カテゴリ:中田敦彦のオールナイトニッポン の記事一覧

| | さらに古い記事へ≫


本日の注目記事

オリラジ中田敦彦、週刊少年ジャンプ編集部に貼られたグラビア写真を見て「男だらけの部室」感を感じたと告白「女子がいたら貼れない」

2019.01.19 (Sat)
2019年1月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、週刊少年ジャンプ編集部に貼られたグラビア写真を見て「男だらけの部室」感を感じたと語っていた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:少年ジャンプの編集部、よく通ってたんですよ。ジャンプ系の番組やってるんで。

で、少年ジャンプの編集部で、俺、感動したのが、オフィスなんですよ。編集部の…ほぼ男。まず、男が少年誌を一生懸命作ってて。まず、机の上、ガッチャガチャ、汚い。で、壁にベッタベタグラビア貼ってるんですよ。

なんか、「これ、男しかいねぇだろ、この部屋」って思ったのが、グラビアを貼ってるってことだったんです。なんか分かんないけど、「男って、部屋にグラビア貼るよね」っていうことを思い出したんですよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田敦彦、吉本興業で疎外感を感じてしまう「東京吉本」の孤独について語る「今の経営陣、全員大阪人」

2019.01.19 (Sat)
2019年1月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、吉本興業で疎外感を感じてしまう「東京吉本」の孤独について語っていた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:吉本興業って面白いのが、大阪本社と東京本社、両方あるんですよ。で、大阪NSCと東京NSCあるんですけど、この世界の分かれ方、エグイですよ。

これ、しかも東京吉本の孤独について、まだしっかり語られてないと思うんだよなぁ。東京吉本の孤独、エグイですよ。なんでかって言うと、芸能事務所の中で言うと、みんなから、「吉本でしょ」って言われるの。

特に、お笑いの他の事務所からすると、吉本って大きいし、イメージも強いから、「いいっすね、吉本さんは」とかみたいな言われ方もするし、「吉本のやり方、気に食わない」とか、「吉本芸人って、こうだよね」とかって言われ方もするし。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田敦彦、中川家が語っていた「後輩は、先輩の褒め言葉だけ受け取って、ダメ出しは聞き入れない」とのトークに共感

2019.01.19 (Sat)
2019年1月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、中川家が語っていた「後輩は、先輩の褒め言葉だけ受け取って、ダメ出しは聞き入れない」とのトークに共感していた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:中川家さんのトークで面白いのが、「後輩、全然言うことを聞きよらへんな」っていう(笑)

なんか「あのネタ、オモロイな」って褒めると、めっちゃ楽屋に来ると。「ありがとうございます」みたいに、挨拶すると。で、「どこがオモロかったですか?」って、さらに聞いてくる、と。

「ああ、こういうところオモロかったんちゃうの?」みたいな、「ありがとうございます。でも、もし直すところあったら言ってください」って言われて。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田、ビートたけしも「老舗」と認める中川家の漫才と自分との芸の違いについて語る「対極と言ってもいい」

2019.01.19 (Sat)
2019年1月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、ビートたけしも「老舗」と認める中川家の漫才と自分との芸の違いについて語っていた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:「このオールナイトニッポンPremiumってなんなんすか?」っていう問いかけを、僕はずっとやってきたわけじゃないですか。

「まずPremiumって何なんだ?オールナイトニッポンじゃねぇじゃん、そもそも」って。「オールナイトニッポン、乱発するのどうなんだよ?」とか、かなり攻撃的に。で、「ラジオって何すか?」って。あと、「半年間かよ」とか、いろいろ、このオールナイトニッポンPremiumっていう、半年限定のニッポン放送における、この時間帯の枠について、ギャーギャー言ってきた。

そんな中で、僕と全く戦い方の違う、対極と言ってもいいですよね。もうこの…なんだろうな。あのたけしさんすらも、「新しく当たってるケーキ屋と、老舗のどら焼き屋」みたいな感じで、漫才師さんをね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田敦彦、ヒカキンの『さんま御殿』出演で「テレビとYouTubeに橋がかかりつつある」と実感「新しい時代来てる」

2019.01.19 (Sat)
2019年1月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、ヒカキンの『さんま御殿』出演で「テレビとYouTubeに橋がかかりつつある」と実感したと語っていた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:最近、ヒカキンさんが、『さんま御殿』に結構、積極的に出たりとか。テレビ出るっていう流れがあるじゃないですか。

「これ、結構橋がかかってきてのかも」って思ったんですよ。もう、YouTubeを見た時、「うわ、新大陸」って思ったんです。全然違う場所で、全然違うヒエラルキーとか。全然違う勝者、敗者が現れてて。

僕らがなんか、ここね、テレビとかラジオの中でこうやってきたことと、違うカルチャーができてるって思って。「新大陸」って呼んでたんですけど。今ね、その2つの大陸にちょっと、橋かかってきてるなと思って。

で、テレビの中で、ユーチューバーさんをどう扱っていいかわかんなかったっていう時代から、そこにガンガン扱っていけるようになっていくと思うんですよ、これから。だから、テレビで活躍しちゃう、ユーチューバーさん増える。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

ナイツ塙、キングコング梶原の「上沼恵美子の発言」パロディが伝わっていないことに言及「伝わってないよね、そりゃあね」

2019.01.19 (Sat)
2019年1月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、キングコング・梶原雄太の「上沼恵美子の発言」パロディが伝わっていないことに言及していた。

ナイツ爆笑漫才スーパーベスト
ナイツ爆笑漫才スーパーベスト

塙宣之:キングコングの梶原君もね、やってるじゃないですか、カジサックって。

土屋伸之:うん、ユーチューバー?

塙宣之:あっという間に、すぐ行くかなって思ったけど、あんまり行かないもんなんだね。

土屋伸之:でも、相当頑張ってるんでしょ?

塙宣之:相当凄いペースらしい。

土屋伸之:「頑張ってる」って言うとさ、上からって怒られるからさ(笑)

塙宣之:ああ、あっちゃん?

土屋伸之:カジサックに、そう、そう(笑)

塙宣之:「目線は気をつけた方がエエで」って(笑)

土屋伸之:そう、そう(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田、キングコング梶原が自分のためにローション相撲をYouTube上で企画してくれたことに感動「僕に対してこの予算を」

2019.01.19 (Sat)
2019年1月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、キングコング梶原が自分のためにローション相撲をYouTube上で企画してくれたことに感動したと語っていた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:大変んですよ、ローション相撲の会場を設営するって。大変ですよ、いや、凄いなぁと。だからやっぱり、YouTube、個人のね、カジサックさんの予算でやってるわけなんですよ。

だから、「僕に対して、この予算かけたんだ」とかも含めて、なんかね、凄く感動してしまって。

やっぱり、僕も僕で、この幸福洗脳っていうものとか、企画。「それ、何なの?」って言われながら。その自分の信じるものを表現しようと思って頑張ってるわけじゃないですか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田敦彦、『めちゃイケ』のドッキリが巧妙で「違和感」を感じさせなかった理由を語る「イレギュラーな環境をガッツリ作る」

2019.01.19 (Sat)
2019年1月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、フジテレビ系の番組『めちゃめちゃイケてるッ!』のドッキリが巧妙で「違和感」を感じさせなかった理由を語っていた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:昔、『めちゃイケ』出た時、感動したんですよ。ドッキリで、テストを急に受けさせられるやつ、覚えてます?

なんか、違う企画だって思って行ったら、バーンッて教室に連れて行かれて。「ええ?!」なんて言ったら、「おい、座れ!」みたいな、岡村さんが言って。

「これからバカを見つけます」みたいなのやってたじゃないですか。AKBさんとかでもやってたし、モー娘。さんとかやってたりとか。

で、その時、『イケメンパラダイス』流行ってたんですよ、ドラマで。で、『めちゃイケイケメンパラダイス学園』って言って、オリラジ、当時デビュー3年目ぐらいの僕らとか出させてもらったんですけど。

何に感動したって、ドッキリって超むずいんですよ。ドッキリって、「あれ?なんか普段と違う」って、人間って敏感なんで。「ん?」って気づいちゃって、「あ、こっからドッキリなんだ」って思いながら付き合わなきゃいけなかったりするところが多かったりするんですよ。

だけど、全く分からなかったですね、『めちゃイケ』のドッキリに関しては。上手いなぁと思ったのは、普通ね、その人たちの日常の動線の中にドッキリ入れ込むんですけど、日常がちょっと違和感あるだけで、みんな「あれ?普段の取材とちょっと違うなぁ」とか、「普段、ライターさんとかって、あんなこと言わないよね。あんな格好の人いないよね」とか、変なところに違和感感じるんですよ。

だから、「なんか違うな。これ、普通の取材?これ、普通の収録?」ってなるんですよ。「え?こんな台本じゃないじゃん、普段」って。「こんな待合室じゃないじゃん、普段」とかあるんですけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田敦彦、キングコング梶原とのYouTube対談で感じた『めちゃイケ』イズムに感動「物凄い『めちゃイケ』っぽい」

2019.01.19 (Sat)
2019年1月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、キングコング・梶原雄太とのYouTube対談で感じた、『めちゃイケ』イズムに感動したと語っていた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:言ったら、もう終わってしまった『めちゃイケ』。僕ね、「うわ、なにこの感じ?物凄い『めちゃイケ』っぽい」っていう。

いや、出てて嬉しかったし、無理やりコントに持ってって、最後ちょっと感動も交えて終わるみたいな。「うわ、俺見てたテレビみたい」って。

とはいえ、じゃあ今、ゴールデンタイムでそういう芸人同士が、なんかちょっと茶番みたいななのか…茶番なのか、ドキュメンタリーなのかっていうのを交えながら、ドキドキハラハラさせながら、結果ちょっと感動させずつ笑いもあるみたいな番組って、なかなかやれないわけじゃないですか、時代的にも。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田敦彦、キンコン梶原(カジサック)とのYouTube上の謝罪対談で「お膳立て」をしてくれたことに感謝「かなり準備して…」

2019.01.19 (Sat)
2019年1月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、キングコング・梶原雄太とのYouTube上の謝罪対談で、「お膳立て」をしてくれたことに感謝していた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:結果的には、本当に素晴らしい結末になったなぁと僕は思いましたね。カジサックさんのYouTubeチャンネルっていうものを、何個か見てたんですよ。

芸人同士で対談するみたいな。又吉さんと対談してるのとか、南海の山里さんと対談してるのとか。山里さんも又吉さんも、梶原さんと同期なんですね。面白いんですよ。

で、あとは陣内さんとかに教えを乞うてたと。そういう動画を何個か見てて、面白いなぁと思ったんですけど。今回、生配信なんですよ。しかも、ちょっとこうトラブルになって、それがネットニュースでうわーってなって、ちょっと話題になった後の生配信ということで、どうなるかなっと思ったんですけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン