本日の注目記事

ウソチクの泉

2008.11.29 (Sat)
ウソチクの泉とは、『伊集院光 深夜の馬鹿力』内で募集されていたコーナーである。 思わず「へぇ」と言ってしまう「本とのような嘘」のウンチクを募集していた。

『トリビアの泉』や『虎ノ門』、『爆笑問題のクイズ雑学王』など、蘊蓄・雑学ブームにより乱立するテレビ番組に対する皮肉からスタートしたコーナーである。2003年5月5日(第394回)~2005年5月30日(第502回)まで放送されていた。

コーナーの始めは、2003年4月28日(第393回)放送で、「妻・美佳さんの友人でやたらと芸能関係に詳しい人がおり、くやしいので嘘情報で対抗した」といったことから。その際に披露されたネタとしては、

・小倉優子の趣味はサバイバルナイフ集め。
・セインカミュは実はファイザー製薬の会長の息子であり、そのうち継ぐことになる。
・林家こん平が新潟知事選に立候補予定。
・森重久弥は生物学上は木。
・菊川怜は、実は東海大出身。
・優香の家には、カラリオがない。
・いとうせいこう、実は空手5段。
・二宮清純の趣味は、お墓参り。
・モスバーガーの初代店長は、岡田真澄。
・ルビーモレノが、三ノ輪のガストでバイトしてる。
・『渡る世間は鬼ばかり』のキャストで、ラーメンチェーンを立ち上げる計画がある。

などである。もちろん、これらは大嘘。さらに、芸能関係の話だけでなく、

・トリュフを探す豚は、自然界にないバターを1度でも食べさせるとバターしか目に入らなくなってしまいトリュフを探せなくなる。
・軽井沢は、もともとカール伊沢というアメリカ人とのハーフが明治の始めに別荘を建てたのがきっかけで、彼にちなんだ地名となった。

などを披露した。さらに、こうした「ウソのウンチク話」をFAX募集したのが、コーナー化した始まりである。

【全放送分】

ウソチクの泉-第01回~第15回放送分
ウソチクの泉-第16回~第30回放送分
ウソチクの泉-第31回~第45回放送分
ウソチクの泉-第46回~第60回放送分
ウソチクの泉-第61回~第75回放送分
ウソチクの泉-第76回~第85回放送分



【後日談】
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

ウソチクの泉-第76回~第85回放送分

2008.11.29 (Sat)
ウソチクの泉とは、『伊集院光 深夜の馬鹿力』内で募集されていたコーナーである。 思わず「へぇ」と言ってしまう「本とのような嘘」のウンチクを募集していた。

『トリビアの泉』や『虎ノ門』、『爆笑問題のクイズ雑学王』など、蘊蓄・雑学ブームにより乱立するテレビ番組に対する皮肉からスタートしたコーナーである。2003年5月5日(第394回)~2005年5月30日(第502回)まで放送されていた。

!注意!以下のウソチクはあくまでも「嘘」です。得意げに披露して、赤っ恥をかいても当方は責任もてません。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

ウソチクの泉-第61回~第75回放送分

2008.11.29 (Sat)
ウソチクの泉とは、『伊集院光 深夜の馬鹿力』内で募集されていたコーナーである。 思わず「へぇ」と言ってしまう「本とのような嘘」のウンチクを募集していた。

『トリビアの泉』や『虎ノ門』、『爆笑問題のクイズ雑学王』など、蘊蓄・雑学ブームにより乱立するテレビ番組に対する皮肉からスタートしたコーナーである。2003年5月5日(第394回)~2005年5月30日(第502回)まで放送されていた。

!注意!以下のウソチクはあくまでも「嘘」です。得意げに披露して、赤っ恥をかいても当方は責任もてません。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

ウソチクの泉-第46回~第60回放送分

2008.11.29 (Sat)
ウソチクの泉とは、『伊集院光 深夜の馬鹿力』内で募集されていたコーナーである。 思わず「へぇ」と言ってしまう「本とのような嘘」のウンチクを募集していた。

『トリビアの泉』や『虎ノ門』、『爆笑問題のクイズ雑学王』など、蘊蓄・雑学ブームにより乱立するテレビ番組に対する皮肉からスタートしたコーナーである。2003年5月5日(第394回)~2005年5月30日(第502回)まで放送されていた。

!注意!以下のウソチクはあくまでも「嘘」です。得意げに披露して、赤っ恥をかいても当方は責任もてません。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

ウソチクの泉-第31回~第45回放送分

2008.11.29 (Sat)
ウソチクの泉とは、『伊集院光 深夜の馬鹿力』内で募集されていたコーナーである。 思わず「へぇ」と言ってしまう「本とのような嘘」のウンチクを募集していた。

『トリビアの泉』や『虎ノ門』、『爆笑問題のクイズ雑学王』など、蘊蓄・雑学ブームにより乱立するテレビ番組に対する皮肉からスタートしたコーナーである。2003年5月5日(第394回)~2005年5月30日(第502回)まで放送されていた。

!注意!以下のウソチクはあくまでも「嘘」です。得意げに披露して、赤っ恥をかいても当方は責任もてません。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

ウソチクの泉-第16回~第30回放送分

2008.11.29 (Sat)
ウソチクの泉とは、『伊集院光 深夜の馬鹿力』内で募集されていたコーナーである。 思わず「へぇ」と言ってしまう「本とのような嘘」のウンチクを募集していた。

『トリビアの泉』や『虎ノ門』、『爆笑問題のクイズ雑学王』など、蘊蓄・雑学ブームにより乱立するテレビ番組に対する皮肉からスタートしたコーナーである。2003年5月5日(第394回)~2005年5月30日(第502回)まで放送されていた。

!注意!以下のウソチクはあくまでも「嘘」です。得意げに披露して、赤っ恥をかいても当方は責任もてません。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

加藤浩次 「光浦靖子『いいとも』出演時に、わざと花を贈らない」

2008.11.29 (Sat)
2008年11月28日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、光浦靖子と加藤浩次の微妙な関係について語られていた。話の発端は、光浦靖子が11月27日放送の『笑っていいとも』にテレフォンショッキングでゲスト出演していたこと。

その際、あらかじめ加藤は光浦がテレフォンショッキングに出演することは知っていた。だが、花輪をあえて贈らなかったそうだ。そのため、タモリも不思議に思ったのか、「どうして加藤の花がないんだ?薄情だな」と言っていた、とのこと。

そもそも、加藤は光浦とプライベートで食事や飲みにも行く仲だそうだ。加藤の家族とも一緒に行動することもあった、とのこと(だが、子供はなついておらず、光浦が抱こうとすると泣き出してしまうそうだ。その上、いきなり吐いて光浦の服を汚してしまった、というエピソードも話されていた)。ところが、加藤は「わざと」花輪を贈らなかった、と語っていた。

どうして贈らなかったのか、その一端となるような話を、加藤は今回の放送で以下のように話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

加藤浩次 マツコデラックスとキスする?

2008.11.29 (Sat)
2008年11月28日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、来週の放送にてマツコデラックスをゲストに呼ぶという話が出た。話の発端は、毎年恒例になっている「流行語大賞」についてのゲーム。このゲームは、加藤が流行語にノミネートされた言葉からいくつか選び、その中に流行語大賞が含まれていなかったら、罰ゲームをするというもの。

今回、加藤が選んだのは「キターー!!」「上野の413球」「ねじれ国会」だった。この中から流行語大賞が選ばれたら、加藤の勝ちということになる。だが、「『キターー!!』は、織田裕二の事務所からクレームがついたと噂されているし…」と不安な様子だった。

罰ゲームとしては、「スーパーサッカーで、(元・相方の山本が応援していた)カープの帽子を被って出演する」などといったものが投稿されていたが、今回選ばれたものは「(『悪魔の契約にサイン』で共演中の)マツコデラックスとキスして、それを写真に撮り、リスナーにプレゼントする」というもの。

こうした罰ゲームを用意するにあたり、マツコデラックスをラジオのゲストとして呼ぶ、ということになったようだ。そのため、事前説明をしようと、「ラジオのゲストに来て欲しい。その放送の中で、もしかしたらキスしてしまうことになるかもしれない」と話したのだという。

すると、マツコデラックスは意外にも以下のようなリアクションをしたそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

伊集院光 散歩で出かけて悲しい目に遭う

2008.11.25 (Tue)
2008年11月24日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、夫婦で散歩に出かけて、非常に悲しい目にあったと報告されていた。

話の発端は、最近、若手芸人が一緒に遊んでくれなくなったこと。以前は「伊集院光のばんぐみ」をやっていたため、番組出演を狙って若手芸人が群がってきていたが、番組休止中(再放送は行っているが、新たな収録は行っていない)であるため、一緒に出かけたりしてくれなくなったそうだ。

こうした事態を悲しく思った妻・美香さんは、「一緒に散歩にでも出かける?」と伊集院を誘ったのだという。そのため、伊集院は一緒に出かけることにした、とのこと。東京下町を散策しようと思い、バスに乗って「歩きたい」と思ったところを散歩しよう、ということになったそうだ。

平日の昼間、夫婦そろってバスに乗っていると、何やら騒がしい。見てみると、乗車しているのが私立小学校に通っていると思われる子供たちと、その引率者3人の母親が乗車している。子供も騒いでいたが、子供よりも、むしろその引率の母親たちの方が騒がしかったのだという。

こうした状況の中、以下のようなことがあったのだという。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

ウソチクの泉-第1回~第15回放送分

2008.11.23 (Sun)
ウソチクの泉とは、『伊集院光 深夜の馬鹿力』内で募集されていたコーナーである。 思わず「へぇ」と言ってしまう「本とのような嘘」のウンチクを募集していた。

『トリビアの泉』や『虎ノ門』、『爆笑問題のクイズ雑学王』など、蘊蓄・雑学ブームにより乱立するテレビ番組に対する皮肉からスタートしたコーナーである。2003年5月5日(第394回)~2005年5月30日(第502回)まで放送されていた。

!注意!以下のウソチクはあくまでも「嘘」です。得意げに披露して、赤っ恥をかいても当方は責任もてません。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力