本日の注目記事

ダチョウ倶楽部「リアクション芸人になるまでの軌跡」

2012.04.29 (Sun)
2012年04月28日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、ダチョウ倶楽部がゲスト出演していた。そこで、劇団員出身だった寺門ジモン、上島竜兵と杉兵助に弟子入りした肥後克広の3人が、リアクション芸人になるまでの軌跡について語っていた。

ブラマヨ・小杉「ブラックマヨネーズからダチョウ倶楽部さんへの質問なんですが、リアクション芸への道のりを教えて下さい。まず、結成はどういう経緯だったんですか?」

ダチョウ・肥後「結成はね、コント赤信号の渡辺正行さんっていう人がいまして、その劇団の後輩が、寺門と上島なんですよ」

ダチョウ・上島「そうなの」

ブラマヨ・小杉「同じ劇団出身だったってことですか」

ダチョウ・肥後「そうそう」

ブラマヨ・吉田「じゃあ、芸人っていうより、劇団志望だったんですね」

ダチョウ・寺門「俺と竜ちゃんが劇団にいて、『芸人やりたいんです』って言ったんです。そしたら、コント赤信号さんの兄弟弟子で、リーダーがいて」

ダチョウ・肥後「僕がいるわけです。渡辺さんに声をかけてもらった人、芸人志望の人っていうのが、10組み近くいたの」

ダチョウ・寺門「何十人もいて」

ブラマヨ・小杉「はぁ~」

ダチョウ・肥後「そんな何十人もいて、ある日渡辺さんが『La.mama(ラママ)っていうライブハウスでコント大会をやるから、お前らも出ろよ』って言われたんです。声をかけて、連絡を取り合ったのが、寺門と竜ちゃん、あと南部(南部寅太)だったんです」

ブラマヨ・吉田「南部寅太さん?」

ダチョウ・肥後「そうそう」

ダチョウ・上島「電撃ネットワークのね」

ダチョウ・寺門「その時、何十人もいたけど、暇だったのは4人しかいなかったの。俺らは何にもやることなかったから」

ブラマヨ・小杉「即席ユニットみたいな感じで4人が集まったんですか。最初から、ダチョウ倶楽部としては順調に売れたんですか?」

ダチョウ・寺門「ネタは結構、4人で評価されたね」

ダチョウ・上島「4人のときね」

ダチョウ・寺門「ネタ番組で正月やるときに、西はダウンタウン、東はダチョウ倶楽部で最後争ったりしてたから」

ブラマヨ・小杉「ヒットパレードみたいなときに?」

ダチョウ・寺門「1回、そういう時期があったよね」

ダチョウ・肥後「ザ・テレビ演芸で10週勝ち抜きのチャンピオンですからね」

ブラマヨ・小杉「そういうふうに勝ち抜いてた時期もあったんですね」

ブラマヨ・吉田「その後のリアクション芸が凄すぎて、その辺が全部塗りつぶされてますね。…4人組が、なんで3人になったんですか?」

ダチョウ・肥後「僕らは、コントというネタをちゃんとしたかったんだけど、南部さんは『俺はイヤだ』と。『俺はもっとお客を驚かせたいんだ』って言って、ある日ネタをやってたら、客席に降りていって、お客と喧嘩するのよ」

ブラマヨ・吉田「えぇ~!?」

ダチョウ・肥後「楽屋戻って、『何やってんの?』って訊いたら、『うん。アドリブ』って」

ブラマヨ・小杉「えぇ~?!」

ダチョウ・上島「俺のところに、夜中3時くらいに電話掛かってきて、『竜ちゃん、ビー玉飲めるか?』って言ってきて。夜中の3時よ?」

ブラマヨ・吉田「そんなん、何時かって問題じゃないですよ(笑)」

ブラマヨ・小杉「飲めないですよ、そんなん」

ダチョウ・寺門「その後、俺のところに電話掛けてきて、『金魚飲めるか?』って言ってきたの」

ダチョウ・肥後「それで、南部さんはやりたいことが違うんだなって思って。…まぁ、この二人も変わってて、稽古始めようかって言ったら、この二人、狭い稽古場をランニングしだして、発声練習してて(笑)」

ダチョウ・寺門「まず、ネタをやる前に体をリラックスさせないとダメだから」

ブラマヨ・小杉「発声やって体あっためても、座って考えたら体冷えるわ!」

ブラマヨ・吉田「ふふふっ(笑)」

ブラマヨ・小杉「喉も閉じるし」

ダチョウ・寺門「そういう演劇青年だったんだよね」

ダチョウ・肥後「ホントの劇団員」

ブラマヨ・小杉「リアクション芸になっていったきっかけは何ですか?」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!

ナイナイ・岡村が語る「ゆとり世代のモンスター芸人」

2012.04.29 (Sun)
2012年04月26日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、ゆとり世代芸人のヒドさについて語られていた。

岡村「リスナーからのメールでいただきました。『4月14日号のTVブロスで、千原せいじさんがゆとり世代のモンスター芸人について書いていました。なんでも芸人さんたちのライブで、交番表の最後にエンディングで全員、と書いていたにも関わらず、ゆとり世代の芸人たちが再登場しない、ということがあったそうです』」

矢部「うーん」

岡村「『そのため、若手担当マネージャーが"なんでエンディングに来ないのか?"と尋ねると、"全員という中に、自分たちのコンビが入っているとは聞いていなかった"と答えたそうです』」

矢部「えぇ?うわ(笑)」

岡村「『そのため、マネージャーは別のライブで出演者全員に、"エンディングで全員とは、あなたたち全員が含まれています"と説明したそうです』」

矢部「はっはっは(笑)」

岡村「『そのため、そのライブのエンディングには、ゆとり世代芸人たちも再登場したそうですが、なんとケータイ電話で話しながらのモンスター、ペットボトルで喉を潤しているモンスター、メールしながらのモンスター、アウターばっちりで肩からバッグを掛けて帰り気満々のモンスターなどが、板の上に現れた、とのことです』」

矢部「うん」

岡村「『若手担当マネージャーは、当然のごとく、これらモンスターに"なんでそんなことすんの?"と強めに訊いたところ、"舞台にケータイ電話を持って行ってはいけないとか、飲食したらダメだとか、帰り支度をしたまま出たりしてはダメだと、聞いてませんでした"と答えたそうです』」

矢部「はっはっは(笑)へぇ~」

岡村「『マネージャーだけでなく、芸人さんたちにも、ゆとり世代の敗北者たちがいたんですね』」

矢部「ふふ(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

南キャン・山里「山寺宏一のネガティブ過ぎる素顔」

2012.04.29 (Sun)
2012年04月25日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、山寺宏一のプライベートの姿について語られていた。

山里亮太「D-BOYSの瀬戸康史くんって子がいて、その子はおはスタを一緒にやってることからの仲良しなのよ。瀬戸くんは、僕みたいなものに兄貴として慕ってくれる、可愛い後輩なワケ。瀬戸くんが舞台をやることになってね」

「山寺宏一さんから、連絡あって。俺、その日たまたま行けそうだったから、『山寺さん、行きましょう』って言って。俺、山寺さんのことを兄さんって呼んでて、山寺さんは俺のことを南海ちゃんって呼ぶのね。『南海ちゃん、行こうか』って言ってくれて。それで観に行ったの」

「素晴らしい舞台だったよ。イケメンのグループでやってるから、それでもう十分なの。でも、妥協ゼロの素晴らしい舞台だったよ。それで『ホントに楽しかった』って言いながら、俺と山寺さんは、楽屋に挨拶に行ったのよ。米倉涼子さんとかも観に来ていて。そこに居るだけで、違うよ。それで山寺さんが俺の方を見て『スターって違うね』って言ってて。『ちょっと恥ずかしいね、僕ら』って言って(笑)『アンタ、ブラット・ピットの声やってるだろ』って思いながらもね。謙虚なのよ、山寺さん」

「楽屋挨拶行ったら、舞台終わったばっかりでD-BOYSのメンバーが汗を拭きながらいるわけ。それで、瀬戸くんが米倉涼子さんと話をしてるわけ。『今日、良かったよ、瀬戸くん』『ありがとうございます』なんて言いながら話をしてるときに、山寺さんと俺が入って行ったの。そしたら、ここキュンってするポイントだけど、話をしてる米倉涼子さんに『すいません!』って一回謝って、俺らのところに走ってきたの」

「それで、俺らに抱きつくの。俺と山寺さんに。『来てくれてスゲェ嬉しいです』って言って。米倉涼子を振り切ってよ?ということは、米倉涼子より俺らの方が良いってことでしょ?だから、俺ら海老蔵と付き合えるってことでしょ?(笑)」

「『良かったよ』とかって言ったら、『あの…山ちゃん、南海ちゃん、このあと、ご飯とか行けます?』って訊いてきて。そしたら山寺さんが『行こうよ。この近くで予約をとっておくから』って言うわけよ。瀬戸くんはまだ仕事があるから、遅れていくってことになって。俺らで先に行くことになったの」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

ナイナイ・岡村が語る「塩谷瞬の二股報道」

2012.04.29 (Sun)
2012年04月26日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、塩谷瞬の冨永愛、園山真希絵(料理研究家)との二股報道について語っていた。

岡村「塩谷瞬くんって凄いねぇ」

矢部「凄いねぇ」

岡村「パッチギ!の子。井筒さんにボロッカス言われた子」

矢部「うん」

岡村「スーパーモデルの冨永さん、そして料理研究家の園山真希絵さんですか」

矢部「これがバレてしまうのが恥ずかしいよね(笑)」

岡村「これも、昔、『恋するハニカミ!』ってご存知ですか?芸能人が、芸能人とデートするっていう。女の子はみんな好きやったんですけど。こそばゆい、その中でも最もこそばゆかったのが、この塩谷瞬くん」

矢部「そうなんや。誰のタレントさんとデートしてたの?」

岡村「誰とデートしてたかは忘れてしまったけど、まぁ、凄かってん。もうホンマにイこう思ってるちゃうのかってくらい、後ろから抱きしめたりとか」

矢部「へぇ~」

岡村「これもう、ハニカまれへんわ、思って」

矢部「あぁ」

岡村「『いくなぁ、グイグイ』と思って」

矢部「イキ過ぎてて」

岡村「ほんで、たまたまその『恋するハニカミ!』のスタッフの人と話す機会があって」

矢部「うん」

岡村「『塩谷瞬くんって凄かったですね』って言うたら、『グイグイ行くんですよ、あの子』って言うてて。『スタッフも、ちょっとドキドキしながら楽しんでた感もありました』って。その頃から、塩谷瞬くんって注目してるんですよ」

矢部「はっはっは(笑)」

岡村「『パッチギ!』とかではなく」

矢部「はっはっは(笑)注目(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

ナイナイ・岡村「ラジオの発言がYahoo!ニュースに掲載される影響」

2012.04.29 (Sun)
2012年04月26日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、先週の「ナイナイ・岡村「TOKIO・松岡を救ったのは吉川晃司」」という発言が、Yahoo!ニュースなどに掲載されたことなどについて語られていた。

岡村「怖いね。このオールナイトニッポンの影響力って」

矢部「怖いよ」

岡村「ちょっとTOKIOの松岡くんを助けた吉川晃司さんの話をしただけで、ブワーって広がって。エンディングの2時50分くらいにちょこっと言ったヤツがウワーって流れて」

矢部「電波は怖いね」

岡村「怖いねぇ。でも、楽になったね、芸能レポーターの方とか。全部、ネットとかで調べて、あたかも自分の足で探してきたかのように言うからさ。楽な時代になったよ」

矢部「『オールナイトニッポンで話された』みたいな記事はあんまり無かったな」

岡村「『アッコにおまかせ!』で、アッコさんが『岡村が…』って言ってたくらいのもんやもんなぁ」

矢部「うん」

岡村「『ウチ、知ってたけど言うたらアカンと思うて』って言ってたけど。『アンタ、なんでもべらべら喋るやん』って思って。なんでこれだけ…こんな美談を言わへんのやって思って」

矢部「なんでやろな(笑)なんかラインがあるんやろな(笑)」

岡村「自分で線を引いてはるんやと思うけど。怖いよね。ここで発言したことは全部Yahoo!ニュースに出るのや。狩野英孝痛い(ナイナイ・岡村「狩野英孝のとてつもない痛さ」)とか」

矢部「出るなぁ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

ハリセンボン・近藤春菜「『角野卓造じゃねぇよ』が生まれた瞬間」

2012.04.23 (Mon)
2012年04月22日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、ハリセンボンがゲスト出演していた。その際、近藤春菜の『角野卓造じゃねぇよ』が生まれた瞬間について語っていた。

ブラマヨ・小杉「元々、『角野卓造じゃねぇよ』っていうのは、なんで生まれたん?」

ハリセンボン・近藤「たぶん、私の記憶だと、『ロンドンハーツ』なんですよね。ロンハーの女芸人格付けで、初めて出させていただいたときが、2年目のときなんですけど」

ブラマヨ・小杉「うん」

ハリセンボン・近藤「その時、どうにかこうにか喋らなきゃ、覚えてもらわなきゃって思って、自分から『角野卓造さんに似てるって言われます』って言ったんです。それから、淳さんが『角野さんはどう?』とかって、振って下さったんです」

ブラマヨ・小杉「自己申告してたんや(笑)」

ハリセンボン・近藤「はい」

ブラマヨ・小杉「一旦、自己申告して(笑)」

ハリセンボン・近藤「はい。覚えてもらうために自己申告したら、『角野さんはどう?』って言われて、『角野卓造じゃねぇよ』って言い出したのが、スタートです」

ブラマヨ・吉田「へぇ、自己申告なん?」

そのロンハーの様子は、以下のとおりだった。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!

ハリセンボン「デビュー当時、オリラジのバーターで売れてきた」

2012.04.23 (Mon)
2012年04月22日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、ハリセンボンがゲスト出演していた。その際、デビューした当時のことについて語っていた。

ブラマヨ・小杉「だいぶ(ハリセンボンは)後輩ですけど、イメージとしては、苦労してないってイメージがあるよな?」

ブラマヨ・吉田「うん」

ブラマヨ・小杉「テレビ出だしたのは、結成何年目の話?」

ハリセンボン・近藤「もう2年目のときに、TBSの『ゲンセキ』って番組、オーディション番組なんですけど、出させていただいて」

ハリセンボン・箕輪「はい」

ハリセンボン・近藤「正直、下積み時代はないかもしれないですね」

ブラマヨ・小杉「その番組で、オリエンタルラジオも、武勇伝で出てきたんだよな?」

ハリセンボン・近藤「はい。オリラジは、私たちの一個下なんで、養成所卒業したら、すぐ大ブレイクしたんですよ」

ブラマヨ・小杉「あぁ」

ハリセンボン・近藤「なので、私たちはオリラジとセット、みたいな感じで。オリラジが出てると、私達もセットで出させてもらう、みたいな感じで出てたんで」

ブラマヨ・吉田「うん、うん」

ハリセンボン・近藤「オリラジみたいに大ブレイク、っていうんじゃなくて、『なんとなく、いるね』って感じで」

ハリセンボン・箕輪「ずっと、オリラジのコバンザメみたいな感じで、ついてきた感じですね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!

ナイナイ・岡村「TOKIO・松岡を救ったのは吉川晃司」

2012.04.22 (Sun)
2012年04月19日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」にて、サウナで脱水症を起こして倒れたTOKIO・松岡昌宏を吉川晃司が介抱した件ついて語られていた。

岡村「エンディングでこんなことを言うのもアレなんですけど」

矢部「うん?」

岡村「あんまり報道されへんやろうから…TOKIOの松岡くん、サウナで倒れたでしょ?」

矢部「脱水症状でね」

岡村「うん。あれ助けたの、吉川晃司さんって知ってました?」

矢部「あ、そうなの?」

岡村「たまたま一緒にいたんですって」

矢部「へぇ」

岡村「倒れたのを、吉川晃司さんが」

矢部「抱えて?」

岡村「助けてくれはったんやて。これ、どこも言わへんやろうから」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

ナイナイ・岡村「狩野英孝のとてつもない痛さ」

2012.04.22 (Sun)
2012年04月19日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」にて、狩野英孝について語られていた。

岡村「さまぁ~ずさんと出川さんと御飯食べて。次の日も、出川哲朗と御飯食べて」

矢部「はっはっは(笑)仲エェなぁ。なんやかんや言うて」

岡村「芸能ゴシップに花咲かせて(笑)」

矢部「はっはっは(笑)」

岡村「『知ってます?この話?』とか言うて」

矢部「交換して」

岡村「最終的には、『狩野英孝がかなり痛い』って話で盛り上がって酒を飲んだけど」

矢部「これはもうみんなが知ってるな」

岡村「知ってた?狩野英孝のブログとかトークって、全部作り話やねんて(笑)」

矢部「はっはっは(笑)」

岡村「盛るのはエェけど」

矢部「ゼロから?」

岡村「ゼロから」

矢部「変な子やなぁ」

岡村「番組の打ち上げで、小島よしおとちょっとご飯食べたっていうのを、ブログで『戦友』ってタイトルで、『二次会、三次会まで行って、熱い話をした』とかって書かれてたんだけど、一切、そんな話なかったらしい」

矢部「ふふっ(笑)」

岡村「小島よしお、それを見てビックリしたんやて」

矢部「はっはっは(笑)」

岡村「『二次会、三次会まで飲み明かした』みたいな。ウソやん、みたいになって」

矢部「なんでやろ?なんでそんな…そういうもんやと思ってるんかな?」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

ネプチューン・名倉「あるべき芸人の相方への態度」

2012.04.20 (Fri)
2012年04月19日放送の「くだまき八兵衛X」にて、ザ・ゴールデンゴールデン(山崎昇、きたざわひとし、吉勝)がゲスト出演していた。そこで、悩み相談がなされていた。

吉勝「お笑いブームの中で、『レッドカーペット』とか『エンタの神様』とか色々出させていただいたんですけど、そこからなかなか上に行けない、といいますか…」

ネプ・名倉「どうなりたいの?」

吉勝「ネプチューンさんみたいになりたいんです」

ネプ・名倉「自分らの番組持って…なるほどな」

次長課長・河本「山崎くんが、ツッコミ?」

吉勝「はい。山崎に任せてるんですけど、『振れない』『突っ込めない』『ボケれない』のお笑い三重苦を持ってまして」

ネプ・名倉「でも、リアルな話をすると、ツッコミは努力やから。」

次長課長・河本「慣れてくるんじゃないですか?」

ネプ・名倉「それをいっぱいやればやる程、ある程度になると思うから。努力が足りひんだけちゃう?」

吉勝「努力をもっとして欲しいんですけど…」

ネプ・名倉「努力せぇへんのや。リアルやなぁ、お前らの悩み」

吉勝「はい(笑)…たとえば、番組出させてもらった時とかも話すじゃないですか?反省会みたいな」

ネプ・名倉「うん」

吉勝「僕ときたざわは、結構、反省会するんですけど、パッと山崎の方を見てみると、関係ないことで笑ってたりするんですよ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  くだまき八兵衛X