本日の注目記事

加藤浩次、『めちゃイケ』抜擢への道筋を作ってくれた女性の存在「放送作家に『極楽とんぼが面白いよ』」

2014.12.23 (Tue)

2014年12月20日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00 - 28:45)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼがフジテレビ系の番組『めちゃめちゃイケてるッ!』の前身である『とぶくすり』、そしてさらにその前に放送されていた『新しい波』に出演するきっかけについて語られていた。

極楽とんぼのテレビ不適合者
極楽とんぼのテレビ不適合者 下巻~あまりにも過激すぎて放送中止になったドキュメント編~ [DVD]

有野晋哉:『新しい波』は、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば』とか、『ごっつええ感じ』とかの班の人らが、夜中で新しい番組を立ち上げようってところから始まってて。

遠藤章造:ああ。

有野晋哉:大阪にオーディションに来たりとかしてくれはったのね。それで、2~3ヶ月してくると、そんなに若手がおらんようになってきてるなってなって。

遠藤章造:はい。

有野晋哉:それで、作家の人がキャバクラというか、女の子のおるお店に行って、「面白い芸人っている?好きな芸人、誰?」ってリサーチしてたら、「極楽とんぼが面白いよ」って言って、『新しい波』に入ったって聞いて。

徳井健太:伝説ですか?

有野晋哉:伝説(笑)それ、ホンマなんですか?
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!

よゐこ有野晋哉、松竹芸能の養成所に入学した理由「吉本よりこっちや、簡単や!」

2014.12.23 (Tue)

2014年12月20日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00 - 28:45)にて、お笑いコンビ・よゐこの有野晋哉が、松竹芸能の養成所に入学した理由について語っていた。

よゐこライヴ もしもの from A
よゐこライヴ ~もしもの from A~ [DVD]

遠藤章造:有野さんは、どうやって松竹芸能に入って来たんですか?

有野晋哉:養成所。オーディション的なのがあって…

吉村崇:何期生なんですか?

有野晋哉:ええ…何期生とかない。年に4回入ってくるから。

吉村崇:ええ?!

遠藤章造:よゐこさんの誕生秘話みたいなの意外と知らないんですよ。観てた方やから。「なんや、この人ら」って。もうネタやってはったから。

有野晋哉:濱口が見つけてきてんけど。吉本の方は、1,000組くらいおる、と。まず書類で200組くらい落とされて、夏休みまでに80組くらいまで減って。卒業の春には、1~2組。ちゃんと卒業するのは、その1~2組だけで。

徳井健太:ああ…

有野晋哉:その1~2組も、仕事があるかないか分からん状況です、みたいな紹介がある横に、森脇健児さんの写真で「即戦力、求む!」って書いてあって。「これや!」言うて(笑)

遠藤章造:はっはっはっ(笑)

有野晋哉:「こっちや!簡単や!」言うて(笑)オーディションに行って。それで、書類受かって、面接来てくださいって言われて。「ネタある?」言われて。「この間テレビで観た、ドンキホーテさんのネタで良かったら」って、チョチョって合わせて、チョチョってやって。ゲラゲラって笑ってくれて。「じゃあ、最後に、一番大きい声で『おはようございます!』って言える?」って言われて。「おはようございます!」って言うたら、「はい、合格~」って。

遠藤章造:へぇ~。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!

極楽とんぼ・加藤浩次、東京NSCの無い時代に芸人となった経緯「吉本バッタモンクラブから番組の前説へ」

2014.12.23 (Tue)

2014年12月20日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00 - 28:45)にて、お笑い芸人・加藤浩次が、東京NSCの無い時代に、どのようにして芸人になったのかについて、その経緯を語っていた。



前の記事からの続き:加藤浩次、ココリコ、山崎邦正らが芸を磨いた吉本バッタモンクラブ「オーディションの当日、即舞台」

徳井健太:極楽(とんぼ)さんは、(吉本バッタモンクラブの)オーディション合格、みたいなことがあったんですか?

加藤浩次:ないよ。

徳井健太:(他のオーディションを受ける芸人と)同じような感じだったんですか?

加藤浩次:俺はヤングサンデー。ヤンサンの1ページに、野沢直子さんの顔のアップで、「吉本興業、新人発掘オーディション開催」みたいなのがあって。それを俺が見て、「山本、これ行ってみる?」って言ったら、「おお、行くかい?」って。

徳井健太:ふふ(笑)

有野晋哉:2人で?

加藤浩次:そう。

遠藤章造:最初は3人だったんですよね。

吉村崇:ええ?!

遠藤章造:ああ、(極楽とんぼが3人であったことを)吉村知らんねや。実は俺、見たことないねん。3人のネタを。

徳井健太:本当に最初だけなんですよね、3人だったのは。

加藤浩次:ショーパブみたいな感じだったよ。山本がネタ作ってたから。

徳井健太:ああ。

加藤浩次:ショーパブのネタみたいな。

遠藤章造:そうですね。

有野晋哉:タンバリン?

加藤浩次:タンバリンじゃないんだけど(笑)最後に、クラッカーとか持たされてたよ(笑)

有野晋哉:はっはっはっ(笑)

加藤浩次:3人だったんだけど、1人は劇団に残りたいって言ったから、残って。2人で出ちゃったんだよね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!

加藤浩次、ココリコ、山崎邦正らが芸を磨いた吉本バッタモンクラブ「オーディションの当日、即舞台」

2014.12.23 (Tue)

2014年12月20日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00 - 28:45)にて、お笑い芸人・加藤浩次、ココリコ・遠藤章造らが下積み時代を送った吉本バッタモンクラブについて語っていた。



遠藤章造:(遠藤が上京した)2ヶ月後にアゴ人間がきて。そこから1ヶ月くらいしてから、たまたまテレビで「吉本バッタモンクラブのオーディションやってます」って、インパクトさんが出られてて。その告知をたまたま観て。

加藤浩次:テレビで?

遠藤章造:はい。なんか、夕方のネタ番組があったんですよ。インパクトさんが出られてて、告知を。

加藤浩次:ああ、吉本の芸人として「吉本の新人発掘オーディションをやります」って告知をしてたんだ?

遠藤章造:はい。たまたま観て、電話番号を控えて。それで、アゴ人間に連絡して「こんなんあるらしいで。行ってみようか」ってことになって。「ネタとか作って行った方が良いんじゃない?」みたいな感じで。

加藤浩次:うん。

遠藤章造:それで、行った日に…ライブ出させていただいて。その時が初めてです、極楽(とんぼ)さんと。

徳井健太:ああ、そこにいるんですか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!

ココリコ遠藤、大阪出身なのに東京で芸人を志した理由「コンビ2人とも大阪で揉まれて芸人はできないと思った」

2014.12.22 (Mon)

2014年12月20日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00 - 28:45)にて、お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造が、2人とも大阪出身にも関わらず、関西ではなく東京で芸人を志そうと思った理由について語っていた。

ココリコミラクルタイプ 恋のみそ味
ココリコミラクルタイプ 恋のみそ味 <低価格版> [DVD]

遠藤章造:もう平成ノブシコブシは、吉本が出来上がったところに来てるからな。俺はギリギリやったから。そういうのを観てて、たとえば極楽さんが「『とぶくすり』出るから」とか、その前の「『新しい波』に出るから」ってことで深夜にみんなで観て。

徳井健太:ふふ(笑)楽しい(笑)

遠藤章造:出た後のライブに行ったら、やっぱりお客さんが増えてたり。

有野晋哉:うん。

遠藤章造:そういうのをモロ観てた世代だから。

吉村崇:ああ、そういう時期だったんですね。

有野晋哉:一回、深夜に出させてもらうと、お客さんバッと増えんねんな。

遠藤章造:はい、そのライブはちょっと。「テレビって凄いな」ってモロ感じるところにおったから。

加藤浩次:うん。

有野晋哉:若い人も、面白そうなの探してたもんね。お客さんの方もね。

遠藤章造:そこから、また違う世代が始まるっていうね。

加藤浩次:ココリコは最初…

遠藤章造:僕らは、赤坂プレイボックスってところで、ライブですね。

加藤浩次:(吉本)バッタモンクラブか。

遠藤章造:バッタモンクラブですね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!
Admin ブログパーツ ブログパーツ