カテゴリ:伊集院光とらじおと の記事一覧

| | さらに古い記事へ≫


本日の注目記事

伊集院光、ニューヨークで「ボトルアタッカー」が強盗となり現金を奪われた過去を告白「ナイフを出して…」

2018.08.13 (Mon)
2018年8月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ニューヨークで「ボトルアタッカー」が強盗となり現金を奪われた過去を告白していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:先週の金曜日に、『キャッツ』を見てきたんです、劇団四季。

新井麻希:はい。

伊集院光:大井町に、新しいキャッツシアターできましたっていうんで。

新井麻希:はい。

伊集院光:プレオープンみたいなのに、ご招待。「してもいいよ」って言われて、「じゃあ、行きます」って、行ってね。

新井麻希:ええ。

伊集院光:行く途中に、「俺、そう言えば、若い頃にニューヨークで『キャッツ』を見た」って。そのはずなのに、ストーリーとかセットとかが全然思い出せないわけ。

新井麻希:はい、はい。

伊集院光:ちょっとその『キャッツ』の思い出を頭の中でたどっていったら、何年ぶりかに思い出した。24~5のときに、初めてニューヨークに旅行に行ったんです、一人で。

新井麻希:はい。

伊集院光:で、『キャッツ』っていうのがあるらしい、と。ブロードウェイでミュージカルをやってるらしいって。で、チケットもとって、ニューヨークのキャッツシアターの前まで行ったところで、ボトルアタッカーって分かる?

新井麻希:ボトルアタッカー?わかんないです。

伊集院光:水の入ったワインボトルを持ってるオジさんが、急にドンッてぶつかってきて、「危ねぇな」って。で、ガチャンって割れて「おい、おい。このワインは200ドルするワインなのに」って、お金を請求してくるやつに、ドンッてぶつかられて。

新井麻希:え?

伊集院光:で、ニューヨーク行く前に、旅慣れてる人から「ニューヨークにはそういうのがいるんだ。ボトルアタッカーって奴は、本当はただ水の入ってる空き瓶を持ってるだけなのに、そういうこと言ってくるから、引っかかっちゃいけないよ」って言われてたわけ。

新井麻希:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、夏の高校野球の主催である高野連と朝日新聞社に苦言「世間の風当たりが強いということを、恐らく何も考えてない」

2018.08.07 (Tue)
2018年8月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、夏の高校野球の主催である高野連と朝日新聞社に苦言を呈していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:みんなが楽しみにしているイベントなのに、向かい風がすごい勢いで吹いてるってことを、「主催者サイドはどう思ってるんだろう?」っていう。

新井麻希:うん。

伊集院光:もしかしたら、続けられなくなるかもしれないっていうくらい、世間の風当たりが強いということを、恐らく何も考えてないだろうなっていう。

新井麻希:うん、うん。

伊集院光:大会役員席ってあんのよ。大会役員席っていうのがあって、それは一番いい席を取ってるの、ネット裏の。

新井麻希:ああ、そうなんだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、高校野球の指定席16日間通しチケット販売で「予想通りのマイナス面が凄い出てる」と指摘

2018.08.07 (Tue)
2018年8月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、高校野球の指定席16日間通しチケット販売で「予想通りのマイナス面が凄い出てる」と指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:3試合あります、開会式と他に3試合、今日あたりは4試合あるのかな。ありますってときに、アナウンスで「体力も奪われますから、途中、日陰に入ってください」ってアナウンスはいっぱい流れるの。

新井麻希:うん、うん。

伊集院光:それはいいことだと思う。いいことだと思うけど、僕の買ってるチケット、一切、途中退席できないの。

新井麻希:え?

伊集院光:今どき、ディズニーランドでもなんでも、手にハンコ押してくれてさ。

新井麻希:ええ、ええ。

伊集院光:表に出れたりするじゃない。

新井麻希:はい。

伊集院光:その一日券は、一日中、一切、退席することがゆるされてないの。

新井麻希:甲子園から出ちゃいけない?

伊集院光:出ちゃいけないの。

新井麻希:え?

伊集院光:甲子園のその屋根部分なんていうのは、大した量ないから、みんなその売店とか入ってる、その日陰のところの、そこを冷やす用の大きいクーラーの前に、亡霊みたいに立ってるの、ずーっとみんな。

新井麻希:ああ。もう魂抜けちゃった感じで(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、高校野球の開会式で朝日新聞社社長らの挨拶が長いことに苦言「挨拶とか要らないって」

2018.08.07 (Tue)
2018年8月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、高校野球の開会式で朝日新聞社社長らの挨拶が長いことに苦言を呈していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:昨日、甲子園行ってきました。

新井麻希:はい。

伊集院光:開会式を見て。もうさすがに、3試合全部見る体力がなくて。

新井麻希:うん。

伊集院光:開会式、1試合目、2試合目見て来たんですけど。開会式が、暑くて長い。

新井麻希:暑そうですね。

伊集院光:暑くて。入場行進から始まって、最後セレモニー全部終わるまで、1時間ぐらいあるんですよ、ずーっと。

新井麻希:そんな長いんですね。

伊集院光:で、途中給水タイムみたいなのやるんですけども。まぁ、かねてから 問題なってる酷暑、猛暑で。

新井麻希:はい。

伊集院光:リハーサルの時にも、何人か学生倒れたりしたみたいな話したんだけど。

新井麻希:はい。

伊集院光:もちろんね、色々試行錯誤はあるでしょうけど。そうやってお水飲む時間作ったりとか。あとね、目立たないように係りの人が声かけとか多分やってる。プラカードの後ろのところを一生懸命、係りの人が歩いてて、「気分悪くないか?」っていうことは、ちゃんと言ってるんだけど。

新井麻希:はい。

伊集院光:何より、朝日新聞の偉い人と、文部大臣の偉い人の挨拶とか要らないって。

新井麻希:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、落語家を辞める際に先代の三遊亭円楽から「引き留められていた」と28年目してようやく知る「そのイメージはなかった」

2018.08.04 (Sat)
2018年8月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、落語家を辞める際に先代の三遊亭円楽から「引き留められていた」と28年目にしてようやく知ったと語っていた。



柴田理恵:厳しく育ててるお弟子さんが、他で褒められるって、やっぱり師匠
が褒められることになりますよね。

三遊亭好楽:それはあるよね。私、この人(伊集院光)がね、「楽太郎の弟子で、楽大と申します」って言ったときに、ガーンとやられましたね。

柴田理恵:うん。

三遊亭好楽:楽太郎、羨ましいと思って。凄いオーラがあって。

伊集院光:え?

三遊亭好楽:「え?こんな子が来ちゃうの?」って。

柴田理恵:ただデカイだけじゃなくて?

三遊亭好楽:「俺にくれよ」って思ったもん。

伊集院光:体臭じゃなくて、オーラですか?

三遊亭好楽:いや、本当にマジでね。好太郎がくる前ですから。私に弟子がまだいないときですよ。そこへ、楽ちゃんのところに来たわけ。

柴田理恵:ああ。

三遊亭好楽:挨拶されたとき、「ああ、やられた」って思ったのよ。

柴田理恵:へぇ。

三遊亭好楽:「こんな凄い子が来ちゃうんだ」って思って。体じゃないよ、オーラがあるんですよ。私はすぐ分かるんですよ。

柴田理恵:へぇ。

三遊亭好楽:そしたら、師匠の円楽も、五代目も「お前、落語で食べてきなさいよ」って引き留めたんですよ。

柴田理恵:へぇ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、三遊亭好楽が師匠から「23回破門された」ことに驚く「辞めさせられたら、またすぐに謝りに行く」

2018.08.04 (Sat)
2018年8月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、落語家の三遊亭好楽が師匠から「23回破門された」ことに驚いていた。



伊集院光:好楽師匠が、僕らからしたら、ずっといつも笑ってる人だから、自分が寄席をね、立てようとかそういう意識があるっていうイメージがなかったんです。昔からやっぱりやらなきゃ、とは思ってたんですか?

三遊亭好楽:だってほら、23回破門くらった私が…

伊集院光:そうなんだ(笑)

三遊亭好楽:酒飲んで師匠のカバン置いてきちゃったり、ツケがきちゃったりとか。破門というのは、禁煙と同じだからね。

伊集院光:違います(笑)

三遊亭好楽:ふふ(笑)

伊集院光:もっと重要なことです。

三遊亭好楽:いやいや、辞めさせられたら、またすぐに謝りに行くでしょ。そうすると許してくれるじゃない。その繰り返しで23回。

伊集院光:ああ…(笑)

三遊亭好楽:談志師匠だって、17回だよ(笑)

伊集院光:そうか、そう考えると、ダイエット何回失敗してもいいんだ(笑)

三遊亭好楽:そのとおり(笑)

柴田理恵:一緒なんじゃない(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、音声翻訳機「POCKETALK」の後継機「POCKETALK W」を紹介「弱点克服を徹底的にやった」

2018.08.02 (Thu)
2018年8月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、9月7日発売の音声翻訳機「POCKETALK W」を紹介していた。

伊集院光:新ジャンルのハイテク機器っていうのは、凄いスピードで進化するんです。

東塚菜実子:うん、うん。

伊集院光:で、このPOCKETALKが、新機種を9月7日に出すんです。

POCKETALK W


東塚菜実子:ほう。

伊集院光:これの商品説明がすごい魅力的で。ちょっとグッときたのは、なんかこれは俺の想像ね。「ライバルを研究して、自分の良さは伸ばして、自分の弱点を改良してきた」っていう感じがするの。

東塚菜実子:最高ですね。

伊集院光:まず、翻訳スピードが当社比7.5倍。凄いスピードを上げてきた。

東塚菜実子:速い!
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、音声翻訳機ili(イリー)とPOCKETALKを比較し「iliをオススメする」5つの理由

2018.08.02 (Thu)
2018年8月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、音声翻訳機ili(イリー)とPOCKETALKを比較し「iliをオススメする」5つの理由について語っていた。

伊集院光:ili(イリー)覚えてる?

ili(イリー)


東塚菜実子:もちろんです。私、韓国に持っていった音声翻訳機ですよね。

伊集院光:そう。iliは、ポケットに入る翻訳機ってことで、まぁちょっと大きめの、長めの消しゴムぐらいのメカに向かって日本語しゃべると、それをすぐに韓国語が、英語か、中国語に翻訳してくれる。

東塚菜実子:はい。

伊集院光:僕、大絶賛の。

東塚菜実子:はい、私も旅行に持っていきましたけど、本当にシンプルで使いやすくて、軽いし。物凄く便利でした。

伊集院光:でね、あれを大絶賛したんですけど。iliの発売から、試験発売から1年くらい経ってて、色んなライバルの翻訳機が出てきてます。

東塚菜実子:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

みうらじゅん、「村上龍ならOK」な書籍タイトルを認めてくれない編集者に腹を立てた過去を告白「なんで伊集院さんと俺じゃダメなんだ」

2018.08.02 (Thu)
2018年8月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、漫画家・タレントのみうらじゅんが、「村上龍ならOK」な書籍タイトルを認めてくれない編集者に腹を立てた過去を告白していた。



みうらじゅん:DTブームも、(世間でブームになると)冷めたわ。

伊集院光:冷めるんですよね。

みうらじゅん:あのとき、DTってね、伊集院さんと本を一緒に出して。

伊集院光:盛り上げていこうよって。

みうらじゅん:「童貞を盛り上げよう」ってね、やったんだけど。ブームになると、なんか冷めるんだよね。

伊集院光:それで、ブームになって、冷めた頃に、軽く怒られたりするでしょ?

みうらじゅん:怒られる、怒られる。

伊集院光:ブームって一人歩きするから。

みうらじゅん:怒られたりするんです。「童貞でもない、伊集院とみうらが童貞のこと言いやがって」って、童貞じゃないに決まってんじゃねぇか。子供もたくさんいんだから、俺。

伊集院光:「DTって呼ぶと、ちょっと面白い」って始めたのに、「それはDTじゃない」が始まるんですよね。

みうらじゅん:そうなんですよ。「それはDTの概念に入らない」って言うんですよ。

伊集院光:「違う、違う。(居酒屋)天狗で決めたやつだから」って。

みうらじゅん:そうなんですよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

みうらじゅん、「4歳下」だったはずの久本雅美が「実は同い年」だったとカムアウトされたことを暴露

2018.08.02 (Thu)
2018年8月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、漫画家・タレントのみうらじゅんが、「4歳下」だったはずの久本雅美が「実は同い年」だったとカムアウトされたことを暴露していた。



みうらじゅん:この間、久本(雅美)も還暦だったんで。

伊集院光:はい、はい。

みうらじゅん:俺の知ってる久本は…今から30年以上前、よく飲んでたんですけど。

伊集院光:はい。

みうらじゅん:4つ下だったはずなのに、突然、俺に追いついたみたいに(笑)

伊集院光:猛ダッシュかけてきた?

みうらじゅん:ええ。「お前、下だったじゃん」って言ったら、「ごめん、お前騙しててん」って今頃言われて。

伊集院光:はっはっはっ(笑)

みうらじゅん:だから、還暦をちゃんと祝ってもらいたいがために、今、辻褄合わせてきたんですよ。

伊集院光:ああ。

みうらじゅん:焦ってんですよ、還暦の人。

伊集院光:グラビアアイドルが、成人式の営業欲しくて、カムアウトバタバタし始める、あの感じですか?

みうらじゅん:同じ、同じ。アレと同じ現象が今、起こってて。「還暦でした」って、今、急いで言う人多いんですよ。

伊集院光:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと