本日の注目記事

岡村隆史、親友・出川哲朗から病気での休業明けに送られたメール「心配するな、面白かったよ」

2014.10.20 (Mon)

2014年10月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史がゲスト出演し、友人・出川哲朗との関係性について語っていた。

リスナーメール:岡村さんは、出川哲朗さんと仲が良いようですが、出川さんの良いところはどういうところですか?

高田文夫:仲良いもんね。

岡村隆史:そうですね。そんなに出川さんをリスペクトしてないんですけど。

高田文夫:してないのかよ(笑)

岡村隆史:でもね、色んな部分部分、タイミングタイミングでカッコイイんですよ。

高田文夫:うん。

岡村隆史:僕が、『ナインティナインのオールナイトニッポン』を復帰した時も、黙って聴いてて。終わった後に「心配するな、面白かったよ」ってメールしてくれて。

高田文夫:おお、良いね!

松本明子:優しいね。凄い優しい。

岡村隆史:そうなんですよ。『ナインティナインのオールナイトニッポン』が終わった時にも、「聴いてたよ。ナイナイらしい、素敵な終わり方でした」みたいな。ちょっと、メールだけ読むと、めっちゃ二枚目なんですよ。

高田文夫:ニノ線なんだよな(笑)

岡村隆史:そういうところは、男前やなって。

高田文夫:ちょっと矢沢永吉が入ってるからな。あの顔で、矢沢永吉が入っちゃってるから(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類

岡村隆史、病気で休業した半年の間に「芸能界を辞めようと思った」

2014.10.20 (Mon)

2014年10月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史がゲスト出演し、心身の状態が不安定になり、病気で半年間休業していた際、「芸能界を辞めようと思った」と考えていたことを明かしていた。



高田文夫:当分は、1人でもラジオはやりたいの?

岡村隆史:やりたいですね。

高田文夫:どれくらいを目処に?スタートは20年やるとは思わなかったでしょ?

岡村隆史:そうですね。でも、出来る限り、ラジオはやっていきたいなって思いますね。

高田文夫:気づいたら、昼間やってんだよ(笑)俺みたいに(笑)

岡村隆史:それはいいですね(笑)そういう風になっていけたらなっていう。

高田文夫:年とってね。

岡村隆史:上手く年をとるっていう。徐々に舵を切っていかないと。

高田文夫:そうそう。岡村くんは、休みの期間もあったからな。半年だろ?

岡村隆史:半年くらい休ませていただいて。その間、ラジオも相方が1人で…

高田文夫:ずっと繋いでね。よく待ったよ。

岡村隆史:少なからず、スペシャルウィークの結果(聴取率)が悪くても、休んだ半年はやらせてもらおうと思って。

高田文夫:その分の借りがあるもんな?(笑)

岡村隆史:そうなんですよ。ニッポン放送さんにも悪いことしたし、半年はやらせてもらおうと。

高田文夫:半年待ってるって大変なのよ。俺もたけちゃんが殴りこんだとき、どうしようかと思ったもん。

岡村隆史:でも、あの時は、ネタに事欠かないというか。色んなことがあったんですよね?

高田文夫:でも、言えないこともあるからね。裏で色んなことが進んでるし。事件だからね。それと、バイク事故もあったし。色んなことがあって。岡村くんも半年休んでね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

岡村隆史、ビートたけしを見習ってラジオ番組を始めて20年で初「ネタ帳を書くようになった」

2014.10.20 (Mon)

2014年10月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史がゲスト出演し、ビートたけしを見習い、ラジオ番組でネタ帳を書くようになった、と明かしていた。

今までは「ネタ帳を書いてくるのは恥ずかしい。フリートークなんやから、フリーでエエやん」と思っていたそうだが、相方もおらず、1人になって「必死」になり、ネタ帳を書くようになった、と語っていた。



高田文夫:初期の頃は、『オールナイトニッポン』やってても面白くなかったでしょ?ミーハーなリスナーばっかりだし。

岡村隆史:ハガキ募集しても、「ファンです」みたいなハガキしか来なかったし。なかなか上手いこと…楽しめなかったですね。「早よ終われ」って思ってましたから、2時間。

高田文夫:番組自体がイヤでね。

岡村隆史:そんなんが、いつ頃からか段々と楽しくなってきて。気づけば20年やってて。

高田文夫:凄いよ。

岡村隆史:これ(番組枠を)、たけしさんと高田文夫先生に譲りたくないって思って。

高田文夫:ふふ(笑)

岡村隆史:もうちょっとやらせてくれ、と。

高田文夫:譲れない、と(笑)

岡村隆史:ラジオで喋ることが、楽しくなってきたんですね。

高田文夫:それが凄いよね。どんどん楽しくなってくるっていうのが。たけしさん、どんどん飽きてったからね(笑)

岡村隆史:ふふ(笑)

高田文夫:そこが違うんだよ(笑)最初は楽しそうに入ったの。でも、途中からお互いに来なくなっちゃって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類

岡村隆史、『ナイナイのANN』で矢部浩之が卒業した後の違和感「あれ?なんか違う…」

2014.10.20 (Mon)

2014年10月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史がゲスト出演し、矢部浩之が卒業した後の『ナインティナインのオールナイトニッポン』で感じた違和感について語っていた。



高田文夫:10月から、いよいよ(ナインティナインのオールナイトニッポンが)1人になって。どう?調子は。

岡村隆史:いや、もうね…

高田文夫:どんな感じよ?だって、今まで20年間、2人で喋ってたのよ。

松本明子:矢部さんとともに。

岡村隆史:相槌を打ってもらえないっていうのがあって。すぐにイメージしたのが、『ビートたけしのオールナイトニッポン』やったから。いつもずっと付いてくれてる作家さんに、「高田文夫先生を意識してくれ」と。

高田文夫:うん。

岡村隆史:「何かあったら、相槌を打ってくれ」って言って、しょっぱな始まったんですけど、もうやっぱりクセなんですよね。全然喋ってくれはらへんから。

高田文夫:うん。

岡村隆史:「あれ?なんか違う、なんか違う」って思って。

高田文夫:うん。

岡村隆史:開始15分くらいで不適切発言をしてしまって。すぐに謝って。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:そうそう(笑)CMあけたら、なんか謝ってんだよ、初日に(笑)

岡村隆史:そう。普段、絶対に言わへんことを言ってしもて。それですぐに謝って。そんな第一回目ですよ。やっぱり、全然違うんですよ。

松本明子:緊張すること、あるんですね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類

爆笑問題・田中、阪神タイガースとのCSで大敗したジャイアンツに「4連敗、良いとこなし」

2014.10.20 (Mon)

2014年10月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日 13:00 - 17:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、セ・リーグのクライマックスシリーズで阪神に4連敗を喫して大敗した読売ジャイアンツに関して、「良いとこなし」と意気消沈した様子で繰り返していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

田中裕二:それにつけてもジャイアンツですよ…

太田光:ジャイアンツ、何かあった?

田中裕二:本当に…4連敗。良いとこなし。しかも、東京ドームでよ?

太田光:伝統の巨人阪神戦。

田中裕二:良いとこなし。

太田光:うん。

田中裕二:7ゲーム差で、ぶっちぎりで優勝したんですよ?セ・リーグのシーズン自体は。でも、ポストシーズンに入って。4連敗。

太田光:何回言うんだよ(笑)

田中裕二:いやいや、昨日、吉井ちゃん(放送作家)とか阿部ちゃん(放送作家)とか、普段はあんまり送ってこないのに、LINEとかさぁ。「今、ホームラン打たれました」「大丈夫ですか?ジャイアンツ。ヤバくないですか?」みたいなのドンドン送ってきて。

江藤愛:嫌がらせメール(笑)

田中裕二:本気で腹立ってきて(笑)

太田光:だって、ヤバイもんね。

田中裕二:知ってるし!
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー
Admin ブログパーツ ブログパーツ