カテゴリ:たまむすび の記事一覧

| | さらに古い記事へ≫


本日の注目記事

赤江珠緒、「エネルギーが有り余る」反抗期に父親から「公園で走れ」と言われ父娘で意地の張り合いとなったと明かす

2018.10.17 (Wed)
2018年10月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、「エネルギーが有り余る」反抗期に父親から「公園で走れ」と言われ父娘で意地の張り合いとなったと明かしていた。



博多大吉:赤江さん、学生の頃、反抗期は?

赤江珠緒:それで考えると、赤江は5年生くらいの時、ありましたよ。

博多大吉:親のやることにムカつくみたいな感じ?

赤江珠緒:うん。で、親に「喋ることない」って言ってみたりとか(笑)

博多大吉:うん、うん。

赤江珠緒:って言いながら、喋ってるんですけどね(笑)

博多大吉:うん、うん。ちょっと無視したりとかね。

赤江珠緒:無視はできなかったです、ウチは。でも、そのエネルギーが有り余って、で、5年生くらいの珠緒を見るに見かねたウチの父親が、「そんなにお前、エネルギーが有り余ってるんだったら、公園で走れ」って言われて。

博多大吉:うん、うん。スポーツで発散してこい、と。

赤江珠緒:「お父さんが見とくから、走れ」って。

博多大吉:うん、うん。

赤江珠緒:で、走って。「エネルギーが切れるまで走れ」って言われて。

博多大吉:うん、うん。

赤江珠緒:こっちも意地になってるから、ずーっと走って。

博多大吉:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、実家の貧しさが「反抗期」の抑止力となっていたと明かす「窓割れる…誰のお金で修理するの?」

2018.10.17 (Wed)
2018年10月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、実家の貧しさが「反抗期」の抑止力となっていたと明かしていた。



赤江珠緒:私が通ってた中学校とかも、校舎の窓がなかったとかね。

博多大吉:うん、うん。よく窓ガラス割られてましたけどもね。

赤江珠緒:うん。そうか、そういうの(反抗期)なかったんですね、大吉先生。

博多大吉:ない人もいますよ。

赤江珠緒:お父さんとか、お母さんに対しても。

博多大吉:はい、だから憤りは感じますよ。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:もちろん、反抗はしましたけど、それで親と掴み合いになったりとか。たとえばさ、家庭内暴力だっつって、部屋ん中で暴れる。たとえば窓割れる。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:誰のお金で修理するの?

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:ないんだから。

赤江珠緒:ふふ(笑)そりゃそうです(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

山里亮太、Apple新宿の文句を言おうとしてぼやかすも赤江珠緒にはっきり言われてしまう「オブラート剥がしちゃダメだよ」

2018.10.17 (Wed)
2018年10月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、Apple新宿の文句を言おうとしてぼやかすも赤江珠緒にはっきり言われてしまっていた。



赤江珠緒:最先端のスマホに替えられたということで(笑)

山里亮太:替えたんですよ。まぁ、事はちょっと話し戻すけど、前の携帯で入れてた、モバイルSuicaを使えるアプリが、急にバージョンアップがどうのこうのって理由で、全く使えなくなってしまった、チャージできなくなってしまったの。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:それで、色んなところに相談しに行ったんですよ。新宿にあるリンゴ屋さん行ってね。「すみません、私何も分からなくて…」って。

赤江珠緒:リンゴ屋さんってことは、Appleさんってことですか?

山里亮太:あ、オブラート剥がしちゃダメだよ、赤江さん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、裏路地でビルの陰から見てくる男性を週刊誌記者と思い込むも「本当にウルトラマン着てるんですね」と声をかけられて恥ずかしくなる

2018.10.10 (Wed)
2018年10月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、裏路地でビルの陰から見てくる男性を週刊誌記者と思い込むも「本当にウルトラマン着てるんですね」と声をかけられて恥ずかしくなってしまったと告白していた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

博多大吉:この前、居酒屋でね、黒田マネージャーと飲んでたんですよ。代わり映えのしないメンバーですみませんね(笑)

赤江珠緒:ええ(笑)

博多大吉:で、そのお店が禁煙だったんですよ。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:タバコ吸う時は、灰皿あるところで、みたいな感じだったんで、僕、ちょこちょこ抜けてICOS吸ってたんです。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:そしたらね、結構、裏路地にある店だったんですけど、僕から見える向こうのビルの陰に、携帯持った一人の男がずっと見てるんですよ。行くたびに結構会うんですよ。

赤江珠緒:うん、うん。

博多大吉:で、なんかこっち見てなんか言いたそうな顔してるから、これ本当、記者だなって思って。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:マスコミさんだろうなって思って。クロちゃんに言うのもアレやけど。やましいことしてないし。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:何のことやろうなって思って、また戻って。黒田にも言えずに。言ったら話大きくなりそうだから。言わずに、見間違えかもしれないって思って。で、3回目ぐらいに出た時に、やっぱいたんですよ。

赤江珠緒:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

カンニング竹山、「リカちゃんキャッスル」に男性3人で訪れたと明かす「まぁ恥ずかしいよ(笑)」

2018.10.08 (Mon)
2018年10月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、福島県田村郡小野町にあるタカラトミー発売の着せ替え人形・リカちゃんの工場および展示施設である「リカちゃんキャッスル」を男性3人で訪れたと明かしていた。



カンニング竹山:私はね、昨日ちょっと福島の方に行ったんですけど。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:みんな知らないと思うんですけど、福島の山奥にねぇ、「リカちゃんキャッスル」ってあんのよ。

赤江珠緒:え?あのリカちゃん?

カンニング竹山:あのリカちゃんのお城があんのよ。

赤江珠緒:へぇ。

カンニング竹山:で、「面白いから行ってみよう」って。リカちゃんの工場なのよ。リカちゃん作ってるところ見れるんだけど。

赤江珠緒:あ、福島で。

カンニング竹山:お城にもなってて、リカちゃんの国になってんの。


赤江珠緒:ああ、それは喜ぶでしょう。

カンニング竹山:男3人で(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)それはどうだろう(笑)

カンニング竹山:まぁ恥ずかしいよ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

外山惠理アナ、TBS番組のロケでスタッフの段取りが悪いと激怒した過去を告白「失礼過ぎません?」

2018.10.03 (Wed)
2018年10月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、TBSアナウンサーの外山惠理が、TBS番組のロケでスタッフの段取りが悪いと激怒した過去を告白していた。



外山惠理:あの時(『2時っチャオ』のロケ)、本当に華丸さんも大吉さんも、広川ひかるさんも…広川さんも今、凄く仲良くしてもらってるんですけど。

博多大吉:ああ、今も。

外山惠理:本当によくね、我慢してね。

博多大吉:ふふ(笑)

外山惠理:…って思って。

博多大吉:我慢して?(笑)

外山惠理:だって私、一度だけちょっとムッとしたことがあって。

博多大吉:はい、はい。

外山惠理:あのね、物件が凄く階段の上の方だったの覚えてます?

博多大吉:うん、うん。あったのかな?そんなの。

外山惠理:あの時、4人で行ったんですよ。

博多大吉:うん。

外山惠理:それで、物件が凄く階段の上の方にあって、みんなで上ってったの。それはいいの、別に。

博多大吉:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

外山惠理アナ、山里亮太が恨みつらみを綴った「デスノート」を書いていることに「引いちゃった」と告白

2018.10.03 (Wed)
2018年10月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、TBSアナウンサーの外山惠理が、南海キャンディーズ・山里亮太が恨みつらみを綴った「デスノート」を書いていることに「引いちゃった」と告白していた。



外山惠理:『ゴロウデラックス』っていう、夜やってる本の番組に、山里さんがつい最近、ゲストで。

博多大吉:ああ、出てたね。つい最近。

外山惠理:つい最近、ゲストで来てくださって。それで、お話したら「本当はいい人なんだ」って思って。

博多大吉:ふふ(笑)未だにアイツ、根は信じらんねぇ派でした?(笑)

外山惠理:いや、本を読んだ時に、「うわぁ…」って思って、ちょっと引いちゃったんですよ、私。

博多大吉:ああ、はいはい。ネガティブな。

外山惠理:凄く厳しいし。

博多大吉:厳しいの?

外山惠理:うん。ノートに凄い強い字で、「アイツ、絶対許さない」みたいなことを書いて、それをエネルギーにされる。

博多大吉:うん、デスノートね(笑)

外山惠理:そう。デスノートのせいで、「うわぁ、怖いなぁ」って思ってたんです。吾郎さんと「なんか、ノートに今日も書かれるんでしょうね」みたいな感じで(笑)

博多大吉:うん(笑)

外山惠理:でも、話したら全然そんななくて。

博多大吉:うん。

外山惠理:それをエネルギーにするっていうのは、私も凄く勉強になったんですけど。

博多大吉:うん。

外山惠理:そこはね。自分に凄く厳しくて。

博多大吉:山ちゃんは。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、『あさイチ』前にBSと地上波の2回朝ドラを見てオープニングに臨んでいると告白「終了2分前に立ち上がって」

2018.10.03 (Wed)
2018年10月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、NHKの番組『あさイチ』前に、BSと地上波の2回朝ドラを見てオープニングに臨んでいると告白していた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

外山惠理:ドラマを見ながら、立ってるんですか?ずっと。

博多大吉:立ってますよ。8時15分から始まるでしょ。

外山惠理:はい。

博多大吉:正確に言うと、8時13分ぐらいから準備を始めるというか。

外山惠理:へぇ。

博多大吉:7時50分にはスタジオにいるんですよ。

外山惠理:はい、はい。

博多大吉:で、打ち合わせとかしながら。

外山惠理:して。ドラマ見て。

博多大吉:そう。で、ゲストの方が8時5分くらいに入ってきて。

外山惠理:へぇ。

博多大吉:全員で、無言でドラマを見るっていう時間があります。

外山惠理:ふふ(笑)ああ、そうなんですか。

博多大吉:だから、それやとね、あんまり入ってこないでしょ。色々な打ち合わせとかあるから。だから、朝ドラって7時半からBSでやってるんですよ。

外山惠理:ああ、やってますね。

博多大吉:だから、実は楽屋でそれを見ています、僕と華丸は。

外山惠理:へぇ。

博多大吉:で、メイクの時間の関係で、華丸は全部ガッチリ見て、僕はたまに見れない時もあるんですけど、まぁでも今はほぼ見れるようなスケジュールで。

外山惠理:へぇ。

博多大吉:ドラマ2回見て、8時13分くらいに「2分前です」って、声かけられるんですね。そしたら、一応座ってるんですよ、そこまでは。そこからは、まぁのろのろと立ち上がって、3人で並んで、ゲストの方は一回、ちょっと横によけて。

外山惠理:へぇ、そうなんだ。

博多大吉:どうぞで本番が始まるという。えーっと、オープニングで、オープニングの話させる?(笑)

外山惠理:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

カンニング竹山、玉城デニー氏の記者会見で公明党支持者の「三色旗」が振られていたことに注目「割れたんだな、票が」

2018.10.02 (Tue)
2018年10月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、玉城デニー氏の記者会見で公明党支持者の「三色旗」が振られていたことに注目し、「割れたんだな、票が」と思ったと語っていた。



外山惠理:なんと言ってもね、沖縄県知事選です。野党支援の玉城デニー氏が初当選。

小田嶋隆:雀卓の横で、テレビをつけながら。注目しながら見てましたけど。結構、思ったよりも票差が開いたので。

カンニング竹山:開きましたねぇ。

小田嶋隆:こんなになると思ってなかったですけど。

カンニング竹山:凄い開きましたね。面白かったのが、デニーさんが記者会見してる後ろで、三色旗みたいなのが。

小田嶋隆:はい、はい。

カンニング竹山:要は、公明党の。恐らく、公明党であろう方の旗が振られてたから。それもだから、ちょっとこう面白いというか。

小田嶋隆:そう、そう。

カンニング竹山:「割れたんだな、票が」っていう。

小田嶋隆:新聞を読んだら、2割5分ぐらいの公明党支持者の票が流れたっていう話になってるんですよね。

カンニング竹山:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

ピエール瀧、声をかけてきた女子大生2人組の失礼な対応に激怒「日本終わってんな」

2018.09.27 (Thu)
2018年9月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、電気グルーヴのピエール瀧が、声をかけてきた女子大生2人組の失礼な対応に激怒していた。



ピエール瀧:今週ね、ちょっと憤ったことがあって。

赤江珠緒:なに?

ピエール瀧:「ええ?」って思ったんですけど、「これを『ええ?』って思うのはどうなんだろう?」っていう。

赤江珠緒:ああ、聴きたい、聴きたい。

ピエール瀧:っていうのがね、今週もあったんです。

赤江珠緒:ああ、ぜひ。

ピエール瀧:今週ね、ちょっと時間があった時があったんで、嫁とエリザベスと3人でお買い物行って、そのついでにちょっとまだ時間早いから、「ドライブして、中華街でも行くか」なんつって。

赤江珠緒:ああ、いいじゃないですか、横浜に。

ピエール瀧:「行こう、行こう」なんて、中華街まで行ったんですよ、3人でドライブ。で、中華街着いて、あてもなくプラプラしてたところ、最近、中華街のメインの通りあるじゃないですか。

赤江珠緒:はい。

ピエール瀧:あそこのところで、栗は前から売ってましたけど、かき氷みたいな。

赤江珠緒:ああ。

ピエール瀧:シロップ的な、クリームっぽいものも凍らせて一緒に削る、柔らかめのかき氷あるじゃないですか。

赤江珠緒:台湾とかで売ってるような。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび