本日の注目記事

山里亮太が語る「AKB48・前田敦子の卒業の意味」

2012.03.30 (Fri)
2012年03月28日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、AKB48・前田敦子の卒業について語っていた。

山里亮太「卒業するっていうのは、ピンでもやっていけるとか、大島麻衣ちゃんも大人気で『1人でもやっていけるだろう』っていうんで卒業する、みたいな感じになってると思うんだけど」

「でも、敦ちゃんの卒業って、人気あるから一人で大丈夫だろう、ではないと思うんです。というのも、敦ちゃんから提案しているし。『AKB48に一生を捧げます』と言った敦ちゃんが卒業する、『おいおい、一生、AKBにいるんじゃないか?』っていう気持ちになると思うんだけど、俺は違う。『一生を捧げる』っていうのは、続いていると思うんだ」

「敦ちゃんが卒業するのは、AKBのために卒業すると思うんだ。本人も言っているし。その心意気、そこらへんを語っていきたいなって思って。まず、AKBは国民的なアイドルですからね、知らないって方は居ないと思いますけど、敦ちゃんが卒業するってことが、次の日の新聞の一面を飾ったかというのを説明させてもらうと、AKBは国民的アイドルグループであります。でも、国民的アイドルグループと呼ばれ、朝のニュースであったりゴールデンタイムで観るようになったのは、ここ何年かなんです。敦ちゃんは、6年半前から、創設の時からずっといるんです」

「初期メンバーとして、ずーっと頑張って。正直、お客さんが全然入ってないときもありましたよ。その時もずーっとやってて。その時からセンター、看板を背負ってね、AKB48が世にでるとき、テレビに出るときは、いつもその子が真ん中だった」

「俺、『月刊メロディックス』って番組もやってるんだけど、AKBが全然な頃、敦ちゃんが来てね。真ん中で色々説明してたもん。足りないところは、高橋みなみがやったりとか。その頃から、人気が今に比べて全然無い頃から、センターにいたのが前田敦子なんです。今でこそ、総選挙で真ん中をゲットするってシステムですけど、昔は運営と秋元康さん、レコード会社が話し合いで真ん中を選ぶわけ。全員が全員、敦ちゃんのファンというわけではないんだよね」

「そうなると、敦ちゃんのファンじゃない人は、『大人に気に入られて、センターをとって…』っていう攻撃も、ずっと受け続けてきたわけ。それで、AKBの中で、いろんな攻撃を受けながらも、センターにいた。『自分は目立つのが好きじゃない。自分は誰かが前で歌ってて、ワタシは後ろで踊っていたかった。自分が真ん中で歌うのはイヤ』というタイプの子だったの」

「それが、大人たちによって、真ん中にいる。それは、敦ちゃんが自分から言い出して『真ん中にしてください』って言ってるわけじゃないのよ?大人たちが総合的に見て、AKB48が盛り上がるためには、この子が真ん中が良いってことで、定めたことなのに、さも前田敦子がズルイ、みたいな空気の攻撃もあったんですよ。もちろん、それと同数、応援する人もいますけど」

「そういう矢面に立って、戦ってきたわけです。AKBが盛り上がる前から、ずっと看板、顔として戦ってきてたんです。人気が出始めてからも、テレビで前田敦子が前に出てる。AKBといえば、という形で常に前に出ている。そのAKBの看板をずっと背負ってきた人が、その看板がなくなるのよ」

「わかりやすく言えば、南海キャンディーズで、しずちゃんが居なくなった状態だね。南海キャンディーズでしずちゃんが居なくなったらどう?ただの嫌われ者が残るだけなんだよ?(笑)…いけない。AKBの残りのメンバーが嫌われてるわけじゃないよ?危ない、全然違う(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

伊集院光が語る「今の著作権法改正の動きは不毛だ」

2012.03.28 (Wed)
2012年03月26日放送の「伊集院 深夜のバカ力」にて、著作権法改正の動きについて語られていた。

伊集院光「著作権法をまた変えようっていう動きがあって。今度の動きは、違法と知りつつダウンロードしたヤツにも刑事罰をっていうのを本格化しよう、みたいな」

「それから、あと俺が気になるのは、ロケしているとき、ポスターみたいなのがあって、そのポスターが結構大きく映っちゃったら、そのポスターのメーカーにOKをとらなくてOKにする、みたいな。あと、BGMね。はっきりと分かるくらいメジャーな曲が流れちゃったとき、『このBGMをどうする、みたいなのを、ノーカンにしない?』って法律をつくろうとしてるらしいの」

「それは、ロケをする身にとってはありがたいんだけど、どれくらいまでがたまたま映り込んだってことになるの?ってことでしょ。たとえば、俺が目の前のところでボケっと立ってるんだけど、実はそこの横にあるもの、もしくは流れてるBGMを聴かせようとしている場合、とかの作為はどうなるんだ?大丈夫?とか思うんだけどね」

「ああいうのって、やっぱりメーカー側から作ってる法律だよね。法律なのにかかわらず。でも、これを言うとき面倒くさいのは、俺も自分の出してるDVDとかを全部複製されちゃったら、もうそれはおまんまの食い上だから、次からDVDを出すこともできなくなるから、それは困るのは分かるんだけどね」

「俺らが子供の頃にやってたのは、アウトなのかね。『俺がこのLPを買うから、お前他の買って、カブらないようにしよう』みたいなの。俺らの頃だったら、松田聖子とか中森明菜とかを買って、カブらないようにしてたりとか。『俺は五月みどりの"おひまなら来てね"なんだけど』『お前はあっちに行け』『…はい』みたいなネットワーク(笑)」

「なんか例えが分かんなくなっちゃったけど(笑)みんながバラバラのヤツを坦務することによって、中学生が友達間でやってたのが、アウトなのか、アウトじゃないのかって言うとね」

「あと、テレビ番組とかでも思うんだけど、映画のレンタルビデオみたいなの、スゴイ受け入れられたんですよ。なぜなら、映画は映画館で千円以上払って観るものだから、レンタルビデオになっても、(お金を払って観る)そうじゃん、って思う」

「今、テレビ番組のDVD化を当たり前のようにするじゃん。でも、テレビ番組を録ったカセットテープをダビングして、人に売るのはダメだけど、あげたりすることなんて、むしろテレビ局側にとっては、ありがとうって行為だよね、昔は。こういうことを言うと、『じゃあ、お前のは良いんだな?』ってなるんですよね。そういうことじゃないよ。そういうことを言ってしまうと、もう業界内部からはアプローチなくなるから」

「俺が、観る側だったとき、OKだったことが全部アウトにされていくのもどうなの?って思って。それに関しては、まさかインターネットみたいなもので、会ったこともない数万人を『ともだち』とできるって世の中がくるとは思ってなくて。著作権法の細部を改正するよりも、『インターネットとは何ぞや?』みたいなことを先にやらないと。『昔通りの家庭内での個人的な複製に関してはOK』とかって、その家庭内とか、個人的って意味が変わってるんだからね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

有吉弘行「矢口真里の知ったかぶりが露呈したSMAP×SMAP」

2012.03.26 (Mon)
2012年03月25日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」にて、矢口真里の知ったかぶりが明らかに露呈したSMAP×SMAPの様子について語っていた。

有吉「俺もONE PIECE王に出たんですよ」

デンジャラス・安田「らしいですね」

有吉「出て、久しぶりのSMAP×SMAPだったし、前に出た時、あだ名を付ける、みたいなハードな戦いがあったから」

デンジャラス・安田「うん」

有吉「久々に緊張しちゃって(笑)」

デンジャラス・安田「うん」

有吉「『好きなセリフはなんですか?』って質問に、思いっきり間違っちゃって(笑)」

デンジャラス・安田「そうなの?」

有吉「大事な、好きなセリフを(笑)『人の夢は止まらねぇ』…これも間違えてるかもしれないけど(笑)」

デンジャラス・安田「それも?(笑)」

有吉「そういうセリフを、『人の夢を笑うな』っていう、ルーキーズのセリフと間違っちゃって(笑)」

デンジャラス・安田「ハッハッハ(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

有吉弘行が語る「R-1で活躍していたスギちゃん」

2012.03.26 (Mon)
2012年03月25日放送の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」にて、R-1グランプリについて語られていた。

有吉「COWCOW・多田さん優勝、スゴイですね」

デンジャラス・安田「はい」

有吉「ギャグですもんね」

デンジャラス・安田「ギャグオンリーだもんね」

有吉「ギャグオンリーで。これでギャガーの人たちは、勇気づけられたんじゃないですかね」

デンジャラス・安田「っていう話ありますね」

有吉「そうですよね。もともと、売れてるというか、完全に名前は知られてましたから、そういう意味では、やっぱりスギちゃんでしょうね。ワイルドスギちゃんが、一番印象的でしたよね」

デンジャラス・安田「大阪で一緒になったんですよ。スゴかったですよ。反響が」

有吉「人気?そうだろうねぇ~」

デンジャラス・安田「違うよ(笑)『〇〇だぜぇ~』だよ」

有吉「そうだったけぇ~」

デンジャラス・安田「違う(笑)ヘタクソか(笑)」

有吉「俺は、スギちゃんの真似はしてないんだよぉ~」

デンジャラス・安田「何やってんだよ(笑)ルパン三世の真似?」

有吉「違いますよ。僕ですよ。流行らせようとしている口調があるんですよ。それがこれなんだよぉ~」

デンジャラス・安田「スギちゃんを下手に真似してるんじゃないの?(笑)」

有吉「上品だろぅ~(笑)」

デンジャラス・安田「なんだよ、上品だろぅって」

有吉「公家みたいだろぅ~」

デンジャラス・安田「なんだよ、それ(笑)」

有吉「上品アリちゃんですよ。三年くらい前からやってますよ」

デンジャラス・安田「初耳ですよ(笑)」

有吉「そうだったけぇ~(笑)全然面白くないな」

デンジャラス・安田「『公家みたいだろぅ』は面白いけどね(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  有吉弘行のSunday Night Dreamer

オードリー・若林が語る「親が見合いを勧めてきたワケ」

2012.03.25 (Sun)
2012年03月24日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、親が見合いを勧めてきたワケについて語っていた。

若林「年だなぁって思うことが多くて。我々も33歳ですか」

春日「うん」

若林「この間、実家に帰ってね。スーパーボウル行ったときのお土産を家族に渡すために帰って」

春日「はい」

若林「飯を食ってたんですよ、家族と」

春日「うん」

若林「そしたら、『あぁ、そうだ』って手を叩いて。『あれを持ってこいよ』って。ウチの母ちゃんに」

春日「ほう」

若林「すみません、ちょっと落語っぽくなって。ウチの親父がね」

春日「ちゃんと右向いて言ってましたね(笑)」

若林「そしたら母ちゃんが、エプロンで手を拭きながら『あぁ、そうね』って言って」

春日「何その、ドラマみたいな」

若林「そしたら、手になんか持って来るわけですよ。親父が『あぁ、これこれ』って言って」

春日「うん」

若林「『おい、ここをちょっと見てくれよ』って言って。それでパッと開いたら、女性がお神輿を担いでいる写真だったんです。それ、結論から言うと、お見合い写真だったんです」

春日「ふははははっ(笑)ウソ、お見合い勧められたの?そんな年かね、我々は」

若林「イヤ、そうなのよカスちゃん」

春日「カスちゃん知らなかった」

若林「33歳で、もう孫の顔も見たいのよ」

春日「はぁ~それでまたお神輿担いでるかい」

若林「お神輿担いで、こっち見て笑顔で。それでねじり鉢巻」

春日「ちゃんと顔は分かるのかい?」

若林「お神輿の写真と、ちゃんと立ってる写真があって」

春日「ほう」

若林「お神輿担いでると、ハッピにハーフパンツみたいになってるじゃん。下町って感じで。ウチのおやじの友達の娘さんなの」

春日「なるほど、なるほど」

若林「カッコイイじゃない。築地って感じで」

春日「良いじゃない」

若林「それで、どうしようかと思って」

春日「なんて、言うと」

若林「美人さんなのよ」

春日「ほぅ」

若林「でも、お見合い結婚ってどう?俺ら」

春日「面白いと思う」

若林「あぁ、そう?それで、親父に『どう思う?綺麗だよな』って言われて。その会話が、超イヤなの(笑)」

春日「なるほど」

若林「俺が綺麗って思ってるのが、伝わるのがイヤじゃん」

春日「分かる、分かる」

若林「『綺麗だと思う』って俺も言ったら、実家でスベったような空気になって。俺の言い方が」

春日「うん(笑)」

若林「母ちゃんも固唾を飲んで。梨を切ってる様子だったけど、こっちに気が向いてて」

春日「なるほど」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

バナナマン・設楽「とんねるずの『買う』シリーズとカネの価値」

2012.03.25 (Sun)
2012年03月23日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、「とんねるずのみなさんのおかげでした。」での企画『買うシリーズ』(日村時計を買う、など)について語っていた。

設楽「俺はスーツを買いまして。HUGO BOSSってお店で」

日村「まぁ、良いスーツだよねぇ。各曜日によっては可愛いのもあれば、カチッとしたのもあって」

設楽「まぁ、もう笑っちゃったんだけど、ああいうの放送すると、観てもらってありがたいんですけど、開口一番に『ホントに買ったんですか?』って言われるんだけど、ホントに買ってるっていうんだよ(笑)」

日村「俺も言われ続けてるから、それ。『ホントに買ってるんですか?』って」

設楽「ね?そういうふうに言うんだよね。ホントに買ってるんだよって」

日村「そう、そう」

設楽「でも、俺は思ったわけ。日村さんもそうだし、あの番組そういう感もあるけど、もちろん買うのは結構な金額だし、俺だって120万円とかなわけ」

日村「5着だしね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

ナイナイ・岡村が語る「COWCOW・多田が優勝したR-1」

2012.03.25 (Sun)
2012年03月23日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、2012年度のR-1グランプリについて語っていた。

岡村「COWCOWの多田(多田健二)が、言葉を詰まらせるっていうのが良かったですよね」

矢部「感極まりましたね」

岡村「R-1に賭けてたんでしょうね。多田さんも何やかんやでツイてなかったですからね」

矢部「そうやね」

岡村「ブレイクしかけてはいたんですが」

矢部「跳ね切れず、が続いてたから」

岡村「そうなんですよね。でも、多田には悪いけど、スギちゃんのほうが露出多くなるかもしれんなぁ」

矢部「フッフフ(笑)」

岡村「あのインパクトは、たしかに」

矢部「スギちゃん、ワイルドやったなぁ(笑)」

岡村「でも、結局、決勝に残った中では、優勝は多田になるのかも分かんないですね」

矢部「うん」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

おぎやはぎ・矢作「クズな人と付き合うと楽なワケ」

2012.03.25 (Sun)
2012年03月23日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、小木を始めとして、人間としてクズな人と付き合うと楽なワケについて語っていた。

矢作「とんねるずの二人が、音楽特番やってて」

小木「やってたね。生で」

矢作「ずっと森山直太朗くんが、小木の話をしてたって」

小木「へぇ、そうなんだ」

矢作「『さくらは、ほぼ小木が作った』みたいに(笑)」

小木「フッフフ(笑)そういう話もちゃんとしてたんだ」

矢作「今、一番、仲がいいんでしょ?」

小木「今、仲いいよ」

矢作「たぶん、直太朗くんも話をするとなると、一番仲いい人の話をしちゃうから、小木の話になっちゃうんだろうね」

小木「そうだね。一昨日も夜中の3時か4時くらいまでずっといたし」

矢作「あぁ」

小木「結構、いるんですよ」

矢作「小木っていうのは、そういう人間なんだよね。気を遣わない人間だから、居て心地が良いって感じなんだよね」

小木「あぁ~なるほど、向こうがね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

おぎやはぎ「調子に乗ってる料理研究家・ 森崎友紀」

2012.03.24 (Sat)
2012年03月23日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、料理研究家・森崎友紀が調子に乗っている、と語っていた。なお、この回ではサンドウィッチマン・伊達みきお、富澤たけしがゲスト出演していた。

矢作「料理研究家の森崎さんね、美人な」

サンド・伊達「俺らのラジオ番組(10分もらえたぜ)聞いててくれたんですか?ありがとうございます」

矢作「聞いてたよ。泳がせすぎでしょ」

サンド・伊達「そんなつもりでやってないですよ、こっちは」

矢作「あの子はひどかったよ。言ってること酷かったよ」

サンド・伊達「どういうことですか?泳がせすぎっていうのは」

矢作「ヘラヘラ、相手の対して面白くないことを笑いながら、合わせてたでしょ?」

サンド・伊達「いやいや」

矢作「ホントだったら、『いやいや、それは違うでしょ』って注意しなければならないでしょ」

小木「そうだね」

サンド・伊達「森崎さんに?」

サンド・富澤「どの部分のことを言ってるのか、イマイチ分からなですよ」

矢作「タチ悪かったでしょ?」

サンド・伊達「そんなことないでしょ。そういう風に聞こえてました?」

小木「こっちは、写真集とかそういうので見てて、スゴイ清楚に見えて好きだったんですよ。でも、急に嫌いになっちゃったんですよ」

サンド・伊達「急になっちゃったんですか?(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

ナイナイ・岡村「ラジオのSPウィークで大失敗した」

2012.03.24 (Sat)
2012年03月23日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、裏番組「おぎやはぎのメガネびいき」にスペシャルウィークの聴取率で大敗したことについて語っていた(おぎやはぎの語っていたトーク内容は:おぎやはぎ「ナイナイのラジオに聴取率で勝った」)。

岡村「放送で言うことではないんですけど、事実をしっかり受け止めなければならないな、ということで」

矢部「ほぅ」

岡村「前回のスペシャルウィーク、『オカムーラ登場 奇跡超能力2時間スペシャル』をお送りしましたけど」

矢部「うん」

岡村「散々たる結果に終わりまして」

矢部「うん(笑)」

岡村「長年頑張って、かなりの聴取率を維持してきたわけなんですけど」

矢部「そうですねぇ」

岡村「まさか、こんなことになるとは夢にも思ってませんでして」

矢部「うん」

岡村「オカムーラ自体は、楽しく帰られたんですけど、リスナーはそうでもなかった、という結果が如実に出ましたので」

矢部「そうですね。それは受け止めなければならないですね」

岡村「今後一切、オカムーラが登場することはないでしょう」

矢部「そうですね」

岡村「次のスペシャルウィークは、ガチガチで行きたいと思います」

矢部「オカムーラに知らせない方が良いですね。楽しんで帰られたのなら」

岡村「アニメの声優をドッサリ呼びますから」

矢部「フッフフ(笑)」

岡村「2時間アニメの声優さんのみで、ほとんど我々が喋らない、というスペシャルウィークにしたいと思います」

矢部「フッフフ(笑)」

岡村「ちょっと、いい気になっていたのかもしれませんね(笑)」

矢部「良いですよ。ちゃんと鼻を折ってくれて。我々、伸びてたんですよ」

岡村「いい気になってたんでしょうね。だから、ここで一回気を引き締めなアカンよってことだと思います」

矢部「『オカムーラでも、大丈夫でしょ』って(笑)いい気になってましたよ」

岡村「ええ。オカムーラでは、もうリスナーは誤魔化せないですよ」

矢部「誤魔化せないって(笑)」

岡村「ホント、これだけは分かっていただきたいんですけど、外からの登場でゴッツ寒かったという。ちゃんとやることはやったんですけど、結果が出なかった、ということで。反省している、と」

矢部「そうですね」

岡村「オカムーラも直接『すまんかった』と」

矢部「耳に入ったの?(笑)」

岡村「『できることないか?』と」

矢部「オカムーラにできることは無いですよ(笑)」

岡村「もうエェ、と。顔も見たくない、と。ニッポン放送、出禁になりましたから」

矢部「はっはっは(笑)」

岡村「本のイベントで、オカムーラが協力しようか、みたいなことを言ってたんですけど、出禁になりましたので」

矢部「うん」

岡村「二度と、みなさんの目の前に現れることはないでしょうね」

矢部「オカムーラ来たところでね」

岡村「ただの詐欺師やったんですよ」

矢部「でも、悪かったって気持ちはあるんですよね」

岡村「全面的に、自分が悪いんだ、と言ってましたんで。『次のスペシャルウィークは、家で聞いてるわ』ってコメントを残してね」

矢部「僕らは僕らで、やってる最中はこれで大丈夫だ、と思いながらやってましたから」

岡村「そうですね」

矢部「本当に鼻が伸びてるわけではないんですよ。やってる最中、『マズイな』って生放送に感じながらやってはいましたからね」

岡村「スケキヨのマスクをかぶってるところから、浮かれてたんでしょうね。マスクを見つけたところで、『これでイケイケ、おもろいやんか』って、懐中電灯を持って…心躍らされてたのかもしれませんね。今井メロ状態になってたのかも知れませんね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN