本日の注目記事

爆笑問題・太田「太田プロで嫌われていた爆笑問題」

2013.02.28 (Thu)
2013年02月26日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、太田プロに所属していた時代について語っていた。
爆笑問題のニッポンの教養 DVD-BOX (Vol.1~5)
田中「太田プロライブの第一回目の、しかも一組目が我々、爆笑問題ですよ」

太田「言ってみれば、太田プロで一番最初にネタをやったのは我々なんですよ」

田中「ええ」

太田「その時に、桜金造さんに『大丈夫か?こんな爆笑問題なんてよぉ』って目の前で言われて。『なんでこんなヤツを一番にすんの?』って言われて」

田中「怖ぇって思って」

太田「スゴイ嫌な奴だなって思って。それで自分のネタどんなかなって思ったら、『小山ゆうえんち~』って(笑)」

田中「はっはっはっ(笑)」

太田「ふざけんなバカ野郎って(笑)」

劇団ひとり「それが当時の太田プロのカラーでしたからね(笑)」

田中「うん(笑)」

太田「それで案の定、俺らはハズしたんですよ。ウケなかった」

劇団ひとり「そうなんですか?」

太田「あの時は不動産屋のネタだったかな。当時、3~4本しかネタがなくて。それで前室に帰ってきたら、南部虎弾、当時はダチョウ倶楽部、今は電撃ネットワークに…」

田中「今は電撃ネットワークの南部虎弾ね」

太田「『なんだよ、ウケなかったな。爆笑問題じゃなくて、微笑問題にすれば?』って言われて」

田中「先輩って怖ぇって思って」

劇団ひとり「さっきの桜金造さんのことといい、ただの悪口ですよね(笑)」

太田「はっはっはっ(笑)仲悪かったからね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・田中「西川史子がマネージャーの前で泣いていた」

2013.02.28 (Thu)
2013年02月26日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、西川史子がマネージャーの前で泣いて相談していたことを明らかにしていた。西川史子

田中「昔ね、俺とくりぃーむしちゅーの上田晋也、西川史子で御飯を食べてたんですよ。そこで、西川史子が、今の旦那と付き合う前なんですけど…」

太田「なんて言ったの?」

田中「忙しすぎる、と。ちょうど西川史子がブレイクしてた頃で、どの番組にも出てた時期で」

太田「うん」

田中「『ずっと休みがない。恋愛できない。だから、私はとうとう泣いた』と。マネージャーの前で(笑)」

太田「うん(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田「とんねるず・石橋の『大どんでん返し』のルーツ」

2013.02.28 (Thu)
2013年02月26日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、とんねるず・石橋貴明がねるとんで多用していた『大どんでん返し』のルーツについて語っていた。新 巨人の星 DVD-BOX 1

太田「星飛雄馬が左投げ右打ちでしょ?それを"大どんでん返し"で知って」

田中「うん?」

太田「『大どんでん返し』って、『巨人の星 パート2』じゃないですか」

田中「パート2?」

太田「『新 巨人の星』ですよ」

田中「あぁ、はい。あれは全然、読んでないから」

太田「大どんでん返しの意味、分からないの?」

田中「分からない」

太田「えぇ?」

田中「『新 巨人の星』って、随分たってからでしょ?バッターとなって活躍するっていう」

太田「はい」

田中「第一話は読みましたよ。『長嶋監督の90番が泣いてます』ってラーメン屋だか定食屋だかでテレビを泣いてるサングラスの男がいて」

太田「そうそう。草野球のホームラン請負で稼いでいるっていう」

田中「指名打者みたいなのでね。それでやってるっていうのは読んだんだけど、『何これ』って感じになっちゃって」

太田「そもそも、『巨人の星』からでしょ。あの物語は、俺はあんまり好きじゃないんだよ。ピッチャーの物語って好きじゃないし、まず、暗い」

田中「まぁね」

太田「全部観てますけど、何度も観てますけどね」

田中「スゲェ好きかって言われるとね(笑)」

太田「飛雄馬の性格とか嫌いですからね」

田中「そら分かるよ」

太田「ジメジメしてて、本当に煮え切らないというか」

田中「ええ。本当に心が弱いんですよ」

太田「マウンド上でも号泣ですよ」

田中「うん」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

02/26のツイートまとめ

2013.02.27 (Wed)
numbers2007

こんな人は要注意!口が軽い人の治し方・接し方 http://t.co/v55Y9XUfvx
02-26 19:16

住太陽氏のセミナー「Webクリエイターに足りない、本当のSEOスキル」の感想 http://t.co/vvL66ldvSd
02-26 19:15

医療保険が不要な6つの理由とそれに対する反論 http://t.co/Mrkxjk1Gpl
02-26 19:13

マサチューセッツ工科大が、スマートフォンカメラでの撮影が上手くなるチップを開発中! http://t.co/KOjCtLPBq9
02-26 19:12

1万4900円で半年使い放題のLTE対応SIMが日本通信から出ましたhttp://t.co/97wg3R2zkJ
02-26 19:11

アイヴやウォズが語る「ジョブズなきアップル」 http://t.co/DNpnWTrEvn
02-26 19:10

毎日運動を続けるための「自問自答集」 :http://t.co/8viqARpil5
02-26 19:09

Business Media 誠:「早慶」偏差値、なぜ逆転したのかhttp://t.co/pyqAaeHpWB
02-26 19:07

アメトークで「スネ夫にくめない芸人」決定 http://t.co/JPwPLmw23K
02-26 19:01

モーニング娘。道重さゆみ ラジオで「道重さゆみ伝説」を語る http://t.co/kYzptYvyzF
02-26 12:54

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類

伊集院光が語る「坂上忍の巧みなヒールっぷり」

2013.02.27 (Wed)
2013年02月25日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、坂上忍の巧みなヒールっぷりについて語られていた。

伊集院光「今の俺のお気に入りのタレントさんが、意外なところで坂上忍さんなの。坂上忍さんがやってるヒール役っていうのかな、『潔癖症で、ブスが嫌い』ってキャラを背負って、さんま御殿とかアカン警察とかに出てるんですよ」

「それでテレビっていうのは良いと思うんですけど、昔のドラマ『おしん』で言うところのおしんをイジめてる女優さんに近くに来たおばあちゃんが『調子にノってんじゃねぇぞ』っていう感じ。テレビの中のことを一般視聴者が信じてるってことは、それはそういう商売だよっていえば、そういうことなんだけど」

「今、悪役でそういうプロレスをやると、『超ヒドイ人』ってなっちゃうから、やりづらいじゃん。その中で、テレビ局で女性視聴者の数字をスゴイ気にするって時代に、公言して『ブスは家から出るな』とか、『ブスが大嫌い』とか。『家を汚してるヤツなんか気持ち悪い』みたいな感じに行くっていうのは、まずスゴイな、と」

「あと、坂上忍さんの『この人、上手いな』って思う、与し(くみし)方があって。たとえば、ブサイクチームと坂上忍さんがディベートする、みたいな企画があって。『ブスをバカにするの止めてください』とかやるディベート対決があるんだけど、俺のタレントとしての資質の無さは、変に理屈バカに育ったせいで、その力加減が全然分からないの」

「ブス否定派にするにせよ、ブサイク派で入るにしても、本気でしかできないの。相手を叩きのめしたくなるんですよ。相手をぐぅの音も出ないほど言いたいって思っちゃうんだけど、坂上忍さんはアカン警察を観てると、まぁ上手いんだよね」

「最初に出てきたのが渡辺直美さんっていう、ヤンチャな牛みたいな子がいるじゃない?(笑)あの子が『ブスが嫌いだなんっていうのは、性格最低ですよ』って言うわけ。その時にイカしてたのは、坂上忍がそういう局面になったら謝るしかない局面じゃない?『ブスをバカにしないでください。あなたみたいな性格の悪い人の方がヒドイですよ』って方が正論じゃん」

「だけど、坂上忍さんが言い返すのは、『ちょっと待って。俺は性格が悪い。性格が悪いヤツは最悪だって、今言ってるワケだよね。俺がブスが最悪だって言ってるのは、ブスだから怒ってるワケだよね。お前が性格が悪いって、性格の悪い俺にぶつけてるワケだから、引き分けじゃん』って。この体勢の中で、謝る以外にめちゃくちゃな理論とかキレるって手法でなく、理屈で返すんだって。しかも、俺らからしたら『なるほど』って感じのことで言い返すんだってことから始まって」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る「鉄道好きな同級生のちょっと良い話」

2013.02.27 (Wed)
2013年02月25日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、中学時代のクラス会に出席したことについて語っていた。鉄道員(ぽっぽや) [DVD]

前の記事:伊集院光が語る「クラス会に出席する人、欠席する人の違い」

伊集院光「同級生の近藤君は、若くしてもう10何年前に脳腫瘍で死んじゃったんです。その近藤君っていうのが、僕の一番仲良かった友達だから、今日、これからクラス会に行って何が起こるか分からないけど、いったん近藤君の家に行って、近藤君の仏壇に手を合わせて自分を戒めてこようって思って。戒めないと、またお調子に乗る可能性があるからって」

「行ったら、全然、人っ気がないからどうしたのかって思ったら、近藤君の弟がやっと何度かピンポンして出てきて。『お母さんに会ってご挨拶しようかと思って。一応クラス会だから一番仲良かった近藤君に会いに来たんだ』って言ったら、『今日、老人ホームに入りました』って言われて。『あぁ、そうなんだ…じゃあ!』…なんつって(笑)このエピソード、要らないよね(笑)」

「…クラス会って、結局、メインの人たちのものだなって思って。メインの人たちの関係も、俺は中学時代はそんなに悪くないから、楽しめるんだけど、メインの人たちの楽しかったイベントに、イジメ臭のニオイが入ってくるの」

「それが付き合えないんだ。自分の中には、イジメられる可能性もあったし、自分の友だちがそうなっていくこともあって、悩んでる姿も見たから、その感じに一緒にワハハとは笑えなかったり、スポーツを一緒にやった話は笑えたり。そういう笑ったり、笑えなかったりっていうのを、行ったり来たりしてて」

「その中で、古谷君って友達がいて。その子の家は、超貧乏なワケ。今の荒川区なんっていうのは、東京23区の中で成り上がってるんだけど、成り上がったり下がったりの上下があるんだけどね。バブル前の荒川区は、超貧乏なワケ。俺たちの中でも、アイツの家は超貧乏だよなって言うくらいだから、相当金がない家で。背が小さくて、ヒョロヒョロで。頭はそんなに悪くないっていうのは、俺は知ってるんだけども、結構イジメられてるとイジられてるの中間くらいで」

「そいつがスゴイ貧乏なんだけど、仲良くしたくて。俺が思う鉄道が好きっていう人の最初の原点はソイツで。近所の尾久駅っていう割りとローカルな駅の改札のところに居て。当時は、切符をその場で捨てていくというか、出していくんだけどね」

「ソイツは貧乏だけど鉄道が大好きだから、集めてるわけ。珍しい切符があるとくれるんだけど、その辺が空気感覚で間合いの詰め方が分からないんだけどさ、俺自体は切符自体に興味が無いから、古谷くんがくれた切符を、もらっても…って感じだったんだけどね」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る「クラス会に出席する人、欠席する人の違い」

2013.02.26 (Tue)
2013年02月25日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、中学時代のクラス会に出席したことについて語っていた。

大野君の現在

伊集院光のばらえてぃーぷらす ランナーズハイでわっはっはの巻 [DVD]伊集院光「自分の中学校は4クラスあって、4クラス合同のクラス会に出たんですよ。何週間か前に、友達の大野君から連絡があって。高校の時にも同じバイトしてた子だったんだけどね。この仕事入ってからもしばらく付き合いがあった大野君ね」

「この番組の初期の頃は、大野君の娘と家族とで遊んでて。大野君は畠山さんっていう、同じ中学校のクラスの奥さんをもらって子供ができました、と。大野君と何がきっかけか忘れちゃったけど、15~6年くらい会ってなくて。でも、最後まで付き合ってたのはこの大野君だけだから、大野君しか俺の連絡先を知らないの。実家も俺の連絡先を知らないから」

「誰も俺がどこにいるかをしらないから、大野君が唯一、俺に連絡できるから、クラス会の幹事の人が『連絡とって』ってお願いしたみたいなんだけどね。俺自体は、クラス会にそんなに行きたいって感じじゃなかったんだけど、大野君にちょっと会いたかったんだ。というのは、風のウワサに大野君の娘に娘ができたって話を聞いて、俺の周りの最年少のおじいちゃんになったっていう感じが、超オモシロイってことになって(笑)」

「僕みたいなダメな男に付き合ってくれてるから、大野君もダメなところはダメな人なんですけどね。おじいちゃんに、こちとら子供もいないのに、向こうがおじいちゃんになる感じが超オモシロイから、その話を聞いたから、ラジオで言いたいんだけど、かなりのプライバシーだから、ある程度許可はいるんじゃないかって気がしてる。もしくは、一笑いのために一生会わなきゃいいんだろ、っていう意識もあったんだけど、ちょうどその連絡があったから、大野君と会ってその話を聞くだけでも、軽くネタにもなるだろうってかんじで『仕事が軽く片付いたら行くけど』みたいに返事して」

ツイッターのフォロワーに同級生がいた

「それで、ツイッターとかで『クラス会あるらしいんだけど、行けるかな?』みたいな、自分探し中のOLみたいな感じで、自分の思ってることを出してみて(笑)その中で心を動かされたのは、大勢の方からリプライがあったんだけど、『伊集院さん、昔にラジオで"クラス会っていうのは行く後悔か、行かない後悔か、どっちにしろ後悔だから"みたいな話をしてましたよ。だったら、行く後悔の方がネタになって良いんじゃないですか』って言われて」

「『じゃあ、仕事が終わったらね』みたいな心づもりでいたわけ。その時点でちょっと面白かったんだけど、俺をフォローしてる中に同級生がいて、そいつが『私、聞いてない』っていう(笑)マジで?お前、みたいな(笑)」

「伊集院光としてやっているツイッターに同級生として、『健、私きいてないけど』って言われても、返しようがないよね。そこで俺、一人一人返すの?みたいな。それに、ツイートをみれば関係性とか分かっちゃうから、それを負うつもりもある?みたいに思ったんだけど、結果、来てなかったから申し訳ないっていえば申し訳ないんだけど」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

02/25のツイートまとめ

2013.02.26 (Tue)
numbers2007

2013年アカデミー賞が感動と驚きの嵐だった http://t.co/if1D3MbJFb
02-25 23:47

【画像あり】セブンイレブンで買って損はないもの http://t.co/yAeIJufnwJ
02-25 23:46

そうとう楽!WEB制作、ビジネスを助ける「テンプレート」まとめ http://t.co/kdahWRRNqd
02-25 19:39

デザイナーのモチベーションを根こそぎ奪う!たった7つの魔法の言葉 http://t.co/MOFNCMqOY6
02-25 19:38

今年のアカデミー賞をもっと楽しむための5コの注目点 http://t.co/bnTIbSpaRD
02-25 12:03

もう慌てない!英語で電話対応するときに使える表現まとめ http://t.co/gfnbfyVolr
02-25 12:02

起業前に知ってて欲しい5つのこと|起業・独立・副業を考えてる方向け! http://t.co/NgtsrdxWcU
02-25 12:02

米国テレビ業界を震撼させたネットドラマ 視聴者のお望み通りに制作して大ヒット http://t.co/dBfuPbKLiE
02-25 12:01

【iPhone★裏技レシピ】App Storeの挙動が重かったときは「ここ」を疑え! - meeti http://t.co/WxAOTp7Sah
02-25 11:58

【東京マラソン】心配停止の男性ランナー(30)をAEDで蘇生、救助に当たった3人はそのまま立ち去る http://t.co/CpXMftWuju
02-25 11:55

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類

小室哲哉が語る「アイドルが席巻する音楽業界」

2013.02.25 (Mon)
2013年02月24日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」にて、小室哲哉がゲスト出演していた。そこで、AKB48、ももいろクローバーZなど、アイドルが席巻する音楽業界について語っていた。
Digitalian is eating breakfast 3  (2枚組ALBUM)
田中「アイドルブームについて、小室さんとしてはどう思うんですか?音楽としての音楽であるべき、とか小室さんとしては思わないんですか?」

小室哲哉「海外もヒップホップもそうですけど、ラップとかもそうだし、日本とアメリカって何となく似てますよね。経済状況であったり」

太田「うん」

小室哲哉「不況は不況なんですよね。音楽を聴いてる場合じゃない、みたいなところもあったんでしょうね。それがここ2~3年で、音楽がヒット曲とかが出て、『あの子かわいい』とかいってお金が遣えるようになってきた、っていうのがあると思うんですよね」

田中「CDが売れない時代だって言われてて、ネット配信とかが主流になりつつありますけど」

小室哲哉「そうですね。CDを作ってる先進国って、日本だけなんですよ」

太田「未だにってことで?」

小室哲哉「そうです。あと、アメリカくらい。今、そこら辺のパソコン買って、CD入らないのもありますよね。横に入れようと思っても。タブレットとか、当然入らないし」

太田「あぁ」

小室哲哉「コンピュータの世界からしたら、後進国になってしまう。全部ダウンロードする以外、あり得ないので」

太田「はい」

小室哲哉「日本のレコード会社は、何十年も昔にレコードを作って儲かるシステムになってるので(笑)『まだCD作る』ってなってるんでしょうね。『まだまだ売れるし』ってことで」

太田「うん、うん」

小室哲哉「実際は後進国であるんですが、でも、CDの売り上げは世界一の国なんですね」

太田「作ってるからね」

小室哲哉「1曲でも4人組だったら4枚ジャケット作って、とか。AKBの」

太田「AKBの商法というか、マルチ商法は」

田中「違うよ(笑)」

小室哲哉「秋元康さんは親友でもあるので(笑)」

太田「でも、ホントは嫌いでしょ?」

小室哲哉「ふふふ(笑)」

田中「嫌いじゃないですよ」

小室哲哉「その間で、戦友って言ってますけどね(笑)」

田中「それこそ小室さんは、AKBとかを見てて、どういう風に思うんですか?」

小室哲哉「秋元さんは『行けるところまで行っちゃおう』って言ってますけどね。風呂敷を締めてとっとと逃げる、みたいなことはしないみたいですね」

太田「小室さんも一時期は、ヒットチャートの全部が小室ファミリーっていう時代あったじゃないですか」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー

千原ジュニアが語る「爆笑問題・田中のブラックな一面」

2013.02.25 (Mon)
2013年02月25日放送の「にけつッ!!」にて、爆笑問題・田中裕二のブラックな一面について語られていた。モンスターズ・インク [DVD]

千原ジュニア「ファンタジーなものを、爆笑問題の二人は頑なに認めへんの」

ケンドーコバヤシ「コンビで?」

千原ジュニア「そこはもう、ボケとツッコミではないの」

ケンドーコバヤシ「そこに絆があるんですね」

千原ジュニア「もう、スゴイの。それは、太田さんはなんとなく分かるの。でも、『田中さん』は」

ケンドーコバヤシ「今の力の入った『田中さんは』の言い方は(笑)」

千原ジュニア「ずっといいとものレギュラー一緒だから、ホンマに田中さんにお世話になってるし、スゴイ好きやねん。でも、田中さんはちょっと譲って、こっち側で楽しむ側になってよ、って思うのよ」

ケンドーコバヤシ「うん、うん」

千原ジュニア「そういう時があるのよ」

ケンドーコバヤシ「分かります」

千原ジュニア「好きやからね。というのも、いいともの特大号って、レギュラー陣全員集まるの。太田さんって、スゴイ人が多いとテンション上がりはんねん」

ケンドーコバヤシ「はい、はい」

千原ジュニア「女の子に下ネタ言ってみたり、そういうのが太田さん名物になってんの」

ケンドーコバヤシ「はい、はい」

千原ジュニア「それを『何言ってんねん!』ってツッコミを入れるのが、楽しい空気なのよ」

ケンドーコバヤシ「はい」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  にけつッ!!