TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、嵐の活動休止について理解「30代中盤ぐらいで、ちょっと立ち止まって考えるみたいなことはあると思う」

伊集院光、嵐の活動休止について理解「30代中盤ぐらいで、ちょっと立ち止まって考えるみたいなことはあると思う」

2019.01.28 (Mon)
2019年1月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、嵐の活動休止について、「30代中盤ぐらいで、ちょっと立ち止まって考えるみたいなことはあると思う」と理解を示していた。



伊集院光:凄いファンの人はね、「一晩寝て、あれウソだったらいいのに」って思ってるだろうけどね。

新井麻希:いや、そうですよね。

伊集院光:なぁ。

新井麻希:ずーっと続くもんだと思ってるというか、なんとなく。

伊集院光:うん。

新井麻希:それが、当たり前じゃないんだっていう。

伊集院光:ねぇ。でも、ちょっと分かるっちゃ分かるのは、30代中盤ぐらいで、ずーっと続けてきたことに対して、ちょっと立ち止まって考える、みたいなことは、あると思うんだよね、みんなね。

新井麻希:はい、はい。

伊集院光:だから、「ああ、そういう時期なんだなぁ」って。そういうもんなんだなぁって思って。

新井麻希:うん。

伊集院光:なんか、ビックリ3割、感心7割ぐらいで見ちゃったかな。

新井麻希:ああ。

伊集院光:ねぇ。

新井麻希:それも、全部話してくれるのが、それも凄いなぁって思いました。

伊集院光:ねぇ。頑張ったなぁって感じ、したよね。

新井麻希:はい。

伊集院光:書面一枚で、みたいな話じゃないじゃない。

新井麻希:うん。

伊集院光:おろおろしちゃうよね、自分だったら。「伊集院光解散」っていう(笑)なんだよ、俺、一人じゃないか(笑)

新井麻希:はっはっはっ(笑)

伊集院光:重大発表をするってなったら、ああはできないと思って。

関連記事


嵐の活動休止会見に対する、伊集院光・有吉弘行・カンニング竹山がラジオ番組で語ったトークまとめ

有吉弘行、嵐の活動休止はファンにとってデリケートな問題としてコメントを避ける「これはまだね、様子を見たいと思います」

有吉弘行、櫻井翔に招待されても嵐のコンサートに行くのを頑なに拒んでいた理由を告白「スターなのを見ちゃうと、軽口叩けなくなる」

伊集院光、嵐の活動休止会見でメンバーの行った受け答えの「レベルの高さ」に驚く「あんなにちゃんと喋れるもんかね」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
次の記事:伊集院光、嵐の活動休止会見で辛辣な質問や繰り返しの質問にも真摯に対応していたことに感心「自分だったら、ああは出来ない」

前の記事:伊集院光、嵐の活動休止会見でメンバーの行った受け答えの「レベルの高さ」に驚く「あんなにちゃんと喋れるもんかね」

本日の注目記事