本日の注目記事

ビートたけし、男女問わず惚れさせてしまう高倉健の魅力を語る「ヤクザも改心させてしまった」

2014.11.23 (Sun)
2014年11月22日放送のTBS系の番組『新・情報7DAYS ニュースキャスター』(毎週土 22:00 - 23:24)にて、ビートたけしが、亡くなった俳優・高倉健とのエピソードを語り、男女ともに惚れさせてしまうという魅力について語っていた。

高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX
高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX

前の記事からの続き:ビートたけし、高倉健を慕うようになるきっかけとなった出会い「雪深いホームで花を持って出迎えてくれた」

ビートたけし:健さんが銀座で車停めてたら、酔っぱらいがタクシーと間違って後ろのドアを開けて入ってきちゃって。「日比谷まで行ってくれ」って言ったら、「はい、分かりました」って運転して行っちゃって(笑)

「着きました」「いくら?」「…私ですけど」「あ、高倉健だ!」ってなことがあったって。笑い話がいっぱいあって。そのくらいみんな、慕われるっていうかね。『あなたへ』の時に、ホームで待ってたんだけど、その時に健さんがちょっとガラの悪い格好してたんで、「たけちゃんが降りた時に、俺がこの格好で目の前に現れると、黒い交際なんて言われると困るから」って言って、マイクロバスに乗ってる時に訪ねてきて。

俺は俺で、マイクロバスに乗ってガラの悪いのがとんとんって叩くから、中から閉めてたの。それを開けようとしてて、押し問答になってやっと開けたら、「高倉です。開けてよ」って(笑)

それで、健さん、よく喋るのよ。「健さん、女嫌いなんですか?」って訊いちゃったの。そしたら、「何言ってんですか。僕は、ホモじゃないですよ。女、面倒くさいんですよ。色んなところに行くとよくしてくれるんですけど、面倒くさくて。一人でポツンっている方が楽なんだ」とか。…色々ありまして。この時も、夜、食事をおごってくれたりして。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  新・情報7DAYS ニュースキャスター

ビートたけし、高倉健を慕うようになるきっかけとなった出会い「雪深いホームで花を持って出迎えてくれた」

2014.11.23 (Sun)
2014年11月22日放送のTBS系の番組『新・情報7DAYS ニュースキャスター』(毎週土 22:00 - 23:24)にて、ビートたけしが、亡くなった俳優・高倉健との交流についてエピソードを語っていた。

夜叉
夜叉 [東宝DVDシネマファンクラブ]

ビートたけし:ケンさんはね、誰に聞いてもいい人なんだけど。『昭和残侠伝』って映画で、深夜の新宿で、みんな健さんの「死んでもらいます」なんて言って盛り上がった時代があったんですよ。

それで漫才師になって、健さんの映画に出ないかって言われた時に、ちょっと興奮したよね。怖いなって感じもして。あんなビッグスターの人と共演って。それで、夜遅い汽車で、福井の方に行ったの。

そしたら、雪が物凄いところに、ホームに花を持って立ってるのよ。俺言ったら、「高倉です。僕の映画(『夜叉』)に出てくれてありがとう」って、花束をくれたわけ。それでもう、参っちゃったなぁ。

その花を抱いて泊まって。明くる日、朝早いのね。椅子に座って自分の出番待ちをしてたら、そこに健さんが来たの。「なんですか?」って言ったら、「みんなが働いてるから差し入れ持ってきました」って。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  新・情報7DAYS ニュースキャスター