本日の注目記事

オードリー・春日「浜崎あゆみの誕生日会に出席」

2011.10.30 (Sun)
2011年10月29日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、オードリー・春日俊彰が浜崎あゆみのバースディ・パーティーに出席した、と語っていた。

春日「ワタクシこの間、誕生日会に呼ばれまして」

若林「誕生日会?」

春日「浜崎あゆみさんの」

若林「えぇ?なんで?」

春日「これもね、ひょんなことから…昨年の今頃、ライブに行ったじゃないですか。そのライブを紹介してくれた人から、メールがありましてね」

若林「うん」

春日「家に居て、いつものごとく野球のオンラインゲームをやってまして」

若林「うん、まだやってるんだ(笑)」

春日「メールが入ってきて。大分ひさしぶりだったんだけど、メール見たら、ライブをやってる、と。ツアーの。その打ち上げ兼お誕生日会があるってことで、『よかったらこない?』って言われたのよ」

若林「うん」

春日「面白そうだな、って。興味あるでしょ。どんなものか。打ち上げ、お誕生日会って」

若林「たしかにね、浜崎あゆみさんのお誕生日会って。ハンパじゃないでしょ」

春日「『軽くやる感じだから』って言われて。それで、六本木行ったのよ。詳しい場所が分からないんだけど。それで連絡したら、六本木ヒルズだっていうのよ」

若林「はぁ」

春日「六本木ヒルズの50何階でやってるっていうんですよ」

若林「うわぁ」

春日「これ、ヤバイんじゃないかって思って」

若林「いわゆる、ヤツだね」

春日「想像してたのと全然違う、と。オシャレな飲み屋でやるのかなって思ってたら、全然違うのよ。軽くスタッフさんとかとやってるのか、と」

若林「まぁ、でも…」

春日「ジーパンといつもの灰色のパーカーを着て、クロックスですよ」

若林「うん」

春日「寒い時期だから、踵がガサガサよ。ひび割れて。そんな状況で行って。時間的に、店とかはやってない時間帯で、どうやって入るのかな?って思ったら、その専用のというか、真っ暗な感じの入り口があって」

若林「へぇ」

春日「そこを行ったらさ、スタッフさんがいるわけですよ。長机に2~3人スーツの人たちがいて」

若林「受付、みたいな人たちが」

春日「そういう人がいて、そこでTシャツもらって。ライブのか、打ち上げのか分からないけど、Tシャツもらって。『これ、みなさんがたにお渡ししてます』って言われて。それを着なきゃ行けないんだ、と思って」

若林「それは着なきゃダメでしょ」

春日「50何階、相当高いところに行って」

若林「へぇ」

春日「着いたら、フロアー全体、そこだけやってるんですよ。打ち上げ会場だけやってて。まぁスゴイの。イベントがそこで行われてるっていう」

若林「イベント?誕生日」

春日「もう、100人以上いて」

若林「コンサートみたいなの?イベントっていっちゃイベントだから」

春日「規模がデカイのよ。規模が」

若林「興奮しちゃってるけど(笑)」

春日「壁全体に、写真が飾ってあるの。予想してるのと違う、と。エライところに着てしまった、と」

若林「うん」

春日「誘ってくれた人は、『来てみない?』くらいの感じだったから、別にね、居るくらいだったら、良いかと」

若林「うん、うん」

春日「飯食ったり、挨拶して帰れば良いか、と。結構、ブルってるけど」

若林「うん」

春日「受付の人が、『こちらへどうぞ』って案内してくれるの。イベントスペースを越えて」

若林「何?何?」

春日「何って思うでしょ。もらったTシャツもちながら、グングン中に入っていって」

若林「そこにいる人たちはどんななの?」

春日「音楽関係者であったり、雑誌の人たちとか。オシャレな感じな、ハイセンスな」

若林「芸能人はいたの?」

春日「まだ分からない。それで、バックステージに行ったの。そしたら、芸人さんたちが結構居て」

若林「芸人さんが?」

春日「他の人たちも、急に呼ばれたって」

若林「同期から上くらい?」

春日「そうね」

若林「お笑いお好きなのね、浜崎あゆみさん」

春日「全員が全員、分からない状態で」

若林「一人だけ、教えてくれない?」

春日「カラテカの入江さん」

若林「あぁ~(笑)分かりました」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

バナナマンが語る「全盛期のとんねるずの凄さ」

2011.10.30 (Sun)
2011年10月28日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、『とんねるずのみなさんのおかげでした。』の石橋貴明 40歳のバースデー企画について語っていた。

設楽「22日がタカさんの誕生日だから、21日の夜からやって、ホントにカウントダウンやってるんだから、撮って出しをやってるんだよね」

日村「すごいよね」

設楽「先週だもんね。あの誕生日会、途中で抜けてるんだよね。ラジオで」

日村「12時過ぎまであそこに居たんだよね」

設楽「本当は、ラジオって俺は夕方6時くらいに入って、ネタとかチェックして、準備して臨んでるんだけど」

日村「ウソつけ(笑)」

設楽「あの日は、30分切ってて。バタバタだったんだけど」

日村「うん。先週は、タカさんの50歳の誕生日ですからね」

設楽「俺らは、もう青春時代に見てて。あのとき、VTRが流れたんだけど、俺らも『あったわ…』って」

日村「そうだよね」

設楽「やっぱ、スゴイよね」

日村「とんでもない。25歳で『みなさんのおかげです』やってるんだね」

設楽「宮沢りえちゃんなんかも出てて。ぶっ飛びーでお馴染みの」

日村「そんなの言わなくて良いでしょ(笑)宮沢りえさんね」

設楽「もう、ビンビンのトップね」

日村「キラッキラの時ね」

設楽「コントを一緒にやるのもスゴイのに、股間に小道具でコンっって当てたり。今だったら、AKBの前田敦子ちゃんと一緒にコントやって、股間に当てる、みたいなもんでしょ」

日村「同じだよね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

バナナマンが語る「アンジャッシュ・児嶋とザキヤマの関係性」

2011.10.30 (Sun)
2011年10月28日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、アメトーークの『児嶋あそび』の回について語っていた(バナナマンが語る「アメトーーク!『児嶋あそび』の回」)。

設楽「リスナーからメール来てまして。『アメトーーク!の"児嶋あそび"の回、観ました。超実力派中堅芸人さんばかり出演していましたね。児嶋の実力の無さをカバーしようとしていたプロデューサーの姿が目に浮かびます。やっぱり、児嶋はハネませんね(笑)』」

日村「はっはっは(笑)」

設楽「この時点で、みんなもうイジってるから。でも、こうなると強いんだよ。イジられる側は」

日村「スゴイよ」

設楽「『それで、観ていて思ったのですが、児嶋に対する残虐性を見せるザキヤマさんを横目に、設楽さんがかなりやりづらそうにしていたのが、ちょっと引いていたと思ったのですが、実際のところ、どうだったんでしょうか?』」

日村「冷静な設楽さんはいたよね。ちょいちょい止めてたじゃん。『ザキヤマ、ちょっとキツくなってるぞ』って(笑)」

設楽「山崎は、対児嶋に対して、えげつないんですよ」

日村「鋭利なんですよ(笑)」

設楽「児嶋に対して、過去の怨念とかあるから。ブン殴られた事件とかあったから」

日村「うん」

設楽「だから、強くなっちゃうよね」

日村「恨みがあるわけだから。俺らは恨みないからね」

設楽「そうなのよ。アイツのは、ちょっと攻撃に潰しが入るから(笑)」

日村「ホントに嫌なことを言ってるんだもん(笑)」

設楽「怖いこと言ってるよね(笑)山崎は面白いし、力あるから、そういうところをエグるっていうのも、もう一歩、進んだ笑いだから」

日村「うん、うん」

設楽「全然、やりづらいとかはないけど、たしかに、ちょっと『コイツ、凄いな』って思った(笑)」

日村「スゴイよね」

設楽「みんな現場でも『ザキヤマ、お前は、愛がねぇよ』って言ってたけど、でも、ああやってホントに愛がなかったら、あそこには出ないからね」

日村「まず、いないからね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

バナナマンが語る「アメトーーク!『児嶋あそび』の回」

2011.10.30 (Sun)
2011年10月28日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、アメトーークの『児嶋あそび』の回について語っていた。

日村「アメトーークの『児嶋あそび』観ましたよ」

設楽「あ、観た?」

日村「面白かった、面白かった」

設楽「面白かった?」

日村「いつも通りのコジ、だからさ(笑)」

設楽「いつも通りだけど、あのとき多分、気合い入っちゃって、いつもよりちょっと頑張っちゃっててさ」

日村「うん、うん」

設楽「編集が上手かったからまだ良かったけど(笑)」

日村「はっはっは(笑)そうなの?それは頑張るよね。児嶋って付いちゃってるんだから」

設楽「観ながらね、思ったんだけど、現場もいるし、普段からのコジを知ってるしさ、なんかさ…」

日村「うん」

設楽「俺、もちろん昔から知り合いだし、仕事も一緒にしててさ、スゲェメチャクチャにコジをイジるんだけどさ、知らない人が見た場合、いじめに見えちゃんじゃないかって心配があったんだよね」

日村「お笑いはそれは付きものだね。ビンタとかも良くないよ、とか」

設楽「でもね、これは俺らの関係でも良く言われることだけど、この関係性っていうのは…日村さんを俺がイジると。たしかに、普通に考えたらイヤなことをやらせたり、無茶苦茶なことを言ってる」

日村「うん、うん」

設楽「でもね、分かって欲しいのは、これで日村さんは年収何千万円ってもらってるワケ」

日村「ちょっ、ちょっと止めようか」

設楽「これをやるなって言ったら、お金も貰えないし、飯食えない」

日村「たしかに、お金貰えなくなるし、飯は食えなくなっちゃうよね。仕事だからね」

設楽「そういうの止めて、シュールなお笑い、クールに決めれば良いじゃんって言ったって、それは出来ない」

日村「そんなワザないからね」

設楽「ね?この関係性で俺らは楽しんでやってるわけ」

日村「やってる、やってる」

設楽「それで、そこを面白くしてやる、っていうのは古典とも言えるパターンじゃん」

日村「古くからのパターンですよ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

伊集院光「横浜モバゲーベイスターズに思うこと」

2011.10.26 (Wed)
2011年10月24日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、横浜の来季からの新球団名が「横浜モバゲー・ベイスターズ」となることについて語っていた。

伊集院光「FAXやメールでともに多いトークテーマというか質問で、『横浜モバゲー・ベイスターズをどう思いますか?』っていうのなんですけど」

「まぁね…横浜ベイスターズ、もともとは大洋漁業ですよね。大洋漁業が、『地域密着型で良いんじゃないの?』ってことで、自分たちの企業名を外して、横浜大洋ホエールズから、横浜ベイスターズにしたんですよね」

「今思えば、あの時の大洋漁業が偉かったんだね。企業としてみれば、自分の商品、自分の知名度を上げるために、みたいな理由がないと、昔のガッハッハオーナーの時代ならいざしらず、なかなかOK出ないだろうから」

「自分たちのブランドイメージを付けるために、モバゲーって付けるのは仕方ないことだと思うんだけどね。でも、今回のことで、そんなことより知名度が上がったのは、巨人・読売のナベツネが、このモバゲーが覚えられなくて、何度インタビューを受けても『モガベーが、モガベーが』って言ってるのがスゲェ面白くって(笑)」

「俺の中では、『モバゲー』ってブランドよりも、『モガベー』ってブランドの方が少し知名度上がってると思うんで、どっかのゲーム会社が『モガベー』って名前でゲームを作ると(笑)もしかしたら、便乗できるんじゃねぇかってね(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る「PS VITAは買いだ」

2011.10.25 (Tue)
2011年10月24日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、12月17日発売予定である『PlayStation VITA(プレイステーション ヴィータ)』について語っていた。

伊集院光「PS VITAってあるじゃないですか。PSPの新しいヤツ。今回、ゲームショーに行けなかったし、その後にCETECっていう色んな電子機器の展示会にも展示されてたけど、CETECの方は中年紳士みたいな人がいっぱいいるから、押しのけて触るのが難しいんです。背広組が『なるほどね、これからこれがビジネスチャンスなんだ』って見方なんですよ」

「ゲームショーでは、『このゲームおもしれぇ』って見方ができるんだけど、CETECは、ビジネスショーだから。CETECは紳士だから。『ウチの社もこれに参入することでどういったビジネス展開ができるのか』ってオジサンの中に、短パンが『ちょっと、触らせて。もうやったよね、やったよね?十分やったよね』って感じにはできなくて、あまり触れなかったんだけど」

「PS VITAを今回(伊集院光が語る「『真かまいたちの夜 11人目の訪問者』の感想」)、初めてみっちり触ったの。あのね、ぱっと見は、俺の手の脂のせいもあるんだけど、あまり高級感があるって感じではないなって思ったの。あと、液晶画面もあんまり『スゲェ』とは思わなかった」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る「『真かまいたちの夜 11人目の訪問者』の感想」

2011.10.25 (Tue)
2011年10月24日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、チュンソフトから12月17日発売の『真かまいたちの夜 11人目の訪問者 (サスペクト)』の感想について語っていた。

「最初に、というか正式に付き合いが始まったのが弟切草で、その次に出たのがかまいたちの夜で、その最新作が今度出るんですよ。その広告活動の中で、『真かまいたちの夜 11人目の訪問者』を予約すると、特典VDみたいなのがついてるんですよ。その中に、僕がプレイした映像が入りますんで、迷った方がいるんなら、それ目当てで早めに予約したらいかがですか、みたいな宣伝材料を撮ることになったんです」

「金曜日にその映像を撮りに行ったんだけど、『今からプレイしますよ』みたいな話から始まって、『あとは2時間くらいみっちりプレイしてくださって、それを全部撮って、編集しますんで』みたいな話になって。ウチの事務所と、チュンソフトサイドで話し合って」

「ウチのマネージャーからすれば、仕事のうちの一つ。2時間終わって、はいおしまいって感じなんですけど、こっちはそうはいかないから。面白くなっちゃってるから(笑)4時間半くらいやったのかな。問題は、このゲーム自体が、推理小説が延々と画面に出て、最終的には僕が『どうしますか? A.遺体を確認する B. ○○ちゃんが心配だから見に行く C.ヌく』みたいなやつ(笑)選択肢を選んでいくことで、犯人が分かったり分からなかったりするんだけどね」

「やればやるほど、その先を知りたくなるじゃん。4時間半くらいのところで、テープがないわけ。まとめるところしか、テープが無いけど、犯人がみつかってないから。俺の中で、こいつとこいつがこうなんじゃないか、とか。こいつがこうなんじゃないか、とか。あのときヌかなきゃよかった、とか(笑)」

「『ヌいた後は何もする気が起きないよね』とか(笑)『あのとき、モヤモヤした状態で全裸の死体とか出たら、推理とか吹っ飛んじゃうから、今、ヌいておくのが一番良い』と思ったんだけど、『もう行きたくない。プールには行きたくない』(笑)とか思ってるからね」

「俺があそこで選んだ結果が、そろそろ出る、とかって時に、収録のテープが終わっちゃったりとか、収録班の人とかも帰りたいよね。2時間で。俺はゲーム好きだし、かまいたちの夜に思い入れがあるかもしれないけど、向こうは仕事だから。ウチのマネージャーも完全に仕事だから、スゲェ帰りたいわけ。ずっと、ロスタイム入った、みたいな感じで時計みてるから」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る「芸能人がCMキャラに選ばれるまで」

2011.10.25 (Tue)
2011年10月24日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、チュンソフトから12月17日発売の『真かまいたちの夜 11人目の訪問者 (サスペクト)』の宣伝素材に出演していたことを明らかにしていた。

伊集院光「チュンソフトって会社があって、元々は全然無名で、始めたばっかりのラジオで『チュンソフトって新しいゲーム会社で、そこの弟切草ってソフトが面白いんだよ』って話をしたら、そこから付き合いが始まって。それで、ゲームのテレビCMとかを打つ会社じゃないから、ちょっとした広告とか、やらしてもらったりして」

「僕、割とゲームのCMとか慎重なんですよ。3億円っていわれたらすぐですけどね(笑)どんなクソゲーでも太鼓を叩きまくりますよ。3億円をいただいたら、なびくなびく。女には強いが金には弱いって言われてる(笑)一番よく居るヤツじゃん、そいつ(笑)でも、犬には弱い。とくに土佐犬ね。ティーカップチワワは可愛い(笑)」

「ゲームCMをやるときに、天狗だよね。『そのゲームを先に見せてくれ』って言うんですよ。『CMやりませんか?』って候補の一人になったりしたときに。俺たちレベルだと『新しい商品が出るにあたって、テレビCMの候補の一人に入ってて、こういう企画書を通そうと思うんですけど、良いですか?』っていうのがよく来るんですよ」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

土田晃之「ボキャブラバブル後に売れた・売れない芸人の違い」

2011.10.23 (Sun)
2011年10月21日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」にて、土田晃之がゲスト出演していた。そこで、ボキャブラ天国ブーム以後、売れた芸人と売れなくなった芸人の違いについて語っていた。

土田「ボキャブラのファンが多くなっちゃって、ファンがネタを聞かなかったじゃない?各ライブ」

日村「ワーキャーで」

土田「それこそ、バナナマン出て来たって、『知らない』みたいになっちゃってたでしょ。酷かったでしょ」

設楽「ジュース飲みながらずっと喋ってるんだもん。一番前の真ん中の子とかが」

土田「そういうのも見てるけど、所詮、ブームだって思ってたから。その前に、ガハハ王国っていうテレ朝の番組があって」

設楽「ガハハ、あったね」

土田「その時に一度、調子に乗らせてもらったの。各ライブでパンパンになって、ファンもいっぱいついてて。スゲェ良い思いしたのに、ガハハ王国の番組終了した3ヶ月後、太田ライブがスカスカになったの」

日村「終わって3ヶ月後で?」

土田「そう。それで、事務所の方から『チケットを手売りしてこい』って言われた時に、『はぁ?』ってなって。何でやらなきゃならないんだよって」

設楽「TGFは?TGFの時、凄かったでしょ」

土田「最初だけよ。最初、クエストホールの旗揚げ公演をやったけど、その後はドンドンこぢんまりしたところになっていって」

日村「あぁ、そう」

土田「最終的には芝浦の小っちゃいところになっていって」

設楽「俺らは、それすらも無くて。近くでは感じてたけどね。もちろん、底抜けエアラインとか、X-GUNとか、先輩でいて、ボキャブラバブルのど真ん中にいて、恩恵も受けてるんだけどね、飯を食いに連れて行ってもらえたりとか」

日村「そう」

設楽「でも、ドンドンとライブの雰囲気が変わっていったでしょ。ウチワを持ってくる人はいたりとか、ペンライト持って来たりとか。俺らは、『あれあれあれ…』って感じね。なんだコレって感じたのは覚えてる」

日村「うん」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン

雨上がり決死隊・宮迫「クソメンを脱するための方法」

2011.10.22 (Sat)
2011年10月20日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、雨上がり決死隊・宮迫博之、蛍原徹がゲスト出演していた。そこで、クソメン(モテない、イケてない男子)の脱却方法について語っていた。

矢作「宮迫さんに、リスナーから質問です」

宮迫「なに?」

矢作「『宮迫さんは、今でこそオシャレ、とか格好いいとかバカ女どもに言われてますが』(笑)」

宮迫「やめなさい(笑)誰がバカ女や」

蛍原「バカ女は言うよねぇ」

宮迫「良い子らやわ」

矢作「『元々は、超ダサくて、モテなくて、クソメンだったと、そこにいるおぎやはぎさんから聞きました。一体、どうやってクソメンを脱出したのですか?僕らクソリスナーに、クソメン脱却の方法を教えてください』…これ、ホントに聞きたいと思いますよ」

蛍原「なるほどね」

矢作「ウチのラジオは、クソリスナーたちばっかりが聴いてるんですよ」

小木「ホントね」

蛍原「そんなことないやろ(笑)」

矢作「クソメン、みんな脱却したいんですって」

宮迫「そうか。俺らの時もそうだったやんか。俺らの作家の子が、スニーカーでダンロップかなんか履いてて」

蛍原「作家の子ね。サダキチね」

宮迫「サダキチって、ヘヴィーリスナーがいて、ハガキ職人の子で。イベントで、どの子がサダキチか最初は分からなかったけど、ダンロップってスニーカーを履いてて、『お前、サダキチやろ?』って分かって。ダンロップを履くセンスって。良い靴だとは思うけど、若者でダンロップの靴を履いてる子、初めてやったから」

矢作「普通はね。なかなか私服で履かないですけど。…どうやってクソメン脱却したんですか?」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき