カテゴリ:土田晃之 日曜のへそ の記事一覧

| | さらに古い記事へ≫


本日の注目記事

元「週刊文春」記者・中村隆太郎、AKB48スキャンダルは「文春しかやらない」理由を語る「講談社は子会社にキングレコード」

2018.02.20 (Tue)
2018年2月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、元「週刊文春」の記者・中村隆太郎が、AKB48スキャンダルは「文春しかやらない」理由を語っていた。



土田晃之:「文春君(ふみはるくん)」が出てて、「アイドルが泊まったところが撮れてるんだけど、相手が誰なのか分からないからまだ出してない」みたいなことをなんかのテレビで言ってたんだよなぁ。

中村竜太郎:あ、それはね、ニコニコ動画で定期的にやってるやつで。

土田晃之:へぇ。

中村竜太郎:彼はアイドルが大好きなんですよ。

土田晃之:ああ、そうなんですか。

中村竜太郎:だから、AKBのスキャンダルをやってるのは文春だけだと思うんですけど。それ以外の媒体って、なぜかやらないんですよね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

土田晃之、太田プロのタレントが写真誌に掲載される写真を「撮り直した」と明かす「エゲつない写真をちょっとソフトに」

2018.02.20 (Tue)
2018年2月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、太田プロダクションのタレントが写真誌に掲載される写真を「撮り直した」と明かしていた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:写真誌とかだと、撮り直しありますよね?

中村竜太郎:あ、あります。よくご存知で。

土田晃之:僕は、まぁぶっちゃけ同じ事務所でいたんですよ。

中村竜太郎:はい。

土田晃之:1人(笑)話聞いて、「お前、出たな」って(笑)

中村竜太郎:ええ(笑)

土田晃之:「実は…」って。ちょっとエゲつなかったんで、ちょっとソフトに変えてもらう、みたいな。

中村竜太郎:ええ、それはあるんですよ。

土田晃之:要は協力した、みたいな。

中村竜太郎:そうですね。そういうのありますね。

土田晃之:でも、ってことは事前に知らされてるってことですもんね。

中村竜太郎:そうなんです。掲載する前に、たとえば太田プロのところに電話して。「こういうのが撮れたんで、掲載しますけどいいですか?」って確認をとるんですよ。

土田晃之:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

元「週刊文春」記者・中村隆太郎、落ち目のタレントが「自分のゴシップを売り込んでくる」こともあると暴露

2018.02.20 (Tue)
2018年2月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、元「週刊文春」の記者・中村隆太郎が、落ち目のタレントが「自分のゴシップを売り込んでくる」こともあると暴露していた。



リスナーメール:売名行為として、芸能人自らが自分のゴシップを売り込んでくることってありますか?

土田晃之:凄いね。

中村竜太郎:これは…なかなか言いづらいんですけど、ありますね(笑)

土田晃之:あ、あるんですか?

中村竜太郎:ありますね。

土田晃之:売名行為として、自分で自分のネタを。

中村竜太郎:はい。

土田晃之:たとえば僕が、仕事なくなってきて、「僕、不倫してるんですよ」みたいなことを売りにくる、みたいなことだったりするんですか?

中村竜太郎:そうですね(笑)ちょっと極端なたとえでしたけど、そういうことありますね。

土田晃之:え?

中村竜太郎:「○時○分、ここの辺りにいるから」みたいなこととか。

土田晃之:ああ、「この辺にいるから」って、写真撮ってくださいっていう。

中村竜太郎:そういうメッセージをよこしてきたりとか。

土田晃之:凄くない?それ(笑)

中村竜太郎:ええ(笑)

土田晃之:そうしてその後、その人はその先に何かあるんですかね(笑)

中村竜太郎:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

中村竜太郎、「忖度しない」週刊文春であっても広告スポンサーの記事では躊躇したと明かす「JALの広告が入ってた」

2018.02.20 (Tue)
2018年2月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、元「週刊文春」の記者・中村隆太郎が、「忖度しない」週刊文春であっても広告スポンサーの記事では躊躇したと明かしていた。



土田晃之:中村さんが追っかけてたんですけど、「もみ消される」みたいなことはあるんですか?

中村竜太郎:えーっとね、週刊文春は意外とね、そういうところに屈っしないってところなんですけど。

土田晃之:たしかに(笑)

中村竜太郎:ただね、私も一つあったのはね、私が航空関係者からもらったネタでですね、ボーイング777っていう飛行機があるんですけど。

土田晃之:はい。

中村竜太郎:そのエンジンが故障しちゃったっていう。それ、スクープだったんですよ。

土田晃之:はい。

中村竜太郎:これ、私も全日空とかJALとか、ボーイング社とか、エンジンを作ってるロールスロイスとかに取材をして、裏もとりまして。

土田晃之:うん。

中村竜太郎:それで原稿を書いたんですね。それが後にNHKのトップニュースになったんですよ。ところが私ね、原稿書いて出してるんですけど、「今週、載らなかったんですか?」と。

土田晃之:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

中村隆太郎、「週刊文春」記者は雑誌や新聞記者でヘッドハントされた精鋭集団だと明かす「全くの素人にはハードル高い」

2018.02.19 (Mon)
2018年2月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、元「週刊文春」の記者・中村隆太郎がゲスト出演し、文春記者は雑誌や新聞記者でヘッドハントされた精鋭集団だと明かしていた。



リスナーメール:そもそも、なんで週刊誌の記者になろうと思ったんですか?

中村竜太郎:あの、私ですね、元々、大学卒業した時はいわゆる普通の会社員だったんですよね。

土田晃之:あ、会社員なんだ。

中村竜太郎:ファッションメーカーに私、勤めていて。

土田晃之:はい。

中村竜太郎:で、私はその会社辞めて、出版社に入ったんですよ。

土田晃之:それはもう、出版社の社員なんですか?

中村竜太郎:最初、私が入った時は、光文社っていう女性誌いっぱいやってる会社に入ってですね。

土田晃之:はい、ああ、光文社。

中村竜太郎:そこで配属されたのが『女性自身』だったんですよね。そこでいくつかスクープ出してるときに、お声がかかって「週刊文春に来ないか?」って言われてですね。

土田晃之:週刊文春も光文社?

中村竜太郎:それはね、文藝春秋っていう別の会社なんですけど。その時私、「週刊文春」は疑惑の銃弾(ロス疑惑)っていうのをやってたりとか。

土田晃之:はい。

中村竜太郎:その当時だったら、統一教会のキャンペーンをやってたりとか。やたらめったら、事件に強かったんですよ。

土田晃之:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

元文春記者・中村隆太郎、大スクープのネタは「こんな話聞いたよ」という雑談が元で「点と点が繋がっていく」と明かす

2018.02.19 (Mon)
2018年2月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、元「週刊文春」の記者・中村隆太郎が、大スクープのネタは、「こんな話聞いたよ」という雑談が元で「点と点が繋がっていく」と明かしていた。



土田晃之:中村さんと言えば、スクープはNHKのプロデューサーの横領事件。

中村竜太郎:そうですね、これは2004年に私がスクープしたんですけど。要は、紅白のプロデューサーが8,000万の横領をしていた、と。要は制作費から8,000万。

土田晃之:番組制作費の中から。

中村竜太郎:そうです、そうです。最終的には立件されてない部分も含めて、3億円くらい横領してたんですけど。

土田晃之:へぇ。

中村竜太郎:その話をスッパ抜いたんですよね。そしたら、その時にNHKが受信料収入っていうのは大体、7,000億くらいあったんですけど、不払い運動が始まっちゃって。私、キャンペーンやってたんで。

土田晃之:へぇ。

中村竜太郎:7,000億の収入の内、不払いで止まってたのがね、2,500億くらいになっちゃったんですよ。

土田晃之:へぇ。

中村竜太郎:それでそのまま放っておくと、潰れるって話になって、時の海老沢会長が引責辞任するって話に発展したんですよね。

土田晃之:ああ。そもそも、裏方さんじゃないですか。

中村竜太郎:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

土田晃之、トップリード新妻が住居侵入で逮捕されて事務所契約解除となったことに言及「当然のこと」

2018.02.11 (Sun)
2018年2月11日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、住居侵入と窃盗未遂の容疑で現行犯逮捕されていたトップリード・新妻悠太が所属していた太田プロダクションから契約解除されたことについて、「当然のことだとも思いますんでね」などと語っていた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:ウチの事務所のことで言うと、トップリードというコンビの新妻が、お騒がせして申し訳なかったですね。

不起訴になったのかな。なるだろうって話で。結局、本人が釈放になったんですけど、芸人、誰も会ってないんですよ。別に連絡きてるわけでもないんで。僕も細かいことは分からないんですけど、事務所の社長とかとは話したらしいんですけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

土田晃之、アルマーニの制服を採用するような泰明小には子供を「絶対に行かせない」と発言

2018.02.11 (Sun)
2018年2月11日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、アルマーニの制服を採用するような泰明小学校には、子供を「絶対に行かせない」と発言などと発言していた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:テレビなんかでも、とにかく話題になってますけど。アルマーニの小学校の制服導入は、色んなところでこれやってますけど、どうなんだって声がありますけど。

どうなんですかね?なんか、銀座…さっきも言ってたけど、校長先生が一人で決めたの?凄いよね。なんでそんな…学校で会議みたいなの開かずにね、決めれるんですかね。どっかの国みたいですけども。

アレですね。この学校は、銀座で創立140年の歴史があって、和田校長は「銀座にあるブランドの力を借りるのも、学校らしさに含まれているのでよいのでは」と、標準服を発案、と。

でも、銀座にあるブランドって言うけど、アルマーニはイタリアですけどね。そもそも、銀座でやってる老舗の洋服屋さんとかの力を借りるなら、それは分かりますよ。「日本のブランドで、こんな素敵なのがあるんだよ」はいいけど。なにイタリアの力を借りてんの、みたいな。

記事みてたら、「銀座に店をかまえるバーバリー、シャネル、エルメスなど、他の海外ブランドにも問い合わせたが、前向きな回答をくれたのはアルマーニだけだった」っていうね。なぜここばかりっていうね。凄いよね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

土田晃之、乃木坂46卒業を発表した生駒里奈の素顔を明かす「本当にね、生駒ちゃんいい子」と語る

2018.02.04 (Sun)
2018年2月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、乃木坂46卒業を発表した生駒里奈の素顔について、「本当にね、生駒ちゃんいい子」などと語っていた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:乃木坂46の生駒ちゃんが卒業で。22歳だから、勝負にっていうことで。乃木坂46っていう、欅坂のお姉さんですわ。この子たちがいてくれたから、欅も生まれたってところがあるんですけど。

そこでずっと最初の頃、センターを務めてた生駒ちゃんが卒業ってことで。一つ、乃木坂の顔がいなくなるってことで。でも、22歳で次の人生のステップを考えての卒業だと思うんで。

本当にね、生駒ちゃんいい子で。ウチが初めて娘と親戚の子、女の子で中学生2人を連れて、乃木坂のコンサートに行ったの、バナナマンのヒムケンと見させてもらってて。

で、終わったらメンバーの子たちがいるところに通してくれて、写真撮ってくれるっていうから。別に俺とかはいいけど、娘とか親戚の子なんか「よかったね、ちょっと撮ってもらいな」って、お姉さんたちの間に入ってって時に、ウチの娘に生駒ちゃんが話しかけてくれて。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

土田晃之、貴乃花親方の「理事選2票で落選」について言及「結局、協会は何も変わらない」「国が関与するしかない」

2018.02.04 (Sun)
2018年2月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、貴乃花親方の「理事選2票で落選」について、「結局、協会は何も変わらない」「国が関与するしかない」などと語っていた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:貴乃花親方の2票で落選は、さんざんテレビでやってましたけど、まぁ別にそんなにガッツリ相撲ファンじゃないから、「ふ~ん」って感じで。

だけど、引いて見てると、「あ、結局、協会は何も変わらなかったんだな、変わらないんだなぁ」みたいな。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ