本日の注目記事

雨上がり決死隊・宮迫が分析「ベテラン芸人がスベらない秘密」

2009.07.31 (Fri)
雨上がり文庫 (小学館文庫)2009年07月29日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、宮迫が「ベテラン芸人の(笑いの)打率が高いこと」について語っていた。話の発端は、スベった蛍原がそれを誤魔化そうとしたことだった。

「ベテラン芸人って、スベらないってイメージがある。でも、実際はスベってるんだよ。それを誤魔化すのが上手いだけなんだよ」

「(芸歴が増えるたびに)誤魔化すのが上手くなっていく。スベらないわけではないんだよ。よく見ていると、スベっている。でも、あたかも『スベってませんよ』という顔をしている。スベっていても、『今、この場面で笑わそうとは思ってませんよ、笑いが欲しいわけじゃないんですよ、っていう顔をする』」と宮迫は話していた。

さらに、その誤魔化し方について、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!

雨上がり決死隊・宮迫の妹(35)は、ヴァージン?

2009.07.31 (Fri)
クイック・ジャパン79 (Vol.79)2009年07月29日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、雨上がり決死隊・宮迫の妹について語られていた。話の発端は、宮迫の夏休みの過ごし方についてだった。

蛍原は「アメリカに行ってみようかと思う」と話していた一方で、宮迫は「実家に一人で帰る」と話していた。それに関連して、「それに構成作家の"さだ"が一緒にくるんですよ。歌スタ!!の構成作家とかやっている…でも、その仕事もなくなりそうなんで、僕の個人会社の社員になりそうな」と話していた。

「妹が実家にいるんだけど、その妹のことを構成作家の"さだ"が『僕と妹さんが結婚したら、どうですか?』と訊いてきた」

「ウチの妹は、35歳。独身です。処女なんですよ。ゴリゴリの処女なんですよ」と話していた。「さだは、狸の置物みたいな感じの化け物です。そいつが、妹と結婚する可能性があるわけですよ」

突然、降ってわいたような結婚話は、以下のような流れになったようだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!

アメトーーク!で、同期「NSC8期生芸人」をやらないワケ

2009.07.31 (Fri)
クイック・ジャパン79 (Vol.79)2009年07月29日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、雨上がり決死隊と同期である「NSC8期生芸人」が行われない理由について話されていた。

話の発端は、明石家さんまがアメトーーク!に出演したこと。これに関連して、「そういえば、ナイナイなどの吉本印天然素材のメンバーを集めてゲストに招いていない」ということを宮迫が話していた。

「天然素材のメンバーとか、NSC8期生(千原兄弟、FUJIWARA、バッファロー吾郎など)が集まったところで、実は話すことがないんだよな。仲良すぎて、知りすぎている。だから、(トーク内容も)当たり前になってしまっていて、話すことがないんだよ」と宮迫は話していた。

さらに、「NSC8期生芸人」「吉本印天然素材メンバー芸人」では番組が成立しないことについて以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!

明石家さんま アメトーーク!に出演する

2009.07.31 (Fri)
アメトーークDVD62009年07月29日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、明石家さんまがアメトーーク!に出演していた、と話していた。話の発端は、リスナーからのメールだった。メールは、「Yahoo!ニュースで、明石家さんまさんがアメトーーク!に出演していた、とありました。どんな感じでしたか?」といった内容であった。

「収録は先週でした。明石家電視台に出させていただいているし、ゴルフも行ったりする。だから、よく会っている。でも、ありえない場所にいた。テレビ朝日にはあまり出ていらっしゃらないし」

「スタジオに、大きなボックスが置かれていた。だから、『誰か入っているのか?オヤジか、オカンか…それとも、ナイナイか?山崎邦正さんか?』といろいろなことを考えた」と宮迫は話していた。

「さんまさんは、14年間くらいテレビ朝日に出ていらっしゃらなかった。その理由も軽く聞いていたし…だから、さんまさんが入っているとは、思いもよらなかった。ボックスを開けて、さんまさんの後頭部が見えた瞬間、腰が抜けた。まったく立てなかった」とそのときの衝撃について語っていた。

その後のトークなどについては、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!

雨上がり決死隊 「自分たちの知名度の低さに驚愕」

2009.07.30 (Thu)
ホトちゃんのとっておき北海道~雨上がり決死隊・蛍原徹のええ店よりすぐり87店~2009年07月29日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、自分たちの知名度の低さに驚いた、ということを話していた。まず、蛍原は「外ロケに行ったんですけど、そこで感じること。どうやら、蛍原という名前を、覚えてもらえていない」と話していた。

「宮迫さんは、ギャグで『宮迫です!』みたいなのがあるでしょ。俺はないからね。以前、外ロケに行ったときのこと。オバちゃんとかに写真や握手を頼まれて応じていたら、帰りしなに『ブツブツの方がいいわね』と言われた。どうやら、ブラックマヨネーズの小杉と間違われたようだ」

「まるっきり、真逆の髪型をしているのに。全然違うのに…今回は、60歳くらいのオバちゃんがやってきて、体を触れられた。それで、『いやぁ、こんなところで会えるなんて、嬉しいわぁ~』と言われた。どうやら、ファンの方のようだと思った」

「でも、次の瞬間、『どうしてこんなところに居るの?(X JAPANの)TOSHIさん』と言われた。どうやら、TOSHIさんと間違われたようだ。たぶん、髪を下ろしているTOSHIさんとは、少し似ているようだ」と話していた。

宮迫も、以下のようなことがあった、と話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!

爆笑問題 「稲川淳二の怪談に、笑いを堪えていた」

2009.07.29 (Wed)
稲川淳二の実体験怪談異演『ホントに恐いから聞かないで』2009年07月28日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、稲川淳二の怪談話をサンデージャポンで聴いた爆笑問題の太田光・田中裕二が、実は二人とも笑いを堪えていた、と話していた。

まず、太田は稲川淳二の怪談について「本当に上達した。名人芸だよね」と評していた。「落語だよね、完全に。長年やってるから、もう落語家並に上手くなってるんだよ。間の取り方とか、名人の域に達している」

「でもね、もう上手いとは思うんだけど、怖くはない。中身はよく覚えてないんだよね。ありきたりの話(怪談)だし」と太田は話していた。

このことに関して、田中は「この前、稲川さんの怪談を聴いているとき、本当に笑いそうになったことがあってさ」と以下のように話し始めた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

伊集院光 「ファミ通よ、大作ゲームのレビューは止めたら?」

2009.07.28 (Tue)
ドラゴンクエストIX 星空の守り人2009年07月27日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、ファミ通のレビューについて語られていた。話の発端は、7月11日に発売されたドラゴンクエストIX 星空の守り人を、若手芸人3人とプレイしたときのことだった。

「モンハン(モンスターハンター)を、ファミレスでやっている高校生とかをみかけると、少し青春のニオイを感じる。でも、ドリンクバーだけで何時間も粘られたりすると、それはお店も迷惑な話で、最近はそうしたゲームでの長居を禁止するところもある。かといって、俺の家で顔をつきあわせてゲームをやるのも何だな、と思った」

「それで、電車で旅行しながら、若手芸人3人とドラクエ9をやればいいんじゃないか、と思った」と伊集院は話した。

だが、いざ4人同時プレイをやると「その若手芸人3人と俺で、一緒に4人で同時プレイしたんだけど、ゲームの進行上、1人のゲームデータだけが進む。ほかの3人のデータは、レベルとかは引き継がれるんだけど、また同じイベントをやらされる。だから、ゲームを勧める上では、4人当時プレイは必要なくなっちゃうんだよな」と、そのシステム上の問題点について語っていた。

「あれはクリアした後に、同時プレイするのが良いんだろうね。でも、ストーリーを進行させていくのには向かない。だから、ゲームを4人で始めたんだけど、みんなバラバラに1人ずつでやることになった。黙々とみんな、DSをやっていた」と伊集院は話していた。

そこで、そうした点も含めて伊集院は、ドラクエ9について以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

加藤浩次 「作家・桜庭一樹と、遠くて近い不思議な関係」

2009.07.25 (Sat)
ファミリーポートレイト2009年07月24日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、加藤と直木賞作家である桜庭一樹との、遠くて近い奇妙な関係について話していた。話の発端は、加藤が初めてテレビに出演したときのこと。その番組は「ビレッジ吉本」というものだった。

「ビレッジ吉本は、ネタ番組。若手が出て、ネタを披露する。チームゼロ、友野英俊なんかが出演していた。友野は最近結婚したよな、直木賞作家の桜庭一樹さんと」と話していた。

「そういえば、友野が最近、俺のところに来たんだよ。スッキリ!!終わりの日テレに、『友野でございます~』といってやってきた。同期みたいなものだから、急に楽屋にやってきた。『友野どうしたんだよ?』っていったら、『いやぁ、最近、結婚しまして』と話し始めた」

「『そうか、おめでとう。相手は誰?一般の人?』と訊いた。そうしたら、『実は、桜庭一樹って知ってます?』って言い出したんだよ。もう、ビックリしちゃって。俺、好きなんだよ、桜庭一樹。ほとんど読んでるんだよ。『赤朽葉家の伝説』とか、『私の男』とか」と話していた。

そこから、思わず首を捻りたくなるような話が、以下のようにあったのだという。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

加藤浩次 「ファーストキスの苦い思い出」

2009.07.25 (Sat)
極楽とんぼのテレビ不適合者 下巻~あまりにも過激すぎて放送中止になったドキュメント編~ [DVD]2009年07月24日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、加藤がファーストキスを体験したときのことを話していた。話の発端は、テリー伊藤が「日蝕はその存在を知らなければ、『なんだコレ』と、ものすごく楽しめたんじゃないだろうか」と話していた。

それに関連して、今まで知らなかったことを体験した感動について話していた。「初めてキスしたときの、あの時の震え方はなかったよな。俺は、盆と正月が一緒に来たタイプだから。キスとほぼ同時に、Bまでいった」と話していた。

「キスをして、2ヶ月後にBをして…みたいなステップを踏むべきじゃないか。でも、俺はキスとBが一緒に来た。中学生の時だよ。一気ですよ」

「不良のヤンキーの女に呼ばれてさ。友達の藤堂の家に行って。そこで、『加藤、アンタ付き合ってよ』と言われた。そのとき、俺は好きだった別の同級生がいたんだよ。でも、まるっきり相手にされていなかった」

「でも、15歳くらいの時って、自分の感情や欲望、『女性の体に触れたい』って欲望に勝てないんだよ。腹ぺこの俺の前に、饅頭が一個、置かれているような状況よ」と話していた。

「その女の子は、別に好きじゃなかった。ちゃんと、好きな女が他にいた…だけど、『付き合って』って言われて、『分かった』って言ってしまった。そうしたらその女は、『じゃあ、私たち付き合ったんだね』と言ってきた」と話していた。

そのまま、加藤たちはキス、そしてBまで以下のように到達したそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

ナイナイ岡村 「はるな愛のビキニ姿にトキめく」

2009.07.24 (Fri)
はるな愛 I・U・YO・NE~(DVD付)2009年07月23日放送の「ナイナイのANN」にて、西表島で「ぐるナイ」のロケで行ったことが明らかにされていた。「毎年恒例のクワガタ捕獲ロケで、西表島に行っていた」と、岡村は話していた。同行していたのは哀川翔と、はるな愛だったそうだ。

ちなみに、ロンドンブーツ1号2号の亮からメールがあり、「西表島着いたら、亮からメールがあった。『岡村さん、西表島に来ているみたいですけど、僕も今日、西表島に来ているんですよ』と書かれていて、電話をすると『やりすぎコージーのロケで、イリオモテヤマネコを探しに来ている』と言われた」と話していた。

どうやら、亮は自分が歩いているときにイリオモテヤマネコっぽい影が映り込んでおり、一応はロケが成功していたようだ。このことを受けて、「西表島って、やっぱり自然がスゴい」と感想を述べていた。

矢部は「西表行ったら、石垣島が都会に見える」と話していた。岡村は、このことに関して「リゾートホテルに泊まってたんだけど、そこでプールに入っていて…」と、以下のように話し始めた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN