本日の注目記事

おぎやはぎ・小木「JAL株で大損していた」

2010.12.31 (Fri)
2010年12月30日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、今年の出来事について振り返っていた。その中で、おぎやはぎ・小木がJAL株を保有していて大損した、と語られていた。

矢作「1月…あれだねJAL」

小木「そうか…俺ね、株をやってたんだよ。JALの株。やっちゃったんだ。思いだした」

矢作「お前、JALの株買ってたの?内緒でやってたんだろ」

小木「言ってなかったっけ?JALのこと」

矢作「言ってないよ。金属系の株をやってるってことしか言ってなかったよ」

小木「金属系もやってるよ、もちろん。金属系をやりつつJALもやってて、昨年の年末に買って。それで1月…」

矢作「お前、もう疫病神じゃん」

小木「12月30日に最終日で、そこでJALに結構な金を入れたの」

矢作「うん」

小木「それで、JALだから絶対に潰れるわけがないって思ってたのよ。JAL神話っていうか、国が面倒を見るというか、自民党が今まで面倒をみてきて」

矢作「半分、国のもんって感じがするよね」

小木「だけど、周りの人間が『倒産だ、危ない』って言ってて、そんなワケがないだろうって。だけど、値段がどんどん下がってて、『バカじゃねえの?』って思ってたんですよ」

矢作「うん」

小木「それで、すげぇ値段が下がったから買ったんですよ。『バカじゃねぇの?年が明けたらそこから値段、どんどん上がってくのに』って思ってて」

矢作「うん」

小木「それで、1月5日くらいかな。前原大臣が『政府で援助する』とかってことを言ってて、ちょうどその時に俺はハワイに行ってたんですよ。新聞で読んで知って『うわぁ!ラッキー』って思ったの。それで、次の日に値も上がったんですよ」

矢作「うん」

小木「元値の1.5倍くらいになって。それでチャンスだって思ったんですよ。だけど、ハワイに行ってたから取引できないんです。パソコン持ってないから」

矢作「うんうん」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

ナイナイ・岡村「出川哲朗に暴露された女関係の秘密」

2010.12.31 (Fri)
2010年12月30日放送の「ナイナイのANN」にて、出川哲朗がゲスト出演していた。そこで、ナインティナイン・岡村隆史の秘密が、出川哲朗によって暴露されてしまっていた。

岡村「どっちが恥ずかしい?嫁がいるのにベースケさせてもらえない、TENGA入らないって言ってるアンタ(出川)と、嫁いてないけどTENGA使ってます、AV借りてますって俺。どっちが情けない?お前やんけ!」

出川「いやいやいや。お前の方が…お前なんて、Hなお店でお姉ちゃんに電話番号訊いて断られてんじゃねぇかよ!ソッチの方がよっぽど恥ずかしいだろ」

矢部「はっはっは(笑)初耳です。ちょっと、くわしく教えて」

岡村「お前がそんなこと言うのならな…俺はずっと伏せてきたけど、あのときお前と一緒に行っとんのやからな」

出川「いや、違う違う。俺は聞いたのよ。俺の友達の芸人に。誰だっけかな…有野だったかな?有野は結婚してるからダメだ」

矢部「ホンマに行った人を言ってよ。誰よ、友達の芸人って」

出川「友達の芸人から聞いた話だけどね。五反田のお店に行ったとき、スゴイ可愛らしい子だったんだって。それで、その子の方が『アタシ、岡村さんの大ファンなんですよ~』って言ってきて、スゴイサービスしてくれたんだって。サービス前に岡村隆史に跨って、セクシーダンスしてくれたんだって」

矢部「そんなことまで、するんですか?」

出川「岡村隆史のことが好きだから」

岡村「ビックリしたのよ。有線の曲を掛けて踊ったのよ」

矢部「どうなのよ、それ?(笑)」

岡村「そりゃビックリしたよ。ぶったまげたよ」

矢部「必要ないでしょ?客からしたら」

岡村「必要ないよ。だけど、そんなこと日常ではないから。非日常や。それに『えぇな』って思ったのよ」

矢部「えぇなって思ったんかい」

岡村「それで、『連絡先、教えてくれへんかな?』って訊いたら、『ダメです』って言われて」

矢部「プロやん。プロやんか」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

ナイナイ・岡村「M-1審査員席にいた雨上がり・宮迫」

2010.12.31 (Fri)
2010年12月30日放送の「ナイナイのANN」にて、2010年度M-1について語られていた。そこで、審査員として抜擢された雨上がり決死隊・宮迫博之について語られていた。

岡村「M-1といえば、宮迫さんも審査員やるってことで」

矢部「そうですね。やってはりましたね。大竹さんと一緒に」

岡村「めっちゃ緊張しはって」

矢部「あれは緊張しますよ」

岡村「M-1開催されるちょっと前に、宮迫さんに会ったんですよ」

矢部「うん」

岡村「『どうします?紳助さんとか松本さんとかと全然違う点数付けてたら』って言ったら、『えぇ~…』って言ってた」

矢部「ははは(笑)うん、うん」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

ナイナイ・岡村「M-1終了後に思うこと」

2010.12.31 (Fri)
2010年12月30日放送の「ナイナイのANN」にて、2010年度でM-1が終了したことについて語られていた。

岡村「M-1も笑い飯が優勝して、思ってたとおり、綺麗に終わりましたけど」

矢部「収まりよかったね」

岡村「収まりよかったですね。ケータイのワンセグで観てたんですけど、途中で充電切れて観れなくなってしまったんですけどね。出川さんとか東野さんとご飯食べながら観てたんですけども。だから、どんな感じになっていったのか、お笑い芸人でありながらまだ分かってないんですけど」

矢部「空気としては、スリムクラブになってたようにも思いますけどね」

岡村「うん。そうですね。これで、M-1終わるでしょ。そうなると、紳助さんはまた違う形でやらないかん、みたいなことを言ってるじゃないですか」

矢部「うん」

岡村「怖いですよ。今までは10年まで、コンビ結成10年までってのがあったじゃないですか。それが全部取り払われて…」

矢部「怖いですね。ぞっとしますよ」

岡村「漫才で勝負しようやってことになったら…」

矢部「止めよう、って言いますよ」

岡村「僕も言いますよ。でもみんなが、たとえば雨上がり決死隊が出る、とかになったら。先輩方が次々に出るってことになったら…」

矢部「先輩方がね」

岡村「それで『なんで、ナイナイ出ぇへんの?』みたいになったら、世間の風当たりが強くなって、『あいつら逃げてる』みたいな風潮になったら、怖いですよコレ」

矢部「怖いね」

岡村「でも、十分に考えられるもん」

矢部「コンテストやもんな」

岡村「俺らもABC新人漫才コンクールとか獲ってるからな」

矢部「獲ってるけど、またそれでハードル上がって…イヤやな」

岡村「だから、俺は何回も言っているけど、5年くらいかかるで。コンテストに出る、とか」

矢部「はははは(笑)」

岡村「ブランクあるから、ちゃんとネタをやる、2本やるってことになったら、ネタを作らなダメだから」

矢部「ええ」

岡村「でも、2本作ったところで完璧やないから、2本以上作らなければダメだから。倍以上、6本以上作らなければ。それで、ルミネとかに立って、感覚を取り戻さないと。だって、言える?『君、何言うてんねん』とか」

矢部「『君』とか言うてなかったけどね」

岡村「言うてへんかったけどな」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

アンタッチャブル・山崎「ブサイク芸人での位置づけ」

2010.12.31 (Fri)
2010年12月29日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、アンタッチャブル・山崎弘也がゲスト出演していた。そこで、ブサイク芸人での自分の位置づけについて語られていた。

山崎「つくづく思ってるのよ。山ちゃんにクレームというかね。俺は山ちゃん好きだし、お互いにモテないじゃん。モテないってのは分かってるのよ」

山里「はい」

山崎「それで、まだオンエアされてないけど、某番組でですよ。山ちゃん、岩尾さん、アンガ・田中さん、日村さん、それで僕っていう5人の括りがあるワケね。いわゆるモテない、ブサイクグループで。だけど、俺の中では俺だけちょっと違う感じがするのよ」

山里「何でですか?」

山崎「周りはもう、モテなさ加減から言ったら、現役メジャーリーガーみたいな感じじゃない。それを言うと、山ちゃんは『変わりませんよ』っていうんだけど、俺の中ではレベルが違う感じがするんだよ」

山里「山崎さんは、正直、160 Km/hrの球を投げてます」

山崎「いやいやいや(笑)俺、不安だったの。不安だから、マネージャーに『俺だけちょっとオカシイよね?』って訊いたの」

山里「このグループにいるのって?」

山崎「そうそうそう。だから、全体的なカテゴリーの中では同じだけど、その中では違うと。戦隊ヒーロー物で、俺はちょっと浮いてないかい?ってことなんですよ」

山里「いや、赤レンジャーですよ」

山崎「ウソ、真ん中?」

山里「僕らをグイグイ引っ張って行ってくれてますよ。日村さんは黄レンジャーで」

山崎「その中でも黄レンジャーなの?…ちょっと、山ちゃんには考え直して欲しい。俺はモテるとは言わないけど、その括りは周りが強すぎる」

山里「いや、そんなことないですよ。グイグイ前に出てたじゃないですか」

山崎「それは、別にやりやすい仲だし、楽しいのは楽しいのよ。だけど、ちょっとなんか違うなって感じがするのよ。それは、もうスタイリストの子にも訊いたんだから」

山里「はははっ(笑)」

山崎「俺は、色々なところに訊いたの。自分の客観性が合ってるかどうかを確かめたくて。そうしたら、『山崎さんは、たしかにちょっと違いますよね』っていう結果になったの」

山里「いやいやいや。全然…」

山崎「同じ仲間だし、同じモテないグループには入ってるけど、四天王であって、5人衆じゃないのよ」

山里「いやいやいや。5人ですよ」

山崎「ホント、リスナーに訊きたいよ。それは違うって思うんだよね。たしかに、そこにタッキーがはいってくれば全然違うけど。タッキーじゃなくてザッキーだけどね。ザッキー&翼の」

山里「翼はどこから来たんですか?」

山崎「いや、だから自分は違うんじゃないかなって思ったのよ。それを言うと、スゴくせせら笑った感じで『山崎さん…』って感じになるけど。『(バラエティ的に)揉めさせて…』って思うかもしれないけど、本当に揉めさせようとして言っているんじゃないから」

山里「え?」

山崎「本当に違うって思ってるのよ」

山里「山崎さん、今、ユニークなこと言ってるんですよね」

山崎「いやいやいや。芸人さんが変なことを言い出した、じゃないんですよコレ。山ちゃん、それを本当に分かって欲しい」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

爆笑問題・田中「とんねるずが家に来た感想」

2010.12.29 (Wed)
2010年12月28日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の企画で、とんねるずの二人が田中裕二の自宅に来た感想について語られていた。

田中「『とんねるずのみなさんのおかげでした』もスペシャルで」

太田「あれは、結構周りからも反響がありますね。凄かったですもんね。ビックリしましたか?」

田中「凄かった…ビックリしましたよ」

太田「僕は知ってたんでね」

田中「だから、ホントに間抜けですよね。俺だけホントに知らなくて」

太田「サプライズですよね」

田中「でも、良いサプライズですよ。なっち(安倍なつみ)にしても、武豊さんにしても。ウチに来るとは思わないじゃない。ビックリだよ。だって、武豊騎手は、その日に阪神競馬場でG1に乗ってるんですよ。それで夜、俺のウチって」

太田「凄いですよ」

田中「阪神競馬場から阿佐ヶ谷って」

太田「あの日、武さんの馬券を買ってたんですけどね。出遅れてしまって。カンベンして下さいって感じだったけどね。だけど、優勝していたら来れなかったかもしれないって本人も言ってたから」

田中「祝賀会とか取材もあるだろうし…なっちまでウチに来ちゃうし。ビックリだよ」

太田「嬉しかった?」

田中「そりゃ嬉しいよ。でも、どうして良いか分からないじゃないですか」

太田「最近出した写真集(夏・美)持ってきてくれたんだよね。そうとうギリギリヌードみたいな」

田中「いやいや、水着とかはありましたけど」

太田「ヌいた?さっそく」

田中「…太田さん、そういうの止めて。保存版ですから」

太田「ヌく用と保存用と?」

田中「そんなことしませんよ。…それで、とんねるずさんも歌ってくれたわけですよ」

太田「凄かったですね」

田中「だけど、あのバズーカ。テレビ観た人はゲラゲラ笑っただけだと思いますけど、俺は笑えなかった」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

伊集院光が語る「DSゲーム・二ノ国の感想」

2010.12.29 (Wed)
2010年12月27日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、NintendoDSのゲームソフト・『二ノ国 漆黒の魔導士』の感想について語っていた。

「年末それなりに、というくらい忙しいんですよ。雑誌の掲載文に関しては、お正月の分を前倒しで書く、みたいになってるんです。でも、僕はいつも締め切りを遅らせてばかりいるから、今がいつの分を書いているのかよく分かってないので、それほど問題は無いんです」

「いつ掲載されるのを理解して書いてないから、『今、お正月かな?違うかな…実際は何月何日なんですけどね』って元も子もないことを迷ったときは書いちゃえば良いなって思ってるんですけど。だけど、今回に関しては、ちょっと痛いなって思ったことがあって」

「ファミ通の連載も、結構前倒しで書くんですよ。特に、暮れのクリスマスシーズンとかは誌面厚くなったりしますから、より一枚一枚、ホチキスを留めているオジサンとかが労力割と掛かるようで、『早めに原稿下さい』みたいに言われるんです」

「それで早めに書くんですけど、いつ掲載分のを書くのか分かんなくなっちゃったから、『いっぱい書く分には良いだろう』ってことで、12月半ばにお正月の分が出ていると思うんです。それで、困ったことが起きて」

「多分、お正月の1号目か2号目に『二ノ国』について書いたんですけどね。スタジオジブリがレベルファイブと手を組んだっていう、あのゲームを始めたんですけど、結構、面白いアプローチで、DSのゲームの他に、ゲームの中に魔法の書みたいのが出てくるんですけど、それが実物で付いていて、魔法の書に描いてあるように杖を振ると魔法が使える、みたいになるわけ。それをタッチペンで描くんです」

「画期的なシステムで、たとえば二重丸に縦に1本線を描いて、あとは放射状に線を引いて、お母さんに『馬鹿者が!このエロス!』って言われるね。お母さんに慌ててDSを隠される魔法っていって、そういうのが色々描いてあるんです」

「なんかちょっと面白いな、みたいに思ってたんです。そういうアプローチね。昨今、DSのゲームとかを違法コピーとかしちゃってるのが絶えません、と。そういうことで、コピーされないようにするにはどうしたらいいか、っていうことに関する対策だと思うんです」

「全ページを全部コピーするわけにいかない、それをするくらいだったら買った方が良いだろうっていうことだと思うんだけどね。意外に、本が付いているから値段が上がるってわけでもなくて、その辺は良心的だなって思ってやり始めたんです。面白いってことを2週に渡って書いたんですけど、それからプレイ時間が20時間くらいになってきたところで、その本がウザイんですよ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

ナイナイ・岡村が語る「濱口優の秘密」

2010.12.24 (Fri)
2010年12月23日放送の「ナイナイのANN」にて、大桃美代子が、Twitterに「前夫・APF通信社の山路徹代表と、麻木久仁子が不倫していた」と書き込みをしたことによる一連の報道について語られていた。そこからさらに、濱口優について語られていた。

岡村「山路さん、言うてるのかね。お父さんって呼んでるのか分からんですけどね。もう、分からん。誰がモテるのかもう、分からんわ。ホンマに」

矢部「会ってみないと分からないですからね」

岡村「マメであったりとか、女性に優しい、とかね。そういうことがないとね」

矢部「濱口さんにも言えることですよね。なんでモテるのかって」

岡村「アイツ、チンチン、デカイから」

矢部「お前もデカイけどな。そうじゃないでしょ」

岡村「俺もデカイけどな」

矢部「入り口そこからじゃないでしょ」

岡村「アイツ、普通に女子の溜まり場とかにも座ってられるのよ。なんか、ナチュラルやねん。シャッターを下ろしていても、アイツには開けてしまうんやね。危険やないって思われて。けど、それでかなりの芸能人と付き合っておるからな。ビックリすんで。言われへんけど」

矢部「過去にも凄い報道されてましたからね」

岡村「『獲ったどー』言うて。ホンマに獲っとるからな」

矢部「やっぱり、めっちゃ集中してるんちゃう?めっちゃ頑張ってるんちゃう?」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

ナイナイ・岡村が語る「麻木久仁子の不倫騒動」

2010.12.24 (Fri)
2010年12月23日放送の「ナイナイのANN」にて、大桃美代子が、Twitterに「前夫・APF通信社の山路徹代表と、麻木久仁子が不倫していた」と書き込みをしたことによる一連の報道について語られていた。

岡村「凄いことになってますね、麻木久仁子さんと大桃美代子さんのヤツ」

矢部「不倫した、してないのね」

岡村「みんな麻木さんとかに注目が行っているからアレですけど、山路さんって人は、どんだけモテるんでしょうか。大桃美代子と、麻木さんを抱いているってことになってるワケじゃないですか」

矢部「まぁね」

岡村「小っちゃい写真しか載ってないですけど、見たら、そんなに男前じゃないじゃないですか。なんでこんな2人とね、ベースケできるのか。その方がビックリしてるんですよ」

矢部「何かしら、魅力がおありなんでしょう」

岡村「なんかあるんでしょうかね。しかも、何ですか?麻木さんがマンションの家賃や車も全部出してるって…完全に、ヒモじゃないですか。なんなの、山路さんって」

矢部「それは分からないですね(笑)お会いしたこともないですからね」

岡村「これから先も、お会いすることは無いでしょうけどもね。なんでそこまでしてあげたくなるのかってね。こんなところにも平成の火野正平がおったとはね。ビックリしますけどね」

矢部「面倒みたくなるわ~って男性はいるらしいですけどね」

岡村「お綺麗ですよ、麻木さんも大桃さんも」

矢部「何とかしてあげたいって思うんでしょうね」

岡村「ある意味、ここから山路さんも戦場になるわけですよ。色々、記者を派遣してるって言いますけど、こっからは自分が戦場に入っていくわけですからね…なんとか上手いこと言おうと、着地を探してたんですけどね、難しいですね」

矢部「難しいですね(笑)」

岡村「…それでも、エライ時代になりましたな。Twitterでですよ。色んな人が見られるようになっているワケですよ、つぶやきをね。たとえば、雑誌でポロっというとか、記者会見で言う、とかではなくてTwitterでドーンと出てしまうというね、怖いですよこれ」

矢部「自由やもんな。つぶやきやからな」

岡村「今度からもっと凄いパパラッチのされかたをしますよ。リアルタイムで誰かと誰かが飲んでいる、とかね。もっとパパラッチ記者たちは動かなくなりますよ」

矢部「楽ですよね」

岡村「『情報お願いします』って言っておいて、情報が来たら写真を撮りに行くだけですからね。凄い楽な状態になるわけですよね。そうでなくても、テレビに出ている芸能レポーターも、ネットで調べたことを言っているだけですからね。自分で調べたことを言っているわけじゃないですからね」

矢部「うん」

岡村「楽な世の中になりましたよ」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

爆笑問題・太田「水嶋ヒロ・KAGEROUの感想」

2010.12.23 (Thu)
2010年12月21日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、水嶋ヒロの処女小説『KAGEROU』について語られていた。

田中「水嶋ヒロくんには、一度メールを送ったんですよ。『小説、読んだよ。太田も最高だったって伝えてくれって言ってたよ。詳しい感想は、ラジオで言うみたいだから』って書いて、俺の感想も送ってね」

太田「うん、うん」

田中「そうしたら返事来て、『本当にありがとうございます。発売日前後にプレッシャーで体調を軽く崩してしまいました。でも、そう言っていただけると、本当に勇気でます。太田さんにもくれぐれもよろしくお伝え下さい』って書かれてて」

太田「『KAGEROU』面白いですよ。何て言うのかな、明るいんですよね。明るく、楽しく、優しい男だってのが本当によく分かりますね」

田中「優しいよね」

太田「うん、本当に良い奴だなって。今、水嶋くんはどうしているのかな?結構、バッシングとかされてて。雑誌やらAmazonのレビューやなんかを見てると、クソみたいな連中が批判しているけどね。本当にそういう奴らは、書評だなんだって言いますけど、はっきり言って書評のレベルじゃないんです」

田中「うん」

太田「単なる嫌がらせ、ジェラシーね。本当に、引きずり下ろしてやろうっていう、イジメです。そんなのが多いからね、彼は純粋で優しい子だから、スゴく傷ついているんじゃないかって思ってるんだけどね」

田中「そうだね。だけど、恐らくある程度は予測しているというか…」

太田「俺も、批判がここまで酷いかって思ってね。言ってみれば、他人の作ったものを、どんなものでも、『作りました』ってものを目の前でバーンって下に落として、踏みつけるようなことをやってるんですよ」

田中「ああ、はいはい」

太田「そんなことをやるヤツが、小説を読んで感動できるワケがないんですよ。そんな感受性も無いようなヤツが言っていることだから、全く気にすることはないんですよ。タレント本だなんだっていいますけど、日本文学でもなんでも、文学なんてものはみんなタレント本って側面があるでしょ」

田中「ほうほう」

太田「太宰治にしろ、島崎藤村にしろ、ドストエフスキーにしろ、ゴゴリにしろ、トルストイにしろ、ヘミングウェイにしろ、松本清張にしろ…」

田中「もういいよ!大体分かったよ。全部ってことね」

太田「全部、タレント本でしょ。その人の生き方が反映するものだし、物語はその人の人生を見るものでしょ。そういった意味では、全てタレント本って側面があるでしょ」

田中「うん」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ