本日の注目記事

おぎやはぎ矢作、睡眠時無呼吸症候群に対しCPAPで治療開始して睡眠の質が改善したと告白「脳に酸素が入ってくる感じ」

2018.11.09 (Fri)
2018年11月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、重度の睡眠時無呼吸症候群(AHI 55回/h)と診断され、C-PAP(持続陽圧呼吸療法)で治療を開始したところ、睡眠の質が改善したと明かしていた。

JUNK おぎやはぎのメガネびいきオフィシャルブック『めがね』
TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』 (タツミムック)

矢作兼:(CPAPを始めて)もう凄いのよ、結局寝れて。脳にね、酸素が入ってく感じがすんの。

小木博明:直接、鼻に行ってんだよね?

矢作兼:そう。

小木博明:酸素カプセルに入ってんのと一緒?

矢作兼:違うんじゃないかな。

小木博明:強引に、鼻から入れてるってことなのか。

矢作兼:もうさ、3~4時間ですげぇスッキリ目が覚めちゃってさ。

小木博明:うん。

矢作兼:その次の日、仕事だったんだけど。

小木博明:うん。

矢作兼:夜12時ぐらいに寝たら、3時ぐらいに目が覚めちゃって。睡眠バッチリだから(笑)

小木博明:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

おぎやはぎ矢作、重度の睡眠時無呼吸症候群と診断されてCPAPで治療中と告白「1時間に55回呼吸が止まってる」

2018.11.09 (Fri)
2018年11月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、重度の睡眠時無呼吸症候群(AHI 55回/h)と診断されて、CPAP(持続陽圧呼吸療法)で治療中と告白していた。

JUNK おぎやはぎのメガネびいきオフィシャルブック『めがね』
TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』 (タツミムック)

矢作兼:俺ね、最近、ザキヤマの勧めでね、あれ使ってんの、CPAPっていう。呼吸器の。

小木博明:ああ、持ってきてた、そう言えば。

矢作兼:持ってきてたでしょ。

小木博明:あんなデッカイ機械を。

矢作兼:ザキヤマが俺のことをね、「絶対に矢作さんは無呼吸だから、俺の行ってる病院に行った方がいい」って、ザキヤマが行ってる病院を紹介してくれたの。

小木博明:うん。

矢作兼:ザキヤマもそうなんだって。

小木博明:ああ、そうなんだね。

矢作兼:で、多分知ってる人は知ってると思うんだけど、鼻とかにさ、空気を入れ込むんだよ。

小木博明:うん。

矢作兼:俺はね、まずいびきもかくし、あと無呼吸だって言われたの。

小木博明:うん。

矢作兼:俺の寝ている姿を見た人はみんな。途中、「止まってるよ」と。

小木博明:ああ、はいはい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

カンニング竹山、睡眠時無呼吸症候群と診断されてCPAP治療を受けていると告白「無呼吸、危ないから病院へ」

2018.03.27 (Tue)
2018年3月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、睡眠時無呼吸症候群と診断されてCPAP治療(鼻もしくは鼻・口を覆ったマスクに、空気に圧力をかけて送り込むことにより、無呼吸を軽減する機械による治療)を受けていると告白していた。

カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」
カンニング竹山 単独ライブ「放送禁止2015」 [DVD]

リスナーメール:私は、この1年でいびきをかくようになってしまいました。朝起きると、喉がガラガラで、家族から「うるさい」と怒られるように。なんとかしたいです。

カンニング竹山:僕もそうですから。

吉田明世:はい。

カンニング竹山:あと、いびきは無呼吸の可能性もあるから。

吉田明世:いや、そうですよ。

カンニング竹山:呼吸器科に行って、もしあれだったら、CPAPって機械ありますから。

吉田明世:機械をつければ、呼吸がスムーズにできるようになって、いびきも軽減されるんですよね。

カンニング竹山:いびきもガーガー言わないですから。その機械つけないと。その診断受けたら、本当に危ないからね。睡眠時無呼吸症候群。

吉田明世:そうですよね。竹山さんもいびきかきます?

カンニング竹山:僕も、睡眠時無呼吸症候群で、CPAPつけてるんですけど…お金払いにいかなきゃいけないね。あれ、月1回病院に行かなきゃいけないから。

吉田明世:あ、そうなんですか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび