本日の注目記事

伊集院光、サンシャイン水族館で9割近くの魚が大量死したことに言及「聞いただけでも『うわぁっ!』って思う」

2017.11.14 (Tue)
2017年11月13日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、サンシャイン水族館で9割近くの魚が大量死したことについて語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:今週ね、ニュースで色々考えさせられたニュースが、サンシャイン水族館で、凄いこと起きたでしょ。サンシャイン水族館で、一部の魚が病気になったのかな。

事の起こりは、一部の魚が病気になりました、と。とにかく病気が蔓延しないように、抗生物質みたいなものを、魚に薬を投与して。薬を水槽の中で循環させておきたい、と。

そうするとさ、水の出し入れを派手にやっちゃうと、薬が薄まっちゃうから、いつものポンプ系統を止めましょう、と。しばらく止めて様子見てても大丈夫みたいだから、「1日おいて、殺菌しましょう」ってことになって、次の日に行ったら、サンシャイン水族館の90%が死んでたっていう。

うわぁっていう。凄いよね。聞いただけでも「うわぁっ!」って思うよね。俺、サンシャイン水族館、学校行かなかった時代に通いつめたくらい好きだから。思い入れはあるよ。相当な思い入れはあるし、水族館も大好きだから、それはわかった上でなんだけど。

人間の慣れとかで考えると、魚って死んでることを凄い見てるじゃん。魚の死体ってさ、凄い見てるじゃん。要は、市場を見るってことは、魚が大量死してるってことじゃん。もっと言えば、底引き網とかもついこの間、北海道で見てきたけど。あれも要は、あそこでバタバタ魚が大量に死んでくってことじゃん。色んな種類のやつ、見慣れてるじゃん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力