本日の注目記事

坂上忍、年内に『有吉ゼミ』での別荘購入を確約「決着をつけます!」

2014.09.01 (Mon)

2014年9月1日放送の日本テレビ系の番組『有吉ゼミ』(毎週月 19:00-19:56)にて、俳優・坂上忍が、「坂上忍、家を買う。」企画の年内決着を宣言した。

偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方 (講談社+α新書)


同コーナーでは、坂上が、犬のためにセカンドハウスを購入するため、予算5,000万円で物件を見て回るという内容であった。コーナー開始以来、坂上は「買いま…せん」「キープ」を繰り返し、「買わないってオチ」なのか、などとネット上を中心として批判されていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類

チュートリアル福田、映画『STAND BY ME ドラえもん』で号泣「子供が引くくらい泣いた」

2014.09.01 (Mon)

2014年8月30日放送の京都放送系のラジオ番組『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』(毎週土 22:00-23:00)にて、お笑いコンビ・チュートリアルの福田充徳が、映画『STAND BY ME ドラえもん』を観て"ドラ泣き"したと語っていた。

STAND BY ME ドラえもん ORIGINAL SOUNDTRACK
STAND BY ME ドラえもん ORIGINAL SOUNDTRACK

のび太本人から数えて5代目の玄孫・セワシが、貧しい家庭であることを変えようと、のび太へ未来ネコ型ロボット・ドラえもんを送り込み、「のび太がジャイ子と結婚するのではなく、しずかちゃんと結婚できるようになったら、ドラえもんは未来に帰れるということにする」と条件を設定する。

当初、ドラえもんはあまりののび太のダメさ加減に、「このままでは未来に帰れない」と悲観するが、その心境はのび太との楽しい日々を過ごす内、次第に変わっていく…とストーリーについて福田は語っていた。

さらに、その感想については「泣ける話、全部繋げてんのよ。1つ1つの話でも、感動できるって話が、立て続けにザーってくんねん。めちゃくちゃ泣くねん」「『ここでアレ言って欲しい』『ここで、あの話になって欲しい』っていうのが、畳み掛けるようにくる」と語っていた。

ストーリーとしては既存のもので、真新しさはないのではないか、という点については、「分かってても泣けるというか、分かってるから泣けるというか…ってところがあったわ」と、単なる焼き直しではなく、ストーリーを知ってるからこそ泣ける部分もある、と語っていた。

福田は、「子供たちも、途中で泣きだしたりすんねんな。最後、負けんくらい泣いてやったもんな。映画館で。…子供が引くくらい泣いてやった」と、まさに"ドラ泣き"したと明かしていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  キョートリアル

レイザーラモンRG、『お笑いナタリー』に取材拒否していた「週刊プロレスvs長州力の再現」

2014.09.01 (Mon)

2014年8月30日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・レイザーラモンのRG、HGがゲスト出演し、株式会社ナターシャが運営するニュースサイト『お笑いナタリー』との"遺恨"について語っていた。

レイザーラモンRG 「Live in Japan」
レイザーラモンRG 「Live in Japan」 [DVD]

「レイザーラモンにオードリーの漫才を教えるため、芸人・放送作家の佐藤満春が作家として入った」などの取材・記事掲載も行っており、レイザーラモンと"蜜月"の関係にあると思われた『お笑いナタリー』であったが、実はそうではなかった、とRGは明かした。

レイザーラモンRGは、HGが立ち上げた服飾ブランドの独占取材をRGの許可なく勝手に行ったということで、怒りを覚えたという。さらに、レイザーラモンの新作漫才・若槻千夏漫才披露(ブランド立ち上げ=若槻千夏ということから、タカアンドトシの『欧米か!』のように、『若槻千夏か!』とツッコむというネタ)に関して、『お笑いナタリー』は、「他のイベントあるから、観に行けません」と言ってきたという。

このことを受けて、RGは「こっちから取材拒否だ、と。これが、新日本プロレスと週刊プロレスが、取材拒否問題があったんです。その時くらい、一部のRGファンの間でも、揉めたんです。これは、週刊プロレス vs 長州力の再現だってなったんです」と、週刊プロレスが、1987年に発生した前田日明による長州力顔面襲撃事件をめぐって、前田を援護するかのような記事を掲載したため、長州力から取材拒否された件を引き合いに、「取材拒否している」と語った。

「これは、週刊プロレス vs 長州力の再現だ」という部分に関して、オードリー・若林正恭からは、「再現って言っちゃまずいでしょ」と、苦笑しつつ指摘していた。

RGは、取材拒否と言い出した舌の根も乾かぬうちに「どのコンビもM-1参戦を表明していないときに、レイザーラモンはいち早く参戦を表明します」と報じてもらうため、ツイッターで『お笑いナタリー』の取材記者を呼び、あっさりと取材拒否は撤回。『オードリーのオールナイトニッポン』を境に、雪解けを宣言した。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類

ハライチ澤部、B系→ちょいワルと進化した人が辿り着いた最終形態を明かす「インド人」

2014.09.01 (Mon)

2014年8月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『デブッタンテ』(毎週土 27:00-28:00)にて、お笑いコンビ・ハライチの澤部佑が、同じマンションに住む住人が、B系ファッションからちょいワル、そしてさらなるファッションの変化がみられていたことを明かしていた。

8号線八差路(ハチハチ)


1年ほど前に、澤部のマンションの同じ階の人物が捨てたと思われるB系ファッション雑誌や、B系の服が大量に廃棄されていたことを、澤部は見ていたという。さらに、3日前には、『LEON』に代表されるようなちょいワル系のファッション雑誌が大量に置かれていたという。

「二度目の脱皮だよね。たぶん、同じ人かわからないけど俺の中ではおそらく同じ人だと。二度目の成長期」と語っており、澤部は、同一人物が大量に雑誌をまた捨てたのではないか、と推察していた。

さらにその翌日、エレベーターに乗り合わせてきた若い男性の格好を見たところ、驚くべきことにインド風の、まるでガンジーのような衣服を着ていたそうだ。澤部は、確証はないが「B系→ちょいワル→…」と脱皮した青年だ、と思ったという。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  デブッタンテ

ハライチ澤部、THE MANZAI 2回戦目の漫才中に陥ったピンチ「胃が出てくるんじゃないかと」

2014.09.01 (Mon)

2014年8月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『デブッタンテ』(毎週土 27:00-28:00)にて、お笑いコンビ・ハライチの澤部佑が、THE MANZAIの2回戦の漫才中にピンチに陥っていたことを明かしていた。

8号線八差路(ハチハチ)


澤部は、「久しぶりに、もうすごい緊張で。漫才をやっている途中に、緊張から来る口の渇きで途中、『ウエッ』って何回もなってるんですよ」と語っており、緊張により口が渇き、えづきが止まらなかったという。

「それでも抑えて…押し殺して、お客さんに聞こえないようにしたんだけど」と、「ウエッ」という音が漏れ出ないように必死に押し殺していたという。

「口元を手で覆いながら『ウエッ』ってお客さんに聞こえないようにやって、その後にツッコんで」と、綱渡りのように漫才中でえづきと戦っていたことを澤部は明かしていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  デブッタンテ
Admin ブログパーツ ブログパーツ