本日の注目記事

町山智浩、是枝裕和監督の映画には落語のモチーフが数多く登場していると指摘「『万引き家族』は長屋落語に似ている」

2018.06.19 (Tue)
2018年6月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家・町山智浩が、是枝裕和監督の映画には落語のモチーフが数多く登場していると指摘していた。



町山智浩:『万引き家族』ですけども、僕ね、これを観ててですね、是枝監督に質問したいことがあってですね。

山里亮太:はい、はい。

町山智浩:それは何かっていうと、「落語がすげぇ好きなんじゃないか?」って思ってるんですよ(笑)

赤江珠緒:落語?是枝さんが。

町山智浩:落語。

山里亮太:どういったところで?

町山智浩:『万引き家族』っていうタイトルで、主人公のリリー・フランキーさんは鳶職みたいな、建築現場で働いていますよね。

赤江珠緒:はい。

町山智浩:で、内縁の妻の安藤サクラさんが、クリーニング店で働いていて。でも、生活は苦しくて、共同生活してるわけですけど、樹木希林さん扮するお婆ちゃんとか、風俗で働いている松岡茉優ちゃんとかと。

山里亮太:はい。

町山智浩:その状況っていうのが、非常に長屋落語に似ている感じがしたんですよ。

赤江珠緒:ああ。

町山智浩:長屋っていうのは、まぁ一つの家ではないんですけど、みんな家族みたいに暮らしているんですよね。

山里亮太:はい。

町山智浩:血が繋がってないんですけども。

赤江珠緒:そうか、大家といえば親みたいなね。

町山智浩:そう!そう!そういうセリフがまったく出てきますけど。あと、ご隠居さんがいたりね。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:特に職業として、大工さんとか人足とか鳶の仕事をしている人が出てくるんですよね。

赤江珠緒:はい、はい。

町山智浩:あと、洗濯屋さんっていうのも出てくるんですよ、女の人で。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:だから、職業的にも非常に近いんですけど。あと、髪結いさんとかね、長屋に住んでいるのは。

赤江珠緒:たしかに。

町山智浩:で、それだけじゃなくてね、僕ね、なんで落語が思いついたのかなって思ったら、ネタが似ているやつがあったんですよ。

山里亮太:え?

町山智浩:それね、『寄合酒』っていう落語のネタがありまして。

山里亮太:はい。

町山智浩:これが、長屋のみんなでお酒を飲もうっていうことになって。そしたら、長屋はみんなズルくて、貧乏で、セコイ奴らばっかりだから、長屋の住人は。

山里亮太:うん。

町山智浩:酒の肴を、みんなね、盗んでくるんですよ。

山里亮太:ああ。

町山智浩:万引きしてくるんです、はっきり言って、いろんな方法で。

赤江珠緒:ええ、ええ。

町山智浩:でも大抵、間抜けだから失敗したり。あと、貧乏すぎて数の子を盗んでくるんですけど、どうやって食べたらいいのか分からなくて、煮てダメにしちゃうとか(笑)

山里亮太:ああ(笑)

町山智浩:たしか、そういうギャグなんです(笑)で、凄く似てるんですよ。

赤江珠緒:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、映画『万引き家族』を保守派が「国の恥」と批判したことは『わたしは、ダニエル・ブレイク』のカンヌ受賞時にも英国で起こったと指摘

2018.06.13 (Wed)
2018年6月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家・町山智浩が、映画『万引き家族』を保守派が「国の恥」と批判したことは、映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』のカンヌ受賞時にも英国で起こったと指摘していた。



町山智浩:僕、この映画を観ていて思ったのは、この前の前の年、2016年に、やっぱりカンヌ映画祭でグランプリをとった映画があるんですけが。

山里亮太:はい。

町山智浩:『わたしは、ダニエル・ブレイク』っていう、イギリス映画があって。そこでも、シングルマザーのお母さんが飢えて、廃棄されたというか、寄付された食料にかぶりつくっていうシーンがあるんですよ。

わたしは、ダニエル・ブレイク


赤江珠緒:うん、うん。

町山智浩:で、この『わたしは、ダニエル・ブレイク』っていう映画は、凄く似てるんですよ、『万引き家族』と。

赤江珠緒:ええ。

町山智浩:これは、凄く似ているんですよ、ポスターとかも似ているんですけども。

山里亮太:はい。

町山智浩:これは、ずっと働いてきたおじさんが60近くになって、怪我をして働けなくなるんですよ、同じでしょ、リリーさんと。

山里亮太:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、映画『万引き家族』の食うに困っての窃盗を批判する人々に反論「600万t以上の食料が廃棄されてる」

2018.06.13 (Wed)
2018年6月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家・町山智浩が、映画『万引き家族』に登場する、食うに困っての窃盗を批判する人々について、「600万t以上の食料が廃棄されてる」「それをたとえば食べれない人たち、ホームレスの人たちに行き渡ったら、それだけで相当救われるでしょう」などと反論を行っていた。



町山智浩:(『万引き家族』は)どういう映画かっていうと、物凄くこの家族が愛おしくなる映画でしょう。

赤江珠緒:はい、そうなんですよ。

町山智浩:あの子たちが、本当に可愛くてしょうがないでしょう。

赤江珠緒:そう、そう。

山里亮太:だから、何が正解かが分からないんだよね、こうなってくると。

赤江珠緒:ねぇ。何か綺麗なものを見たわけじゃないのに、「凄く美しい映画だったな」って思っちゃう感じがあるんですよね。

町山智浩:まぁ、綺麗なもんを見たんですよね(笑)見た目は汚いけどね。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:だから、いつも言っているように、「写真には写らない美しさがある」んですよ。

山里亮太:おお、『リンダリンダ』(THE BLUE HEARTS)だ。

町山智浩:あと、映画を観ないで攻撃している人とかはね、「そんなもんで暮らしてる奴らはクズだ」みたいなことを言って、酷いことを言っているんですけど。

山里亮太:うん。

町山智浩:あの家族は、働いているんですよ、実際。映画の中で、リリー・フランキー演じるお父さんはね、建設現場で働いているんですよ。

山里亮太:はい。

町山智浩:安藤サクラさん扮するお母さんも、クリーニング屋さんで働いているんですよ、一生懸命。

山里亮太:はい。

町山智浩:働いているのに、それでもご飯を食べるのが大変なんですよ。

赤江珠緒:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、映画『万引き家族』や是枝裕和監督を批判する人々に嘆き「どこまで弱い者イジメの人たちばかりになったんだ、日本は」

2018.06.13 (Wed)
2018年6月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家・町山智浩が、映画『万引き家族』や是枝裕和監督を批判する人々について、「どこまで弱い者イジメの人たちばかりになったんだ、日本は」と嘆いていた。



町山智浩:『万引き家族』がカンヌ映画祭でグランプリをとったというところから、物凄いバッシングなんですね、日本でね。

山里亮太:そう。「日本の恥をさらすな」みたいなことを言われているって。

町山智浩:そうなんですよ。だから、『万引き家族』なんてタイトルの映画でってことで。

山里亮太:はい。

町山智浩:中身は観ないうちからね、タイトルだけで。「万引き家族」を素晴らしく描いているんじゃないか、みたいなね。

山里亮太:はい。

町山智浩:ことを察したんでしょうけど、タイトルのみで、映画を観ないでね。

山里亮太:はい、はい。

町山智浩:で、さらに福祉に関しての、政府のやり方に対して異議を示したりするような監督の映画であるにも関わらず、この映画を作るのに、助成金をいただいたんだ、ということで。

山里亮太:うん。

町山智浩:「国を批判するなら、助成金なんか貰うな」みたいなことで、また叩かれているんですよ。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:「ちょっと待て」って思いますよね、本当にね(笑)

山里亮太:うん。

町山智浩:というのは、この『万引き家族』の是枝裕和監督は、元々、自分の親が死んだことを隠して、その親の年金を受け取り続けてきた家族が、それが発覚した時に、不正受給した家族たちを、普通の人たちとか、テレビのワイドショーを含めてですけど、叩いたんですね。

山里亮太:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、ディズニーはマーベルシリーズの中で同性愛描写を描くことを何度も挑戦して挫折していると明かす

2018.05.29 (Tue)
2018年5月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家の町山智浩が、映画『デッドプール2』について語り、その中でディズニーはマーベルシリーズの中で同性愛描写を描くことを何度も挑戦して挫折していると明かしていた。

町山智浩:今回(『デッドプール2』)はね、『家政婦のミタ』とかに出てた女の子で、日本の…忽那汐里(くつなしおり)ちゃんっているじゃないですか、女優さん。



山里亮太:はい、はい。

町山智浩:彼女が今回ね、出てくるんですよ。

山里亮太:凄いですよね。

町山智浩:彼女、英語ができるんですよ。オーストラリアかなんか出身なんですよね。

赤江珠緒:そうですよね。

町山智浩:今回、彼女がやる役は、X-MENの1人にいる、凄い長い名前の女の子で、ネガソニックティーンエイジウォーヘッドっていう女の子がいるんですね。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:その子は、自分自身が核爆発するのが超能力なんですけど(笑)その子の恋人役で出てきますよ、忽那汐里ちゃんは。

赤江珠緒:ふーん。

町山智浩:「ふーん」じゃなくて…

山里亮太:女性ですよね?

町山智浩:女性同士ですよ。

赤江珠緒:そっか、そっか。

町山智浩:女の子同士なんです。これ凄いのはね、物凄く画期的なことですよ。

山里亮太:画期的?

町山智浩:えーっと、スーパーヒーローモノってね、ずっとね、マッチョの塊みたいなものだったじゃないですか。

山里亮太:はい。

町山智浩:みんな筋肉モリモリで、「スーパーマン」とか「バットマン」とか。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:凄いもう、「男」っていう感じだったじゃないですか、筋肉モリモリで。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:だから、凄く同性愛とは相性が悪かったんですよ。

山里亮太:ああ、なるほど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、『デッドプール2』のテーマは「差別との闘い」であると語る「新しいですよ、スーパーヒーローモノとしては」

2018.05.29 (Tue)
2018年5月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家の町山智浩が、映画『デッドプール2』のテーマは「差別との闘い」であり、「新しいですよ、スーパーヒーローモノとしては」などと語っていた。

町山智浩:(『デッドプール2』は)寅さんが、毎回いい兄貴になろうとする、みたいな話でしたよ(笑)

山里亮太:なるほど、分かりやすい(笑)

町山智浩:そう(笑)だからね、どういう風にいい人になろうとするかっていうと、ここが凄くてですね。

山里亮太:はい。

町山智浩:今のアメリカで「いい人になる」っていうことは、どういうことかっていうことなんですよ。

赤江珠緒:うん、どういうことだ?

町山智浩:「X-MENっていうのは、女性差別だ」って言うんですよ、デッドプールは。「MENじゃないだろ。女性もいるじゃないか。だからX-MENはやめ。X-Forceだ」って、新しいチームを結成するんですよ、自分で。

山里亮太:へぇ。

町山智浩:今の一番の正義は、#MeTooムーブメントの状況ですから、アメリカでは。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:今の正義は、「差別と戦うこと」なんですよ。だから、彼の闘いは、差別との闘いなんですよ、今回のデッドプールは。

赤江珠緒:へぇ。

町山智浩:今まで、一番ヒドイ人間だったのに(笑)

山里亮太:ふふ(笑)そうですね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、『デッドプール』は主演ライアン・レイノルズにとっても再起をかけた作品だったと指摘「2度のアメコミ作品での失敗」

2018.05.29 (Tue)
2018年5月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家の町山智浩が、映画『デッドプール2』について語り、映画『デッドプール』は主演ライアン・レイノルズにとっても再起をかけた作品だったと指摘していた。

町山智浩:この『デッドプール』が凄いのはですね、デッドプールを演じる俳優さん、ライアン・レイノルズさんの復讐の企画なんですよ、これは。

山里亮太:ほう。

町山智浩:この人はね、なんとこの『デッドプール』の製作・主演・脚本をやってるんです、1人で。

赤江珠緒:そのライアン・レイノルズさんが?

町山智浩:はい。たった1人でやっているんですよ、だから。

山里亮太:凄いな。

町山智浩:この映画を、1人で作っているんですけど。どうしてこの人が、そんなことをしているのかっていうと、凄い苦難の歴史があったんですよ。

山里亮太:うん。

町山智浩:この人、10年前は「もう1人のライアン」と言われている、ライアン・ゴズリングと並ぶ、カナダ出身のNo.1セクシースターだったんですよ。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:で、こっからは、この2人のライアンが、セクシーの闘いになるだろうと言われていたんですよ、本当に(笑)

山里亮太:うん。

町山智浩:で、ライアン・ゴズリングの方は、どんどん、どんどんスターになって、『ラ・ラ・ランド』とか『ドライヴ』とかで大スターになっていったんですけど。





赤江珠緒:うん。

町山智浩:このレイノルズの方のライアンさんは、大失敗してつまずいちゃうんですよ、映画の選択に失敗して。そのつまずきが、"デッドプール"だったんですよ。

山里亮太:へぇ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

伊集院光、町山智浩が解説したトランプ候補が投票結果に「不正だ」と主張する理由に納得「出口調査の結果と異なる」

2016.11.05 (Sat)
2016年11月3日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、映画評論家・町山智浩が解説した、ドナルド・トランプ候補がアメリカ大統領選で投票結果に「不正だ」と主張すると考えられる理由に納得した、と語っていた。

トランプがローリングストーンズでやってきた 言霊USA2016


伊集院光:いよいよ近付いて来ました、大統領選なんですけど。

中村尚登:はい。

伊集院光:まぁ、クリントンさんのメール問題なんかが出るたびに、またトランプさんの人気が回復、みたいになるじゃないですか。

中村尚登:はい。

伊集院光:凄く注目してしちゃうのが、この間、ゲストに来た町山智浩さんが、アメリカにいる人なんで、本も出している人なんで。アメリカの物凄い保守的なところ、「男に黙って、女はついてくれば良いんだ」みたいな、物凄い保守層の人達は、トランプさんを物凄く支持する、と。

嗣永桃子:うん。

伊集院光:そういう人が、いっぱいいる州とかがある、と。そういうところでは、投票所の表で出口調査をして、「誰に入れましたか?」って言うと、お父さんは「それは、トランプに決まっているだろう。なぁお前」「はい、私もトランプに」って言うけど、実際、奥さんがトランプに入れているかどうか。これは、町山さんの見方なんですけど(笑)

中村尚登:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

山里亮太、Mr.マリックが町山智浩のことを全くの別人と勘違いしていたと明かす「村岡さん…真っ赤なロン毛でさ」

2016.01.28 (Thu)
2016年1月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、番組共演したMr.マリックが映画評論家・町山智浩のことを、「村岡さん」「真っ赤な髪のロン毛でさ…」などと、恐らく高橋ヨシキのことであると思われるが、勘違いしていたと明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]
バップ 2014-08-22

Amazonで詳しく見る

山里亮太:今日、久しぶりに帰って参りました、シネマゲスラー・山里亮太。私、シネマゲスラーね。観た映画の「ここで抜け」というのを教えるのだけを生業にした、このシネマゲスラー。久しぶりに、映画をしっかり観てきたんで、そのお話を今日、させていただきたいな、と。

やっぱり、ラジオをやらせてもらっている人間として、観た映画を上手に皆さんにお伝えする。これ、憧れなんですよね。昼、やらせていただいている『たまむすび』で、町山智浩さんから映画を教わり、それを観に行って皆さんに伝える。これが私、憧れのことでして。今日、久しぶりにそれが出来るということで、ちょっとドキドキしながらお送りしたいな、と。

あと、余談なんですけど、今日、たまたま『はにまるジャーナル』という番組がありまして。その『はにまるジャーナル』の収録で、スペシャルゲストでMr.マリックさんがいらっしゃってて。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

町山智浩、映画『スティーブ・ジョブズ』はジョブズをリア王になぞらえ解釈していると指摘「娘を拒絶したジョブズ」

2015.10.28 (Wed)
2015年10月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家の町山智浩が出演し、映画『スティーブ・ジョブズ』でのスティーブ・ジョブズの解釈について解説を行っていた。

自由にものが言える時代、言えない時代
自由にものが言える時代、言えない時代爆笑問題 町山智浩

太田出版 2015-04-11

Amazonで詳しく見る


楽天市場で詳しく見る


町山智浩:Macを発売して、「コンピューターの歴史を変える」っていう、その直前、Macを動かした時に、「みなさん、こんにちは。私は、マッキントッシュです」って、自己紹介を音声でコンピューターにさせようとしたんですね。

赤江珠緒:はい。

町山智浩:そうしたら、それが動かないことが分かって。もう、怒鳴り散らすわけですよ。

赤江珠緒:そりゃあそうですよ。世紀の発表みたいに、大々的にやるわけですからね。

町山智浩:そうなんですよ。「これで俺は、革命を起こすのに!テメェら、何やってんだバカ野郎!」みたいなことを言って。大暴れしてるんですね(笑)

赤江珠緒:へぇ。

町山智浩:「この人、ヤベェな。面倒くせぇ人だな」みたいなところが、最初に出てくるんですけど。ステージが始まる直前、その楽屋に小さい、5歳くらいの女の子が来るんですよ。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:女の子を連れて来た人が、「あなたの娘のリサよ」って言うんですね。

赤江珠緒:そんなドタバタしてる時に?

町山智浩:スティーブ・ジョブズさんは、高校時代に付き合っていた女性と同棲してて、そこで子供を作っているんですけど。それがリサっていう女の子なんですね。ところが、彼は自分の娘だって認めなかったんですよ。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:何度も、何度もそのお母さんが連れてきて。「養育費、払ってよ」みたいなことをやってるんですけど。それで、DNA鑑定で、父親だって認定されたのに、それでも拒否し続けたんですよ。

赤江珠緒:それはヒドイじゃないですか。

町山智浩:ヒドイんですよ。今回の映画は、「どうしてそんな人なのか?」っていうのをある種、軸としてるんですね。「何故、彼は自分の娘を父親として引き受けなかったのか。それが、彼自身の暴君的な性格の根本になっているのではないか」っていう風に、推察していく映画なんですよ。

赤江珠緒:はい。

町山智浩:だって、どう考えてもおかしいわけですよ。DNA鑑定で、娘と分かっている上、母親と同棲してたんですよ。どう考えても自分の娘なのに、「ふざけるな!何しに来たんだ。そんなの、俺の子じゃねぇ!」とか言ってるんですよ、子供の目の前で。

赤江珠緒:はい。

町山智浩:ヒドイんですよ…そこで、この娘が9~10才ぐらいになって、また楽屋に訪ねてくるんです。この時、1988年のNeXTっていう、教育用のワークステーションで。学校とかに納品するためのコンピューターシステムを、彼は考えて。それを売り出して、その発表会の楽屋にまた、10才ぐらいになった娘が来るんですね。

赤江珠緒:うん。

町山智浩:でも、それをまた拒否するんですよ。ジョブズは、「出て行け!」みたいな感じで。

赤江珠緒:うわぁ…ちょっと、人でなしだな。

町山智浩:結構、人でなしなんですよ。

山里亮太:イメージ、違うなぁ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび