本日の注目記事

バカリズム、IVANが大恩ある『有吉反省会』を他番組で切り離したことを指摘「一切触れてなかった」

2014.08.31 (Sun)
2014年8月31日放送の日本テレビ系の番組『有吉反省会』(毎週日 22:30 - 22:56)にて、お笑い芸人・バカリズムが、モデル・タレントのIVANが同局の番組『PON!』で、オネエタレントとして一気に知名度を上げてくれた『有吉反省会』に一切触れていないことを指摘していた。

IVANTITY [アイバンティティ] -これが私の生きるRUNWAY(みち)-
IVANTITY [アイバンティティ] -これが私の生きるRUNWAY(みち)-

IVANがモデル業界で見聞きしたことや私生活を赤裸々に明かした『IVANTITY [アイバンティティ] -これが私の生きるRUNWAY(みち)-』を出版したため、そのPRを兼ねて『PON!』に出演。そこで、自身の半生を振り返る部分があったが、そこでは一切、『有吉反省会』のことは触れていなかった。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉反省会

唐沢寿明、小ボケ連発でついに森泉から「面倒くさい」

2014.08.31 (Sun)
2014年8月31日放送の日本テレビ系の番組『おしゃれイズム』(毎週土 22:00-22:30)にて、俳優・唐沢寿明が出演していた。そこで、唐沢らしい小ボケを連発し、森泉から「面倒くさい」と苦笑される一幕があった。

ルーズヴェルト・ゲーム【TBSオンデマンド】


唐沢は冒頭から全開で真顔でボケ続け、ボケなのか本当なのか分からないような状態であった。「GLAYのTAKUROに自己紹介されて、知らないから『みどりのおばさん』のようなものかと思った」というのは序の口。

TAKUROと一緒に温泉旅行に行って、そのときにパンツを間違えられたとエピソード紹介されていたが、「俺はTバック履いてるから間違えられるはずがない」といった発言や、若い頃の写真を出されて「これ、トム・クルーズじゃない?」など、小ボケを連発していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類

東野幸治、『アメトーーク!』で千鳥に関西への出戻りを勧告?「帰ろか…千鳥」

2014.08.31 (Sun)
9月4日放送のテレビ朝日系の番組『アメトーーク!』(毎週木 23:15-24:15)にて、お笑い芸人・東野幸治が、「帰ろか…千鳥」という企画をプレゼンし、放送されることとなった。

アメトーーク! DVD 25
アメトーーク! DVD 25

詳細は不明であるが、千鳥へ「大阪を活動の拠点にするように戻そう」と提案する内容ではないだろうか。千鳥といえば、上京してフジテレビ系の番組『ピカルの定理』レギュラーとして華々しい活躍をしていたが、その同番組終了後のテレビでの露出は明らかに減っている。ノブも「ノブ小池」と改名するが、それほど認知も話題にもなっていない。東京での活躍がこれ以上望めないため、関西を拠点の中心に戻そう、という提案を行う番組内容になるのではないか、とかんがえられる。

東野の『アメトーーク!』持ち込み企画といえば、「どうした!?品川」が記憶に新しい。尖っていた品川が、映画監督としても活躍し、文化人を気取っているのではないか、あの当時のギラギラした品川にカムバックして欲しい、と提案しており、大きな反響を呼んだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アメトーーク

東野幸治、行方不明となった父との再会と死別「病室から『東野幸治を呼べ』」

2014.08.31 (Sun)
2014年8月31日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、父親が亡くなったと明かし、母親の希望で密葬を執り行った、と報告していた。このことを受け、お笑い芸人・東野幸治は、自身の父も3年前に亡くなったときの経験について語っていた。

ナマイキ!あらびき団【TBSオンデマンド】


東野の父は、「ほぼほぼ働いたことがなかったんで」「結局、色んなところに借金を作って」と、お世辞にも良い父親ではなかったそうだ。借金の末、妻にも言わず勝手に自宅を売り、そのことがきっかけで離婚。以後、東野は父親と疎遠になっていったそうだ。

その一件の後にも父親は部屋を借りても家賃を払わないといったトラブルを起こし、兄に迷惑を掛けていたこともあったという。さらには、ついに行方不明となり、「8年後くらいに会社に電話かかってきたら、ある病院で。実は2年ほど前に倒れて、寝たきりになってます。枕元でうなりながら、『東野幸治の親や…東野幸治に連絡を…』って」ということから、ようやく居所がわかったそうだ。

そこから東野は「父はもう長くない」と思い、父をたびたび見舞うようになり、さらには無縁仏となる寸前だった墓の手入れを行うようになった。全ての段取りが終わったところで、その一ヶ月後に父親は亡くなったという。

「若いときはオトンとかオカンとか鬱陶しいなぁって存在ですけど、年をとると…40代過ぎたあたりから…そうなるんですよね」と、父の死について振り返っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー

ダウンタウン松本人志、父親が亡くなったと報告「折り合いの良くなかった父」

2014.08.31 (Sun)
2014年8月31日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、父親が亡くなったと明かした。母親の希望もあり、密葬が執り行われたという。

Quick Japan


「どのタイミングで言っていいか分からなかったので、この番組なら良いかなってことなんですよ」と番組冒頭で語り、報告を行った。密葬が終わった後、母親は公表を希望したため、「事務所がFAX流すのか…でも、それやったら、結局、この番組で言わなアカンってなるんで、それやったら僕から言うわってことで」と、番組で明かすことを選んだようだ。

「この間の収録の時、実はお通夜やったのよ。本当は僕、毎年、北海道旅行へ後輩と行ってたんですよ。この何年か。それがちょうどその時期やったんですけど、親父が一週間ほど前から親父がヤバイぞって話になって。北海道旅行をやめて、大阪旅行に切り替えたんですよ。大阪旅行やったら、なんかあったら行けるわって思って」と、番組収録の日に通夜が行われたという。

父親に関して、「そんな親父と折り合いはよくなかったんで…別に亡くなってもエエって思ってたんですけど、思ったより結構、きやがるなって」と、松本は堪えている様子だった。さらに、「あの親父でこれくらいやったら、オカンの時に結構ヤバイなって。30倍くらいくるかっていうのはあるのかも分からんね」と語っていた。

「僕は親父が30の時の子なので、親父が81歳で死んだんですけど。『俺もあと30年か』って感じはしてくるね」と、折り合いが悪かったというが、父の死を悼み、心境の変化があったようだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー

オードリー若林、ビートたけしの『ゆく年くる年』出演で魅せたカリスマ性「みんなで願って、良い年になるのか?」

2014.08.31 (Sun)
2014年8月30日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、民間各テレビ局で放送されていた『ゆく年くる年』で、ビートたけしが魅せたカリスマ性について語っていた。

ヒンシュクの達人


現在、『ゆく年くる年』といえば、NHKで年末に放送されている番組を想像する方が多いと思うが、実はこの番組のテレビ放送は97-98年の年越しからであり、それ以前に民放各テレビ局が持ち回りで制作していたテレビ番組の『ゆく年くる年』が存在していた。当時、それら全ての局が同じ放送を行っていたという。

56-57年に日本テレビ、ラジオ東京、CBC、OTVの4局で番組放送開始となり、ビートたけしが出演したのは、82-83年であった。この回では、83年に開園を予定していた東京ディズニーランドから生中継も行われていたという。

一方で、ビートたけしは僧侶とともに横並びになり、「こんなお坊さんと並んで、『日本が良くなりますように』ってみんなで願っても、いい年になるんですかね?」と皮肉な一言を発したそうだ。

若林は、放送作家・藤井青銅からの伝聞という形で「現場では『うっ…』って空気になってるし、視聴者的にも嫌な気分になった人もいるかもしれないけど、若い子は『凄いことを言ってくれた』って、カリスマ性を見せていたらしいよ」と語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

博多大吉、『妖怪ウォッチ』はブーム長続きのために生産を抑制していると分析「『たまごっち』の反省」

2014.08.31 (Sun)
2014年8月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、お笑いコンビ・博多華丸・大吉の博多大吉が、『妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式』を始めとする時計・メダルの品薄状態が続いていることについて言及していた。

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式
妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式

現在も『妖怪ウォッチ2 元祖』に夢中であるという大吉は、時計・メダルを探しているという。福岡県飯塚市の町にロケへ行った際も、「私は芸能人の博多大吉でございます」とオーラを出しつつ訊いてみたものの、「こればっかりはしょうがない。1個入荷されて、すぐに売れて。それで次を注文したけど、もう入ってこない」と言われてしまったという。

大吉は、『たまごっち』の時に、ブームが比較的すぐに去ってしまったのは、大量生産しすぎたためではないか、という反省があるのだろう、と分析していた。そのため、「誰でも持てるようになると、ブームは去るんだな」とメーカーは考え、生産を抑えている状態なのではないか、と語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、田中みな実の直筆サイン入りハチマキに大喜び「頑張るのだニャン(ハート)」

2014.08.31 (Sun)
2014年8月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、お笑いコンビ・博多華丸・大吉の博多大吉が、田中みな実から贈られたというハチマキに舞い上がっていた。

TBS 女子アナウンサー カレンダー 田中みな実
TBS 女子アナウンサー カレンダー 2013 <Fresh> TBSオリジナル特典生写真 【田中みな実】

「スペシャルウィーク 頑張るのだニャン(ハート)」と、田中みな実 直筆のハチマキであり、聴取率調査週間での放送を激励するものだった。

実際に田中みな実が書いたものだと証明するために、デジカメの写真が撮られており、大吉はその写真を「iPhoneに送ってください」と依頼していた。

大吉は今年3月、TBS系の番組『サンデー・ジャポン』で共演しており、田中みな実の魅力に完全に骨抜きのされ、「冗談抜きで。2億じゃきかないんじゃないかな。日本屈指のホステスになると思いますよ」と語っていた。以来、田中みな実ファンになっているようで、今回のハチマキのプレゼントも非常に嬉しかったようだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

南キャン山里、サプライズ登場で高校バレー部を激励しに行くも無視される「俺が一番サプライズ」

2014.08.31 (Sun)
2014年8月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、山形のロケ先で、生まれて初めてスナックに行き、そこで山形中央高校のバレー部を激励しに行く約束をした、と語っていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

『たまむすび』金曜レギュラーである玉袋筋太郎の指南もあり、スナックに興味を持って行くことにした山里。そこで、高校教師、後援会の人々と一緒に飲むことになり、山里に「山ちゃんがサプライズで部員に『頑張れ』って言ったら、春高行けるんじゃないかな」と言い出したそうだ。

山里は、その提案を受け入れ、早朝から高校へ激励しに行ったそうだ。ところが、挨拶するも挨拶を返されただけで、すぐさま部員たちは練習に戻っていったという。「サプライズで行って、何もリアクションがなかった。俺が、一番サプライズだったよ」と山里は語り、逆に驚かされてしまったそうだ。

後援会の人には、「山形の子はシャイだから」としきりにフォローされてしまったという。山里は、「朝6時に家を出て学校に行くでしょ、午前中で授業が終るんだった。そこから部活で夜の10時半までなのよ。そしてお父さんお母さんが車でお迎えに来て家に帰って12時くらい。そしてまた朝6時から練習だから、もうテレビなんて観ていないのよ」という生活を送る部員だったため、ということも理由の1つと語っていたが、芸能人としてショックな出来事だったようだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

千原ジュニア、兄・せいじが『進撃の巨人』の声優をやりたいと聞かされる「巨人役で」

2014.08.31 (Sun)
2014年8月30日放送のニッポン放送系のラジオ番組『千原ジュニアのRPM GO!GO!』(毎週土 17:00 - 17:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、兄・せいじの希望する仕事について語っていた。

進撃の巨人


今回の放送では、アシスタント・中村岳人が不在ということで、大谷綾乃マネージャーがブース内に一緒にいることとなり、ジュニアは「せいじは、『息子がこれ好きやから、入れてくれ』みたいなことはあったりするんですか?」と訊いていた。

すると、大谷マネージャーは「息子が…ってことは、特にないですけど、『進撃の巨人』のアフレコやりたいって凄い言ってます」と明かしていた。巨人役で声をやりたいとのことである。

ジュニアは「それは多分、息子が好きなんちゃう?『進撃の巨人』が」と語っており、どうやら息子のために声優をやりたいと思っているようだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  千原ジュニアのRPM GO!GO!