく?」っていう、予備計量のところの時点で、550 gオーバーかなんかで。

「ちょっと俺、走ってくる」って言って。「調印式みたいなのやっといて。俺、ちょっと走ってくるわ」って、何時間か走って、実際、2人揃っての調印式じゃなくて。で、ギリまで走ってきて、「すみません、ちょっと太っちゃってて」って。

で、走って戻ってきて、計量したら、さっき550 gオーバーだったやつが、800 gオーバーになってんのね。「何食ってんだよ」っていう(笑)途中で。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

土田晃之、武居由樹が古川会長との二人三脚でK-1優勝を果たしたことに感動「あしたのジョーですよ」

2017.04.25 (Tue)
2017年4月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、キックボクサー・武居由樹が古川誠一会長とともに、二人三脚で「K-1 GRAND PRIX」優勝を果たしたことに感動した、と語っていた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:昨日なんですけど、K-1、キックボクシングの「K-1 GRAND PRIX」っていうのがあるんですけども。関根勤さんが、K-1のほうの番組をやっているというのもあって、よくお誘いいただくんですけど。

それで昨日、行かせていただきまして。代々木第二体育館の方なんですけど、昨日はね、バンタム級という階級の世界一決定トーナメントというのがありましてですね。まぁ、そこで武居(由樹)選手というのが優勝したんですけど、この武居君というのが、まだ20歳。

この子は、元々『ノンフィクション』っていうフジテレビの番組で、足立区のヤンチャ坊主の取り上げられていたんです、子供の時に。何なら、中1とかくらいだったかな。小学校高学年か中1の時に。

それで、お母さんと二人暮らしなんだけど、お母さんがもうちょっと悪ガキ過ぎて、いろいろ迷惑かけているのもあったので、本当に「もう、この子を殺して私も死のうか」と思ったみたいなくらいの感じだったのね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

有吉弘行、藤田ニコルと話していて10代のモデルたちの実態にカルチャーショック「意味が分かんないことばっか」

2017.04.25 (Tue)
2017年4月23日放送のJFN系列のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(毎週日 20:00-21:55)にて、お笑い芸人・有吉弘行が、藤田ニコルと話していると、10代のモデルたちの実態に驚くことばかりであり、カルチャーショックを受けた、と語っていた。

プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)

有吉弘行:これと言ったニュースはないんだけどね。この前、藤田ニコルと長時間仕事する機会があって。

酒井健太:ほう。

有吉弘行:10代の情報を、いっぱい集めてやろうと思ってさ。結構、色々聞いてたの。

酒井健太:はい。

有吉弘行:そしたら俺、「有吉って呼ばれるの、オジさんっぽいから、ちょっとイヤなんだよな」って言ってたら、「じゃあ、ちょっと名前考えてあげますよ」って、色々見てくれて。

酒井健太:はい。

有吉弘行:ほら、『ポップティーン』とか、ああいうギャル系のモデルの子たちの名前、いっぱい見てさ。みちょぱとかさ、あるじゃんそういうの。

酒井健太:はい、はい。

有吉弘行:そしたらなんかね、「タンコロリン」みたいな人が出てきて(笑)

酒井健太:いるんだ(笑)

有吉弘行:だからね、「アリコロリン」に(笑)

酒井健太:はっはっはっ(笑)

有吉弘行:もう、そろそろツイッターで、有吉弘行(アリコロリン)って(笑)

酒井健太:はっはっはっ(笑)

落合隆治:殺虫剤みてぇな名前ですね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

ピコ太郎、YMO細野晴臣にPPAPを褒められて感動「シンプルで良いな、と刺激されまして」

2017.04.25 (Tue)
2017年4月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、ピコ太郎のプロデューサーでお笑い芸人・古坂大魔王がゲスト出演し、YMO・細野晴臣に「シンプルで良いな、と刺激されまして」などと褒められていたことに感動していた。

PPAP
PPAP(DVD付)(通常仕様)

細野晴臣:土田晃之さん、古坂大魔王さん、こんにちは。細野晴臣です。

古坂大魔王:うわっ!YMOだ!

土田晃之:凄い(笑)

細野晴臣:「ピコ太郎の音楽の魅力」ということですけど。去年、『PPAP』が話題になってましたよね。それで聴いて、「ああ、テクノは良いな」と。ネットでね、シングルを買ったんです。

やっぱり、一番の印象は808の音です。あの「コーン」っていうカウベル。もう、本当に僕は808にお世話になってたんで、「最近また、使う人がいる。嬉しいな」と。やっぱりテクノが好きで、元々やってましたから。

久しぶりにテクノのヒット曲というのを聴いて、「シンプルで良いな」と刺激されまして。そのシンプルさと、あとリズムね。番組を見たんですけど、リズムとテンポを色々試して、あのテンポに落ち着いたというのを見ましたよ。「音楽的な人なんだな」と思いまして、ちょっと誤解していました。素晴らしいですよ。

昔、僕は寺内タケシさんね、天才ギタリストの。「エレキギターを発明した」と自称しております。あの人に呼ばれて、「YMO、よくやった」と褒められたんですよ。同じインストでヒットしたというので、「俺の弟子だ」ということになったんですけど。そんなような感じと近いですかね、いや弟子とかそういうのではなくて、僕はまあ見ている立場ですから。

音楽的な勢いで、このまま一発屋ではない感じは見えてきましたから、ちょっと期待しています。細野晴臣でした。

土田晃之:細野さん、ありがとうございます。ということで。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

土田晃之・古坂大魔王、相方のツッコミがヘタで自らツッコむようになったと明かす「相方より、ウチらの方が上手い」

2017.04.25 (Tue)
2017年4月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、ゲストにピコ太郎のプロデューサーでもある古坂大魔王を招き、相方のツッコミがヘタで自らツッコミを入れるようになったと明かしていた。

納得させる話力
納得させる話力x

土田晃之:今週はですねゲストにピコ太郎のプロデューサーでもあります古坂大魔王さんにも来てもらっております。

古坂大魔王:うん。

土田晃之:「うん」じゃないわ(笑)

古坂大魔王:はっはっはっ(笑)

土田晃之:「うん」はないわ、そんな入り(笑)交通情報の後に、そんなのないわ。

古坂大魔王:はっはっはっ(笑)ウチら、バイプレーヤーになったよね。ボケたり、ツッコんだり。

土田晃之:はっはっはっ(笑)

古坂大魔王:いやいや、ツッチー。

土田晃之:そうね、若い頃はもうボケ。

古坂大魔王:絶対にツッコまなかったもん。

土田晃之:ツッコまないね。

古坂大魔王:俺も、ツッチーも。

土田晃之:そう。だってそれがやっぱりコンビだったり、トリオの中で言えば、ボケ担当だったから。

古坂大魔王:ねぇ、また上手いしね。

土田晃之:えっ、何が?

古坂大魔王:ツッチーの方が、ツッコミは。ウチも、相方がツッコむより、ウチらの方が上手いし。

土田晃之:そうなのよ。だから、こうなっちゃったのよ。

古坂大魔王:そうだよね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

ピコ太郎、ジャスティン・ビーバーに注目される前にMixChannelなどで話題となったと明かす「中高生が探してくれた」

2017.04.25 (Tue)
2017年4月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、ピコ太郎のプロデューサーでお笑い芸人・古坂大魔王がゲスト出演し、そこでジャスティン・ビーバーに注目される前、MixChannelなどで話題となったと明かしていた。

PPAP
PPAP(DVD付)(通常仕様)

土田晃之:いつくらいから、自分の中で納得できたの?だってほら、あまりにも早いテンポ過ぎたでしょ。急じゃない?だって、それまでは普通に自分で曲を作ったりとか、スタジオ借りて、安いスタジオで録って、ネットに上げて。

古坂大魔王:ピコ太郎、初期の頃をツッチーは見ているはずだよね。

土田晃之:見てる。

古坂大魔王:見てるよね。

土田晃之:だって、それこそ東日本大震災のチャリティーライブで、東北の方に行ったりとかする時も、あそこでもピコ太郎来てくれたりしてるし。

古坂大魔王:浅草も来てるしね。

土田晃之:浅草も来てるし、そう、そう。

古坂大魔王:小さいところで。

土田晃之:まさか、こんなことになるとは思わないじゃない?こっちは。

古坂大魔王:これね、だから俺、今ツッチーが喋ってるのも、今、二個で聞いているの。一個は「説明しよう」、もう一個は「やっぱり変だよな」と思って聞いてるのに。だから、正直言うと、まだ実感ないの。

土田晃之:まだ?

古坂大魔王:まだない。インターネットは、最初、「おおっ」と思ったのは、実はジャスティンじゃないんですね。やっぱり、ツッチーに言った8月の真ん中くらいから、9月のジャスティン前。これも俺ら「ビフォアー・ジャスティン」って呼んでるんだけど。

土田晃之:ビフォアー・ジャスティン?(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

ピコ太郎、ジャスティン・ビーバーとCM共演した際の意外な印象について語る「超いい子だった」

2017.04.25 (Tue)
2017年4月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、ピコ太郎のプロデューサーでお笑い芸人・古坂大魔王がゲスト出演し、そこで、ピコ太郎がジャスティン・ビーバーとCM共演した際の意外な印象について語っていた。

PPAP
PPAP(DVD付)(通常仕様)

古坂大魔王:「ジャスティン来たよ」(ジャスティン・ビーバーがツイッターで触れたことについて)って言われて。これの時も、「おお…凄いね」くらいで。

土田晃之:そうだね。ネットにあげてて、海外セレブというか、「ミュージシャンの人が言ってくれたんだ」くらいで。

古坂大魔王:別にさ、そんなことないじゃん。まぁでも、ありそうじゃない?正直。

土田晃之:まぁね。

古坂大魔王:「そうか、そうか」と思ったら、実はこれがないことらしくて。

土田晃之:うん。

古坂大魔王:あとから聞いたら、ジャスティンのプロデューサーのスクーター・ブラウンさんっていう。この人は、カニエ・ウェスト、アリアナ・グランデ、Psyもやってるし。そういう、大プロデューサーなの。

土田晃之:うん。

古坂大魔王:昔の小室さんみたいな。アメリカのジャスティンもやってるプロデューサーが、まず探したらしいです。

土田晃之:へぇ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

爆笑問題・太田、古坂大魔王を必死に売ろうとしてもブレイクせず「ジャスティン・ビーバーの一言で売れた」ことに不満

2017.04.24 (Mon)
2017年4月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、ピコ太郎のプロデューサーでお笑い芸人・古坂大魔王がゲスト出演し、そこで爆笑問題・太田光に言われたという不満について語っていた。

PPAP
PPAP(DVD付)(通常仕様)

古坂大魔王:太田さんも、ずーっとTBSの方にも呼んでくれたりとかして。

土田晃之:うん。

古坂大魔王:この間も、太田さんが言ってて、「確かにな」と思ったのは、「俺と上田はさ、10何年、何なら20年弱、古坂をね『良い、良い』って言って番組に呼ぶ。上田なんか、番組まで作って。何にもなんなかったのに、ジャスティンの一言でブレイクって、どういうことなんだよ?」って。

土田晃之:はっはっはっ(笑)しゃあないよ(笑)

古坂大魔王:「俺らは、何だったんだよ」って(笑)

土田晃之:それは、しょうがないよ。

古坂大魔王:でも、それがあったから、こうして今、ありがたいことに…本来だったら、ツッチーが、爆笑・太田が、一番「ピコ太郎なんか、わけのわかんねぇの」って言う、最先鋒ですよ。

土田晃之:いや、いや、いや(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ