本日の注目記事

町山智浩、映画『万引き家族』や是枝裕和監督を批判する人々に嘆き「どこまで弱い者イジメの人たちばかりになったんだ、日本は」

2018.06.13 (Wed)
2018年6月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家・町山智浩が、映画『万引き家族』や是枝裕和監督を批判する人々について、「どこまで弱い者イジメの人たちばかりになったんだ、日本は」と嘆いていた。



町山智浩:『万引き家族』がカンヌ映画祭でグランプリをとったというところから、物凄いバッシングなんですね、日本でね。

山里亮太:そう。「日本の恥をさらすな」みたいなことを言われているって。

町山智浩:そうなんですよ。だから、『万引き家族』なんてタイトルの映画でってことで。

山里亮太:はい。

町山智浩:中身は観ないうちからね、タイトルだけで。「万引き家族」を素晴らしく描いているんじゃないか、みたいなね。

山里亮太:はい。

町山智浩:ことを察したんでしょうけど、タイトルのみで、映画を観ないでね。

山里亮太:はい、はい。

町山智浩:で、さらに福祉に関しての、政府のやり方に対して異議を示したりするような監督の映画であるにも関わらず、この映画を作るのに、助成金をいただいたんだ、ということで。

山里亮太:うん。

町山智浩:「国を批判するなら、助成金なんか貰うな」みたいなことで、また叩かれているんですよ。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:「ちょっと待て」って思いますよね、本当にね(笑)

山里亮太:うん。

町山智浩:というのは、この『万引き家族』の是枝裕和監督は、元々、自分の親が死んだことを隠して、その親の年金を受け取り続けてきた家族が、それが発覚した時に、不正受給した家族たちを、普通の人たちとか、テレビのワイドショーを含めてですけど、叩いたんですね。

山里亮太:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

赤江珠緒・ピエール瀧、吉村昭の小説『漂流』を絶賛「究極のサバイバル」

2018.05.19 (Sat)
2018年5月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒、電気グルーヴのピエール瀧が吉村昭のサバイバル小説『漂流』について語っていた。

赤江珠緒:人間社会って難しいよ、瀧さん。

ピエール瀧:まぁ、難しいっちゃ…

赤江珠緒:私ね、先週、瀧さんがおっしゃってた、吉村昭さんの『漂流』。

漂流


ピエール瀧:ああ、『漂流』?

赤江珠緒:読みましたもん。

ピエール瀧:ああ、読みました?凹むっしょ(笑)

赤江珠緒:もうあれさ、凄いよね。

ピエール瀧:はっはっはっ(笑)ガンガン凹むよね。

赤江珠緒:なんだろう、ホラーとかじゃないんだけど、実話で、江戸時代にたまたま船流されてしまった…

ピエール瀧:実話っていうか、そういう文献が発見されて。

赤江珠緒:文献が発見されて、で、漂流してしまった人たちっていうですね。

ピエール瀧:うん。

赤江珠緒:八丈島よりも、さらに南の方の、黒潮に乗っちゃって。

ピエール瀧:うん。

赤江珠緒:とんでもなく日本から離れて、アホウドリしかいない島に流れ着いたっていうね。

ピエール瀧:はい。

赤江珠緒:皆さんがどうやって生きてたかっていう話で。

ピエール瀧:生き残ったかって話。

赤江珠緒:その小説ですけども。なんかさ、何とも言えない怖さがあるよね。

ピエール瀧:恐ろしいよね(笑)

赤江珠緒:恐ろしいよね、アレ(笑)なんだろう、「生きるって、怖っ」って思う、なんかあるね。

ピエール瀧:はい。

赤江珠緒:なんて頼りないところを生きてるって言うか、なんかこうねぇ。死と生って、本当に境目が薄いというか、「怖っ」って思うんですよね。

ピエール瀧:そうね。

赤江珠緒:それでさ、しかもその限られた孤島の中で、もう出られないし、段々弱っていった人から、亡くなっていったりするじゃない。

ピエール瀧:亡くなっていきますね。

赤江珠緒:亡くなっていく様も、とてもあの怖いし、可哀想なんだけれども、残される側もまた恐怖っていうね。

ピエール瀧:はい。生き残るの、音吉じゃなくて…

赤江珠緒:生き残るのはね、長平さん。長平さんが生き残っていってね。音吉とかね、友達が死んでいっちゃうのよね。そうするとね、怖いのよ。

ピエール瀧:怖いですね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

赤江珠緒、日大アメフト選手の悪質タックル問題に「指示出されたからって、大学生になってもやるの?」と疑問

2018.05.18 (Fri)
2018年5月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスター・赤江珠緒が、日大アメフト選手の悪質タックル問題に「指示出されたからって、大学生になってもやるの?」と疑問を呈していた。

この差って何ですか?


ピエール瀧:日大のこと、やっぱりありますか?赤江さんはやっぱりね、あるでしょ?

赤江珠緒:ふふ(笑)こうやってね、ピエール瀧さんは物騒なところ、物騒なところに行ってね。

ピエール瀧:炎上しろ、炎上しろっていう。

赤江珠緒:ふふ(笑)誘い水かけるんですよ。

ピエール瀧:はい。

赤江珠緒:でも、あれはダメでしょ。

ピエール瀧:うん。それは当然ダメですよ。

赤江珠緒:ダメですよね。

ピエール瀧:いいわけないでしょ、あんなの。

赤江珠緒:アレについて思うのは、「監督が指示を出した」「出してない」って、まだ揉めてるんですか?

ピエール瀧:まぁ、そうですね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

『孤狼の血』白石和彌監督、赤江珠緒に番組で2回も共演しているのに「お会いしたことがない」と言われショック

2018.05.18 (Fri)
2018年5月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画監督の白石和彌が、赤江珠緒に番組で2回も共演しているのにも関わらず、「お会いしたことがない」と言われ、ショックを受けていたと明かされていた。

この差って何ですか?


赤江珠緒:瀧さん。

ピエール瀧:はい。

赤江珠緒:『孤狼の血』、絶賛公開中ということでね。

映画『孤狼の血』あらすじ・ネタバレ・結末

ピエール瀧:先週末ですかね、5月12日に公開されましたんで。12日に舞台挨拶ですよね。

赤江珠緒:はい。

ピエール瀧:「皆さん、ようこそいらっしゃいました。ありがとうございます」みたいなのをやってきたんですけど。

赤江珠緒:はい。

ピエール瀧:そこで、白石和彌監督にお会いしまして。

赤江珠緒:謝ってくれました?(笑)

ピエール瀧:で、白石監督が「瀧さん、赤江さん覚えてなかったらしいじゃないですか」って。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

ピエール瀧:「僕、2回も行ってるのに」って。2回あってるんですよ。

赤江珠緒:ごめんなさい(笑)…ああ、そう?あれ?

ピエール瀧:で、当然、謝ってません、僕は。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

ピエール瀧:それはそうでしょ(笑)

赤江珠緒:違うのよ(笑)本当に、テレビでお会いしてる人か何なのか分かんなくなってる(笑)

ピエール瀧:っていうか、僕が仮に謝るとしたら、なんて言って謝るの?(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、『アメトーーク』ウルトラマン芸人で自分の「ウルトラマンTシャツ」の量にドン引き「タンスひっくり返したら…」

2018.05.18 (Fri)
2018年5月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、テレビ朝日系の番組『アメトーーク』のウルトラマン芸人で、自分の「ウルトラマンTシャツ」の量にドン引きしてしまったと明かしていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

博多大吉:僕、ウルトラマン系のTシャツ。

赤江珠緒:あ、先生はね。

博多大吉:今度、20日ね、「ウルトラマン芸人」、『アメトーク』見てくださいね。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:そこでちょっと紹介するんですけど。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:もう、引く(笑)

赤江珠緒:ああ、そう。

博多大吉:引いた、自分で(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

赤江珠緒、映画『孤狼の血』を「縦糸・横糸のみっちり詰まった織物のような映画」と絶賛

2018.05.12 (Sat)
2018年5月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、フリーキャスターの赤江珠緒が、映画『孤狼の血』を「縦糸・横糸のみっちり詰まった織物のような映画」と絶賛していた。

赤江珠緒:『孤狼の血』について伺う前に、簡単にどんな映画かを、まずご紹介させていただきます。

昭和63年、暴力団対策法が成立する直前の時期に、広島の架空都市・呉原では、地元の暴力団・小谷組と新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子(いらこ)会系の加古村組の抗争がくすぶり始めていた。

そんな中、加古村組関連の金融会社社員が失踪。所轄署に配属となった新人刑事・日岡は、暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事・大上とともに捜査にあたるが、この失踪事件をきっかけに、小谷組と加古村組の抗争が激化していく、というストーリーです。

柚月裕子さんの小説を『凶悪』の白石和彌監督が映画化されました。

孤狼の血


ピエール瀧:うん。

赤江珠緒:ということですから、これは凄いですよ。

ピエール瀧:はい。

音尾琢真:面白いですよね。

赤江珠緒:ねぇ。まず、私は原作が女性の方が書かれたっていうことにも、まずビックリしましたけども。

音尾琢真:ええ。

赤江珠緒:中身がもう、しっかりもう取材されて、構築されたものに、さらに『凶悪』の白石和彌監督の演出が加わると、縦糸・横糸のみっちり詰まった、物凄く織物のような映画が出来ましたね。

ピエール瀧:いやぁ。

赤江珠緒:いや、本当に。

ピエール瀧:どえらい映画ですよね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、雑誌『GALAC』で表紙を飾るもその写真の自分にショック「うわ、老けてるなぁ」

2018.05.10 (Thu)
2018年5月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、雑誌『GALAC』で表紙を飾るもその写真の自分にショックを受けたと語っていた。

赤江珠緒:先生、『GALAC』という雑誌では…

GALAC 2018年6月号


博多大吉:ああ、はいはい。これね、リスナーの方も、申し訳ない。ほとんどご存じないかも知れませんけど。

赤江珠緒:『GALAC』っていうのは、なんて言うのかな、テレビとラジオの批評誌という、雑誌があるんですね。「放送批評懇談会」というところが出されているんですけども。

博多大吉:いわゆる、ギャラクシー賞っていう、あの賞を選ぶ団体というか、そういうところが発行してる。

赤江珠緒:月刊誌です。

博多大吉:はい。

赤江珠緒:もう、ずっとだいぶ長く続いていらっしゃる月刊誌ということで。今回は、華丸さんと大吉先生が。

博多大吉:はい、2018年6月号は、我々が表紙を飾らせていただきましたが。

赤江珠緒:これが、黒いタートルネックなんですよね。

博多大吉:表紙は、必ず着るということで、僕らも着て撮影しましたけれども。

赤江珠緒:はい、はい。

博多大吉:赤江さんも、これ表紙飾ったこともあるそうで。

赤江珠緒:もちろんですよ。

博多大吉:もちろんです?

赤江珠緒:当番組は、ギャラクシー賞をとったことがありますからね。

博多大吉:『たまむすび』が?

赤江珠緒:はい…え?今、初耳みたいな(笑)

博多大吉:ふふ(笑)知ってますよ。それ間違えて、井上陽水さんがね、お祝いしてくれた会ですから。

赤江珠緒:ああ、そうそう。

博多大吉:その時に、赤江さんが?

赤江珠緒:やりましたけど、やっぱり「黒いタートルネックを着てください」って言われて。撮りましたけど。

博多大吉:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、「まだまだ僕は、ギャラ的にお買い得」と番組スタッフに売り込み「スケジュールは割に余裕あります」

2018.05.10 (Thu)
2018年5月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、「まだまだ僕は、ギャラ的にお買い得」「スケジュールは割に余裕あります」と番組スタッフに売り込んでいた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

赤江珠緒:これはちょっと、今日はテレビ業界に物申す回になりましたね。

博多大吉、『あさイチ』でMCを担当するようになり視聴率を見るようになったと告白「毎日、4月から視聴率見るように」

赤江珠緒、情報番組のスタッフ会議で「京都は視聴率とれるけど、奈良はちょいちょい…」と言われていたと明かす

博多大吉、クイズ番組や情報番組が増えた上に高視聴率のネタ分析が行われるため「ネタ被りがもう凄い」

博多大吉、『あさイチ』のMCを始めて出演した他番組での「ネタ被りが尋常じゃなくなってきた」と告白

博多大吉:そうですね。でも、色んなことを物申しますけど、結局、皆さんに言いたいのは、「まだまだ僕、お買い得」だと思うんですね、ギャラ的に。

赤江珠緒:急に(笑)

博多大吉:だから、今、結構使ってもいいんじゃないですかね。

赤江珠緒:うん(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、クイズ番組や情報番組が増えた上に高視聴率のネタ分析が行われるため「ネタ被りがもう凄い」

2018.05.10 (Thu)
2018年5月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、クイズ番組や情報番組が増えた上に、高視聴率のネタ分析が行われるため「ネタ被りがもう凄い」と語っていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

博多大吉:『あさイチ』をやるようになって、前から抱えてたジレンマなんですけど、いろんな番組出してもらってるんですね。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:で、今のテレビ業界への苦言ではないですけど。まぁ、ナイナイの岡村君がラジオで言った通り、今のバラエティって、ほとんどクイズとか、旅とか、グルメとか、そんなんばっかりじゃないですか。

赤江珠緒:そうですね、多くなりましたね。

博多大吉:そういう番組に、僕よく出てるんで、なんていうのかな、ネタ被りがもう凄いんですよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

赤江珠緒、情報番組のスタッフ会議で「京都は視聴率とれるけど、奈良はちょいちょい…」と言われていたと明かす

2018.05.10 (Thu)
2018年5月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、フリーキャスターの赤江珠緒が、情報番組のスタッフ会議で「京都は視聴率とれるけど、奈良はちょいちょい…」と言われていたと明かしていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

赤江珠緒:データもねぇ、とれているようで、よくわかってないところありますから、作り手側もね。

博多大吉:うん。

赤江珠緒:私が昔いた、ABCとかでも、情報番組やってるときに、スタッフとかとね、会議になるわけです。

博多大吉:うん、うん。

赤江珠緒:「次はどんな企画でいく?」って。会議も出てたから、私は(笑)

博多大吉:へぇ。

赤江珠緒:「来週は、こういう企画でいきましょう」とか、その季節に関してとか。大体、そこで言うのがね、「京都は取れる」と。

博多大吉:京都の風景?

赤江珠緒:京都の情報はイケる。

博多大吉:視聴率は取りやすい、と。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび