カテゴリ:伊集院光とらじおと の記事一覧

| | さらに古い記事へ≫


本日の注目記事

くりぃむ有田、芸人としてのターニングポイントは『ボキャブラ』終了後の落ち目だったと告白「生活のためにお笑いを」

2018.06.12 (Tue)
2018年6月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が、芸人としてのターニングポイントは、フジテレビ系の番組『ボキャブラ天国』終了後の落ち目の時期で、「生活のためにお笑いを」と思い始めた時であったと語っていた。



伊集院光:お笑いとしてターニングポイントは?やっぱり、改名か?

有田哲平:う~ん、まぁ…それは相当ありがたかったですけどね。でも、その前にもう、なんかカッコつけて、尖って。「自分の番組しか俺はやらない」とか。

伊集院光:うん。

有田哲平:「人のギャグで笑わない」とか格好つけてやってたときに…

伊集院光:「人のギャグでは笑わない」は分かるわ。

有田哲平:自分の時も、思いついた時だけ堂々と言う、みたいな。

伊集院光:そう。若手のお笑いあるあるで、何人かそういう、百発百中主義。「ホームランしか打ちたくないです」っていう。

有田哲平:そうです、そうです。

伊集院光:斜に構える感じ、最初やってたんだ?

有田哲平:そうなんです。それでやってて、ボキャブラが終わってしまって。各自がみんな冠番組とかやり始めてるのに、爆笑さんとか、ネプチューンとか。もう、自分は諦めて。

伊集院光:くさってたんだ?

有田哲平:で、「メシを食いたい」と。「生活のためにお笑いをやろう」ということに切り替えて、人の番組出て、急にゲラゲラ人のギャグでも笑って(笑)

伊集院光:ああ…

有田哲平:ひな壇でも、積極的にやるようになった、そこがターニングポイントですかね。

伊集院光:うん、うん…ごめん、急に気になったのが、「メシが食いたい」って話の時に、俺出会ってるのすげぇ怖ぇんだけど(笑)

有田哲平:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

くりぃむ有田、上田が当初ピン芸人になろうとして「お笑いやらない?」と有田がコンビになることを誘ったと明かす

2018.06.12 (Tue)
2018年6月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が、上田晋也は当初、ピン芸人になろうとしていて、「お笑いやらない?」と有田がコンビになることを誘ったと明かしていた。



伊集院光:「そもそも、お笑い目指したところはどこですか?」とか。

有田哲平:ああ。

伊集院光:「ターニングポイント、どこですか?」みたいな話をするんですけど。

有田哲平:うん。

伊集院光:大体、上田晋也と有田哲平、どっちがお笑いやろうって言い出したの?

有田哲平:高校の時に、出会って仲良くなったきっかけが、「プロレス好き」っていうのと、「お笑いが好き」っていう。

伊集院光:うん。

有田哲平:お笑いも、いわゆるメジャーな番組というよりは、『お笑いスター誕生』とか。それって、熊本だと変な時間にやってたんですよ。

伊集院光:へぇ。

有田哲平:それは、学校行ってる間なんで、録画しなきゃ見れない、みたいな。そういうのをちゃんと、上田も見てたんですよね。

伊集院光:へぇ。

有田哲平:で、僕も見てて、そこで仲良くなって、「お笑いスタ誕みたいなのに出たいよね」なんて言ってたんです。

伊集院光:で、奇しくも東京、大学2人とも行くわけでしょ。大学、別々だけど。いつからプロに?

有田哲平:僕はまったくですよ。上田はお笑い芸人やろうと思ってたらしいんですよ、ピンで。

伊集院光:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

くりぃむ有田、突然結婚した理由はザキヤマが結婚して「寂しくなったから」だと告白「ポン、ポンと結婚に」

2018.06.12 (Tue)
2018年6月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が、突然結婚した理由はザキヤマが結婚して「寂しくなったから」だと告白していた。



新井麻希:突然結婚しましたよね?

有田哲平:ああ、はいはい。

伊集院光:そう、突然。

有田哲平:もう単純に、寂しいんですよ。誰か後輩がいたりとかして、合コン行ったりとか、そんなんで楽しい毎日でしたけど。

伊集院光:うん。

有田哲平:もう、周りの人たちもどんどん結婚して。

伊集院光:どんどん結婚するもんね。

有田哲平:山崎なんかも、その結婚してる方と付き合って長かったので。

伊集院光:うん。

有田哲平:そのくらいから、こっちの方から誘うこととかもしなくなって。

伊集院光:うん。

有田哲平:誰もいなくなって。

伊集院光:「あの山崎が」だもんね。

有田哲平:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

くりぃむ有田、伊集院光の給料の額を聞いて「衝撃的だった」と告白「全然遠慮なくおごってもらえるようになった」

2018.06.12 (Tue)
2018年6月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が、過去に伊集院光の給料の額を聞いて、「衝撃的だった」と告白していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:今でも覚えているのが、自分もやってるゲーム番組。俺は、夜通し一緒にゲームやった後に、俺はレギュラーの、「深夜のゲーム番組行くから」っつって行くと、ついてきて。

有田哲平:ええ。

伊集院光:で、見てて。帰り道に、その時、先輩だからデカイこと言うわけ。「俺が看板番組持ったら、絶対レギュラーで有田君呼ぶよ」みたいな。

有田哲平:ああ。

伊集院光:そしたら、一気に追い抜かれて。

有田哲平:ふふ(笑)

伊集院光:逆はやってくんねぇんだよ、別に。

有田哲平:はっはっはっ(笑)いや、なんか失礼というかね、そんなね(笑)呼ぶのは失礼じゃないですか、先輩を。「お願いします」なんて言うのは。

伊集院光:いろんなこと思い出すわぁ(笑)

有田哲平:僕、まだ若手で。食えるか、食えないかギリギリくらいだったんですよね、たしか。

伊集院光:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、くりぃむ有田哲平はネット上の自分への批判コメントを「ゲラゲラ笑いながら見てた」と明かす「鉄のハート」

2018.06.12 (Tue)
2018年6月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平はネット上の自分への批判コメントを「ゲラゲラ笑いながら見てた」と明かしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:鉄のハートを持ってんだなぁと思ったのが…

有田哲平:はい、はい。

伊集院光:2000年代初頭、もういろんな匿名掲示板サイトが出てくるわけですよ。

有田哲平:ああ。

伊集院光:そこにいろんなこと書かれんじゃん、「アイツつまんない」とか「消えろ」とか書かれんじゃん。

有田哲平:はい。

伊集院光:それを見てゲラゲラ笑うっていうのもあったよ、自分のこと。

有田哲平:それはもう、本当、大丈夫ですもんね。

伊集院光:大丈夫どころか、「こうやってみんなちゃんと見てんだから」ってなっちゃの。

有田哲平:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、くりぃむ有田哲平は「自分の出た番組を見るのが大好き」と暴露「(自分の)ファンだよね」

2018.06.12 (Tue)
2018年6月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平は「自分の出た番組を見るのが大好き」と暴露していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:とにかく第一印象は、「コイツ、変わってんな」っていう。

有田哲平:え?伊集院さんが、僕にですか?

伊集院光:うん。まず変わってんのは、自分の出た番組を、見るのが大好き。

有田哲平:ふふ(笑)それは今も変わってないですね(笑)チェックに近いですね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

くりぃむ有田、伊集院光は「僕の師匠みたいな存在」であると語る「色んなことを教えてもらった」

2018.06.12 (Tue)
2018年6月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が、伊集院光は「僕の師匠みたいな存在」であると語っていた。



伊集院光:2002年に一緒にラスベガス、一緒にお正月行って。

有田哲平:はい。

伊集院光:お正月に海外行くの、初めてだよ、みたいな話を…初々しかったよ、その頃の有田哲平は。

有田哲平:いやいや、今でも初々しいですけども(笑)

伊集院光:いやいや、ふてぶてしいのトップにいるぐらいのお笑いタレントですけど。

有田哲平:あんまり世間の方は知らないんですけども、本当、僕の師匠みたいな存在ですもんね、伊集院さんは。僕と山崎の。

伊集院光:ふふ(笑)そう、これがややこしいのは、海砂利水魚でまぁまぁ出はじめて、くりぃむしちゅーに変えて上がってきたな、ぐらいの時だよね?その時ね。

有田哲平:はい、そうです。

伊集院光:で、ザキヤマに関しては、なんだかわからねぇ奴で。

有田哲平:まだ、そうです。M-1とかの全然前ですもんね。

伊集院光:前だもんね。

有田哲平:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、「鬼おろしが簡単にできる」パナソニックのフードプロセッサーMK-K81をオススメ「夏はおろしそばが食べたい」

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「鬼おろしが簡単にできる」パナソニックのフードプロセッサーMK-K81をオススメしていた。

伊集院光:今回、僕が一押しするのは、正直、全然新製品じゃないです。

安田美香:あ、そうですか。

伊集院光:購入、7年。

安田美香:ああ、愛用ですね。

伊集院光:愛用です。しかも、全くこの7年間モデルチェンジしていないという。

安田美香:へぇ。

伊集院光:「パナソニック フードプロセッサー MK-K81」っていう、いわゆるベタななんの変哲もない、据え置き方のフードプロセッサーなんですね。

パナソニック フードプロッセッサー MK-K81


安田美香:はい、はい。

伊集院光:僕にとって、何がこれ特別かっていうと、よそさんの商品にはついていないパーツがあるの。

安田美香:はい。

伊集院光:色んな歯とか替えられるじゃないですか。

安田美香:うん。

伊集院光:このシリーズにしかついてないパーツ、それが、鬼おろしカッター!

安田美香:ん?

伊集院光:もうちょっと格好良く言いたかったな(笑)鬼おろしカッターです(笑)

安田美香:ふふ(笑)

伊集院光:その名の通りなんですけど、鬼おろしっていう、荒い大根おろしができる、専用のプラスチックの歯が入ってるんですね。

安田美香:へぇ。

伊集院光:普通の大根おろしは、どのメーカーのもできるんです。当然、できるんですけど、この鬼おろしカッターは、おそらくパナソニックにしかない機能で。

安田美香:へぇ。

伊集院光:とにかく僕にとって、フードプロセッサーっていうのは、大根おろしなんですよ。

安田美香:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

是枝裕和、『万引き家族』の取り調べシーンは役者に撮影現場でセリフを与えながらリアクションを撮影したと明かす

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、映画監督・是枝裕和が、映画『万引き家族』の取り調べシーンでは、役者に撮影現場でセリフを与えながらリアクションを撮影したと明かしていた。



伊集院光:多分、すべての事柄に大なり小なり当てはまると思うんですけど。計画ないって、とても雑なことで、計画あった方がいいじゃないですか。

是枝裕和:あった方がいいです。

伊集院光:だけど、計画通りに遂行することだけに徹した場合、あんまり面白くないですよね?

是枝裕和:面白くないですね。段取りになっちゃうんで。

伊集院光:それの揺れみたいなこととか。想像以上にここに時間つかった、みたいなことが、一個に集約していく瞬間みたいなのが、凄いことになる気がします。

是枝裕和:はい。

伊集院光:ちなみに、演出でいうと、これも噂で聞いたんですけど、大人でも相手のセリフ知らない、みたいケースあるそうじゃないですか。

是枝裕和:ふふ(笑)ああ、そうですね。今回、やりました。今回やったのは、取調室…

伊集院光:俺、取り調べなんて言ってないですからね(笑)

是枝裕和:ふふ(笑)言っちゃった(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

是枝裕和、映画撮影で予定調和が崩れた時にこそ「初めてワクワクする」と語る「自分が、出自がテレビなので」

2018.06.07 (Thu)
2018年6月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、映画監督・是枝裕和が、映画撮影で予定調和が崩れた時にこそ「初めてワクワクする」と語っていた。



伊集院光:予定通りになったところで、別段100点なだけだけど、150点になったりとか。

是枝裕和:そうですね。僕の頭の中にあるものが、そのまま画になったとしても、全然面白くはないんですよね。そうすると、「もう1回」って言っちゃうんですよ、やっぱりね。

伊集院光:うん、うん。

是枝裕和:その時に、役者がどう動いていくかっていうことなんですけど。それを、自分の予定調和が壊れた時に、初めてちょっとワクワクしてくるっていうところがあって。

伊集院光:ああ。

是枝裕和:それは、おそらく僕は…自分が、出自がテレビなので(番組制作会社テレビマンユニオンに入社)。バラエティはそんなにやってないんですけども。

伊集院光:うん。

是枝裕和:テレビ番組をやってる時の感覚で、「どういう瞬間にワクワクするか」っていうのが、多分、ずっと残ってるんですね。映画をやりながらも。

伊集院光:レベル違うけど、ちょっと分かります。僕、緻密に組んでスケジュールの旅行が一旦、ダメになりかける時が好きなんです。

是枝裕和:ふふ(笑)

伊集院光:それを力技で戻してる時が好きなんです。「ここでバス、遅れる?」ってなった時に、なにか迂回ルートを見つけたりして、上手くいったりする時が凄い楽しいんですけど。

是枝裕和:はい。

伊集院光:基本は上手くいって欲しいじゃないですか。

是枝裕和:そうですね。でも、今回…あ、これどうしようかな。

伊集院光:僕はネタバレしてないですからね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと