本日の注目記事

北野武監督のキャスティング方法、映画撮影の裏側

2013.01.29 (Tue)
2013年01月28日放送の「ショナイの話」にて、北野武監督のキャスティングプロデューサーを務める吉川威史がゲスト出演していた。

キャスティング・プロデューサーとは

アウトレイジ ビヨンド [Blu-ray]
高須光聖「キャスティングプロデューサーというのは、どんな映画でもそういう方がいらっしゃるんですか?」

吉川威史「基本は、プロデューサーがやるんです」

高須光聖「あぁ、やっぱりそうなんですね」

吉川威史「ところが、プロデューサーが仕事が段々増えていって、プロデューサー1人でキャスティングやることが出来なくなったんです」

高須光聖「うん、うん」

吉川威史「だから、『主演の2人だけ決めておくから、周りのキャスティングは誰かがやってくれないかな?』みたいな感じなんですね」

高須光聖「たけしさんの場合は、どういう風な流れで、どういう順番でキャスティングをされるんですか?たけしさんはまず、『こういう映画やりたい』って始まるんですよね?監督で」

吉川威史「はい」

高須光聖「それで台本ができて、その本をいち早く見せていただくわけですか?」

吉川威史「もちろん、もちろん」

高須光聖「最初に見て、たとえばアウトレイジだったりしたら、『この本だったら、この人かなぁ』みたいな感じで決めていくんですか?」

吉川威史「みなさん勘違いされるんですが、僕は決めてないんです」

高須光聖「はい、はい」

吉川威史「僕は、その役にハマった俳優さんを、推薦する仕事なんです」

高須光聖「うん」

吉川威史「推薦するだけだったら、誰だってできるじゃないですか」

高須光聖「そうですね」

吉川威史「だけど、『この人にしたいけど、スケジュール空いてるの?』ってなると、それをやっぱりリサーチして、『この作品のスケジュールは大丈夫ですよ』って確証を持たないと、ここに推薦できないんです」

高須光聖「なるほど」

吉川威史「あと、その人たちの予算がハマるのかとか、そういう裏打ちをして、『この中から決めてください』って言うんです」

北野武監督のキャスティング


高須光聖「たけしさんは一目で『この人』って決めるんですか?」

吉川威史「はい。『これはこれ』『これはこれ』って」

高須光聖「迷わないんですか?」

吉川威史「迷わない。迷う場合もありますが、『これで良いんじゃない?』って」

高須光聖「主役クラスは、そのように決めないでしょ?」

吉川威史「でも…この(アウトレイジ・加藤役)三浦友和さんの役も、僕は何人か候補を出して」

高須光聖「差し支えなければ、どんな方がいらっしゃいます?」

吉川威史「忘れちゃいました(笑)」

高須光聖「またぁ(笑)でも、吉川さんの中で、三浦友和さんがなると思ってました?」

吉川威史「心の中では、三浦友和さんになると面白いなって思ってました」

高須光聖「思ってました?それはどういうところを見てですか?」

吉川威史「だって、こういう役を三浦友和さんはやったことがないし」

高須光聖「クリーンなイメージというか、いいお父さんのイメージですよね」

吉川威史「だから、北野さんは大体、逆へ逆へってキャスティングしていくわけですよ。良い人を悪い人で使おうとして、悪い人を良い人のイメージで使おうとするんです」

高須光聖「うん、うん」

吉川威史「それを何となく分かってたんで、多分、友和さんに手がいくかなって思ってたんです」

「北野武」流の俳優の関わり方


高須光聖「意外と使ってみると、『この人、こういうこと出来なかったかぁ』っていう、役者さんは『こういうのは出来るけど、こういうシーンは苦手なんだなぁ』っていうのあるじゃないですか。そういうとき、失敗した、って思うことないですか?」

吉川威史「たまに、スタッフに撮影中、『こいつダメだぞ』って言われるんですけど」

高須光聖「ふふ(笑)」

吉川威史「でも、僕はできると思って出してるんですよ。それが出来ないっていうのは、それは申し訳ないけど、演出部とかスタッフが、もう少しこの人を上手く使ってくれればできるはずだって」

高須光聖「いや、それにしても、『さっきから見てるとNG出してる…肩身の狭い思いをするなぁ』って思うことないですか?」

吉川威史「その辺、たけしさんは厳しくて、ちょっと出来ないなって思ったら、どんどんセリフを削っていくんです」

高須光聖「それは松本人志もそうですね。どんどん変えようって言って変えますね」

吉川威史「北野さんは、俳優さんに無理をさせないんです。恥をかかせないんですね」

高須光聖「ふぅん」

吉川威史「セリフが出ないって時には、『カンペ作ろう』って言って。1回ありましたよ。セリフ出ないんですよね」

高須光聖「しょうがないですよね(笑)…たけしさんに質問される役者さんっていらっしゃるんですか?」

吉川威史「たまにいらっしゃいますけど、監督はあまり質問されるの好きじゃないんですよね」

高須光聖「あぁ、そうですか(笑)」

吉川威史「『好きにやっていいよ』って。たけしさんは、やっぱり自分はおわらい芸人だって思ってて。お笑いで飯を食ってる人間が演技の世界にきて、演技の世界で飯を食ってる人に外から来た人間がとやかく言えないよねって」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ショナイの話

有吉弘行「哀川翔のモノマネをするきっかけになったこと」

2013.01.29 (Tue)
2013年01月27日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」にて、哀川翔のモノマネをするきっかけについて語っていた。
哀川翔 俺たちのキャンプ [DVD]
有吉「モノマネの人って、一発屋って少ないでしょ?」

デンジャラス・安田和博「まぁ、そうですねぇ」

有吉「色々、バリエーションがあるから」

安田「はいはい」

有吉「あんまり居ないですよね、おかもとまりくらいじゃない?一発屋って」

安田「ふふ(笑)」

有吉「結構、少ないでしょ。コージー冨田さんだ、原口あきまさだっていったって、ずっとモノマネの世界でいて、営業とかも多いし」

安田「あと、モノマネの人って、テレビより営業を主に置いたりするから」

有吉「食いっぱぐれないよね」

安田「そうそう」

有吉「それは芸があるからだけどね。キンタローも当分、ますますブレイクして、あと何種類かいっぱいありそうだから。また息長い人が出てきたね。俺もやっぱり、もっとモノマネしていかなきゃいけないね」

安田「出ましたね。どんどんモノマネやっていく、毎回毎回、哀川翔じゃなくて?」

有吉「うん。だけど、もう日テレの方のモノマネは止めるんですけど」

安田「あぁ、そうなの?(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

ブラマヨ・吉田「インパルスの存在で、芸人として奮起した」

2013.01.28 (Mon)
2013年01月26日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、インパルス(板倉俊之、堤下敦)がゲスト出演していた。

はねるのトびら終了に関して思うこと

おちゃらけソーセージ [DVD]ブラマヨ・小杉「11年続いた、はねるのトびらが終わるって、どんな感じやったの?」

板倉「なんかもう、僕は結構前からワケ分かんなくなっちゃってたんです」

ブラマヨ・吉田「なんか、寂しくはないの?収録日に目が覚めてしまうとか」

板倉「僕は、時間がグラつく感じにワクワクしてて」

ブラマヨ・吉田「やっぱり、地盤ではあったんや?」

板倉「週2日押さえられてたんですよ。金曜日、土曜日を毎週」

ブラマヨ・小杉「へぇ~」

板倉「そこで出られなかった仕事とかに呼んでもらえるから、嬉しいですよね」

ブラマヨ・吉田「ほぅ、辛くはないねや?」

板倉「そうですねぇ」

ブラマヨ・小杉「今、前向きな感じやな?野に放たれた、みたいな」

板倉「カブって呼んでもらえなかった番組に呼んでもらえると、『プラスもあるな』って」

ブラマヨ・吉田「お前らからしたら、『家が無くなったような感じ』ちゃうかなって思ってたのよ。堤下は?」

堤下「もちろん、番組が無くなったのは寂しいんですけど、収入もこれで無くなりますので、結婚して番組が終わるっていう、ワケ分かんない流れでポンポンって行ったんで(笑)」

ブラマヨ・小杉「白鳥の湖、踊ってたもんなぁ(笑)」

堤下「白鳥の湖が終わった途端に、番組が終わるというワケ分かんない感じで(笑)子供もできたんで、それが結構、焦りますね」

ブラマヨ・吉田「堤下的には、ちょっとグっときてるんや?」

堤下「寂しいのは、寂しいですね。11年くらいやってたんで」

ブラマヨ・吉田「そらそやわなぁ。でも、前向きに捉えてんねや?」

板倉「前向きっていうか、11年も続いたんだからラッキーみたいな感じです」

ブラマヨ・吉田「なるほど。もっとね、寂しくて辛いですって泣くかなって思ったんですけど」

ブラマヨ・小杉「思ってた答えと違ったってえぇやんか(笑)だいたい、泣くワケないやろ」

板倉「違う番組で、改めて泣くわけないでしょ(笑)」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!

インパルス・板倉「ロバートを脱退してインパルスに」

2013.01.28 (Mon)
2013年01月26日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、インパルス(板倉俊之、堤下敦)がゲスト出演していた。板倉俊之 一人コントライブ「ドクソウ」 [DVD]

ロバート・秋山竜次、馬場裕之との出会い


ブラマヨ・吉田「コンビを組むきっかけって何だったん?」

板倉「元々、僕は秋山と馬場と3人でロバートでやってたんですよ」

ブラマヨ・小杉「山本博じゃなくて、お前やったんや?」

板倉「はい。博じゃなくて。養成所に、秋山と馬場の2人で入ってきたんですよ」

ブラマヨ・吉田「へぇ」

板倉「秋山と馬場でネタ見せやってたんですけど、馬場のツッコミが明らかに違和感あったんですよ」

ブラマヨ・吉田「あぁ。ツッコミのタイプじゃないもんな、馬場ちゃんは」

板倉「それで、秋山はめちゃくちゃ面白いって思って」

ブラマヨ・吉田「あぁ!」

板倉「それで、『俺にツッコミやらせてくれ』って言って」

ブラマヨ・吉田「へぇ」

板倉「そしたら3人でやろうよ、みたいになって」

ブラマヨ・小杉「うん」

板倉「なかなか好評な調子だったんですけど…秋山と話をして、ネタをふくらませて家に帰って台本にして持ってくるんですけど、僕は演技力を無かったので、先生にダメ出しを受けるのが僕なんですよ」

ブラマヨ・吉田「うん」

板倉「それで段々、『なんで俺が一番時間使ってんのに、一番怒られなきゃなんないんだよ!』って」

ブラマヨ・吉田「あぁ(笑)お前の台本やのに」

板倉「はい。台本のボケとかは秋山なんですけど、僕のもミックスされてて。それで、『じゃあ、もういい。そこまで言うんだったら、もうボケるわ』って言って。それで、脱退したんです」

ブラマヨ・吉田「へぇ」

ブラマヨ・小杉「ほぅ~」

板倉「抜けるけど、別に秋山と仲が悪くなったわけではないので、一緒に飯を食いながら『じゃあ、どうするんだ?』って話をしてて。そしたら、『(山本)博だよなぁ』って言って」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!

にけつッ!! トーク集

2013.01.27 (Sun)
『にけつッ!!』は、日本テレビ系の番組(毎週日 25:23 - 25:53)であり、2008年10月7日から放送開始されている。

にけつッ!!
にけつッ!! [DVD]

キャッチフレーズは、「千原ジュニアとケンドーコバヤシがお届けする異色トークバラエティー『にけつッ!!』」であり、収録前には打ち合わせも無く、お互いが会ってはいけないというルールで本番に臨んでいる。

2011年2012年2013年
2012年02月2012年10月2013年02月
2013年04月
2013年06月
2013年07月
2013年08月
2013年10月
2013年11月
2013年12月
2014年2015年2016年
2014年01月
2014年02月
2014年03月
2014年04月


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類

関根勤「スランプを乗り越えさせてくれた萩本欽一の言葉」

2013.01.26 (Sat)
2013年01月19日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、関根勤がゲスト出演していた。
関根勤 カマキリ伝説 & カマキリ伝説 1 1/2 [DVD]
前の記事:関根勤「不遇の環境でこそ、自分の力を信じろ」

萩本欽一との出会い


関根「出続けて、全くウケない辛さね。嫌われる辛さ」

ブラマヨ・吉田「嫌われるんですか?」

関根「嫌われてたの。異常者に思われてたの。俺は当時、ラビット関根って言ってて」

ブラマヨ・吉田「はい」

関根「ラビット関根がカックラキン大放送!!でやってた、暗殺者カマキリね。全身タイツでグリーンのメガネをかけて『カ~マキ~リ』って、野口五郎さんの刑事に『ゴロンボ、俺に勝てるかな』って」

ブラマヨ・吉田「ちょっと狂気性のある」

関根「そうそう。小学生の男の子のお笑い好きだけが僕のファン」

ブラマヨ・吉田「あぁ(笑)」

関根「非常に狭い。大人と女性は全滅。小学校2年から4年のお笑い好きの男の子」

ブラマヨ・小杉「狭すぎる(笑)」

関根「あの時、ananがあれば、抱かれたくないタレント2位ですね」

ブラマヨ・吉田「1位は?」

関根「せんだみつおさん」

ブラマヨ・吉田「あぁ(笑)たしかに、昔の関根さんって怖かったていえば怖かったですよ」

ブラマヨ・小杉「うん、うん」

ブラマヨ・吉田「役に入られて演じられるけど、入り込み過ぎてはるから」

関根「『刑事犬カール』っていうので仕事をしてたんだけど、3話目くらいを撮ってる時に、32歳のだるま二郎さんっていう先輩が、『ラビット、普通の演技してくれて、ホント助かった』って言ってこられて(笑)」

ブラマヨ・小杉「どんな風に思われとったんですか(笑)」

ブラマヨ・吉田「ふふ(笑)」

関根「業界10年以上やってる人が、俺が無茶苦茶なことやるって思ってたの」

ブラマヨ・吉田「まともなことはやるワケない、と。それが地位が上がるようになったのは、何がきっかけだったんですか?」

関根「やっぱりね、欽どこ(欽ちゃんのどこまでやるの!?)に出た時ですね。それで、ラビット関根から関根勤に名前変えて、黒子ですよ。家族が団欒をしてお笑いをとって、すっと居なくなったお茶の間に2人がすーって出てきて、その場をお借りして」

ブラマヨ・小杉「懐かしいなぁ(笑)」

関根「ちょこちょこってして帰るっていう」

ブラマヨ・吉田「小堺さんと」

関根「そう。それまで、狂気的な演技をしてたのが、『あぁ、どうもどうも』っていう、やってる芸は同じなんだけど、態度が違うというか。枠がね」

ブラマヨ・吉田「下から『貸していただく』みたいな」

関根「そういう感じで」

ブラマヨ・吉田「それで、世間の見る目が変わってきて」

関根「そう。段々と変わってきて」

ブラマヨ・吉田「黒子でやられてた時って、プレッシャー半端なかったんじゃないですか?『ここで売れなアカン』みたいな」

関根「初めてだったの。舞台に上がる前に、胃がギューって掴まれる感じ」

ブラマヨ・吉田「袖で?」

関根「そう」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!

関根勤「不遇の環境でこそ、自分の力を信じろ」

2013.01.26 (Sat)
2013年01月19日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、関根勤がゲスト出演していた。
全肯定!  関根流・ポジティブ人生相談
デビューするきっかけ


ブラマヨ・小杉「そもそも、ブレイクのきっかけってなんだったんですか?」

関根「ぎんざNOW! っていう東京のローカル番組があったんですよ」

ブラマヨ・吉田「はい」

関根「月~金でせんだみつおさんが司会してまして、月曜日にコーナーで『しろうとコメディアン道場』っていうのがあって」

ブラマヨ・吉田「はいはい」

関根「それを観て、自分と同じようなことをやってるアマチュアの人がいるんだなって思って」

ブラマヨ・吉田「そのとき関根さんは何をされてたんですか?」

関根「僕は、大学3年生で」

ブラマヨ・小杉「そのときは、メインに何をされてたんですか?」

関根「モノマネですね」

ブラマヨ・小杉「あぁ、そのときから」

関根「そうですね。そのとき、5週勝ち抜いて初代チャンピオンになったら、ウチの浅井企画の社長が『所属しないか?』と」

ブラマヨ・小杉「スカウトされたんですか」

関根「そう。『コント55号を育てた、浅井が君の才能は保証する』って。21歳で、世間知らないから舞い上がっちゃって(笑)」

ブラマヨ・小杉「ははは(笑)」

関根「『えぇ?欽ちゃん、二郎さん育てた人が、俺に才能あるって言ってる』って思って」

ブラマヨ・吉田「はい」

関根「次の日、事務所に行って覚書にサインして」

ブラマヨ・吉田「タレントの仮契約みたいな」

関根「はい、仮契約したの」

ブラマヨ・小杉「学生時代に?」

関根「はい」

ブラマヨ・吉田「トントン拍子ですよね」

関根「はい」

ブラマヨ・小杉「サクセスストーリーや」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!

マツコ&有吉の怒り新党 トーク集

2013.01.25 (Fri)
『マツコ&有吉の怒り新党』は、テレビ朝日で放送されているトークバラエティ番組である。マツコ・デラックスと有吉弘行の冠番組である。

放送内容の大まかな流れとしては、夏目三久が視聴者の「ちょっと腹立つけど、これ怒っていいですか?」という視聴者からの投稿メール(怒りメール)に対して、マツコ・デラックスと有吉弘行が怒っていいかどうかを判定するというものである。ナレーションは、ナイツ・塙宣之が担当している。

マツコ&有吉の怒り新党
WS000000_201401252244417dd.jpg


放送月
2012年2013年2014年
2012年01月2013年05月
2013年06月
2013年07月
2013年08月
2013年09月
2013年12月
2014年01月
2014年02月
2014年03月


トップページへ  |  この記事へのリンク  |  マツコ&有吉の怒り新党 トーク集

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ トーク集

2013.01.24 (Thu)
『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』は、TOKYO FM製作、ジャパンエフエムネットワーク(JFN)で放送の番組。2007年10月より毎週日曜日 23:00-23:30に放送されている番組である。

宮崎駿らの監督作品などで知られるアニメーション映画の制作プロダクションスタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫がメイン・パーソナリティを務める。ジブリ作品の関係者や鈴木に所縁のある人物などをゲストに迎える。イベントでの公開録音や講演会、雑誌対談などの様子を収録した放送が多い。

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ
WS000000_201401241146117de.jpg

放送月
2013年2014年2015年
2013年06月
2013年09月
2013年12月
2014年01月
2014年02月
2014年03月
2014年04月

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類

バカリズムのオールナイトニッポンGOLD トーク集

2013.01.23 (Wed)
『バカリズムのオールナイトニッポンGOLD』は、ニッポン放送系のラジオ番組である。2013年10月7日から開始され、毎週月曜日 22:00-24:00放送である。

2012年8月29日にオールナイトニッポン45周年 お笑いオールスターウィーク枠の単発番組として「バカリズムのオールナイトニッポン」を放送、同年10月12日や2013年5月3日にはオールナイトニッポンGOLD オールナイトニッポン45周年特別企画枠で単発番組が放送された。それらが好評だったことで10月7日よりレギュラー化している。

番組冒頭にネタメールを読むことが特徴。

バカリズムのオールナイトニッポンGOLD
WS000001_2014012321514193f.jpg

放送月
2013年2014年2015年
2013年10月
2013年11月
2013年12月
2014年01月
2014年02月
2014年03月
2014年04月
2014年05月
2014年06月
2014年07月
2014年08月
2014年09月
2014年10月

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類