本日の注目記事

オードリー・若林「お笑いの専門学校卒業生の傾向」

2012.01.29 (Sun)
2012年01月28日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、お笑いの専門学校卒業生の傾向について語っていた。

若林「Hi-Hiさんは、月に20~25日会ってネタを作ってたんだってね。THE MANZAIの時もそうだけど、何年間も」

春日「へぇ~」

若林「だけど、最近のお笑いの専門学校を出た子たちは、月に2日とかしか会わないんだって」

春日「うん…それって、ネタの作り方が上手いの?」

若林「その日に会って(ネタを)合わせるんだろうね。それで2日しか会わないんだって」

春日「へぇ~」

若林「凄いなそれって話を、徳松とガンちゃん(Hi-Hi・岩崎一則)とゴンとしてて」

春日「うん」

若林「それで、何でだって話になったのよ。芸人になったら、売れなきゃいけないっていうのがあるでしょ?」

春日「うん、うん」

若林「それなのに、2日しか会わないのは何でだっていうと、専門学校を出た後輩が言ってたんだけど」

春日「うん」

若林「専門学校って、上位10組弱ぐらいしか事務所に所属できないんだって」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

オードリー・若林「相方・春日の心理分析に驚く」

2012.01.29 (Sun)
2012年01月28日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、相方・春日俊彰の心理分析について語っていた。

若林「お前、すぐ赤面するよな」

春日「体が火照っちゃって火照っちゃって(笑)」

若林「お前ってさ、すぐに赤面するじゃん。耳、超赤くなって」

春日「真っ赤になるね」

若林「なんなの、それで『春日はブレない』みたいな感じにして」

春日「はっはっは(笑)」

若林「お前の脳みその中って、どうなってんの?そこら中で衝突事故が起こってて、プップーガンガンってなってるだろ?」

春日「まぁまぁ、そうだね(笑)」

若林「あんまり雛壇でスベって、顔が赤くなる人っていないでしょ」

春日「はっはっは(笑)」

若林「俺、顔が赤くならないでしょ?」

春日「ならないね。反応なんだろうな、体の」

若林「赤面って、ちゃんと医学的に解明できてないんだってね」

春日「へぇ」

若林「なんであんなに耳とか赤くなるの?」

春日「ねぇ」

若林「この間、『おどおどオードリー』で、精神科医の名越(康文)先生っているでしょ?」

春日「うん」

若林「来てもらって。俺が、名越先生の本を、根こそぎ読んでるんです。俺、今、精神医学の本を読み倒してるんですよ」

春日「そう?」

若林「それで、名越先生の本も読んでて、名越先生と喋りたいって言ったら、呼んでくれて」

春日「うん」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

伊集院光が語る「『ALWAYS 三丁目の夕日 64』の感想」

2012.01.25 (Wed)
2012年01月23日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、『ALWAYS 三丁目の夕日'64』を観た感想について語っていた。

伊集院光「『ALWAYS 三丁目の夕日'64』に行って参りまして。行く前に、『こんな感じの感想なんだろうな、俺』って思ってましたけど、その通りの感じになりました。今、1,800円くらいで観られると思いますけど、1,800円出して、1,800円くらいの映画です。だから、悪くはないと思います」

「ただ、これだけは言わせてもらいます。あのね、3Dメガネで観ると100円アップするんだけどさ、3Dの意味が何一つないんだけど(笑)何一つもない。一個もない(笑)というか、3Dにしたお陰で、見づらいです。正直。監督の好みや焼き方もあると思いますけど、3Dにすると、奥行きとか3D映像になりますけど、ハッキリとしたコントラストとかは出づらかったりとか、もっといえば全体にピントが合わないから、見づらいんですよ」

「小雪のツラの曲がり具合とかは、それなりに(笑)『小雪、やっぱりしゃくれてる』みたいな(笑)…そんな3D発達してないよ(笑)なんか分かんないけど、それくらいで。3Dの意味が無い」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光「芥川賞・田中慎弥の会見に見るマスコミの気持ち悪さ」

2012.01.25 (Wed)
2012年01月23日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、芥川賞受賞者・田中慎弥の会見について語っていた。

伊集院光「芥川賞の田中さんのニュースが、スゴイ嫌なの。それは田中さんの方がイヤなんじゃなくて。田中さんの物言いには賛否両論あるみたいですけど、キャラクターとしては、あんな感じで良いんじゃないですかね。でも、あれを特集する時の感じが凄いイヤで」

「まず、小っちゃくイヤなのは、石原都知事が、良純パパが(笑)『芥川賞の選考委員をやってるけど、どの作品も基準に達してない、つまんないな』って言ったことに対して、そのイヤミに対してちょっと皮肉で『気の小さい都知事も困るでしょうから、もらってやったよ』みたいなのを言うじゃない。このキャッチボールは意外に出来てて、それに対して石原都知事は『まぁ、作家なんてのはそのくらいが良いんだよね』みたいに返してて。でも、この真ん中で『都知事!あのメガネの田中ってのが、あんなこと言ってましたよ』みたいに言ってる、あの気持ち悪い感じね」

「あと、報道の特集の中でも、石原都知事は、もっと突っつくなら突っつける発言をいっぱいしてる人じゃないですか。とにかく尖ってる人だから。そんな時に、ダンマリなクセして、田中さんの小競り合いみたいなヤツ、『知事!あんなこと言ってヒドイですよね』みたいな、あの感じ(笑)田中さんにも、『知事にもっと言ったらどうですか!』みたいな空気。あの空気がスゲェ嫌だ」

「あのタイプに、勝手に俺がシンパシーを感じてるっていうのはあるかもしれない。同じ田中(本名)だからかな(笑)そんな緩いヤツ(笑)…勝手にあの捻くれた物言いとかの人に、勝手にシンパシーを感じてるのかもしれないけど、俺、ああいうタイプの人が一番イヤなのが、お母さんのインタビューだと思うんだよね」

「お母さんの電話インタビューして。お母さんも人が良いから、『うちの子は我慢強くて、才能があって』みたいなことを言うじゃん…良かった、俺、芥川賞とるような才能なくて(笑)もう、万が一才能あったら、あんなことになっちゃうわけでしょ(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

爆笑問題・太田光「小説『文明の子』で書きたかったテーマ」

2012.01.23 (Mon)
2012年01月22日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」にて、太田光が小説『文明の子』のテーマについて語っていた。

太田光「『まぼろしの鳥』が書き終わるかなって時に、『文明の子』を書き始めてるんですよ。その時に、ちょうどSMAPの曲の歌詞、『We are SMAP』の歌詞を同時に書いてましてね。『まぼろしの鳥』にもリンクしてると言っていたわけですけど」

「『文明の子』に、二人の少年が出てくるワケなんですけど、その二人がですね、好奇心を燃料にして飛んでいく、という場面がありましてね。実は、この歌詞とすごくオーバーラップしてるというか、リンクしてるんです」

「…昨日の記者会見でも言ったんですけど、この『文明の子』に込めた思いっていうのは、これを書いてる途中に、東北の震災がありまして、それで大幅にそういう話になっていった、というかね。あの直後に、原発のことや、未だにどうなるのか収束しきってないですけど、文明を否定したくなるじゃないですか」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー

たまむすび トーク集

2012.01.23 (Mon)
『たまむすび』は、TBSラジオ系で2012年4月2日から放送されている番組。同時間帯の前番組『小島慶子 キラ☆キラ』(2009年4月 - 2012年3月)を引き継ぎ、月曜日 - 金曜日の帯番組となっている。

TBS RADIO たまむすび



月曜日 - 木曜日は、赤江珠緒がパーソナリティをつとめる『赤江珠緒 たまむすび』、金曜日は小林悠が担当する『小林悠 たまむすび』となっている。番組タイトルは、赤江珠緒の名前「珠(たま)緒」に由来する。

赤江珠緒、小林悠の他のパーソナリティは、日替わりとなっている。月曜日 カンニング竹山、火曜日 山里亮太、水曜日、博多大吉、木曜日 ピエール瀧、金曜日 玉袋筋太郎となっている。

放送月
2013年2014年2015年
2013年08月
2013年09月
2013年10月
2013年11月
2013年12月
2014年01月
2014年02月
2014年03月
2014年04月
2014年05月
2014年06月
2014年07月

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類

オードリー・若林「アメトーーク『本大好き芸人』の感想」

2012.01.22 (Sun)
2012年01月21日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、アメトーークの『本大好き芸人』に出演していたことを明らかにしていた。

若林「水曜日の仕事で、本を5冊読まなきゃならなかったんですよ」

春日「ほう。なんか発表する、みたいなことですか?」

若林「そう。本が好きな人が集まるっていう」

春日「いつぐらいに渡されたんですか?」

若林「それが、1週間くらい前かな」

春日「それは厳しいね」

若林「厳しいのよ」

春日「そうだね。それを読まなきゃいけない、という」

若林「もう、それでもう日曜日、丸1日読まなきゃいけなくて」

春日「5冊も…どんくらい本って読めるもんなの?いわゆる活字の本でしょ?」

若林「活字」

春日「マンガだったら、結構、いけるけど」

若林「う~ん…でもね、1冊かな。俺は読むの遅いから」

春日「普通の文庫?ハードカバーとか?」

若林「ハードカバー。それでね、本大好き芸人っていうのをやったんだけど、俺、本が好きっていうの、恥ずかしいんだよね」

春日「何故に?」

若林「恥ずかしくない?」

春日「そうかい?別に、ぶってる(格好つけてる)感じしないよ」

若林「そう?俺、なんかスゴイ嫌なんだよね」

春日「それは本人が言うことですから」

若林「常々思うんだけど、太宰治とか、芥川龍之介とか、ドストエフスキーとか読むじゃない。言いたくないんだよ(笑)恥ずかしくない?」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

おぎやはぎが語る「面接試験に合格する秘訣」

2012.01.22 (Sun)
2012年01月19日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、面接試験に合格する秘訣について語っていた。

矢作「面接で印象が良い受け答えなんて、実は俺らは得意だよ。俺たちは面接がスゴイ得意なんだから」

小木「まぁね、面接でここまでやってきた、みたいなもんだから」

矢作「ふっふっふ(笑)まずもう、サラリーマン時代なんてのはね。小木は、スゴイ倍率の高い会社、ことごとく受かってるんだよ」

小木「そうなんですよ。全然落ちないんですよ」

矢作「そうなんだよ。高卒で」

小木「全然落ちないんだから。コツはね、面接官を見て、『何を欲しがってるのか』っていうのを、すぐに見抜くんですよ」

矢作「小木はね、欲しがってるのを見てるんだよね。小木は旅行会社にいたんだよ。最近は、海外志向が乏しいなんて言われて、留学者数が毎年減っているらしいじゃない」

小木「そうだよね、今はね」

矢作「俺たちの時代って、海外で働きたいって人が多かったじゃない」

小木「それが夢でしたよ」

矢作「それで、小木が就職情報誌で見つけたんだよね。『ハワイ勤務』っていう旅行会社を」

小木「そう」

矢作「そりゃあもう、倍率がメチャクチャ高いですよ。1人しかとらないんだから」

小木「倍率、百何十倍ですよ」

矢作「だよね」

小木「百何十人受けて、1人ですから」

矢作「どうやって受かったの?教えてやれよ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

有吉弘行「『あの人は今』に出る有名人たちの心境」

2012.01.20 (Fri)
2012年01月18日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」にて、『あの人は今』に出演する、一昔前、世間を騒がせた有名人たちの特集について語っていた。

マツコ・デラックス「多聞に、"伝説のバンド"とか、"伝説の○○"ってつける時、若干、揶揄しているのがあると思うよ。なんて形容したら良いのか、分からない人いない?(笑)」

有吉「『あの人は今』に出てくる、伝説のバンドでしょ?音響が悪い中で歌っちゃう、みたいな」

マツコ「ちょっと、小馬鹿にしてるのよ。『あの人は今』って企画ですって言われて出るの、相当の決心だと思うのよ」

有吉「決心いるね」

夏目三久「有吉さん出られてましたか」

有吉「出てた。『あの人は今』のレギュラーだって言われてたからね(笑)俺、最多ぐらいじゃないかな」

夏目「その決心って、何だったんですか?」

有吉「決心?…金だよね。ホント、仕事なくて」

マツコ「それ以外、無いと思うよ。『あの人は今』って」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  マツコ&有吉の怒り新党

ブラックマヨネーズが語る「漫才の新ネタを作らないワケ」

2012.01.16 (Mon)
2012年01月15日放送の「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」にて、次長課長がゲスト出演していた。そこで、ブラックマヨネーズが漫才の新ネタを作らない理由について語っていた。

次長課長・河本「ビートたけしさんに、『コンビだったら、ずっとネタを作り続けなければいけない』って言われたんですよ。スゴイありがたいお言葉なんですけど」

ブラマヨ・吉田「うん」

次長課長・河本「ブラマヨに訊きたいのが、ブラマヨのネタが最近見てると、同じ感じでネタをやってるんちゃうかな、と」

ブラマヨ・吉田「うん」

次長課長・河本「俺からしたら、毎週同じジャンプ21号をずっと観てるようなもんで」

次長課長・井上「でも、名作やねん」

次長課長・河本「でも、次を知りたいねん。もう、『ポッポッポ、ハトポッポ』はもういいの『ハトポッポ…』」

ブラマヨ・小杉「分かった分かった(笑)もう、言わんでええよ(笑)」

次長課長・河本「万が一、小杉が倒れても、その代役は俺、出来る」

ブラマヨ・吉田「そんな簡単?」

次長課長・河本「うん」

ブラマヨ・吉田「これはもう、次課長に言っても分かってもらえへんと思うけど…2005年に俺ら最大級の賞を貰ってしまったんです!…日本中が大爆笑した4分の使い方、抜群のヤツをね」

次長課長・河本「うん」

ブラマヨ・吉田「今まで誰もが観たことなかった漫才を1本作ってしまった、果たしてあれを越えられるのか?」

ブラマヨ・小杉「やかましいわ!」

ブラマヨ・吉田「自分でもう、十分負担になっているんです」

ブラマヨ・小杉「もう、誰も覚えてないって!」

次長課長・河本「それなら、イチローだって1年で辞めてるよね。最多安打だった時に、辞めてるよね。でも、イチローは自分と闘い続けてるわけよ」

ブラマヨ・吉田「うん」

次長課長・河本「ブラマヨは、世間が認めるブラマヨになったのよ。そこはもう、俺はとっくに認めてるし、M-1獲ったときに、ホンマに普通にガッツポーズしたのよ」

ブラマヨ・吉田「おう」

ブラマヨ・小杉「認めてくれたんや」

ブラマヨ・吉田「でも、俺ら覚えてますよ。東京で仕事呼ばれて、『どうしようか…ドキドキすんな』って言ってる時に、二人(次長課長)が『ついに来たな』って言ってくれて、スベらへんようにしてくれてたのは知ってたのよ」

ブラマヨ・小杉「優しくね」

次長課長・井上「それが今やこの番組があったりして、全て手に入れて…」と井上が話をすると、吉田が『井上は、芸能人といつも付き合っている』といった話にすり変えていった。

このことに関して、次長課長・河本は、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!