本日の注目記事

品川庄司・庄司 「ミキティに処分された大事なモノ」

2009.06.27 (Sat)
MANZAIドライブ 2 [DVD]2009年06月26日放送の「爆笑問題の検索ちゃん。」にて、庄司智春が、婚約中のミキティこと藤本美貴に激怒された事件について語っていた。

話の発端は、田中が奥さんの留守中に、食事制限を言い渡されているのにもかかわらず、隠れてステーキを焼いて食べた、と告白したこと。これに関して、太田が庄司に「結婚するに当たって、秘密とか無いの?」と質問した。

これに対して、庄司は「HなDVDとかですかね」と答えていた。「同居とかしてても、そういうの観るの?」となおも質問されると、庄司は「観ますよ。(ミキティには)隠していましたけど」と答えていた。

「だけど、(DVDを)見つかっちゃって…」と苦笑いする庄司。実は、すでにミキティにはそのDVDのありかを探られており、すでにみつかってしまっていたようだ。

この後の展開としては、以下のようなことがあったそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の検索ちゃん。

加藤浩次が語る 「芸人になるきっかけとなった失恋」

2009.06.27 (Sat)
クロサギ DVD-BOX2009年06月26日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、加藤が芸人となるきっかけとなったことについて話していた。そのきっかけとは、失恋だった。「高校2年から3年にかけて、好きになった同級生がいた」と加藤は話していた。

「その女の子に、付き合ってもらおうと思っていろいろと考えて、同級生の男にも相談していた。それくらい好きだった」と加藤は当時のことを振り返りながらそう語っていた。

「その女の子、そして相談していたラグビー部の同級生も、一緒に遊ぶようになっていた。それで、ある日の夜、道路でいろいろ話をしたりしていた。それで、俺がふざけていたら美容院のクルクル回るサインポールを倒して、壊してしまった」と、その当時の事件について話していた。

「そうしたら、美容院のオヤジも起き出して、『コラー!』って怒り出して、外に出てきた。俺たちは蜘蛛の子散らすように逃げたんだけど、そのラグビー部の同級生と、好きだった女の子が捕まってしまって」と加藤は語った。

そして以下のように、そこから思わぬ展開になっていったそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  加藤浩次の吠え魂

加藤浩次が語る 「めちゃイケの外ロケ収録風景」

2009.06.27 (Sat)
めちゃイケ大百科事典(エンサイクロペディア)2009年06月26日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、めちゃイケの外ロケ(スタジオ外での撮影)での移動風景について語られていた。話の発端は、「武田真治がファッション誌のモデルでひとりHしているという話」に関連してロケ車での武田真治の行動を加藤が説明していたこと。

「ロケ車では、芸人が集まってても静かなもんなんだよ。別の場所へ移動するのにも、ロケ車の中で騒いだりしたりしない。みんな静かに座っている」と加藤は話していた。

「たとえば、俺は本を読んだり寝たりしている。よゐこの有野は、ゲームをやっている。濱口は、携帯をイジっていろいろやっている(サンプル動画の旅)。その中で、武田真治は雑誌を読んでいて、誰よりも先に、袋とじを開ける。山本が居たときは、山本か武田くんが袋とじを開けていた。今では、武田くんが一番、袋とじを開けている」と加藤は話していた。

ちなみに、ロケ車(トヨタ・コースター)での移動では、だいたい席が決まっているそうだ。その順番は、以下のようになっているそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  加藤浩次の吠え魂

加藤浩次の語る「武田真治がシコるオカズ」

2009.06.27 (Sat)
S2009年06月26日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、武田真治の性生活について触れられていた。話の発端は、「鍛えているやつは、その性欲も強い」というものだった。

以前、自身も27時間テレビで、マラソンをすることになって鍛えていた時期は、「カオリ(妻)が『どうしたの、浩次?』というくらいスゴかった」そうだ(加藤浩次夫婦生活のピークを語る)。それに関して、武田真治はもの凄く鍛えている、という話になった。

「凄いんだよ。胸板も厚くて、腹も割れている」とその体について話していた。「でも、今は彼女がいないだろ?だから、Hしたくても、できないからさ。(めちゃイケでも)雛形あきこの胸ばっかり見ている」と話していた。

さらに、「やっぱり役者っていうプライドもあるからさ、武田くんはHな店にもいけないだろ。だから、したくても出来ない。DVDを借りに行くことも、やっぱり恥ずかしくていけないみたいなんだよ」と話していた。

さらに、そこからどのようにして、その溜まったフラストレーションを解消しているのか、以下のように話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  加藤浩次の吠え魂

ナイナイ岡村 「映画撮影でケガさせられるかも」

2009.06.26 (Fri)
少林少女 コレクターズ・エディション [DVD]2009年06月25日放送の「ナイナイのANN」にて、岡村隆史が現在、映画の主演として撮影に参加していることを明らかにした。その映画とは、「てぃだかんかん」というタイトルであり、来年のゴールデンウィークに公開予定となっている。

「台詞は、頭にたたき込んでいます。以前は、本番直前にちょっと覚えて…といった感じだったんですが、今回は主役ですから。そんなことはあってはならないと思って、しっかり8割は頭にしっかりたたき込みました」

「役回りは、いつもニコニコしている男だから、ホテルでも鏡に向かって、ニコニコする練習をしている。台本にも、ニコニコマークを書いたり、追加指示をしっかりと台本に貼ったりしている」と、かける意気込みは大変大きなものであると話していた。

その中で、以下のような心配なポイントがあると話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

ナイナイ岡村 「映画の主演をやってます」

2009.06.26 (Fri)
無問題2 ― オリジナル・サウンドトラック2009年06月25日放送の「ナイナイのANN」にて、岡村隆史が現在、映画の主演として撮影に参加していることを明らかにした。先日、06月04日放送回で「オトナの事情でお休みさせてもらいます」とされていたが、岡村はこの撮影で生放送に出演することができなかったと思われる。

その撮影している映画とは、「てぃだかんかん」というタイトルであり、来年のゴールデンウィークに公開予定となっている。「今日も朝イチで行ってきて、このラジオに帰ってきた。今、人知れずハードスケジュールをこなしています。2日で3時間くらいしか寝ていないんじゃないかな」と岡村は話していた。

「坪倉マネージャーにも、まだ話すなといわれていたし、かなり壊れかけでしたが、黙っていました。…大好きな沖縄で、カンカン照りの中、撮影を行っています。もう梅雨も明けて、凄いですよ。35℃くらいありました」と撮影の様子について話していた。

「もう沖縄と東京を何往復もしている。マネージャーも全員真っ黒。大森マネージャーも倒れた。もう大変です」とそのハードスケジュールについても話していた。「主役ですから。日々、芝居をやってますよ。沖縄の方言を話さなければならない。初日から、えらいパニックになって」と、かなり以下のようなピンチもあったと話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

おぎやはぎ・矢作が考える 「広末涼子のオトしかた」

2009.06.24 (Wed)
おぎやはぎ no だっぴんぐ [DVD]2009年06月23日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、矢作が大ファンである広末涼子をどのようにオトしたらいいのか、ということを考察していた。話の発端は、永井大が広末涼子と一部週刊誌で、誕生日に一緒に過ごしたと報じられたこと。

これを受けて、ゲームソフトの発売イベントで永井が、広末との関係について「まだ付き合ってないんですよ。今は僕の一方的な恋心。でも、大切な人です。告白する準備はできています」と公開で求愛した。

これを受けて、矢作は「気持ちを伝えたい女の子がいるんだけど、その子には、なかなか気持ちを伝えられない。それで、その子が告白されちゃったんだよ。しかも、公開告白」と話していた。その女の子とは、広末涼子のこと。

「今、どういう関係か知りたい。付き合ってたら、あきらめる。…離婚して、チャンスと思ってたけど、今はどうなんだろうか」などと矢作は話していた。

その一方で、「永井くんが公開告白したのは、意味あることであると思う。永井くんは芸人と同じで、遊んでるイメージが少しあると思う。だから、あえて公開で告白することで、『単なる遊びでなく、真剣に付き合いたいんだ』っていう気持ちや、ほかに女がいないという、誠実さを伝えようとしているのでは」と永井大の告白に関して分析していた。

また、その一方で小木が「矢作も、ラジオという公共の電波を使って、(広末涼子が好きだと)話してしまっているじゃん」と指摘すると、「向こうは、一度デートしている。たぶん、携帯の番号とかも知ってるでしょ。でも、こちらは知らない。だから、この放送を誰かが聴いていて、広末に伝わればいいなと思って」と涙ぐましい努力について矢作は話していた。

さらに、矢作は広末涼子をオトすために、以下のようなことを画策しているそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

よゐこ・濱口 「何時間でも、ひとりHできますよ」

2009.06.20 (Sat)
TENGA EGG CLICKER[クリッカー] ローション入り2009年06月19日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、よゐこ・濱口優がゲスト出演していた。この放送では、さまざまな濱口の私生活について触れられていた。

「アダルトな番組を観るために、CSを契約している。だから、家に帰るとすぐにみられるようになっている」「アダルトなサイトを見まくって、PC3台を(マルウェア感染によって)ダメにしている」など、その手の話題にはこと欠かない濱口は、そのすさまじい性癖について明らかにしていた。

よゐこ・濱口 「パソコン3台をダメにした理由」

「20万円くらいのパソコンを、2日でダメにしたことがあります。それは、アダルトなサイトに行って、速攻でウィルスが入って、もうダメになってしまったんですよ」

「フリーズとかはしないんですけど、PCが立ち上がった瞬間に、『U.S. dollars!!』や『Danger!』といったウィンドウが開いてしまう。変なところに繋がれてしまうのではないか、と思って、それ以来、使っていない」


などと話していた。PCに関する知識は乏しいものの、その手のサイトに関する知識は造詣が深いようだ。

加藤は「携帯に入っていた動画を見せてもらったけど、それはもう…とんでもないものをもっている。やっぱり、探している時間が半端ないからかな。その歴史と時間には、敵わない」などと話していた。

さらに、「ひとりHするときに、掛ける時間ってどれくらいなんだ?」と加藤が質問した。すると、濱口は以下のように答えていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  加藤浩次の吠え魂

よゐこ・濱口 「パソコン3台をダメにした理由」

2009.06.20 (Sat)
よゐこのこたえ―こどもたちの相談にのります2009年06月19日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、よゐこ・濱口優がゲスト出演していた。その際、加藤は「濱口は3歳年下だけど、俺にとっては師匠だから」と話していた。その理由としては、「俺の二歩も三歩も先も、アダルトなことについて先へ行っているから」と話していた。

「俺は最近、携帯でサンプル動画の旅をやりだしたけど、濱口はもっと前からやっていた。以前は『そんな小さな携帯ディスプレイで観て、何が楽しいんだ』っていってたけど、今は楽しくて仕方がない。しかも、濱口はさらに先に行っていて、今は文章にハマっている」と話していた。

「"文章"って言うのは、そういう体験談がいくつも掲載されたサイトで読むもの。起承転結もしっかりしていないし、あまり上手い文章とも言えない。だけど、それが作家とかが入って作っているものでなくて、逆にリアリティがあるし、臨場感がある」と話していた。

さらに、加藤は「濱口は、3台もPCをダメにしている」と話しだした。その理由としては、以下のようなものだそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  加藤浩次の吠え魂

加藤浩次 「めちゃイケとスッキリ!!の狭間で悩む」

2009.06.20 (Sat)
2009年06月19日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、加藤が色とり忍者のコーナーにて、女子大生たちに罵声を浴びせさせられ、その上で荒縄により何度も打ち付けられたと話していた。

加藤浩次 「めちゃイケで女子大生に罵倒される」

「20人ぐらいがズカズカと入ってきたんだよ。『いいでござるか?』とか言うと、女子大生どもが大声で『大丈夫!』とか言うんだよ。そうしたら、俺は段々とイライラしてきちゃってさ」と、加藤は話し始めた。

「『なんだ、このやろう』って言ったら、嘘だろってくらいに罵声を浴びせさせるんだよ。40歳のオヤジに。東大と早稲田の女子大生とかもいるんだぜ。それらのに、いちいち罵声を浴びせるんだよ」と次第にイラついていったことを加藤は話していた。

「『うるせぇんだよ。この、ションベン臭いガキが!』って言ったら、『何よ~お前、何言ってるのかわかんねぇんだよ。声しゃがれてて、6割何言ってるかわかんないんだよ!』『お前、口クサイんだよ!』って次から次へ罵声を浴びせさせられた」と話していた。


加藤浩次 「20人の女子大生に囲まれて、ボコボコにされた」

「(罰ゲームで)倒れてたら、女子大生どもが『大げさなんだよ!』って言い出してさ。ガキどもに。それで、俺もキレて。『謝れよ!』って女どもに言われたから、土下座をするフリをして、飛びかかってやったよ。それで、粉の中にたたき込んでやった。粉まみれにしてやったよ。蹴りで顔面にガンガン粉をかけてやった」と話していた。

「でも、疲れてて、次の女を粉の中に投げ入れたら、反動で俺も倒れちゃったんだよ。そうしたら、粉まみれの女が、綱引きの綱を使ってガンガン俺をたたき出したんだよ」と話していた。

「やっぱり、遠慮があったのか、俺を横から綱で叩いていたんだよ。で、それを見た明松ディレクターが、『上から思いっきり叩くんだよ!』って言い出した。今まで見方だと思っていたディレクターが、俺を思いっきり叩けって言い出してさ。そっからは、もうSMの世界だよ」と話していた。


こうした、とてもツライ現場の仕事があった後、加藤はスッキリ!!を控えており、日テレに向かうことになっていたそうだ。

「収録終わったのが、午前2時半。フジテレビでシャワー浴びて、そのまま日テレに行った。その流れで打ち合わせして、朝8時から『おはようございます』って爽やかに言ってさ…もう、切り替えできねぇよ!」と加藤は話していた。

また、スッキリ!!をやっていて、以下のような違和感を感じていたそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  加藤浩次の吠え魂