本日の注目記事

三遊亭円楽、桂歌丸が亡くなる間際で落語の腕が格段に上達した理由を語る「談志・円楽・志ん朝への悔しさが全部出て」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、落語家・三遊亭円楽が、桂歌丸が亡くなる間際で落語の腕が格段に上達した理由を語っていた。



三遊亭円楽:あのね、談志師匠とか、ウチの師匠とか、歌丸師匠から学ぶことはただ一つなんです。落語が好きか嫌いかって。やり方は違うけども、談志も円楽も歌丸も、みんな落語が好きなの。

伊集院光:うん。

三遊亭円楽:そして、落語界のことを考えてる。そして、落語界に対するアプローチ、外へ対するアプローチ。その方法が違ってただけ。理想は一つなんだよ。落語という一番の大神様に対して、尊敬をしてるわけ。

伊集院光:凄かったですよね。この番組に出ていただく。で、ネタになりそうだってことで、師匠と歌丸師匠に二人会を見に行った時に、幕が開く寸前まで鼻にチューブ入って、車椅子で。開いた途端に、何の問題もなく落語をやって、閉まっていく。壮絶な、「なに?この落語の決死隊」みたいな感じ。

三遊亭円楽:そう、そう。

伊集院光:ああいうものの教えてくれることは、師匠も多いですか?

三遊亭円楽:ねぇ。

伊集院光:歌丸師匠のああいう姿を見て、思うところって、いっぱいあるんですか?

三遊亭円楽:だから…歌丸師匠は、不器用なんですよ。ウチの師匠なんてのは、遊びがまだまだ、麻雀だとか、なんだとか息抜きあったでしょ。歌丸師匠は、何の息抜きもないわけ。

伊集院光:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

三遊亭円楽、伊集院光ら弟子たちにスパルタ教育を行わなかった理由を告白「それは、ウチの師匠(先代円楽)が間違ってたから」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、落語家・三遊亭円楽が、伊集院光ら弟子たちにスパルタ教育を行わなかった理由を告白していた。



伊集院光:謎なところは、今、スポーツ界でも何でも、一番つき当たってるところって、めちゃくちゃなところで育つわけじゃないですか。スパルタでも何でも、育つでしょ?

三遊亭円楽:はい。

伊集院光:そうすると、その人はそれで実績を上げたら、そのめちゃくちゃなことを次に教えるのが、むしろ普通じゃないですか。で、ある意味、その前の円楽師匠の、ある意味めちゃくちゃな。感覚的な教え方で、自分はそれなりに出てきたわけだから、そうすると俺らに対しても、そうなって普通なのに。

三遊亭円楽:うん。

伊集院光:たとえば、よく「苦労は買ってでもしろ。芸の肥やし」って言うけど、「無駄に苦労しちゃダメ。で、肥やしやりすぎると、菊枯れるじゃん」って言うのね。

中村仁美:はっはっはっ(笑)

伊集院光:「だからお前、今日映画でも見てこいよ」っていう。そんな鞄持ちなんかいないのよ、他には。他にはいないんだけど、あの切り替えは。あの世代間の切り替えは、なんでできるんですか?

三遊亭円楽:それは、ウチの師匠が間違ってたから。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

三遊亭円楽、先代の五代目円楽から教えられた「落語はなくていい商売」という言葉の意味を語る「それを悟られるんじゃねぇぞ」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、落語家・三遊亭円楽が、先代の五代目円楽から教えられた「落語はなくていい商売」という言葉の意味を語っていた。



伊集院光:僕が、師匠のところで育ってよかったなって思うのは、落語家の師匠達って、基本的には「盗め」って世界じゃないですか。きちんと教えるってよりも、理論的なことよりも、それこそ先代の円楽師匠は、「ここでお客さんをボーンッとつかんだら、グググッときて、ドカーンッ!」って人じゃないですか。

三遊亭円楽:擬音でおどかす人ね。

伊集院光:擬音で教える人だけど、ウチの師匠は「ここ3分間、ギャグが入ってないところに、若手はつい自分のギャグを足したがるけど、ここは理由なく入ってないんじゃない。3分10秒後のこのギャグまで、笑いに飢えさせて、飢えさせてだから、ここに何か入れちゃいけない」みたいな。授業みたいな人なの。

中村仁美:わかりやすいですね、しかも。

三遊亭円楽:教えるとね、つい授業になっちゃうんですよ。普通の稽古って、自分がやってみせて、「覚えた?あ、そう」って聞いて、「これでいいよ」って、ある程度のレベルに達してたら、やっていいなんだけど。

伊集院光:うん。

三遊亭円楽:気づきがないんですよ、落語に対する。「なんでここに、このセリフがあるか」ってことを教えてあげないと、ただ黙ってやってるから。

伊集院光:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

三遊亭円楽、毎年受けていた呼吸機能検査での異変をきっかけにごく初期の肺癌が発見されたと告白「ちょっと力がなさすぎるから」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、落語家・三遊亭円楽が、毎年受けていた呼吸機能検査での異変をきっかけにごく初期の肺癌が発見されたと告白していた。



伊集院光:まず、経緯としては、どういうタイミングで見つかったんですか?

三遊亭円楽:いや、これは毎年の検査の中でもって、ちょっと毎年やってる(呼吸機能検査の)1秒率で、肺の方に、ちょっと力がなさすぎるから。「CT撮らせてくれ」って。

伊集院光:はい。

三遊亭円楽:で、CT撮って。他の検査入院も含めて。十二指腸の腺腫があったんでね、それをまぁ経過観察してたの。

伊集院光:はい。

三遊亭円楽:そのつもりでいたらば、その呼吸器の先生が、「CT、もう一回、入院中に撮ってくれませんか?」と。

伊集院光:はい。

三遊亭円楽:で、その次に今度はちょっと気管支鏡検査をやってみたいって言うんですよ。「それで、ちょっと届かないかもしれないけど、細胞とらせてください。とれるかどうか分からないけど、やらせてください」と。

伊集院光:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、三遊亭円楽の落語のおかげで『Qさま』でロザン宇治原を破って優勝したと明かす「奇跡が起こるんだよ」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、三遊亭円楽の落語のおかげでテレビ朝日系の番組『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』でロザン宇治原を破り、優勝を果たしたと明かしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:奇跡が起こんだよ。その師匠の、金曜日にやった落語会。見に行った落語会で、もう縁起でもないのは、前から決まってる落語会だから。

師匠からしたら、その落語会には、戻って来る予定で恐らく多分、手術とかのスケジュールも組んでると思うの。だから、「俺、落語やるよ」っていう。ベッドにいても、「木曜日に帰って、金曜日に落語会やるよ」ぐらいの感じだったの。

演目が『短命』っていう(笑)縁起でもないだろっていう話なんだけどさ。その『短命』って落語をやる、と。それは、先代の円楽師匠の得意ネタをやることで、円楽師匠を偲ぶ、みたいなタイトルの会だから。

そこで『短命』やるって。短命っていう落語は、そこそこリズム押し、テンション押しだから、「結構、体に負担かかるんじゃねぇの?」とか思いながら。「『短命』、どんなんだっけ?」って思って。落語会の前の日に、家でその先代の円楽師匠の『短命』を聴いてみたりして。

で、こっちのスケジュールで、今日オンエアされた『Qさま』の撮りがその間にあって。お見舞い行ってから、師匠の会に行くまでの間。そしたらさ、『Qさま』がさ、今日観てくださった方はあれなんですけど、また優勝したんです。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、落語は観客の前ではなく師匠・三遊亭円楽の前だけで披露したいと思う理由「評価してもらいたい人が、師匠しかいない」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、落語は観客の前ではなく師匠・三遊亭円楽の前だけで披露したいと思う理由について語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:前に、昼間の番組に神田松之丞さんが来て。で、「落語、もうやらないんですか?」って生で訊かれて。その時に言った感想が、その時の一番、俺の正直なところで。

なんとなく、師匠に落語を見せたい気はするんだけど、人に見られたくないっていう(笑)別に、お客さんの前でやりたい意識とか、落語会に所属したいっていう意識はあんまないのよ。

面倒くさいことが凄いいっぱいあるから。だけど、師匠に「こんな感じのずっと前に教わったことが、こんな解釈で出来上がりました」みたいのは、ちょっと見せたかったりとか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、三遊亭円楽に落語をするよう誘われることに言及「やりたくないわけじゃないけど、やるって言う勇気もなかなかない」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、三遊亭円楽に落語をするよう誘われることについて、「やりたくないわけじゃないけど、やるって言う勇気もなかなかない」と語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:今後、落語をやる・やらないみたいな感じと。これも凄く微妙で、別にやりたくないわけじゃないよ、こっちはっていう。やりたくないわけじゃないけど、やるって言う勇気もなかなかない。

何に似てるのかな?ちょっとMっ気があるけども、そのMっ気をひたすら抑えている人が、チンチンにバラの茎を挿れる、挿れないみたいことだよ。…それはどういうこと?(笑)どういうことなのか、全然分かんないよ。よくいる人のたとえでもないし、全然。あと、挿れない方が。100%、その答えは挿れないだもんね。

今のたとえで言うと、どっかで女王様が「黙んな。あたいが挿れろって言ったら、挿れるんだよ!」って言われたい俺も…どういうこと?意味が全然わかんないよ(笑)

自分から挿れるのは、痛いの分かるもん。だって、薔薇だよ。尿道に薔薇だよ。それはちょっと嫌じゃないですか。だけど…ねぇ、「もう二度と挿れない」っつってるから(笑)…もう無理じゃない?このたとえ(笑)失敗してるんじゃない?このたとえ、完全に失敗してるよね、どうやったってね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、三遊亭円楽が肺癌の手術後間もなくに独演会や『笑点』出演をしていて驚く「落語の塩梅も全然問題なくて」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、三遊亭円楽が肺癌手術後、間もなくに独演会や『笑点』出演をしていて驚いたと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:(三遊亭円楽の)独演会も、見に行ってみようかなと思って。久しぶりに落語見に行ってみようかなと思って。

金曜日かな。金曜日、落語見に行くんだけど、もうさ、前の日、木曜退院して金曜日なんだよ。で、落語二本やるっていうのよ、自分の独演会だから。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、三遊亭円楽が肺癌の手術を受けた5日後には独演会で落語を披露する予定を立てていて驚く「なに、そのスケジュール」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、三遊亭円楽が肺癌で手術を受けた5日後には独演会で落語を披露する予定を立てていて驚いたと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:手術して2日後くらいかな、一応、「こういうオファーを出させてもらってます」っていうのとさ、あとはどら焼きの2つもぶつけて、「これ食いやがれ」って言って。

で、「どうなの?ぶっちゃけ」みたいな話をしに行くんで、病院行ったんだけどさ。もうなんかさ、こっちはどうしていいか分かんないじゃん。どれぐらい立ち入ったことを聞いていいのかもわかんないんだけどさ。

行ったらさ、なんか元気でさ。どれぐらい最近のそのなんかダヴィンチって言うの?プレステ的なさ、コントローラーで体の中の細かい手術できるマシーンみたいなのが、どれぐらいカッコイイかの話をすげぇテンションでしてくるからさ。「どういう温度でこの人、話してんだよ」って思いながら。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、肺癌で手術を受けて間もなくの三遊亭円楽をゲストに迎えることにためらい「ご無理を言っていいもんなの?」

2018.10.16 (Tue)
2018年10月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、肺癌で手術を受けて間もなくの三遊亭円楽をゲストに迎えることにためらいがあると語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:今週気づいたこと。明日…明日どころか、日付的にはもう今日ですよ。明けて、明日の昼間の『伊集院光とらじおと』のスペシャルウィークのゲストが、ウチのお師匠さんで。

「ウチのお師匠さんって、誰だよ」って話ですけど、ウチのお師匠さん、和泉元彌師匠なんですけど(笑)直伝の空中元彌チョップなんかもね、おかげさまで身につけさせていただいているわけですけどもね。

三遊亭円楽が、ウチの師匠の三遊亭円楽が病気だと。ベストだということで(笑)もう、このまま放っておくとね、日本の人口が激減しちゃうっていうことで。まぁまぁ、最初、ペストって聞いたときには、お見舞いに行ったらダメだと思って(笑)

三遊亭から全員に感染して、最終的にヨーロッパの人口が3分の1に減っちゃうってなるから。まぁ、どうやらペストではないっていうことで一安心で。

次に流れてきたのが、うどんこ病っていう(笑)花壇エースをかけちゃえば大丈夫らしいですよ。基本的にお花の病気ですからね。せっかくの青々とした観葉植物などに白い点が出ちゃうっていう。うどんこ病っていうやつだと。じゃあ、花壇エースでもぶっかけに行くかって言うと、それよりちょっと深刻なやつらしいって言うんで。

初期の癌ですってことになり。どうすべぇか、と。この読みが難しいんですよ。もし、本当にダメだったらお見舞いかなくても大丈夫です。ダメなんだから。どうやら元気になりそうだっていうことで、これは行っとかないと、後で何言われるかわかんないっていうんで。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力