本日の注目記事

爆笑問題・太田、田中が眞鍋かおり・吉井和哉の家に招かれた際のエピソードに「くだらねぇ人生送ってんな、お前」

2016.06.29 (Wed)
2016年6月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、田中裕二が眞鍋かをり・吉井和哉夫妻の家に招かれた際のアットホームなエピソードに対し、「くだらねぇ人生送ってんな、お前」と吐き捨てるように発言していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


太田光:お前、イエモンの家にも行ったらしいね。

田中裕二:ああ、それはちょっと前だけどね。

太田光:凄いよね。

田中裕二:うん、まぁね。

太田光:眞鍋かをりとイエモンの家に。

田中裕二:そう、そう。お家に。

太田光:イエモンって、話の?

田中裕二:話すよ。

太田光:どんな話するの?

田中裕二:え?どんな話…

太田光:「イエモン殿…」みたいな。

田中裕二:知ってる?どういう人か(笑)「イエモン殿…」って、自分がイエモンだから(笑)

太田光:「うらめしやぁ~」って、そんな感じ?

田中裕二:はっはっはっ(笑)そんな人じゃないです。会ったことあるでしょ?別に。

太田光:会ったことはあるけど、話したことはない。

田中裕二:まぁね。『ポップジャム』の時にも、YELLOW MONKEYって来たからね。そういう時に。その時くらいしか、俺も共演なかったけれども。

太田光:どんな話するの?チビとさ、全然…

田中裕二:そうね。

太田光:3m50cmくらいだろ?アイツ。

田中裕二:凄いな(笑)180いくつだと思いますけど。

太田光:190いってない?

田中裕二:あの時はね、高い靴、厚底みたいなのを履いてたんです。

太田光:ああ、じゃあ余計。

田中裕二:そうすると、2mくらいになっちゃうから。

太田光:なっちゃうよね。デカかったね、アレ。スカイツリーだと思ったもんね、あの時ね。

田中裕二:あの時、スカイツリーは全然できてないけどね。

太田光:「スカイツリーが人間だったら、コイツだな」って思ったからね。

田中裕二:スカイツリー、まだできてないし、存在すらしらないくらいで。スカイツリーはないですけどね。15~6年前ですか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、ウンナンや今田・東野とともに出演した『笑いの殿堂』誕生秘話「これから俺たちの時代だよ!」

2016.06.29 (Wed)
2016年6月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、ウッチャンナンチャンや今田耕司、東野幸治らとともに出演したフジテレビ系の番組『笑いの殿堂』について語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


太田光:「ひょうきんの栗原です」って、いきなり電話がかかってきてな。「CXのひょうきんの栗原(美和子)です」って。

田中裕二:家に電話かかってきたんだよね。

太田光:いきなり電話かかってきて。ラ・ママに出た2週間後くらいに

田中裕二:そうだよね。だから、本当に素人で初めてネタやって、それだけですよ。人前でネタやったってだけ。

太田光:芸能なんか何もしらない。

田中裕二:その2週間後ぐらいだもんな?

太田光:その2週間後だよ。まだ太田プロ入る前だよな。そしたらいきなり、ウチのおふくろが出るじゃない?

田中裕二:うん。

太田光:「フジテレビの人から電話よ」って言うから、「え?」って。出たら、「ひょうきんの栗原です」って。「随分、ひょうきんな人から電話かかってきたな」って(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:「『ひょうきん族』やってます、栗原です」って言うから、「ええ?!」って。

田中裕二:うん、うん。

太田光:そしたら、「若手でひょうきん族を作ろうとしてて、お電話差し上げたんですけど」って。

田中裕二:凄いね。

太田光:舞い上がったよ、俺なんか。

田中裕二:珍しく、お前がバイト先に電話してきたからね。ミニストップに(笑)

太田光:ああ、そうミニストップに電話しちゃったんだよ。よく俺も電話番号分かったな。

田中裕二:そうだよな、あの時な。

太田光:「大変だよ、お前。『ひょうきん族』のスタッフから電話かかってきたぞ」って。

田中裕二:「マジ?ええ?!何それ」ってね。

太田光:「若手で作んだよ」って。

田中裕二:「バカ野郎、お前。若手で作るらしいぞ、お前。バカ野郎、ウッチャンナンチャンで中心だけど」って。

太田光:「時代がきたぞ、お前」なんつって(笑)「これから、俺たちの時代だよ」って。

田中裕二:途中でピロリロリロリンなんてなって、「いらっしゃいませ」とか途中で言ってたよな。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、羽賀研二に太田プロに戻るよう説得されていた過去を明かす「なんでお前に言われなきゃいけねぇんだ」

2016.06.29 (Wed)
2016年6月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、元タレントの羽賀研二に所属していた事務所・太田プロへと戻ってきて欲しいと言われていたが、「なんでお前に言われなきゃいけねぇんだ」と思ったと語っていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


田中裕二:羽賀研二も太田プロにいたね。

太田光:羽賀研二が、当時、太田プロにいて。

田中裕二:スゲェなぁ(笑)

太田光:それで、ほとんど俺らなんか会ったこともないのに、羽賀研二にな…

田中裕二:俺らが辞めた後に羽賀さんは入ったから。

太田光:辞めた後に羽賀さんが入ったから。

田中裕二:うん。

太田光:それで、ほとんど会ったことないんだよね。

田中裕二:そう、そう。

太田光:それで、俺ら復活した太田プロライブに行ったら、羽賀研二にな、裏でな、「戻ってきてもらえませんかね」って。お前に何が分かるって。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:なんでお前にそんなこと言われなきゃいけねぇんだよ。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:アイツ、いなくなっちゃったじゃねぇかって。よく分かんない話だよ、アレも。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、高島礼子がお笑いライブの司会をしていたことを明かす「太田プロライブで彦麻呂と一緒に司会」

2016.06.29 (Wed)
2016年6月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、女優。21~22年前に高島礼子がお笑いライブの司会をしていたことを明かしていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る


田中裕二:どうも皆さん、こんばんは。爆笑問題・田中裕二です。

太田光:高知東生の友達の高島礼子です(笑)

田中裕二:友達じゃない(笑)奥さん、奥さん(笑)

太田光:奥さんか。

田中裕二:高島礼子さんは…

太田光:「たかちま」って今、言われてるんだろうね。

田中裕二:いや、俺は今、初めて聞いたから、「そっかぁ」っていうね。

太田光:大変だね。

田中裕二:うん、高島さんも、大変ですね。

太田光:高島さん、可哀想だね。

田中裕二:可哀想だよ。踏んだり蹴ったりだもん。

太田光:「女房酔わせてどうすんの?」なんて言ってたのかね、ダンナに。

田中裕二:知らねぇよ(笑)

太田光:「女房酔わせて、どうするつもり?」なんつって。勧められたりして(笑)「女房酔わせてどうするつもり?」なんて言ってたんじゃない?(笑)

田中裕二:ふふ(笑)

太田光:「どん」なんつって。「丸」なんつって。…高島さんはね、太田プロだもんね、あの人。

田中裕二:太田プロですよ。

太田光:我々、だから太田プロライブが久々に復活して出て。

田中裕二:出たね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

伊集院光、自分のブログに本名でAmazonアソシエイト申請して却下されたと告白「審査が通らないんです」

2016.06.29 (Wed)
2016年6月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、自身のブログにAmazonアソシエイトを利用しようとしたところ、申請するも却下されてしまったと告白していた。

青春カタルシス
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
TCエンタテインメント 2011-11-03

Amazonで詳しく見る


伊集院光:たとえば今、iPhoneが凄い売れてるから。

上田まりえ:はい。

伊集院光:Appleから、色んな番組のアプリとかを出すことが多いわけですよ。番組で、無料アプリで投稿用のアプリとかを出すことが多いんですけど、このAppleの審査基準も分かんないんです。

上田まりえ:あ、そうなんですか。

伊集院光:一度、出された水着の写真集、電子写真集が、一度OKが出て売り始めたのに、急にダメになったりとか。

上田まりえ:へぇ。

伊集院光:あと、審査にかかる時間が分からない。バージョンアップをするのに…まぁでも、わかりやすいところで言うと、たとえばアンケート項目の中に性別を入れるとか。「男性・女性」というところがあって。

上田まりえ:はい。

伊集院光:それでそれに関して、「言いたくない」とか「どちらでもある」みたいな項目も、入れないと審査に受からなかったりとか。それは、ジェンダーについて考えたら。

上田まりえ:ああ。

伊集院光:あと、それがそもそも必要ない項目だろうということに関して、俺はだから、それが明確に「ここがダメです」って言われないんだよね。急にはじかれて、それで「個々の案件には…」ってなってくることが多くて。

上田まりえ:うん。

伊集院光:自分のブログにスポンサーをつけるってできるんですね。

上田まりえ:はい。

伊集院光:アフィリエイトって言って、僕が今、「こういう本を今、買ってます。こういう本を出しました」っていうのを、自分のブログの中にAmazonにリンクする形で入れると、売り上げの1%とかを僕はもらえるっていう。広告料としてもらえるっていうシステムがあって。

上田まりえ:はい。

伊集院光:わりとこう、手軽にできるんですね。だけど、Amazonの審査が通らないんです。

上田まりえ:え?

伊集院光:要するに、僕の本名の「篠岡健」が、伊集院光というタレントのブログと、勝手に関連づけて金儲けをしようとしているって判断されたんじゃないかっていう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと
ブログパーツ ブログパーツ