本日の注目記事

オリラジ中田敦彦、新著『労働2.0』のキンコン西野亮廣による帯の文章を発表「全ての成功には理由があって…」

2019.02.16 (Sat)
2019年2月13日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、新著『労働2.0』のキンコン西野亮廣による帯の文章を発表していた。



中田敦彦:西野さんのマネージャーさんから、LINEが来まして。「帯文、できました」って。文章を送ってくれたので、ここで発表しますね、帯文を。

僕の『労働2.0』という本に対する帯ね。「全ての成功には理由があって、全ての失敗には原因がある。だから全員にチャンスがある。中田君は、それを教えてくれた。いい本だ」という帯です。

いい文章ですね。なるほどなぁ。成功と失敗の理由と原因がね、色々と明らかになる。僕は、まぁあらゆる成功から学び、あらゆる失敗から学びながら、皆にそれをワーワー共有していく、と。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田敦彦、「幸福洗脳」ブランドグッズのネット通販をやめて実店舗のみでの販売としたら「無茶苦茶、文句がきた」と明かす

2019.02.16 (Sat)
2019年2月13日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、「幸福洗脳」ブランドグッズのネット通販をやめて実店舗のみでの販売としたら「無茶苦茶、文句がきた」と明かしていた。



中田敦彦:私ね、一回通販を閉じたんですよ、バーンてね。閉じたわけなんですよ。ゼロにしました。「店、来てくれよ」って。

そしたらどんな目に遭ったか、私が。無茶苦茶、文句きました、地方の方から。「ふざけんなよ」と。「中田、私、行けないんですけど」と。「そんなにおいそれと店、行けないんですけど。でも、このラジオ聴いて、応援してたんですけど」と。

「応援してたのに、ハシゴ外された気分ですわ」と。「そんなに東京に行かなきゃいけませんか?」と、ブチギレられて。俺も、ショック受けました、本当に。

なんかね、やっぱり自分が生活している環境じゃない人のことって、なかなか想像できないよね。「ああ、そうか。そんなに大事なんだ」って。その他の方々のも見ました。たとえば、障害を持ってる方でね、「おいそれと外出できないんだ」っていう人たちが、どれだけ通販を感謝してるか分かってますか、と。

物凄く怒られまして。「なるほどな」と。これ、0対100じゃないなのかもって思ったんですね。要するに、通販で売ってたら、要するに店頭がウィンドショッピングの場所になっちゃって、「ああ、いいな。じゃああとは郵送で届けてもらおう」じゃないじゃんって。店で買うことの体験を味わってよっていうことと、通販をやることっていうのは、実は両立できるんじゃないかっていうところに至ったわけですね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

キンコン西野亮廣、ホリエモンは本を売るために「日本でトップクラスに本屋の挨拶回りをしてる」と明かす

2019.02.14 (Thu)
2019年2月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、堀江貴文は本を売るために「日本でトップクラスに本屋の挨拶回りをしてる」と明かしていた。



西野亮廣:基本的には、この考え方がいいと思うんだけど。

中田敦彦:はい。

西野亮廣:「ネットはもう、誰も見てねぇ」っていう(笑)

中田敦彦:へぇ。

西野亮廣:数で言うと。結局、本を売ろうと思ったら、やっぱ本屋さんが一番売れるから。

中田敦彦:へぇ。

西野亮廣:なので、本屋さんを徹底的に応援するっていう。

中田敦彦:そうか。

西野亮廣:僕、だから本屋さん飲み会、むっちゃやったもん。

中田敦彦:へぇ、凄いな。

西野亮廣:地方行くたびに、その地方の本屋さんにお声がけして「一緒に飲みましょう」って飲み会して、本屋さんの悩みを聞いて「それはこうした方がいいんじゃないですか」みたいなことを結構やった。

中田敦彦:それ凄いなぁ。本という商売が、アナログな一面がデカイっていうところを押さえてるわけですもんね?

西野亮廣:結局、本は足を使った人が一番売れるっていう。指使う人より。

中田敦彦:うん。

西野亮廣:堀江さんもやっぱり…言うて堀江さんって、多分日本でトップクラスくらい本屋さんの挨拶回りしてるから。

中田敦彦:うん。

西野亮廣:「お願いします、お願いします、お願いします」ってやりまくって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

キンコン西野亮廣、ビジネス書は絵本やサロンの宣伝のために書いたと告白「『新世界』はサロンの宣伝」

2019.02.14 (Thu)
2019年2月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、ビジネス書は絵本やサロンの宣伝のために書いたと告白していた。

西野亮廣:本は、もうノベルティー化しないと辛い。

中田敦彦:誘導するってことですよね?

西野亮廣:そうだね。

中田敦彦:だから、『ファンファーレ』ではサロンに。

西野亮廣:そう、そう。みたいな感じで。『革命のファンファーレ』は、『えんとつ町のプペル』の宣伝で。





中田敦彦:ああ、その宣伝だったんだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

キンコン西野亮廣、戦略について口出しせず「人に任せる」ことをしないとビジネスは成長していかないと語る

2019.02.14 (Thu)
2019年2月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、戦略について口出しせず「人に任せる」ことをしないとビジネスは成長していかないと語っていた。



西野亮廣:自分はビジネス書を結構早めに書いて、あーだこーだって戦略を語っていって。

中田敦彦:うん。

西野亮廣:で、それでいろんな方に応援してもらったっていうのは一つあるんだけど。

中田敦彦:はい。

西野亮廣:だけど、もう1サイズ大きくしようと思ったら、「これじゃ無理やな」っていうところに頭打ちして。戦略語るだけでは…

中田敦彦:どの瞬間にそれ感じたんですか?「頭打ちだなぁ」って。

西野亮廣:なんか、それこそビジネス書が結構売れたんだよね。

中田敦彦:『ファンファーレ』ですか?

西野亮廣:全部売れたんだよ。全部、大体10万部か15万部ぐらい売れてて。

中田敦彦:うん。

西野亮廣:で、「結構売れたなぁ」って思ったんだけど、なんか、一個前に出したビジネス書から1年2年経ってるのに、仕事のサイズが大きくなってないなと思って。

中田敦彦:へぇ。

西野亮廣:結局、「そうかぁ」って思って。「自分以下の人しか集まってない」って思って。「自分以下」って言い方は悪いけれど。

中田敦彦:うん。

西野亮廣:自分の言うことを聞いてくれる人しか集まってこない。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

キンコン西野亮廣、バッシングや批判ツイートをあえて自らリツイートして拡散した理由「競合がいなくなる」

2019.02.14 (Thu)
2019年2月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、バッシングや批判ツイートをあえて自らリツイートして拡散した理由について語っていた。



西野亮廣:中田敦彦が「芸能村から飛び出しました」ってなったら、当然、芸能村から村八分に遭うわけじゃん。

中田敦彦:はい。

西野亮廣:「何やってんだ?」って、魔女狩りに遭うわけじゃん。

中田敦彦:はい。

西野亮廣:それって別に芸能界関係なく、多分ビジネスのことでも、「なんでアイツ、こんなことやってるの?」みたいなバッシングに遭うと思うねんけど。

中田敦彦:うん。

西野亮廣:その時に、これはテクニックの話になるんだけど、バッシングされてる声を、シェアするっていう。

中田敦彦:うん。

西野亮廣:要は、「広める」っていう。リツイートしまくる。

中田敦彦:うん。

西野亮廣:で、それが何がいいかっていうと、「あ、なるほど。芸能村出てあそこで活動すると、バッシングされるんだ」っていうのを、芸能村の人に見せておけば、競合がいなくなる。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

キンコン西野、ビジネスの成功のためには「戦略よりも夢」を語るべき理由「戦略を語りすぎると、戦略を練れるスタッフが入ってこない」

2019.02.14 (Thu)
2019年2月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、ビジネスの成功のためには「戦略よりも夢」を語るべき理由について説明していた。



西野亮廣:(中田へのアドバイスとして)「もっと夢を語る」っていう。

中田敦彦:おお、夢ね。

西野亮廣:夢、このラジオでも語ってるんだけど。語ってる夢の量と、戦略の量があると思うんだけど、戦略の量がちょっと多いな。

中田敦彦:ああ、そうか。

西野亮廣:戦略を語りすぎると、戦略を練れるスタッフが入ってこない。

中田敦彦:ああ、なるほどね。

西野亮廣:つまり、自分が天才になるよりも、天才が集まってくる自分になった方が早いわけじゃん。

中田敦彦:たしかに。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

キンコン西野、お笑いライブで「セットを豪華に」する戦略をとった理由「SNSで広まれば広告費を0円にできる」

2019.02.14 (Thu)
2019年2月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、お笑いライブで「セットを豪華に」する戦略をとった理由を語っていた。



中田敦彦:西野さんってどういう人かっていう、あんまり論じられてないところを訊きたいなぁって思ってて。

西野亮廣:はい。

中田敦彦:西野さん、実はお笑いライブにはこだわる人なんだけど。ネタとかじゃなくて、セットにこだわるじゃないですか。

西野亮廣:ああ、はいはい。

中田敦彦:俺、あれを間近で見たときに、「え?…めちゃくちゃ面白い」って思ったんですよ。

西野亮廣:はっはっはっ(笑)たしかに。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田、キンコン西野の後追いをする前に「芸人じゃない」とイジったことを謝罪「本当すみませんでした」

2019.02.14 (Thu)
2019年2月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、キングコング・西野亮廣の後追いをする前に、「芸人じゃない」とイジったことを謝罪していた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:俺、最初は西野さんが何やってるか、マジで分かんなかったんですよ
ね。

西野亮廣:うん。どれぐらい前の話?

中田敦彦:2011年ぐらいかなぁ、12年ぐらいだったと思うんですけど。

西野亮廣:うん。

中田敦彦:俺が、タカトシさんの番組で、西野さんをイジる、みたいな。

西野亮廣:『笑いの王国』。

中田敦彦:そう、そう。そのくだりがあって、西野さんはその時、チケットの手売りやったり、サロンもその時やってましたっけ?

西野亮廣:やってた。

中田敦彦:サロンやってて。で、絵本作って。あの時、ルミネとかでコツコツ描いてましたもんね。

西野亮廣:やってた、やってた。

中田敦彦:そういうことをやってる西野さんを、俺はなんか、「お笑い芸人じゃない」みたいな雰囲気でイジる、みたいなことをやったんですけど。

西野亮廣:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン

オリラジ中田敦彦、ZOZOからの出店アパレル撤退は「ブランド価値を変えられてしまう」ことへの不安が大きな要因と指摘

2019.02.14 (Thu)
2019年2月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』にて、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、ZOZOからの出店アパレル撤退は「ブランド価値を変えられてしまう」ことへの不安が大きな要因と指摘していた。

僕たちはどう伝えるか


中田敦彦:ZOZOTOWN、もう今、凄いニュースになったじゃないですか。どっかのアパレル大手が撤退することを決めた。それは何でかって言うと、実はZOZOARIGATOっていうサービスが始まったことなんですよね。

ZOZOARIGATOっていうのは、サブスクリプション。月額で定額とって、その分ね、どのブランドも割り引きますっていうやり方なんですね。でも、それってブランド側が決める割り引きじゃないでしょ。プラットフォーム側が決める割り引きなんですよ。

それっていうものに対して、ブランド側がそこまで割り引かれてしまうと、「僕たちが店舗で売ってる物っていうよりも安い」と。っていうことは、店舗がショールーム化してしまうじゃないですか。

店舗で見て、試着して、ZOZOで買うっていうことが成立してしまう。そして、「不本意なタイミングで割り引いてしまうことによって、自分たちのブランド価値ってどうなるんだろう?」っていうことを不安に思った、いろんなブランドさんが撤退してるっていうニュースが今なんですよ。

面白いなと思った。僕は、ZOZOTOWNって凄いプラットフォームだと思うんですよ。だって、試着しなきゃ買えないって言われてたあのアパレルをだよ。試着せずに買うっていう、ネットで売るっていう、全く新しい次元を開いたパイオニアじゃないですか。カッコイイと思いますよ。

それを返品させる作業とかさ、そのサービスを構築するって、もう本当に人並のものじゃないから凄いと思うけど、それが普及した今、違う問題が突きつけられてるんだと思った。

ファストファッションが隆盛してる、割り引きが隆盛してる。それで、ネットショップが完全に普及した。そんな中で、「人が服着るって何?」って。俺、「服ってなんだ?」って思った。俺ね、やって初めて思ったのが、「幸福洗脳、着てくれよ」って言って、無理にタレントさんの友達に押し付けることだけは絶対したくなかった。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  中田敦彦のオールナイトニッポン