カテゴリ:伊集院光とらじおと の記事一覧

| | さらに古い記事へ≫


本日の注目記事

伊集院光、ゲスト出演予定だった電気グルーヴ・石野卓球がインフルエンザで欠席と残念ながら報告「倒れちゃって」

2017.02.21 (Tue)
2017年2月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、同番組に出演予定であった電気グルーヴ・石野卓球がインフルエンザ罹患により、残念ながら欠席すると報告していた。

TROPICAL LOVE電気グルーヴ
TROPICAL LOVE(初回生産限定盤)(DVD付)

伊集院光:ここでお詫びです。

上田まりえ:はい。明日、水曜日なんですが、電気グルーヴのピエール瀧さんが、ゲストでいらっしゃいます。

伊集院光:しれっと、「ピエール瀧さんが」じゃないんですよ(笑)元々、電気グルーヴの2人が、朝の番組に「揃って」みたいな盛り上げ方をしてたんですけども。

上田まりえ:はい。

伊集院光:「そもそも、あの石野卓球が朝の番組、大丈夫なの?」みたいなことを、「煽る」って言い方は悪いけども、宣伝してたのね。

上田まりえ:はい。

伊集院光:本人からまずメールが来まして。

上田まりえ:ほう。

伊集院光:「どう出ていいのか、もう分かんねぇよ」と。

上田まりえ:ほう。

伊集院光:本人が言うには、昔のテレビのバラエティで言う、番組欄に「ダンプ松本乱入」みたいなトーンで俺は煽られて、「どう出ていいんだよ?」って愚痴はこぼしてたの。

上田まりえ:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、石原慎太郎の百条委員会設置による喚問は「気が早い」と指摘「とにかく会見をさせた方が良い」

2017.02.21 (Tue)
2017年2月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、百条委員会設置による石原慎太郎 元都知事の喚問は「気が早い」のではないか、会見を先にさせた方がいいのではないか、と指摘していた。

石原慎太郎への弔辞
石原慎太郎への弔辞 (ベストセレクト)

伊集院光:石原慎太郎元都知事を、百条委員会に呼びましょう、と。

中村尚登:はい。

伊集院光:僕、思うんですけどね、本当に事実を明らかにするならば、ちょっと気が早いっていうか。僕が思ったことなんですけどね。

中村尚登:はい。

伊集院光:本人、記者会見を来週やりますって言ったり、いつになるのかちょっと分からなかったりしてるんだけど。

中村尚登:ええ。

伊集院光:僕、今まで石原元都知事を見てる限りは、もっと「男に二言はないですよね?早くやりましょうよ」って話で。心理戦みたいなもんだけど、とにかく会見をさせた方が良いと思うし。その時に「困る人もいるけど」みたいな捨て台詞を、「そんなこと言ったって、大してしゃべらないんでしょ?」みたいな形で、石原元知事からあらかた聞き出してからこれ(百条委員会)の方が、より僕らの知りたい事実には近づく気がして。

中村尚登:うん。

伊集院光:今、こうやって急いで矢継ぎ早にすることで、会見分がなくなっちゃって。

中村尚登:ええ。

伊集院光:百条委員会は、呼ばれたら行かなきゃならないわけだから、来るでしょうけども。

中村尚登:はい。

伊集院光:意地を張っちゃったりとか。

中村尚登:「そこまでは言わなくていいんだね?」ってなっちゃったりとか。

伊集院光:そうすると、これは間違った見方なのかもしれないけども、呼び出した手柄の取り合いみたいになるのは、違うと思うんです。本当に、石原元知事の責任を、もしくは周辺の責任を喋らせないと。喋ってもらわないと。喋らせなきゃいけない時に、「我々が引っ張り出しましたよ」みたいな空気を、出さなくていいような気がするんですけどね。

中村尚登:本当に豊洲の問題を追求するには、石原さんだけじゃダメなんですよ。

伊集院光:そうですね。

中村尚登:元々、青島さんの時代から豊洲移転って話が盛り上がってきてるんで。石原さんが出てきたって、覚えてないことは覚えてないでしょう、きっと。下に丸投げしてる部分があったんだから、「アイツにまかせてた」とか、今までもおっしゃってるわけなんで。副知事に任せてた、とかっていうね。それ以上のことを石原さんは分からないはずなんですよ。

伊集院光:でも、ハンコ押してるわけですからね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、金正男の暗殺は国際社会において「プラスなんか何もない」と指摘

2017.02.17 (Fri)
2017年2月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、金正男氏の暗殺について、国際社会において「プラスなんか何もない」と指摘し、さらには「良くない発言をすることなんかよりも、(暗殺による国際社会での風当たりは)よっぽど立場を脅かされるようなことに感じる」と語っていた。

父・金正日と私 金正男独占告白
父・金正日と私 金正男独占告白

金正男「暗殺」の衝撃


伊集院光:まぁ、でも驚きましたね。金正男氏暗殺というか、殺害。

内山研二:暗殺だろう、と言われているんですが。暗殺なんて言葉は…

伊集院光:そうですね。

内山研二:あんまり…

伊集院光:僕がのんびりしているせいかもしれませんが、映画の中とかだったら何となく想像がつくんですけど、この現代に。しかも金正男氏自体は、急にディズニーランド来た時のニュースなんかで覚えているし、印象のある人なので。

内山研二:はい。

国際社会で「プラスがない」暗殺


伊集院光:でも、僕ちょっと思ったのは、今のこのご時勢ね、暗殺するじゃないですか。誰でも敵対しているのは、現政府といいますかね、北朝鮮の金正恩さんサイドになると思うじゃないですか。そこまで、明確に分かっちゃってもやるんだ。

内山研二:うん。

伊集院光:それがね、あの国は国内に関して、色んな情報が統制されているので、知られないからということなのかもしれないのですけど、少なくとも国際社会的に、プラスなんか何もない。

内山研二:ええ。

伊集院光:金正男氏が、たとえばその金正恩氏の今の座を脅かしたりとか、それからそれに対して、良くない発言をすることなんかよりも、よっぽど立場を脅かされるようなことに感じるんですけどね。

内山研二:それでも、やっぱりここまで…まだ情報が確定していないし分からない部分が多いんですけど、よほど「目障り」という存在だったんでしょうね。

伊集院光:そうですね。

金正男 vs 金正恩の後継者争い


内山研二:さっきね、伊集院さんがおっしゃったように、ディズニーランドを訪れる目的で来ていた、2001年の…

伊集院光:もう、ずいぶん前の話なんですね。

内山研二:16年くらいの前の話になりますけど。あの時に、要するにディズニーランドの見物が目的で、偽造のパスポートを持って身柄を拘束されたと。それが当時のお父さんである、金正日総書記の怒りを買って、この時に後継者争いから落ちた、と言われたんですね。

伊集院光:そうか。お母さんは違うんだけど、お兄さんなんですもんね。お兄さんなんだから、僕らからしたら、この方が最右翼かと思ったんだけど、あの時にかなり怒られている、と。

内山研二:それで、もうほとんどあの北朝鮮に戻ることがなくて、マカオなどを拠点にね、ずっと動いてて。実際、そういう立場ではあるけれども、政権内部の情報に詳しいとは思えないし、その政権に与える影響力も、もうないだろうというふうにみられているんですが。

伊集院光:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、東芝の原発事業での巨額損益について言及「大きな事業の前で、白物家電の利益は太刀打ちできない」

2017.02.16 (Thu)
2017年2月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、東芝の原発事業での巨額損益について、「大きな事業の前で、白物家電の利益は太刀打ちできない」などと語っていた。

週刊東洋経済 東芝解体 沈没する19万人企業
週刊東洋経済 2017年2/4号 [雑誌](東芝解体 沈没する19万人企業)

伊集院光:東芝なんですけども。去年も、なんかこんな感じで、「大赤字あって大丈夫か?」と言って。

内山研二:不正会計の問題が発覚して、「首脳陣が新体制で変わるんですよ」ということを。その間にたとえば、医療機器の分野を子会社化する、とかね。「白物家電を売却する」とか、色々なことをやってきて。なんとか、ここで建て直しができるのかな、と思ったのが、今度の原発事業の問題が分かった、と。

伊集院光:はい。

内山研二:それで、世界的にみると原発というのは、「建設が増えるだろうと見られているので、何とかいくかな」と思ったんですが、やっぱりそのコストが異常にかかる、と。その見込みを誤っていたということがあって、改めて巨額な赤字が出てしまう、ということなんですね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、北朝鮮による新型ミサイル発射に懸念「まだまだ、色々なことを仕掛けてくるかも」

2017.02.16 (Thu)
2017年2月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、北朝鮮による新型ミサイル発射について、「まだまだ、色々なことを仕掛けてくるかも」と懸念を示していた。

金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日
金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日 (講談社+α新書)

伊集院光:国連安保理の緊急会合ということで。

内山研二:はい、これ、報道機関向けの声明ということで、いわゆる、安保理決議というのは多少違うんですね。決議となると、これは法的な拘束力があると。でも、国際機関の法的な拘束力というのは、どこまであるのかな、と思うんですが、そこまでも至らない。報道声明という形ですが。

伊集院光:はい。

内山研二:それでもね、各国が揃って、今回の北朝鮮のそのミサイル発射、新型ミサイルの発射について憤っている、という姿勢を見せるということは、確かに重要なことではあるんですけどね。

伊集院光:はい。

内山研二:それで、今回のミサイル、昨日もこのコーナーで触れていましたけど、やっぱりその後、映像が公開されましたね。

伊集院光:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、日米首脳会談中にミサイル発射した北朝鮮を『ドラえもん』のび太にたとえる「核というドラえもんがウチにはいる」

2017.02.16 (Thu)
2017年2月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、日米首脳会談中に新型ミサイルを発射した北朝鮮を、『ドラえもん』ののび太にたとえていた。

金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日
金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日 (講談社+α新書)

伊集院光:北朝鮮のミサイル発射、これはある意味、(安倍首相とトランプ大統領の会談と)繋がっているニュースですね。

中村尚登:夕食をとっている最中に、撃ったわけですからね。

伊集院光:はいはい。それも狙ってです、当然、そのタイミングで、ということですもんね。

中村尚登:一応ね、新型のミサイルの発射に成功したんだということで、今朝、朝鮮中央通信がそういうふうに伝えているんでしょうね。それでまぁ、これは多分、今まで言われている弾道ミサイルというのは、液体燃料を使っていたんですけども、固体燃料というので、非常に発射の兆候が掴みにくいようなミサイルだ、と。

伊集院光:はい。

中村尚登:しかも、潜水艦から発射される形のミサイルを改良した形だ、と北朝鮮は言っているんですね。潜水艦発射ミサイルというのは、本当、それこそ海の中から撃ってくるわけですから、どこから撃ってくるか分からない、ということで。余計、そういう部分で、その技術が本当に向上しているとすれば、脅威に繋がってくる、と。

伊集院光:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、安倍首相に求めたいトランプ大統領への対応は「冷静に、したたかに、虎視眈々」

2017.02.16 (Thu)
2017年2月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、安倍首相に求めたい、ドナルド・トランプ大統領への対応については、「冷静に、したたかに、虎視眈々」であると語っていた。

ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢
ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢 (文春新書)

伊集院光:安倍総理とトランプ大統領なんですけど、行くことが決まった時に、僕は「トランプさんが会っても良いぞ」と言ったら、行くべきだと思うんです。行く以外の選択肢はないと思う。

中村尚登:はい。

伊集院光:それで行く前に、もうこのコーナーで言っていたんですけど、その時に「自分の中で、ここから先は譲らないとか、この話はきちんと聞こうとかという、それとうまくいくのならここから先は突っ込んでいこう、みたいなところはきちんと決めておかないと思います」というのが、僕の意見だったんですけど。

中村尚登:はい。

伊集院光:終わってみて、思うことはまあ心配していたよりは、ずっと良い結果が出たんだと思うんです。

中村尚登:これ以上もうない、というほどのおもてなしじゃないですか、トランプさんにしては。

伊集院光:ただ、そうなったらそうなったでまた、心配性の僕としては、あんまり安倍さん「上手くいった、上手くいった、トランプ良い奴だ。仲間になった」と、あまり言わない方が良いような気がちょっとして。もうちょっとクールに、あちらさんが喜んでいるというのも含めて、「良かったですね」くらいのトーン。

中村尚登:はい。

伊集院光:もちろん、トランプ大統領はそういった反応を見ているでしょうから。これやっぱり、クラスの暴れ者と上手に距離をとっていきながら。快適な学校生活を暮らしていない生き方をしてきた人間からすると、ここでテンション上げ過ぎると、クラスの奴とかから、どういうふうに思われるとか、今後、トランプ番長が失脚した時は、心変わりした時にどう思われるというのを考えると、上手に「ありがとうございます」と言いながらも、「あまりテンションを上げないほうが良いんじゃないんですか」と思う。

中村尚登:ええ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、清水富美加の出家騒動に対して芸能人のコメントが「あまりに批判一色」なことに違和感「気持ち悪さを感じる」

2017.02.14 (Tue)
2017年2月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、女優・清水富美加の出家騒動に対して、芸能人のコメントが「あまりに『身勝手すぎる』といった批判一色」であることに違和感を感じる、と語っていた。

ふみかふみ
ふみかふみ

中立な立場からの意見として


伊集院光:昨日のニュースなんですけど、なかなか時間がなくて、バタバタして。一言ちょっと、今日も流れで一応言っておきたいなと思うのはね…芸能ニュースって言いますか、スポーツ新聞なんか一面ですし、朝のニュース番組で取り上げているんですけども、タレントの清水富美加さんっていう方が、事務所との関係性の中で、「もう無理だから」って言って、売れっ子だったんだけど、引退表明…引退ではないのか、その事務所を出て、自分の信仰の、幸福の科学で出家します、みたいな話が、今、わりと話題になってるじゃないですか。

上田まりえ:そうですね。

伊集院光:その時、僕が1つだけ違和感を感じるっていうかね、自分もね、間違ったことを言わないように、珍しくメモを書いてるんですけど。

上田まりえ:はい。

伊集院光:「どちらの味方にもならないように、気をつけよう」って、自分に書いてるんですけどね。

内山研二:はい。

伊集院光:僕は「事務所の味方でもなければ、彼女の味方でもないし、宗教団体の味方でもないっていう位置から話をする」ってことは、宣言しときますけど。

上田まりえ:はい。

清水富美加に対するコメントへの違和感


伊集院光:それにしても、皆さんにちょっと訊きたい、尋ねたい、問いかけたいところで言うとね、芸能界の中から、このニュースに関するコメント、いっぱい出てくるじゃないですか。

上田まりえ:はい。

伊集院光:で、今から僕も、まんまとそれはするわけですけどね。

内山研二:うん。

伊集院光:この芸能界で、今もなお仕事をしている中堅・ベテラン、ましてやそういうことに関して、発言権が与えられてる人達がする意見が、あまりに、「彼女が身勝手で、仕事をこのまま放棄することが、迷惑をかける」ってことが、あまりに多いことに対して…この意見が、「間違ってる」って言ってるんじゃないことは、きちんと確認しておきたいんですけど。

内山研二:はい。

伊集院光:そういう意見もありましょうが、あまりにそれ一色なことに、ちょっと気持ち悪さを感じるんです。

上田まりえ:うん。

伊集院光:と言うのも、みんな芸能界って、自分もいて、特性として一般の会社と違ったりとか、一般の社会と違うことは、いっぱいあると思うんですけどね。そこで勝ち抜いてきちゃった人の意見っていうのはね…

内山研二:はい。

伊集院光:たとえば、スポーツで言うとね、うさぎ跳びって、今でこそやらないじゃないですか。「うさぎ跳びっていうのは、実は膝にどうも良くないらしい」っていうのを、声を発するっていうのはいても、成功者は、うさぎ跳びをしてもなお、強靭な体力でホームランを打ちって人たちは、「あれは間違いだった」って言わないんだよね。

上田まりえ:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、防衛省による研究機関への資金提供開始に「明確なルール作りをしてオープンに」すべきと指摘

2017.02.12 (Sun)
2017年2月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、防衛省による研究機関への資金提供開始について、明確なルール作りを行い、オープンにすべきではないか、と語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.2
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.2

伊集院光:来年度から、軍事に関する研究への助成金が増額される。

中村尚登:防衛省の予算からですね。

伊集院光:防衛省の予算から。これ、大学の研究機関とか、学者達にお金を出せるようになります、と。それに対して、学者たちの間でも、「良いのか?」と。戦争に、自分達の学問っていうのは加担して良いのか、っていうことと、「いやいや、今、その軍事目的の技術と、世の中に対する役立つ技術みたいものの線引きなんて、できるものなのか?」みたいなことが、凄い議論になってるみたいなんですね。

中村尚登:今までも、もう2回、「軍事研究のことはやらない」って、学術会議のところで宣言・声明を出しているんですよね。だけど、今なんていうのは、それこそインターネットなんていうのも、みんな我々、普通に使っていますけど、これも、元々、軍事からのだし。もっと遡ることを言えば、天気予報だって、あれは軍事の機密情報だったんですね。

柴田理恵:ああ。

伊集院光:そうだよね、そうんなんだよね。

中村尚登:だから、そうやって考えて行くと、今、どれが軍事か、どれが民生用なのかというのが、分からなくなってくるから。要するに、お金を出してくれるところの研究は、ちゃんとやるんだけれども、それはまず「民生目的ですよ」とか。そういうことをやってて。それが軍事に転用される。「それは、使う人の目的ですから」と。銃だって、人を撃つためにあるのではなくて、自分を守るためと言っているけど、実際には最終的に撃つということに使われたりというね。道具ってそういうことですからね。

伊集院光:しかも、今回、米軍から研究費をもらって大学とか、NPOも研究をやってます、と。

中村尚登:朝日新聞とか、毎日新聞がそういう報道をやってますね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、石原慎太郎節が炸裂した参考人招致に対する「全部喋る。困る人がいるかもしれないけど」発言に「らしい」

2017.02.12 (Sun)
2017年2月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、石原慎太郎元都知事の参考人招致に対する「全部喋るよ。困る人がいるかもしれないけど」との発言に、「(石原慎太郎)"らしい"という」と語っていた。

石原慎太郎への弔辞
石原慎太郎への弔辞 (ベストセレクト)

伊集院光:石原元東京都知事が…

中村尚登:「逃げ回るのは一番嫌なんだよ」「喜んで行くよ」と。

伊集院光:言ってましたよね。

中村尚登:「全部喋るよ、困る人もいるかもしれないけど」って(笑)

伊集院光:その最後の一行が、「らしい」っていう。

柴田理恵:らしいね、あの人の言い方(笑)

伊集院光:柴田さんと、(そんな話を)してましたね。

柴田理恵:そう、らしいね、あの人の言い方。

伊集院光:「逃げ回らない、何でも喋る。ただ、困る人はいると思うよ」っていうね(笑)

中村尚登:ただ、だけど、やっぱり昨日見ていると、「最終的に決めたのは石原さんですよね?」っていう質問に対しては、「これも東京都の責任で、もう1回調べて欲しい」と。

柴田理恵:うん。

中村尚登:「自分としては、精査をしていても、やっぱり思い出せない部分がある」とおっしゃっているので、その当たりのところを、たとえば突き詰められた時に、石原さんが「それはそうだった」と認めるのか、「いや、そうでなくてこうだった」と言うのか。

柴田理恵:うん。

中村尚登:またこれも、出てきて何を言うかということによって、全然変わってくるというねことがありますので。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと