本日の注目記事

明石家さんま、長嶋一茂 野球引退後のタレント活動の道筋を作っていた「全てのレギュラー番組に呼ぶ」

2015.01.26 (Mon)

2015年1月25日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、タレント・長嶋一茂が、明石家さんまに野球選手引退後のタレント活動の道筋を作ってくれた恩人は、明石家さんまであると語っていた。

本人vol.11

東野幸治:一茂さんは、野球選手がバラエティ番組に出て、イジられるってことに関しては、どう思ってますか?

長嶋一茂:成功者ではないんで…

松本人志:でも、そういう勘は持ってますよね。

長嶋一茂:いやぁ、ありがとうございます。そう言っていただいて嬉しいですけど。…僕は野球を30歳の時に引退して。その引退の年に、さんまさんとゴルフをたまたまやってたんですよ。

東野幸治:はい。

長嶋一茂:それで、さんまさんが「辞めたらどうするんだ?」って言うから、「どうしたら良いんですかね?」って。僕は、野球を辞める気なんて、全くなかったんです、その年。それで、さんまさんが「辞めたら、俺のやってる番組に全部来いや」って言ってくれたんですよ。

東野幸治:へぇ。

長嶋一茂:その時、正直言うと、自分は野球をずっとやるつもりだったんで、全然ピンときてないんですよ。

東野幸治:はい。

長嶋一茂:「何を言ってるのかな?」って思ったんですよ。それで、その年に引退というか、クビになっちゃったわけですよ。

東野幸治:それは、成績が悪くて?

長嶋一茂:そうですね。成績が悪くて。親父に「クビ」って言われたんですけど(笑)そういうことがあって、その年からさんまさんが、レギュラー番組に全部呼んでくれたんですよ。2週間おきくらいに。

東野幸治:ああ、ゲストに?

長嶋一茂:多分、6~7本あったと思うんですけど。最終的に、残念ながら去年なくなってしまったんですけど、『からくりTV』って番組があって、そこでお世話になって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー

松本人志、高橋ジョージ・三船美佳の離婚騒動に関する報道終結を提案「子供もテレビ観れる」

2015.01.26 (Mon)

2015年1月25日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、高橋ジョージ・三船美佳夫妻の離婚騒動について、夫妻の子供を傷つけてしまう可能性もあり、報道をそろそろ終結させた方が良いのではないか、と提案していた。

HITOSI MATUMOTO VISUALBUM “完成"
松本人志 HITOSI MATUMOTO VISUALBUM “完成

中居正広:モラハラって…?

東野幸治:「家庭や職場、学校など長期間に渡り、言葉や態度などで相手を傷つけて、心を支配する精神的な暴力」と。

中居正広:それ、あるんじゃないですかね?

松本人志:みんなあると思うけどなぁ。生活してたらあるし。

中居正広:やられることもあるし、無意識でやってしまってるかも知れないし。

東野幸治:亭主関白な家か、かかあ天下な家か。どっちかじゃないですか、家って。

松本人志:絶対、どっちかよね。

長嶋一茂:お互いに気づいてない場合もある。

東野幸治:犬塚弁護士。これ、モラルハラスメントってだけで離婚はできるんですか?

犬塚弁護士:いや…証明は非常に難しいですね。夫婦間での会話の内容というのは、裁判でリアルに再現するっていうのは、「言った/言わない」の話になりますから、立証は大変に難しいですし。

中居正広:ケンカですよね?ケンカじゃないんですか?

東野幸治:ただ、16歳で結婚して…16年間。現在、32歳。もう、自分の人生を見つめなおすと、やっぱり色んなことを考えたのかもしれないですね。

中居正広:でも、単純に相手が、イヤなんだったら、成立しないんじゃないですか?恋愛でも、片思いじゃ恋愛は成立しないわけですから。

東野幸治:でも、お付き合いしたらそうかもしれないですけど、16年結婚してて、子供も小学校行ってて。今のその気持ち分かるけど、もうちょっと話しあったりとか。

中居正広:嫌いなんだから、無理なんじゃないですか?ジョージさんのことを、嫌いなんだから。

東野幸治:でも、今はそうかも分からんけど、来年あたり…来年の春あたりになったら、「やっぱりあなたと結婚して良かった」って思うかもしれないから。

中居正広:そうなったらそうなったで、一回、別れれば良いじゃないですか。

松本人志:俺もそんな感じするなぁ。「そんな感じやったら、俺はもうエエわ」ってなっちゃうな。

長嶋一茂:プライベートなことなんでね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー

中居正広、稲垣吾郎・草なぎ剛が不祥事から復帰した際に「2週間掛けて関係各所に謝罪して回っていた」

2015.01.26 (Mon)

2015年1月25日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、SMAP・中居正広が、山本圭壱の芸能界復帰のニュースに関連し、同グループの稲垣吾郎、草なぎ剛が不祥事から復帰した後、「2週間掛けて関係各所に謝罪して回っていた」と明かしていた。

A3 ラミネートポスター SMAP 【集合】 10001

稲垣吾郎は、2001年に8月に駐車禁止の路上に止めていた乗用車に戻ってきたところ、取り締まり中の女性警察官3人に見つかり、免許証提示を求められたところ車を発進。制止しようとした女性警官1人の膝に接触した疑いで、公務執行妨害(後に不起訴処分)で逮捕されている。

稲垣は、5ヶ月の謹慎の後に復帰。草なぎ剛は、2009年4月に泥酔の上、東京都港区の檜町公園で全裸の上で騒いでおり、公然わいせつ罪(後に起訴猶予処分)で現行犯逮捕されている。草なぎは、1ヶ月
の謹慎の後、復帰した。

中居正広:事件の性質にもよるんですかね。やっぱり芸能界の人でも、SMAPにもそういうことは無くはなかったので。それ(禊)が8年なのか、半年なのか、1ヶ月なのかっていうのもあって。

松本人志:うん。

中居正広:やっぱり厳しかったですよ。ウチのメンバーがトラブルあったときに。

松本人志:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー

松本人志、山本圭壱の芸能界復帰後の難しさについて言及「反省する山本、商品価値はどこまであるか」

2015.01.26 (Mon)

2015年1月25日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、お笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱の芸能界復帰に関して、「反省しきりの態度となった場合、どこまで山本としての商品価値があるのか」と、復帰後の難しさについて指摘していた。

HITOSI MATUMOTO VISUALBUM “完成"
松本人志 HITOSI MATUMOTO VISUALBUM “完成

松本人志:彼の面白さが…「反省して、心入れ替えます」みたいな感じで戻ってきても、山本としての商品価値はどこまであるのかなとは思うんですよ。

中居正広:うん。

松本人志:まずは、このくらいの感じで良かったなぁって思ってるんですよ。吉本も、これをダメとは言っていない。協力こそしないが、やってみたら良いんじゃないかって。これ、ストップ掛けてたら、できないですから。

中居正広:うん。

松本人志:今回、これくらいでとりあえず収めといて、次につながっていけば、と。

中居正広:会社側の気持ちも分からなくないですよね。解雇にしろ、自ら辞めたにしろ、事務所を離れて、自由にさせてしまうと「辞めても大丈夫なんだ」って、これからのタレントさんに対しても…

東野幸治:所属事務所としての立場もありますからね。

松本人志:難しいところなんですけど、ちょうど良い頃合いがあるんかなって思うんですね。極楽とんぼ…トンボが自らカゴに入ろうとしてるやんか。それ、おかしな状況になってて。

東野幸治:はい(笑)

松本人志:でも、俺は山本は変な首輪をつけるより、もうちょっとフリーな感じでやった方が面白いと思うから。だから、どういう感じか…ハーフな感じの戻り方ってあるのかなって。

中居正広:イジられますけどね。

松本人志:首輪をショルダータイプにする、みたいな。そんなん出来るんだったら、俺もしたいけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー

松本人志、山本圭壱を吉本興業が解雇した理由は未成年に手を出しただけでなく「事務所は相当手を焼いた」

2015.01.26 (Mon)

2015年1月25日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、お笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱をよしもとクリエイティブ・エージェンシーが解雇した理由として、未成年に手を出しただけではなく、他にも様々に問題を起こしており、「エエかげんにせぇよってことがあって」といった経緯があったと明かしていた。

HITOSI MATUMOTO VISUALBUM “完成"
松本人志 HITOSI MATUMOTO VISUALBUM “完成

東野幸治:一応、経緯をお話しておきますと、2006年7月、10代の少女へみだらな行為に及んだということで、警察に任意聴取を受けて、後に不起訴処分になって、事実上の引退となり、吉本は解雇となっています。以来、復帰説が何度も取り沙汰されて、たち消えとなっていた、と。犬塚弁護士…

犬塚弁護士:はい、通称、淫行条例と言われています。青少年保護条例の中の18歳未満の女性とみだらなことをしたってことなんですが。これ難しいのが、大人に対しては大変に批判の強い犯罪だと思うんですけども、人間はいずれ社会復帰しなければいけませんから。これをどう考えるかっていうのが、非常に難しい問題が突きつけられていると思います。

中居正広:でも、これは吉本さんとの話し合いですよね。

松本人志:そうです、そうです。

東野幸治:吉本興業と、山本さんの契約といいますか、話し合いによって、ということですからね。

中居正広:やっぱり難しいですか?

松本人志:難しいというかね…

東野幸治:松本さんの意見で良いですけども。

松本人志:要するに、人を笑わすことが好きで、その能力があって、それを求める人がいれば、芸人なんですよ。

東野幸治:うん。

松本人志:そのハードルはちゃんとクリアしてると思うんですよ。

中居正広:うん。

松本人志:結局、不起訴になってるっていうのは大きくて。イヤらしい書き方で「不起訴になったとはいえ、ゴタゴタで…」ってなってるじゃないですか。ゴタゴタがあろうが、不起訴やから。不起訴っていうのは、この場合、お咎め無しなんですよ。

中居正広:うん、本来なら。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー
Admin ブログパーツ ブログパーツ