カテゴリ:たまむすび の記事一覧

| | さらに古い記事へ≫


本日の注目記事

博多大吉、大学時代に勘当されたカンニング竹山の元相方を居候させていなければ「多分、芸人やってない」と語る

2017.03.23 (Thu)
2017年3月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、大学時代に勘当されたカンニング竹山の元相方・ケン坊田中を居候させていなければ、「多分、芸人やってない」と語っていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

赤江珠緒:(芸人になったきっかけ)大吉先生は?

博多大吉:僕は、たまたまですよ(笑)たまたまです。

赤江珠緒:これだけ、人に訊いといて(笑)(赤江珠緒、アナウンサーを志したきっかけは「小学生の時に、朗読でお菓子がもらえた」経験だったと告白)

博多大吉:ふふ(笑)詳しくはね、色んな連載で書いていますけど。たまたま、大学で華丸さんと出会ったから。

赤江珠緒:そうか。

博多大吉:たまたま、吉本が福岡に事務所を作って。たまたま、オーディションを受けたら。

赤江珠緒:しかも、たまたま華丸さんに出会ったのも、元々、違う部室に行こうと?

博多大吉:そう。プロレス研究会に行こうと思ったら、なくて。ウロウロしてたら、応援団に捕まって。応援団に仮入部させられて(笑)

赤江珠緒:うん(笑)

博多大吉:「もう、これは嫌だ」と思って、隣の落研に逃げ込んだんです。

赤江珠緒:そうでしたよね。

博多大吉:そうしたら、数日後に華丸が入ってくるんですけど。で、まぁもっと細かく言うと、オーディションを受けたでしょ。

赤江珠緒:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

赤江珠緒、アナウンサーを志したきっかけは「小学生の時に、朗読でお菓子がもらえた」経験だったと告白

2017.03.23 (Thu)
2017年3月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、アナウンサーを志したきっかけは、小学生の時に朗読でお菓子がもらえたという経験であった、と語っていた。

この差って何ですか?


博多大吉:たまむすぶのスタッフさんがどのようにラジオの世界に入ってきたのかを探りましたけど、さあ皆さんはどういうふうに今のお仕事を、今の学校に入ったのかなと。

博多大吉:赤江さん、伺いましたよね?アナウンサーになったきっかけ。

赤江珠緒:そうですね。

博多大吉:サンテレビでしたっけ?

赤江珠緒:違う、違う。私は小学校の時に、結構、怒られているような子だったんですけど。本を読むのだけは、朗読だけは褒められてて。

博多大吉:ほう、ほう。

赤江珠緒:それで、1個下の学年の先生に放課後呼び出されて。

博多大吉:呼び出されて?

赤江珠緒:「この本を、朗読してくれ」って言われて、朗読したんです。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:「道徳の教材にしたいから」って言われて、読んだんです。

博多大吉:おお。うん、うん。

赤江珠緒:「そのお礼に」って、お菓子をもらって。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:「これは、(商売として)成り立つ!」みたいな(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、TBSラジオの2018年採用プレエントリー開始に爆弾発言「結局、コネ入社しかできないんでしょ?(笑)」

2017.03.23 (Thu)
2017年3月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、同局の2018年採用プレエントリー開始について、「結局、コネ入社しかできないんでしょ?(笑)」などと語っていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

赤江珠緒:TBラジオで、2018年度採用のプレエントリーがスタートしました。

博多大吉:プレエントリー?何?

赤江珠緒:これは、採用を来年、採るということで。

博多大吉:まぁまぁ…

赤江珠緒:採らない年もあるんですけど、来年は採るぞ、ということで。

博多大吉:でも、本当に言うのもアレですけど。結局、コネ入社しかできないんでしょ?(笑)

赤江珠緒:違いますよ(笑)ここはちゃんと、フレッシュな人材、有望な人材を集めます。

博多大吉:ふふ(笑)大丈夫ですか?お偉いさんの息子とか娘じゃないと採らないってことないですか?
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、ラジオ番組スタッフが入局したそれぞれの志望動機に驚く「パーソナリティの夢破れ…」「TVを観せてもらえず…」

2017.03.23 (Thu)
2017年3月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、同番組のスタッフが入局した、それぞれの志望動機について聴取した内容を語っていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

赤江珠緒:先週もね、『たまむすび』終わったあとで、ここで東スポの原稿を書かれてたじゃないですか。

博多大吉:ああ、書きました。

赤江珠緒:我々、スタッフのアンケートをもとに、「どうやってラジオに入ってきたのか?」っていう。

博多大吉:そう。隔週か、東スポの方で連載させてもらってる、「博多大吉のなんでもランキング」っていうのでね。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:もう、何年もやってるんで、ランキングのネタがないんですよ(笑)

赤江珠緒:うん。

博多大吉:だから、今回は『たまむすび』のスタッフさんに聞く、「私がラジオに関わるようになった、ラジオの世界に入ってきた理由」ランキングっていうのを皆さんから一言ずついただいた。

赤江珠緒:「いただく」ってより、「述べよ」って(笑)

博多大吉:ふふ(笑)

赤江珠緒:「とにかく述べよ」みたいな感じで。でも、雑談として私達知ってただけで、その中でパチパチ原稿を書かれてたじゃないですか、打ち込んで。

博多大吉:はい。

赤江珠緒:アレでよく文章になりましたね。

博多大吉:いや、その辺はなんて言うのかなぁ、売れてる秘密なのかなぁ。

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:ごめんなさい、心の声が。

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:いや、僕ね、でも昔から聞きたくって。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:世代的にラジオの黄金時代じゃない時代でしょ、僕らって。

赤江珠緒:うん、そうか。

博多大吉:ラジオから流れてくる、落語が楽しみだったって、そんな昭和30年代じゃないから。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:今、若いじゃないですか、『たまむすび』のスタッフさんって。だから、どうやってね、ラジオの世界に入ってきたかが、ちょっと知りたかったの、実は。

赤江珠緒:うん、なるほど。

博多大吉:で、飲み会で聞いてもさ、飲みすぎてもう次の日忘れてるから(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:改めて聴いてみたら、面白かったですね。もう紙面に載ったから言うけどね、この水曜日のディレクターの久保田君は、「家のしつけが厳しくて、一週間に一時間しかテレビを観せてもらえなかった」と。

赤江珠緒:時間制限があってね。

博多大吉:そういう家庭で育ったから、いつの間にかラジオを聴くようになって。普通にラジオが当たり前の世界だった、と。

赤江珠緒:ねぇ。

博多大吉:これは僕、ビックリしましたね。

赤江珠緒:うん。むしろ厳しいご家庭だったからっていうのがね、「へぇ」って思いましたね。

博多大吉:そう。補足すると、小学校時代、みんな学校では『ボキャブラ』ブームで、『ボキャ天』の話をずっとしてて。でも、久保田君は一週間の内に使える一時間を、『ドラゴンボール』と『スラムダンク』に費やしてたから、『ボキャブラ』が観れなくて、「爆笑問題ってなんだ?」「ネプチューンって、なんのことをみんな言ってるんだろう?」って、ラジオ欄で探したのよね。

赤江珠緒:なるほど、なるほど。

博多大吉:そこから爆笑問題さんのラジオを聴くようになって、ラジオにのめり込んで、TBSラジオにやってきた、と。王道ですよね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、コラムで「吉本興業で勝ち上がるために倒すべき芸人」の実名を挙げたところ「当初の倍の数になった」と明かす

2017.03.23 (Thu)
2017年3月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、コラムで「吉本興業で勝ち上がるために、倒すべき芸人」の実名を挙げていったところ、「当初の(最終的には書いていた数の)倍になった」と明かしていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

赤江珠緒:先生がね…今、手元にあるんですけど。

博多大吉:はい、はい。

赤江珠緒:よしもとの芸人さんが本気で勝負した、スペシャルな文藝春秋っていう。

博多大吉:はい、はい。

赤江珠緒:『文藝芸人』っていうね。文藝春秋さんとコラボした本が出されてますけども。

文藝芸人
文藝芸人 (文春ムック)

博多大吉:はい、出版されましたね。

赤江珠緒:この中に、先生もコラムを書かれてまして。

博多大吉:書きました、はい。

赤江珠緒:読ましていただきましたけどね。

博多大吉:ああ、どうもありがとうございます。

赤江珠緒:ちょっとこれは震えましたよ。

博多大吉:震えた?

赤江珠緒:緊張感が。

博多大吉:緊張感、ないでしょ別に(笑)

赤江珠緒:いや、いや、いや。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、プロ野球のピッチャーは「毎試合、完全試合を目指して」マウンドに上がると語る「ダメなら次は完封を目指す」

2017.03.23 (Thu)
2017年3月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、プロ野球のピッチャーは「毎試合、完全試合を目指して」マウンドに上がっていると語っていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

博多大吉:今日はもう、野球(WBC)もやってましてね。放送中は実況しちゃダメみたいな感じなんですけど(笑)

赤江珠緒:実況しちゃダメですよね(笑)でも、気になるところではありますね。

博多大吉:でも、野球と言えばね、前にね、僕、プロ野球選手に聞いたことがあるんです。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:たとえば、9回の裏、ツーアウト満塁。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:一打でサヨナラのチャンスの時に、「どういう心境でバッターボックス立つんですか?」って。

赤江珠緒:ああ、そうですよね。

博多大吉:僕なら、「ファーボール、ファーボール」とか(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:「デッドボール、デッドボール」とか(笑)

赤江珠緒:うん、うん(笑)

博多大吉:もしくは、「もう回ってくるな。僕に打順なんか回ってくるな」みたいな感じで、「ドキドキしちゃいますね」みたいなことを言って。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:「プロ野球選手は、『ヤベェ、俺か?』ってなるんですか?」って訊いたことあるんですけど、本当に真っ当な意見でしたけど、「そんな気持ちの人間は、プロになれないんですよ」って。

赤江珠緒:ああ、そうですか(笑)

博多大吉:全員が「俺がヒーローになる」って思って行くんですって。

赤江珠緒:「俺に回ってこい」って?

博多大吉:そう。そこのメンタルが違うんですって。我々と。

赤江珠緒:凄いなぁ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

山里亮太、加藤浩次が態度の悪い合コン相手に無言で熱々のチャーハンをかけた過去を明かす「下に見てくれてんな、オイ!」

2017.03.22 (Wed)
2017年3月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が態度の悪い合コン相手である女性に、無言で熱々のチャーハンをかけたというエピソードについて語っていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

ジェーン・スー:山里さん、質問です。

山里亮太:はい、はい。

ジェーン・スー:山里さんがやる合コンだったり、飲み会だったりだと、何割りくらいが、その村の出身者(男性に奢ってもらうのが当然だと考える女性たち)なんですか?

山里亮太:いやでも、そんなヒドイ扱いをした人たちは、その時以来あんまりないですね(山里亮太、合コンで態度の悪いCAやモデルたちに先輩芸人がスカッとする仕返しをしたと明かす「じゃあ一人、6,000円ね」)。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:あれは、3~4割くらいは、やっぱりお金を払う時に、スッと外に出てて、「ごちそうさまでした」っていう待ちはいる。

赤江珠緒:おお。

ジェーン・スー:まぁ、凄い年が離れているとかだったら、まぁね。

井上貴博:そうですね。

山里亮太:昔、そういう人に、極楽とんぼの加藤浩次さんは、何も言わずに熱々のチャーハンをぶっかけたらしいよ(笑)

ジェーン・スー:ウワァオ!(笑)

山里亮太:「おい、おい」って(笑)

井上貴博:ええ!?狂犬(笑)

ジェーン・スー:狂犬(笑)

山里亮太:「下に見てくれてんな、オイ!」って(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

ジェーン・スー、美貌や若さなど「目減りする資産」でオイシイ思いをしようとする女性に指摘「アンタ、5年後どうすんの?」

2017.03.22 (Wed)
2017年3月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、音楽プロデューサー・コラムニストのジェーン・スーが、美貌や若さなど「目減りする資産」で男性にチヤホヤされ、オイシイ思いをしようとする女性に、「アンタ、5年後どうすんの?」などと指摘していた。

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題
貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)

ジェーン・スー:マジで分かんない。会ったことのない村人(注釈:男性に奢ってもらうのが当然と思う女子たち)に、私は訊きたい。人のカネで飯を食うと、ポイントでも貯まんのか?

山里亮太:はっはっはっ(笑)

ジェーン・スー:TSUTAYAポイントとか貯まんのか?

赤江珠緒:確かにね。

山里亮太:絶対、そんなことをしたら評価を下げるのに、分かっててもやるっていうことは、なんかポイントがないとね。おかしいよ、人として。

ジェーン・スー:そう、そう。寿命が延びるとか、肌がプリプリするとかさ、あるんだったらまだ分かるけど。

井上貴博:カネ払わないで、寿命も延びるの?(笑)

赤江珠緒:その分、対価をあげたという意識があるのかしら?

山里亮太:そう。だから、その村の人達は、「お前らみたいな奴に、飛行機に日頃乗っている私たちが、降りてきてやったぞ」と。

赤江珠緒:いや、いや(笑)

山里亮太:「さぁ、貢げ」と。

井上貴博:ふふ(笑)「ほれ、ほれ」と。

山里亮太:「人が来てやったから、泥人形たちよ。お前らのもてなせるだけのことをもてなせよ」っていう、それが「元を取ろう」になるわけですよ。

赤江珠緒:ああ。

ジェーン・スー:本当に、真顔で言いたいんですけど、それってつまり、綺麗とか希少価値だとか、可愛いとか。そういうことじゃないですか。確実に、目減りしていく資産じゃないですか、日ごとに。

山里亮太:そうね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

ジェーン・スー、「男には奢ってもらって当然」という女子に苦言「人のカネで飯を食うと、ポイントでも貯まんのか?」

2017.03.22 (Wed)
2017年3月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、音楽プロデューサー・コラムニストのジェーン・スーが、「男には奢ってもらって当然」という女子に対し、「人のカネで飯を食うと、ポイントでも貯まんのか?」などと苦言を呈していた。

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題
貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)

山里亮太:「奢られて当然って思ってる女性がいる」って、スーさんこれ分かるでしょ?

ジェーン・スー:ありえない、本当にありえない。

赤江珠緒:それはそうだよね。

ジェーン・スー:食ったもんくらい、払えよと。

山里亮太:そうなの。どう?スーさん。これ、ヒドくない?(山里亮太、合コンで態度の悪いCAやモデルたちに先輩芸人がスカッとする仕返しをしたと明かす「じゃあ一人、6,000円ね」)

ジェーン・スー:いや、っていうか、後輩には奢るよ、関係性があるから。当たり前ですよね。初対面の態度の悪い人のご飯、払う理由ゼロでしょ。

赤江珠緒:そりゃそうだ。

山里亮太:普通に始まって、「乾杯」なんて。「今日は楽しいです」とか言ってくれてたら、俺らだって全然。多めに払うとか、もしくは、レジ前でスーさんね、あのやりとりが欲しいんですよね。お財布をウソでも出そうとして、「いいよ、いいよ」っていうやりとりが、ワンラリー欲しいです。

ジェーン・スー:なんか、「ご馳走させて下さい」っていう人に対して、「いや払えるんで」とは言いませんよ、そこは。ただ、「お前が払ってもらえる、その根拠は何?」みたいな。

赤江珠緒:最初からね。

山里亮太:うん、そこなんですよ。

ジェーン・スー:あれ、何ですか?あの村。

赤江珠緒:「お金、持ってきてません」はないね。

山里亮太:あの村はね、怖いんですよ。

ジェーン・スー:あの村は、あの村で固まってるから。私もまだ、未確認飛行物体みたいなもんで。村人を、見たことがないんですよ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

山里亮太:僕は、村人に遭遇しちゃったから。

ジェーン・スー:あら。

山里亮太:あの村人は凄い。

赤江珠緒:何なの?この二人の、共感具合は(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、体調不良でラジオ番組『たまむすび』生放送途中に医務室へと行く事態があったと告白「インフルかと…」

2017.03.19 (Sun)
2017年3月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、同番組の生放送中に医務室へと行く事態があった、と明かしていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

赤江珠緒:今日はまた、急に寒くなって寒さが戻ってきましたけども。

博多大吉:冷え込みましたね。

赤江珠緒:元気になられました?

博多大吉:あ、なりました。先週は本当に申し訳ございませんでした。

赤江珠緒:…ということでよろしいんでしょうか?

博多大吉:はい。先週はね、マスクをつけての放送という。

赤江珠緒:なんか弱ってましたもんね、先生ね。

博多大吉:いやぁ、もう本当に今だから言えるんですけど。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:100%、いや500%インフルエンザだと思って。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび