本日の注目記事

加藤浩次、『極楽とんぼの吠え魂』最終回を相方・山本と迎えられたことに感慨「次に進めます、僕ら」

2017.02.21 (Tue)
2017年2月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『極楽とんぼの吠え魂』にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、10年7ヶ月ぶりに相方・山本圭壱と「最終回」を迎えられたことで、その放送を実現できたことに感謝しつつ、「次に進めます、僕ら」と感慨深げに語っていた。

極楽とんぼのテレビ不適合者 あまりにも過激すぎて放送中止になったドキュメント編
極楽とんぼのテレビ不適合者 下巻~あまりにも過激すぎて放送中止になったドキュメント編~ [DVD]

加藤浩次:残りもう、あと本当に3~4分になりました。

山本圭壱:はい。

加藤浩次:ラジオをやらせてもらうということで、まぁ最後ということで、多少、山本さんもふざけてやっている部分もありましたけど。

山本圭壱:そうですね。うん、そうですね。

加藤浩次:でも、まぁ楽しく山本さんもできたんじゃないですか?

山本圭壱:楽しくやらせていただきました、もちろん。ありがとうございます。

加藤浩次:これはもう、山本さんからしっかりね、最後になりますから。最終回をこうやってやらせてもらいましたから、10年ぶりに。

山本圭壱:そうですね。

加藤浩次:リスナーの皆さんに、一言お願いします。

山本圭壱:本当にね、もう10年…10年7ヶ月ですか。こういう形にはなりましたが、『吠え魂』をね、このTBSラジオさんで、喋らせていただけるというのも、武闘派のリスナー、あとはやっぱりいろいろな方々が、ずっと『吠え魂』のラジオを聴いてましたという方々が、ずっとこの10年7ヶ月、小さいところからですね、もうコツコツずっと言って下さっていたのは、ありがたい話なんですよ。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:僕の中の、照れくさい部分もありまして。街中で、「『吠え魂』聴いてます」と言われても、ついつい「どうもありがとう」みたいな。ちょっと無愛想になる瞬間もあったりしたんですけど、何ですかね…今、ようやくこの、2年くらいですかね、そうやって言われると、こみ上げてくるものがあったのは確かですから。

加藤浩次:感謝の気持ちを、しっかり言葉にした方が良いと思うんですよ、最後は。

山本圭壱:本当ね…

加藤浩次:しっかり。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

加藤浩次、『極楽とんぼの吠え魂』が10年7ヶ月ぶりに復活したことを山本に「この状況、当たり前じゃねぇからな!」

2017.02.20 (Mon)
2017年2月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『極楽とんぼの吠え魂』にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、10年7ヶ月ぶりに同番組が復活し、相方・山本圭壱と出演できることに、「この状況、当たり前じゃねぇからな!」と、フジテレビ系の番組『めちゃめちゃイケてるッ!』でおなじみのフレーズを口にしていた。

極楽とんぼのテレビ不適合者 民放各局に拒否され実現できなかった企画集編
極楽とんぼのテレビ不適合者 上巻~民放各局に拒否され実現できなかった企画集編!~ [DVD]

加藤浩次:10年前って言ったらね、小泉総理が代わってね、安倍政権が始まるときですよ。第一次安倍政権が。そこからずーっと来てなかったわけですよ。10年っていうのを、どう考えれば良いんだろうっていうね。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:僕は本当に、何を喋ろうかなぁって。

山本圭壱:ああ、そうですね。

加藤浩次:どういうテンションで行こうかなって。ずーっと考えてたの。この『吠え魂』をやるにあたって。

山本圭壱:なるほど。

加藤浩次:当時、僕は37歳、山本さんは38歳じゃないですか。

山本圭壱:はい、そうでした。

加藤浩次:その時の『吠え魂』の感じをね、やっぱり『吠え魂』リスナーは望んでんのかなぁって思いながら。

山本圭壱:はい。

加藤浩次:でも、10年経つと、随分変わるわけじゃん。

山本圭壱:そうですね、もちろん。

加藤浩次:娘の、長女の小羽がさ、5歳だったわけよ。それが4月から高校に行くわけよ。

山本圭壱:それは本当にビックリしましたね。

加藤浩次:10年ってそれだけの長さあるし、俺らも37歳、38歳からやっぱり10年年取って47歳、48歳になってるわけだよ。

山本圭壱:きてるねぇ。

加藤浩次:これはね、当時のテンションのままってわけにはいかねぇなって感じはしてんの。2人でラジオをやるにあたってね。あのたまらん兄さんとかってね、パンフレットを配ったりとか。

山本圭壱:はい、はい。

加藤浩次:DJヤマトってね、ふざけたコーナーやったりとか。

山本圭壱:そうでしたっけ。

加藤浩次:「ゴリラが棒を持ったら最強だ」とか言ってたりとかね。

山本圭壱:ええ、ええ。言ってましたね(笑)

加藤浩次:ああいうのはね、なかなかね。今やろうと思ったらできんだけど、ちょっともう等身大じゃない、無理が出るんじゃないか、と。

山本圭壱:なるほど。加藤さんのおっしゃってることも分かりますが、10年前もね、着る物から違ったじゃないですか。

加藤浩次:違ったね。

山本圭壱:私も、もうちょっと太ってて、ファッションも、髪も茶髪気味だったりね。

加藤浩次:チャラついてたからな。

山本圭壱:ブカブカして、短パン穿いたり、パーカー着たり、みたいなところから、10年経った今、教科書は『レオン』みたいな感じになってるじゃないですか。

加藤浩次:なんですか、なんですか。

山本圭壱:イタリアンカジュアルっていうか。スーツ系になってる感じですし、私も。あなたもスーツ系がいつもお似合いになる『スッキリ!』をずっとやられてるんで。ちょっとずつ、違う方向になってるのかな、とも私は思って。

加藤浩次:ファッション的なことじゃないのよ、俺が言ってるのは。

山本圭壱:内面?

加藤浩次:内面よ。色々あったろ、10年。山本も辛い思いをしたろ、いっぱい。俺も辛かった部分はあんのよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

極楽とんぼ山本、『吠え魂』出演のため10年7ヶ月ぶりにTBSラジオを訪れるも「ブースの場所を自分の足が覚えてた」

2017.02.20 (Mon)
2017年2月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『極楽とんぼの吠え魂』にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱が10年7ヶ月ぶりに同局の番組に出演し、「ブースの場所を、自分の足が覚えてた」などと語っていた。

極楽とんぼのテレビ不適合者 民放各局に拒否され実現できなかった企画集編
極楽とんぼのテレビ不適合者 上巻~民放各局に拒否され実現できなかった企画集編!~ [DVD]

加藤浩次:こんばんは、極楽とんぼ・加藤浩次です。

山本圭壱:こんばんは、極楽とんぼ・山本圭壱です。

加藤浩次:いやぁ、10年ぶりに…正確に言うと、10年7ヶ月ぶりですか。

山本圭壱:そうですか、10年7ヶ月。

加藤浩次:ラジオをやることになりました。

山本圭壱:はい。

加藤浩次:いやぁ、山本さん、グッときてるんじゃないですか?

山本圭壱:そうですね。まぁ、TBSラジオさんに入ったのが11時ですか。

加藤浩次:今日ね。

山本圭壱:今日、入りまして。正直なところ、下から上がってくる時に、まずパスをいただくんですね。ワンデーパスみたいなのをいただいたんですけど。10年7ヶ月前ですか。そのシステムがなくてですね。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:ちょうど、入る扉みたいなのがあるじゃないですか。パスをポッとやったら、プッて開くやつが。

加藤浩次:新幹線の改札みたいなね。

山本圭壱:あれがなかったんですよ、当時。パスをいただいたんですけど、どうやって入るかがイマイチ分かんなかったんで、1人誰か先に行かせて、その人がやるのを見て、入って参りました。

加藤浩次:そんな?そんなに触れてなかったんだなぁ。普通だったら、新幹線とか色んな街を見てたらだいたい、分かりそうなもんなんだけど。

山本圭壱:そうですか。

加藤浩次:それも分からなかった?

山本圭壱:新幹線とか、電車のシステムは分かってるんですけど、テレビ局のシステムっていうのが、電車のシステムになってるっていうのが…

加藤浩次:電車のシステムって(笑)どこでもそうだけどね(笑)どこの会社でも。

山本圭壱:本当ですか。

加藤浩次:まぁ、そうだよなぁ…
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

加藤浩次が語る「救急搬送時、たらい回しに」

2010.12.18 (Sat)
2010年12月16日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、加藤浩次がゲスト出演していた。そこで、腓骨を骨折してからの日々について語っていた。

加藤「左足でディフェンス背負ってたから、それで払った後にもう一度左足でシュート打とうとしたのよ。その時に、トラップがちょっと大きめになって、離れたところにボールがあったのよ。それで、右足に思い切り体重が乗ってて、体をひねろうとしたから骨折したのよ」

矢作「はいはい」

加藤「TBSの岸田ってやつがいて、そいつが近づいてきて、『オカシイ!足がオカシイ!』って言ったんだから」

矢作「言った(笑)」

加藤「何言ってんだって思ったんだから。その言葉を覚えてるのよ。それで足を見たら、アッチ向いてたんだから」

矢作「痛かった瞬間、『ヤバイな』って思ったんでしょ。だけど、検査してみたら折れてました、ってことじゃなくて、もう見た瞬間にヤバイなって思ったんでしょ」

加藤「そう。それで、救急車呼んでくれたんだよ。それで、救急車も来ねぇんだよ」

矢作「救急車はくるでしょうよ」

加藤「来ねぇよ!」

矢作「はっはっは(笑)」

加藤「救急車の来ねぇこと」

矢作「長く感じたんじゃないの?痛いから」

加藤「それでな、スポーツやってるやつも多いから、『足を下げちゃダメです、加藤さん。心臓より上げてないと』って言われて、箱みたいのに乗っけたら、パキってなって。脱臼しているところが嵌ったのよ」

矢作「えぇ?」

加藤「そうしたら、そのディレクターの岸田ってヤツが『治った!』って言って」

矢作「はっはっは(笑)」

加藤「治ってねぇよ!」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

加藤浩次が語る「芸能界でツイてない男、暫定1位」

2010.12.18 (Sat)
2010年12月16日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、加藤浩次がゲスト出演していた。そこで、腓骨を骨折してからの日々について語っていた。

加藤「よく俺をゲストで呼んだな。今、俺は芸能界でツイてない男、暫定1位でしょ。市川海老蔵か、俺かっていう。向こうは、楽しい思いをして、そのままやられてるから」

矢作「あぁ、まぁね」

加藤「でも、俺の場合は違うからね。フットサルも、みんな誤解しているかも知れないけど、オッサンが急にサッカーをやり出して骨折したんじゃないからね」

矢作「そうね、前からやってたね」

加藤「2年前からコツコツとサッカーをやり出して、毎週のようにやっていて、随分、体も動くようになって、体力もつくようになってからの骨折だからね。ツイてない度としてはかなり高いからね」

矢作「『(無理して)ほら、いわんこっちゃない』ってことじゃないからね」

加藤「そういうこと。体力も筋力もついての骨折だからね。インフルエンザだって、予防接種を1週間前に打ってるんだから。打ってての、インフルだからね」

矢作「予防接種打ってるのに罹ったの?」

小木「へぇ」

加藤「香港A型だから、予防接種に入ってるでしょうよ」

矢作「インフルエンザの予防接種って、何種類か入っていて、それでも外れたものに罹ったりするんでしょ」

加藤「香港A型なんかポピュラーでしょうよ。だから、医者からも1,000人に1人って言われたんだから」

矢作「予防接種していても、絶対じゃないんだよね」

加藤「予防接種の意味ないよな。これは、ツイてない度合い高いだろ。連続だし」

矢作「連続だもん。骨折で『スッキリ!』を1週間休んだでしょ。その後、『スッキリ!』を1週間出たんだよね。それで、インフルエンザで何日休んだの?」

加藤「3日間。インフルで休んでんだよ。ヒデェ話だよな」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

加藤浩次「芸人を辞めようと思った日」

2010.04.03 (Sat)
2010年04月02日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、芸人を辞めようと思った日のことについて語られていた。話の発端は、リスナーからの加藤への質問メールで、「今まで、芸人を辞めようと思ったことはありますか?」と訊かれていた。

このことを受けて、加藤は「あるっていえばあるんだよね。すごい昔。コンビを組んで2年目くらいだよね。ネタを作る作業が仕事、みたいな時だった。週に1回、ネタ見せがあったんだよ」

「その時に辞めようと思ったの。1週間くらい誰にも連絡がつかないところに行っていたんだよ。辞めようかと思って。腹が立ってな。1週間に1本、ネタを作らなければならなかったことに」

「別に俺らは、ネタで売れてきた人間じゃないけど、ネタは名刺代わりみたいなもんで、そこである程度、引っかからないと上に行けない、みたいなところがあるんだよ。でも、ブタ(山本)が、ネタを全く作らないんだよ。それにイライラして、トンズラしたことがあったんだよ」

「辞めてやろうと思って。俺ばっかりネタを作るのに嫌気がさして。当時、付き合っていたOLの女の子のところに転がり込んで、その子が会社に行くのを見送ると、そのままずーっとゲームやってたんだよ。それで、彼女が6時くらいに帰ってくると、『夕食作るね』って言われて、その飯を作ってもらってな」

「最初の3日目くらいは『こんな生活も良いな』って思ってたんだけど、5日目、7日目になると、『ヤバイ』って思いだしてね。その1週間、一度も外出しなかったんだよ。一歩も。送り出して、ゲームやって、迎えて、飯を食って…そんな生活を1週間も続けたんだよ」

さらに、加藤は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

加藤浩次「スッキリ!での号泣の舞台裏について語る」

2010.04.03 (Sat)
2010年04月02日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、相方・山本圭壱の不祥事により、コンビとしての活動を休止することとなった加藤が、当事者である本人の口から語っていた。話の発端は、リスナーからのメールで、「Youtubeで、スッキリ!で自分が号泣したシーンを観ましたか?」と質問されたことだった。

「まず、質問の答えから言いますと、観てません。本当に観る気も無いし、観るのもイヤなんですよ。でも、ビックリしたことがあったんですよ」

「ビックリしすぎて、ラジオでも喋って無かったことなんですよ。例の事件が、3年9ヶ月前くらいですよね。それから1年くらい経った時ですよ。家で、ハードディスクレコーダーで録り貯めた番組を観ていたんですよ」

「たまに、どんな番組を録っているのかって、一覧を見ることがあるんです。そこに、観ていない番組があって、『何かな?』って思って観たら、それは香織が『スッキリ!』のその映像を残してたんですよ」

「オープニングのそのシーンだけを、香織が残していたの。(例の事件の)傷は癒えていませんよ。カサブタになったか、ならないかくらいでしたよ。ビックリしましたよ。香織に『何、残しているんだよ?』って言ったら、『記念じゃん』って言うんだよ。俺も、笑っちゃったよ。香織なりに、笑いに変えようとしてくれたのかも知れない。それで、救われた部分もあるんだけどね」

さらに加藤は、以下のように当時の顛末について語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

加藤浩次「フットボールアワー後藤の性癖」

2010.04.03 (Sat)
2010年04月02日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、フットボールアワー・後藤輝基の性癖について語られていた。話の発端は、「最終回を迎えるので、リスナーからの質問に答える」と加藤が質問募集をしたことだった。

「加藤さんの好きな体位は何ですか?」という質問に対して、加藤は「帆掛け船が好きだね。女性の脚を1本持ち上げて、女性がサイドの形になって、こっちは脚を跨いで正座、みたいな形だよ」と答えていた。

「その理由はね…俺は、すぐにイキそうになるんだよ。すぐに負けそうになるの。『ごめん、お前スゴイな』って言って。俺が大したことないんじゃなくて、相手がスゴイんだって言うんだよ。相手を褒める作戦に出るんですよ」

「帆掛け船は、かなり持続できるんですよ。イキづらいんです。なぜなら、その姿を客観的に見たら、『何しているんだ…』って思えてくるからなんですよね。『何、モモの上で正座しているんだ』って思うと、大丈夫なんです」

「バックはキライだね。俺は責めているのキライだし。でも、Sの人の話を聞くと、スゴイんだよ」と、加藤は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

加藤浩次「放送作家の厳しい現実」

2010.04.03 (Sat)
2010年04月02日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、最終回を迎えるに当たって、加藤は番組開始からの10年を振り返っていた。その中で、同番組を務める放送作家である『鈴木工務店』と『オークラ』について語られていた。

加藤は「オークラなんか、今、何本番組をやっているのって話じゃん。吠え魂が始まった当初、鈴木工務店は8本くらいレギュラーがあったじゃん。オークラなんか、レギュラーはこの番組1本だけだったからな」

「それが今や、オークラは『はねるのトびら』を背負って立つような放送作家になってるんだから。『とんねるずのみなさんのおかげでした』にも入り、『ゴッドタン』もやっているし。今や12本のレギュラー番組をやっているんだってよ。12本のレギュラーがあるっていうのに、俺に仕事の話を持ってきた試しが無いんだよ」

「鈴木工務店は、入ってきたばっかりのオークラに、1から仕事を教えたんだろ。それが今や、オークラは12本、鈴木工務店のレギュラーは5~6本ってことだからな。倍やってるんだから。これが10年の歴史ですよ」

「恐ろしいわ。でも、しょうがないんだろうな。そういう世界(実力が全ての芸能界)にいるからな。でも、10年でレギュラー12本にのし上がったのはスゴイよな」

さらに、以下のように加藤は語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂

ココリコ・遠藤 「入院生活中に2度、自慰をナースに見られる」

2010.03.29 (Mon)
2010年03月26日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、ココリコ・遠藤章造が声帯ポリープの手術を受けていたことを明らかにしていた。話の発端は、遠藤が「まぁ、根っからのスケベですよ。でも、女性を今は好きになることは無くて、1日に3回手淫していまして、自分と向き合ってますよ」と語っていたことだった。

「38歳ですけど、1日に3回はヤってますけどね。久しぶりに当たりのDVDがあって、それはもうパッケージを見るだけでもう、興奮しちゃうくらいなんですけどね。その内容は、キスがスゴイうまい女性のDVDなんですけど、俺はキスがスゴイ好きなんですよ」

「そのDVDの女性は、俺の好きなキスの仕方をしてくれて、さらに口元がユルイんですよ。口元がユルイ女が俺は好きなんですよ、基本的に。ちょっと口が半開きになっている子なっている子なんです。めぐみって言うこの『ふくらみ』っていうDVDなんですけどね」

さらに、遠藤は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂